【2017年】ロレックス・パリ・マスターズの大会情報、ドロー表、放送予定(マスターズ)


2017年10月30日から11月5日(2017年第44週)にパリ(フランス)で開催されるマスターズ1000「ロレックス・パリ・マスターズ(パリ・マスターズ)」の大会情報(大会概要、歴代優勝者、大会日程、エントリー選手、ドロー表)と放送予定を見ていきます。

最後に本大会前のATPレースランキング(トップ20)も紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ロレックス・パリ・マスターズ(マスターズ1000)

ロレックス・パリ・マスターズは、年間9大会あるマスターズ1000の最終戦です。

また、本大会は、21歳以下の「Next Gen ATPファイナルズ」、ATPレースランキング上位8名が出場できるATPツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」前の最後の大会となります。

2016年までフランスの大手銀行のBNPパリバがタイトルスポンサーを努めていましたが、2017年からはタイトルスポンサーがロレックスに代わり、大会名が「ロレックス・パリ・マスターズ」となっています。

大会概要

大会名ロレックス・パリ・マスターズ(Rolex Paris Masters)
通称パリ・マスターズ
カテゴリマスターズ1000
開催期間2017年 10月30日 ~ 11月5日
開催地フランス/パリ
会場アコーホテルズ・アリーナ(AccorHotels Arena)
サーフェス室内ハードコート
ドロー48(シングルス)
賞金総額€4,273,775(約5億6,550万円)
日本との時差-8時間

ロレックス・パリ・マスターズでの獲得ポイントと賞金を紹介します。

ラウンド獲得ポイント賞金
優勝1,000€853,430(約1億1,270万円)
準優勝600€418,450(約5,530万円)
準決勝360€210,610(約2,780万円)
準々決勝180€107,095(約1,410万円)
3回戦90€55,610(約730万円)
2回戦45€29,320(約390万円)
1回戦10€15,830(約210万円)

※賞金(日本円)について、2017年10月18日時点での1ユーロ132.08円で換算。

歴代優勝者

過去10年の優勝者を紹介します。

大会のシングルス最多優勝記録は、ノバク・ジョコビッチ選手の4回(2009、2013、2014、2015)。

優勝者
2016アンディ・マレー
2015ノバク・ジョコビッチ
2014ノバク・ジョコビッチ
2013ノバク・ジョコビッチ
2012ダビド・フェレール
2011ロジャー・フェデラー
2010ロビン・セーデリング
2009ノバク・ジョコビッチ
2008ジョーウィルフリード・ツォンガ
2007ダビド・ナルバンディアン

大会日程

10月28日(土)と10月29日(日)に予選が行われます。

本戦は10月30日(月)から始まり、決勝は11月5日(日)に行われます。

※()内の時間は日本時間

日程ラウンド開始時間
10月28日()予選10:00(17:00)
10月29日()予選10:00(18:00)
10月30日(月)1回戦11:00(19:00)
10月31日(火)1回戦・2回戦11:00(19:00)
11月1日(水)2回戦11:00(19:00)
11月2日(木)3回戦11:00(19:00)
11月3日(金)準々決勝14:00(22:00)
11月4日()準決勝11:45(19:45)
11月5日()決勝12:15(20:15)

