錦織 圭(にしこり けい)


錦織圭選手に関する情報をまとめました。

錦織選手の基本情報、選手経歴、ツアー経歴、ランキング推移、グランドスラム成績、ツアー勝利詳細、公式サイト・SNSです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

基本情報

※更新日:2019年11月13日

名前錦織 圭(Nishikori Kei)
国籍日本(JPN)
出身地島根県松江市
性別
生年月日1989年12月29日
年齢29歳
身長178cm
体重73kg
プロ転向2007年
利き手
バックハンド両手打ち
コーチマイケル・チャン(Michael Chang)

選手経歴

2007年 プロ転向

2007年10月1日付けでプロ転向(17歳9ヶ月)を発表し、同月のジャパン・オープンでプロデビューを果たす。

2008年 ツアー初優勝

2008年2月、デルレイビーチ国際テニス選手権(ATP250)の決勝で、第1シードのジェームズ・ブレーク(世界ランク12位)を破り、ツアー初優勝を果たす。
10代でのツアー優勝という快挙に、日本だけでなく世界中に「錦織圭」の名前が知られることになる。

同年8月、全米オープンで世界ランキング4位のフェレールを倒し、グランドスラムでベスト16進出を果たすなどの活躍を見せ、ATPワールドツアー最優秀新人賞を受賞。

2009年 右肘の怪我によりツアー離脱

2009年4月、右肘の疲労骨折によりツアーを離脱。

2010年~2011年 ツアー復帰、トップ30入り

2010年2月にツアーに復帰した後は、失ったランキングを順調に回復させ、年末の最終ランキングでは98位となる。

2011年も順調にランキングを上げていき、10月に行われた上海マスターズでベスト4に進出し、世界ランキングも30位に到達。

11月のスイス・インドアでは、1回戦で世界ランキング7位のベルディヒ、準決勝では同1位のジョコビッチを破る大金星を挙げて決勝に進出。
決勝で地元スイスの英雄フェデラーと対戦するもストレートで敗れ、準優勝。

2012年~2013年 トップ10の壁!?

2012年1月、全豪オープンでベスト8進出の活躍を見せ、世界ランキング20位に到達。

10月、楽天ジャパン・オープンで、4年ぶりとなるツアー2勝目を挙げる。

2013年2月、アメリカ国際インドアテニス選手権でツアー3勝目を挙げる。

その後、自己最高ランキング11位に到達するも、トップ10の壁にぶつかり、全米オープンで1回戦敗退するなど、思うように結果が残せない状況に陥る。

そんな中、同年12月、錦織にとって大きな転機となる、マイケル・チャンをコーチ陣に迎えることを発表。

2014年 トップ10入り、全米オープン準優勝

2014年2月にアメリカ国際インドアテニス選手権を連覇し、ツアー4勝目を挙げる。

3月、ソニー・オープン(マイアミ・マスターズ)でベスト4。

4月、バルセロナ・オープンで優勝し、ツアー5勝目を挙げる。

5月、マドリード・オープンで、日本人初のマスターズ決勝に進出。
決勝で第1シードのナダルをあと一歩まで追い詰めるも怪我に泣き、準優勝。

5月12日付のランキングで9位となり、トップ10入りを果たす。

8月、怪我により直前まで出場が危ぶまれた全米オープン。
怪我明けとは思えない活躍を見せ、4回戦で世界ランキング6位のラオニッチ、準々決勝で同4位のワウリンカ、準決勝で同1位のジョコビッチを破り、アジア出身選手初のグランドスラム決勝進出を果たす。
決勝では同16位のチリッチに敗れはしたものの、グランドスラム準優勝という快挙を成し遂げる。

9月、マレーシア・オープンで優勝し、ツアー6勝目を挙げる。

10月、楽天ジャパン・オープンで優勝し、ツアー7勝目を挙げる。

ATPレースランキングで5位(4,625ポイント)となり、アジア出身男子選手で初のATPワールドツアー・ファイナルズに出場。
予選ラウンドロビンを突破し、準決勝に進出するも、準決勝でジョコビッチに敗れる。

年間通算54勝14敗、ツアー優勝4回、年末の世界ランキング5位と、錦織にとって大きな飛躍を果たすシーズンとなった。

2015年 自己最高の4位を記録

2015年2月、メンフィス・オープンを3連覇し、ツアー8勝目を挙げる。
メキシコ・オープンで準優勝となり、3月2日付のランキングで自己最高の4位を記録。

4月、バルセロナ・オープンを連覇し、ツアー9勝目を挙げる。

7月、シティ・オープンでツアー10勝目を挙げる。

しかし、その後は全米オープンで1回戦敗退など結果を残せなかったが、2年連続でATPワールドツアー・ファイナルズに出場。

年間通算54勝16敗、ツアー優勝3回、年末の世界ランキングは8位。

2016年 リオ五輪銅メダル、全米オープンベスト4

2016年2月、メンフィス・オープンを4連覇し、ツアー11勝目を挙げる。

8月、リオデジャネイロ五輪で銅メダルを獲得
五輪テニス競技において、日本人によるメダル獲得は96年ぶりの快挙。

9月、全米オープンでは、準々決勝で第2シードのマレーを破るなどの活躍を見せ、2年ぶりにベスト4。

3年連続でATPワールドツアー・ファイナルズに出場し、準決勝に進出。

年間通算58勝21敗、ツアー優勝1回、年末の世界ランキングは5位。

2017年 右手首の怪我によりツアーを離脱

錦織のさらなる活躍が期待されたが、2017年シーズンは怪我に悩まされるシーズンとなる。

1月のブリスベン国際と全豪オープンでは臀部(でんぶ)の怪我、3月のマイアミ・オープンでは左膝と右手首の怪我、4月からのクレーコートシーズンでは右手首の怪我、7月のゲリー・ウェバー・オープンでは臀部の怪我。

