【2017年】ロレックス・パリ・マスターズの結果(準決勝)


2017年10月30日~11月5日(2017年第44週)、パリ(フランス)で開催のマスターズ1000「ロレックス・パリ・マスターズ(パリ・マスターズ)」の準決勝の結果、放送予定、準決勝後の暫定ランキング(レースランキング)を見ていきます。

・準決勝「クライノビッチ vs イスナー」
クライノビッチ選手が勝てばマスターズ初の決勝、イスナー選手が勝てば同大会2年連続での決勝進出(マスターズ4回目)となります。

・準決勝「ベネトー vs ソック」
ベネトー選手、ソック選手のどちらが勝ってもマスターズ初の決勝進出となります。

ATPファイナルズの出場権争いでは、イスナー選手とソック選手がともに準決勝で敗退した場合はカレーニョブスタ選手のATPファイナルズ出場が確定し、両選手が決勝に進出した場合は優勝した方が逆転でのATPファイナルズ出場となり、カレーニョブスタ選手が脱落することになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2017年ロレックス・パリ・マスターズ 準決勝の結果

マスターズ1000「ロレックス・パリ・マスターズ」の結果について、試合結果が分かり次第、適宜更新していきます。

<日程>
・11月4日(土): 準決勝

※()内の世界ランキングは、2017年10月30日付のランキングです。

準決勝「クライノビッチ vs イスナー」(トップハーフ)

過去に対戦はなく、初対戦となります。

フィリップ・クライノビッチ (77位)266577
[9] ジョン・イスナー (14位)147765
試合時間:2時間28分

予選から勝ち上がってきたフィリップ・クライノビッチ選手(25歳・セルビア)が第9シードのジョン・イスナー選手(32歳・アメリカ)を6-4、6-7、7-6のフルセットの末に破り、マスターズ初(ツアー初)の決勝に進出

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

第5ゲーム、クライノビッチ選手が先にブレイクに成功。

そして、第5ゲームが終わったところでイスナー選手がトレーナーを呼んで、右膝の辺りのマッサージを受けます。

第10ゲーム、クライノビッチ選手のサービングフォーザセット。
クライノビッチ選手がラブゲームでキープして、第1セットを先取。

第2セット

お互いキープの展開が続いて、タイブレークに突入。

イスナー選手が2本連続でミニブレイクをするなど5-0とリード。

その後もイスナー選手がしっかりとサービスをキープして、第2セットを取ります。

ファイナルセット

お互いキープの展開が続いて、タイブレークに突入。

ファーストポイントでイスナー選手が先にミニブレイクに成功しますが、その後、クライノビッチ選手がミニブレイクバックに成功して追い付きます。

5-5となり、イスナー選手のサービス2本目。
イスナー選手がサーブアンドボレーに出ますが、クライノビッチ選手がリターンを上手く足元に返してミニブレイクに成功。

6-5とクライノビッチ選手にマッチポイントが来て、クライノビッチ選手のサービス2本。
1本目、クライノビッチ選手がフォアハンドのウィナーを決めて勝利。

イスナー選手は初戦からすべての試合でフルセットの戦いが続くなど、満身創痍となる中でも何とか準決勝まで勝ち上がって来ましたが、ATPファイナルズ出場権争いから脱落となりました。

クライノビッチMatchイスナー
12サービスエース31
2ダブルフォルト2
66%(77/116)ファーストサーブ確率80%(74/92)
79%(61/77)1st Serve Points Won85%(63/74)
59%(23/39)2nd Serve Points Won67%(12/18)
100%(1/1)ブレイク / チャンス0%(0/5)
14/20ネットポイント21/31
49%(101/208)ポイントの合計51%(107/208)
1,622mTotal Distance Run1,709m
43Winner 合計54
12フォアハンド18
16バックハンド4
15サーブ32
21Unforced error 合計29
14フォアハンド20
5バックハンド7
2サーブ2

[スタッツ用語の補足]
1st Serve Points Won:ファーストサーブが入った時にポイントを取得した確率。
2nd Serve Points Won:セカンドサーブが入った時にポイントを取得した確率。
Total Distance Run:総走行距離。

準決勝「ベネトー vs ソック」(ボトムハーフ)

過去の対戦成績は、ベネトー選手の1勝、ソック選手の0勝。

過去1回の対戦は2014年の上海ロレックス・マスターズの3回戦で、ベネトー選手がセットカウント2-0(6-3、6-4)で勝利しています。

ジュリアン・ベネトー (83位)052
[16] ジャック・ソック (22位)276
試合時間:1時間18分

第16シードのジャック・ソック選手(25歳・アメリカ)がジュリアン・ベネトー選手(35歳・フランス)を7-5、6-2のストレートで破り、マスターズ初の決勝に進出

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

序盤はブレイク合戦の展開となります。

第1ゲームでソック選手が先にブレイクに成功しますが、第4ゲームでベネトー選手がブレイクバックに成功。

第5ゲームでソック選手がブレイクに成功しますが、第6ゲームでベネトー選手が再びブレイクバックに成功。

その後はお互いキープが続きます。

第11ゲーム、15-40とソック選手にブレイクチャンスが来ると、ベネトー選手にとってアンラッキーなコードボールが入り、ソック選手がブレイクに成功。

第12ゲーム、ソック選手のサービングフォーザセット。
40-30とソック選手にセットポイントが来ると、ベネトー選手のショットがネットにかかり、ソック選手が第1セットを先取。