エントリー選手

出場予定の38人の選手と、各選手の2016年の同大会での結果を紹介します。

※38人の選手がメインドローに入り、残り10枠に予選から6人、ワイルドカードで3人、特別な免除の1人が加わります。

<欠場者の情報>
マレー選手は臀部(でんぶ)の怪我、ジョコビッチ選手は右肘の怪我、ワウリンカ選手は膝の怪我、錦織選手は右手首の怪我のため欠場。

ラオニッチ選手、ベルディヒ選手、キリオス選手、ミュラー選手、フォニーニ選手も欠場となりました。

ティエム選手は棄権すると発表がありましたが、どうやら出場することになったみたいです。

欠場を発表した選手には、取り消し線を入れています。

※世界ランキングは、2017年10月23日付のランキングです。

選手名Rank2016年
ラファエル・ナダル1位不参加
ロジャー・フェデラー2位不参加
アンディ・マレー3位優勝
マリン・チリッチ4位ベスト4
アレクサンダー・ズベレフ5位不参加
ドミニク・ティエム6位2回戦
ノバク・ジョコビッチ7位ベスト8
グリゴール・ディミトロフ8位3回戦
スタン・ワウリンカ9位2回戦
ダビド・ゴファン10位3回戦
パブロ・カレーニョ ブスタ11位2回戦
ミロシュ・ラオニッチ12位ベスト4
ジョン・イスナー13位準優勝
サム・クエリー14位不参加
ジョーウィルフリード・ツォンガ15位ベスト8
錦織 圭16位3回戦
ケビン・アンダーソン17位不参加
トマーシュ・ベルディヒ18位ベスト8
フアン・マルティン・デルポトロ19位不参加
ニック・キリオス20位不参加
ロベルト・バウティスタ アグート21位2回戦
アルベルト・ラモス ビノラス22位2回戦
ジャック・ソック23位ベスト8
ジレ・ミュラー24位2回戦
リュカ・プイユ25位3回戦
ディエゴ・シュワルツマン26位不参加
ファビオ・フォニーニ27位1回戦
アドリアン・マナリノ28位1回戦
ダビド・フェレール29位2回戦
ミーシャ・ズベレフ30位1回戦
リシャール・ガスケ32位3回戦
フェリシアーノ・ロペス33位2回戦
フィリップ・コールシュライバー34位1回戦
アンドレイ・ルブレフ35位不参加
パブロ・クエバス36位3回戦
杉田 祐一38位予選1回戦
フェルナンド・ベルダスコ39位2回戦
ブノワ・ペール40位1回戦
パオロ・ロレンツィ41位2回戦
カレン・ハチャノフ42位不参加
スティーブ・ジョンソン43位2回戦
ロビン・ハーセ44位1回戦
ガエル・モンフィス45位不参加
ヘヨン・チュン57位不参加
カイル・エドマンド63位不参加
ジル・シモン74位3回戦

上位16人にはシードが与えられ、第1シードから第16シードの選手は1回戦が免除され2回戦からの出場となります。

ドロー表

ドローセレモニー:現地時間の10月27日(金) 19時

ドロー表(PDF)は、『 2017年ロレックス・パリ・マスターズのドロー表 』をご覧ください。

第1シードから第8シードまでのドローは下記のようになりました。

<トップハーフ>
[1] ナダル vs カレーニョブスタ [8]
[4] A.ズベレフvs ディミトロフ [6]

<ボトムハーフ>
[3] チリッチvs ゴファン [7]
[2] フェデラー vs ティエム [5]

第2シードのロジャー・フェデラー選手がwithdrawとなり、ラッキールーザーでエフゲニー・ドンスコイ選手が出場。
リュカ・プイユ選手が第17シードとなり、第2シードの枠に移りました。

ガエル・モンフィス選手がwithdrawとなり、ラッキールーザーでペーター・ゴヨブチック選手が出場。

2017年ロレックス・パリ・マスターズの結果

2017年ロレックス・パリ・マスターズの1回戦から決勝までの結果です。

結果の記事では、暫定ランキング(レースランキング)も紹介しています。

放送予定

スポナビライブ、GAORA、NHK・BS1での放送が予定されています。

Sports navi LIVE(スポナビライブ)

スポナビライブでのLive配信について、1回戦と2回戦は無料、3回戦から決勝までは有料になります。

日程ラウンド配信時間
10月30日(月)1回戦19:00~(無料)
10月31日(火)1回戦・2回戦19:00~(無料)
11月1日(水)2回戦19:00~(無料)
11月2日(木)3回戦19:00~
11月3日(金)準々決勝22:00~
11月4日()準決勝22:00~
11月5日()決勝23:00~

GAORA

GAORAでは、1回戦から決勝まで生中継で放送予定。

日程ラウンド放送時間
10月30日(月)1回戦19:00~8:00
10月31日(火)1回戦・2回戦19:00~8:00
11月1日(水)2回戦19:00~8:30
11月2日(木)3回戦19:00~8:30
11月3日(金)準々決勝22:00~27:00
27:30~8:30
11月4日()準決勝21:58~27:30
11月5日(日)決勝22:50~26:30