8月、ウエスタン&サザン・オープンに出場予定だったが、練習中に右手首を故障。
MRI検査の結果、右手首の腱(けん)の裂傷が判明し、2017年シーズンの残りの大会をすべて欠場することを8月16日に発表。

年間通算30勝13敗、ツアー優勝0回、年末の世界ランキングは22位。

2018年 トップ10復帰

1月23日、チャレンジャーツアーのニューポートビーチで復帰を果たす。
翌週のダラスでのチャレンジャーツアーを優勝。

2月、ATPツアーでの復帰戦となったニューヨーク・オープン(ATP250)でベスト4。

4月、モンテカルロ・マスターズでは準々決勝で第2シードのチリッチ、準決勝で第3シードのA.ズベレフを破り、2016年7月のロジャーズ・カップ以来となるマスターズの決勝に進出。
決勝で第1シードのナダルに敗れ、準優勝。

7月、ウィンブルドンでは3回戦で第15シードのキリオス、4回戦でグルビスを破るなど、ウィンブルドン初の準々決勝に進出。
準々決勝で第12シードのジョコビッチに敗れる。

9月、全米オープンでは3回戦で第13シードのシュワルツマン、4回戦でコールシュライバー、準々決勝で第7シードのチリッチを破るなど、全米オープン2年ぶり3回目の準決勝に進出。
準決勝で第6シードのジョコビッチに敗れる。

10月、楽天ジャパン・オープン(ATP500)で準優勝。
エルステ・バンク・オープン(ATP500)で準優勝。(ツアー決勝9連敗)

11月5日付のランキングで9位となり、2017年9月10日以来となるトップ10に復帰。

11月、Nitto ATPファイナルズに出場。

年間通算43勝21敗、ツアー優勝0回、年末の世界ランキングは9位。

2019年 約2年11か月ぶりのツアー優勝

1月、ブリスベン国際(ATP250)で優勝。(2016年2月メンフィス・オープン以来の約2年11か月ぶりのツアー優勝)

全豪オープンでベスト8。

6月、全仏オープンでベスト8。

7月、ウィンブルドンでベスト8。(グランドスラム5大会連続でベスト8以上)

全米オープン後、右肘の怪我でアジアシーズンの大会を欠場し、10月22日に右肘の手術を受ける。

また、10月には約9年続いたダンテ・ボッティーニとのコーチ関係を解消。

ツアー経歴(シングルス)

ツアー勝利数12勝
キャリア通算成績593戦 403勝 190敗
自己最高ランキング4位(2015年3月2日)

ランキング推移(年末)

順位
201913
20189
201722
20165
20158
20145
201317
201219
201125
201098
2009418
200863
2007286

グランドスラム成績

グランドスラム最高成績
・全豪オープン:ベスト8
・全仏オープン:ベスト8
・ウィンブルドン:ベスト8
・全米オープン:準優勝

全豪全仏ウィンブルドン全米
2020
2019ベスト8ベスト8ベスト83回戦
20184回戦ベスト8ベスト4
20174回戦ベスト83回戦
2016ベスト84回戦4回戦ベスト4
2015ベスト8ベスト82回戦1回戦
20144回戦1回戦4回戦準優勝
20134回戦4回戦3回戦1回戦
2012ベスト83回戦3回戦
20113回戦2回戦1回戦1回戦
20102回戦1回戦3回戦
20091回戦
2008予選1回戦4回戦
2007予選

ATPツアー決勝での成績

決勝:26戦 12勝 14敗

カテゴリ勝 – 負
グランドスラム0 – 1
ATPファイナルズ0 – 0
マスターズ10000 – 4
ATP5006 – 6
ATP2506 – 3

ツアー勝利詳細

カテゴリ大会
2018ATP250ブリスベン国際
2016ATP250メンフィス・オープン
2015ATP500シティ・オープン
2015ATP500バルセロナ・オープン・バンコ・サバデル
2015ATP250メンフィス・オープン
2014ATP500楽天ジャパン・オープン
2014ATP250マレーシア・オープン
2014ATP500バルセロナ・オープン・バンコ・サバデル
2014ATP250アメリカ国際インドアテニス選手権
2013ATP500アメリカ国際インドアテニス選手権
2012ATP500楽天ジャパン・オープン
2008ATP250デルレイビーチ国際テニス選手権

公式サイト・SNS

公式サイトhttps://www.keinishikori.com/
Facebookhttps://www.facebook.com/keinishikori/
Twitterhttps://twitter.com/keinishikori
Instagramhttps://www.instagram.com/keinishikori/
スポンサーリンク
スポンサーリンク
選手名鑑
テニサーをフォローする
テニスK

コメント