第2セット

第5ゲーム、デュース後にソック選手にブレイクチャンスが来ると、ベネトー選手にダブルフォルトが出て、ソック選手がブレイクに成功。

第7ゲーム、0-30からベネトー選手にダブルフォルトが出て、ソック選手にブレイクチャンスが来ます。
ベネトー選手が2本凌ぎますが、またもダブルフォルトが出てしまい、ソック選手がブレイクに成功。

第8ゲーム、ソック選手のサービングフォーザマッチ。
40-0とソック選手にセットポイントが来ると、最後はベネトー選手のリターンが大きくアウトとなり、ソック選手が勝利。

今大会、シード選手を3人破って準決勝に進出を果たすなど、すばらしい活躍を見せてきた35歳のベネトー選手ですが、最後は力尽きてしまいました。

そして、ソック選手は次の決勝で勝利すれば、マスターズ初優勝とともに大逆転でのATPファイナルズ出場が決まります。

ベネトーMatchソック
3サービスエース6
5ダブルフォルト1
58%(34/59)ファーストサーブ確率65%(34/52)
71%(24/34)1st Serve Points Won76%(26/34)
32%(8/25)2nd Serve Points Won67%(12/18)
40%(2/5)ブレイク / チャンス56%(5/9)
11/16ネットポイント10/14
41%(46/111)ポイントの合計59%(65/111)
1,183mTotal Distance Run1,106m
15Winner 合計25
5フォアハンド14
7バックハンド4
3サーブ7
22Unforced error 合計15
9フォアハンド10
8バックハンド4
5サーブ1

ドロー表(ベスト32・結果)

準決勝後の暫定ランキング(レースランキング)

ロレックス・パリ・マスターズの準決勝終了時点での暫定ランキングです。

また、このポイント(ランキング)はレースランキングと同じものになります。

7位のワウリンカ選手が今シーズンをすでに終えているので、ATPファイナルズ出場権のボーダーは9位カレーニョブスタ選手の2,615ポイント。

暫定
順位
選手名基礎
point
roundresult獲得
point
SF後
point
1ナダル10,465準々決勝×18010,645
2フェデラー9,005欠場09,005
3A.ズベレフ4,4002回戦×104,410
4ティエム3,7253回戦×903,815
5チリッチ3,625準々決勝×1803,805
6ディミトロフ3,5603回戦×903,650
7ワウリンカ3,150欠場03,150
8ゴファン2,8853回戦×902,975
9C ブスタ2,6052回戦×102,615
10デルポトロ2,415準々決勝×1802,595
11ジョコビッチ2,585欠場02,585
12クエリー2,5252回戦×102,535
13アンダーソン2,4702回戦×102,480
14ソック1,765準決勝6002,365
15ツォンガ2,3102回戦×102,320
16マレー2,290欠場02,290
17イスナー1,905準決勝×3602,265
18プイユ2,1453回戦×902,235
19ベルディヒ2,095欠場02,095
20B アグート1,9253回戦×902,015
21キリオス2,010欠場02,010
22錦織 圭1,885欠場01,885
23R ビノラス1,8352回戦×101,845
24ラオニッチ1,795欠場01,795
25ミュラー1,695欠場01,695

※基礎ポイントについては、『 ATPランキング試算(2017年11月・パリ後)』をご覧ください。

ロレックス・パリ・マスターズ 獲得ポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝1,000
準優勝600
準決勝360
準々決勝180
3回戦90
2回戦45
1回戦10

※1回戦を免除された第1シードから第16シードの選手が初戦敗退(2回戦敗退)となった場合、獲得ポイントは2回戦ではなく1回戦の10ポイントとなります。

準決勝の放送予定

準決勝は、スポナビライブ、GAORA、NHK・BS1での放送が予定されています。

Sports navi LIVE(スポナビライブ)

スポナビライブでのLive配信について、1回戦と2回戦は無料、3回戦から決勝までは有料になります。

日程ラウンド配信時間
11月4日()準決勝22:00~

GAORA

GAORAでは、1回戦から決勝まで生中継で放送予定。

日程ラウンド放送時間
11月4日()準決勝21:58~27:30

NHK・BS1

NHK・BS1では、BS1(サブch102)で2回戦から決勝までの7試合を生中継で放送予定。

日程ラウンド放送時間
11月4日()準決勝22:00~(24:00)
24:30~(26:30)

<放送予定の対戦カード>
・準決勝「クライノビッチ vs イスナー」、「ベネトー vs ソック」

2017年ロレックス・パリ・マスターズ その他の結果

コメント