NHK・BS1

NHK・BS1では、BS1(サブch102)で2回戦(1回戦)から決勝までの7試合を生中継で放送予定。

日程ラウンド放送時間
10月31日(火)2回戦25:00~(27:00)
11月1日(水)2回戦19:00~(21:00)
11月2日(木)3回戦19:00~(21:00)
11月3日(金)準々決勝22:00~(24:00)
11月4日()準決勝22:00~(24:00)
24:30~(26:30)
11月5日()決勝23:00~(24:50)
11月6日(月)決勝(録画)19:00~20:50
11月7日(火)決勝(録画)2:25~4:15 ※NHK総合

<放送予定の対戦カード>
・2回戦「クエリー vs クライノビッチ」
・2回戦「A.ズベレフ vs ハーセ」
・3回戦「ハーセ vs デルポトロ」
・準々決勝「デルポトロ vs イスナー」
・準決勝「クライノビッチ vs イスナー」、「ベネトー vs ソック」
・決勝「クライノビッチ vs ソック」

ATPレースランキング(トップ20・2017年10月30日付)

今シーズンのマスターズ1000の最終戦となるロレックス・パリ・マスターズ。

ATPレースランキング上位8名が出場できるツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」への出場権をかけた最後の戦いとなります。

ナダル選手、フェデラー選手、A.ズベレフ選手、ティエム選手、チリッチ選手、ディミトロフ選手の6名のATPファイナルズ出場は確定

ボーダー付近のポイント差を見ると、ゴファン選手、カレーニョブスタ選手、クエリー選手、アンダーソン選手の4人で残り2枠を争うことになりそうですが、デルポトロ選手とツォンガ選手がATP250の大会で優勝を果たし、残りのATP500の大会と本大会の結果次第で逆転の可能性があり、最後まで分からない状況となってきました。

<追記:10/30>
パリ・マスターズ前に開催されたATP500の2大会の結果。

スイス・インドア(バーゼル)では、フェデラー選手が優勝、デルポトロ選手が準優勝、チリッチ選手とゴファン選手がベスト4。

エルステ・バンク・オープン(ウィーン)では、プイユ選手が優勝、ツォンガ選手が準優勝し、カレーニョブスタ選手は2回戦、クエリー選手とアンダーソン選手は1回戦で敗退。

この結果、ゴファン選手はファイナルズ出場に向けて大きく前進。

残り1枠を見ると、好調のデルポトロ選手とツォンガ選手はパリ・マスターズで最低でも準決勝進出が必要で、両選手とも連戦の疲れがある中で結果を残せるかどうかという状況です。

一方、カレーニョブスタ選手、クエリー選手、アンダーソン選手は全米オープン以降成績が振るわず、最後のパリ・マスターズで調子を取り戻して1つでも上に勝ち上がっていけるかという感じです。

そして、ウィーンで優勝して勢いのあるプイユ選手は今大会で決勝進出が最低条件ですが、フェデラー選手が棄権したことで第2シードの枠に入るという運もあり、さらにボトムハーフのメンバーを見ると決勝進出の可能性も十分にあります。

果たして誰がファイナルズ出場の残り2つ切符を手にするのか注目です。

順位選手名国籍年齢ポイント
1ラファエル・ナダルESP3110,465
2ロジャー・フェデラーSUI369,005
3アレクサンダー・ズベレフGER204,400
4ドミニク・ティエムAUT243,725
5マリン・チリッチCRO293,625
6グリゴール・ディミトロフBUL263,560
7スタン・ワウリンカSUI323,150
8ダビド・ゴファンBEL262,885
9パブロ・カレーニョ ブスタESP262,605
10ノバク・ジョコビッチSRB302,585
11サム・クエリーUSA302,525
12ケビン・アンダーソンRSA312,470
13フアン・マルティン・デルポトロARG292,415
14ジョーウィルフリード・ツォンガFRA322,310
15アンディ・マレーGBR302,290
16リュカ・プイユFRA232,145
17トマーシュ・ベルディヒCZE322,050
18ニック・キリオスAUS222,010
19ロベルト・バウティスタ アグートESP291,925
20ジョン・イスナーUSA321,905

現在7位のワウリンカ選手は怪我でシーズンを終えているので、現時点では9位のカレーニョブスタ選手がボーダーラインとなります。

コメント