【2017年】ロレックス・パリ・マスターズの結果(準々決勝)


2017年10月30日~11月5日(2017年第44週)、パリ(フランス)で開催のマスターズ1000「ロレックス・パリ・マスターズ(パリ・マスターズ)」の準々決勝の結果、放送予定、準々決勝後の暫定ランキング(レースランキング)を見ていきます。

3回戦終了時点でゴファン選手のATPファイナルズ出場が確定し、残るイスは1つとなりました。

8番目の枠がそのままカレーニョブスタ選手で決まるのか、それともデルポトロ選手、イスナー選手、ソック選手の逆転での出場があるのか注目です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2017年ロレックス・パリ・マスターズ 準々決勝の結果

マスターズ1000「ロレックス・パリ・マスターズ」の結果について、試合結果が分かり次第、適宜更新していきます。

<日程>
・11月3日(金): 準々決勝

※()内の世界ランキングは、2017年10月30日付のランキングです。

準々決勝「ナダル vs クライノビッチ」(トップハーフ)

過去に対戦はなく、初対戦となります。

[1] ラファエル・ナダル (1位)棄権
フィリップ・クライノビッチ (77位)

第1シードのラファエル・ナダル選手(31歳・スペイン)が膝の怪我で棄権となり、フィリップ・クライノビッチ選手(25歳・セルビア)がマスターズ初の準決勝に進出となりました。

ナダル選手は膝の状態がかなり悪いようで、ATPファイナルズに出場できるかどうかも今の段階ではまだ分からないとのことです。

準々決勝「デルポトロ vs イスナー」(トップハーフ)

過去の対戦成績は、デルポトロ選手の6勝、イスナー選手の2勝。

直近の対戦は2017年のロジャーズ・カップ(モントリオール)の1回戦で、デルポトロ選手がセットカウント2-0(7-5、7-5)で勝利しています。

[13] フアン・マルティン・デルポトロ (17位)14774
[9] ジョン・イスナー (14位)26656
試合時間:2時間10分

第9シードのジョン・イスナー選手(32歳・アメリカ)が第13シードのフアン・マルティン・デルポトロ選手(29歳・アルゼンチン)を6-4、6-7、6-4のフルセットの末に破り、2年連続で準決勝に進出

簡単に試合を振り返ります。

第1セット、第5ゲームが終わったところでイスナー選手がトレーナーを呼んで、左足首をテーピングでガチガチに固定する場面もあるなど、お互い疲れが見える中でキープが続きます。

第10ゲーム、イスナー選手が最初に来たブレイクチャンスをモノにして第1セットを先取。

第2セット、お互いブレイクポイントを与えずキープが続いて、タイブレークに突入。

タイブレークもお互いキープしていきますが、デルポトロ選手にセットポイントが来た場面でイスナー選手にダブルフォルトが出て、デルポトロ選手が第2セットを取ります。

ファイナルセット、どちらも満身創痍となる中、第3ゲームでイスナー選手がブレイクに成功。
イスナー選手がしっかりとキープを続けて勝利。

残念ながらデルポトロ選手はATPファイナルズ出場権争いから脱落となりましたが、見ている方が痛々しく感じるほどの状態だったので、来シーズンに向けてゆっくりと休んで欲しいなと思います。

準々決勝「ベネトー vs チリッチ」(ボトムハーフ)

過去の対戦成績は、ベネトー選手の0勝、チリッチ選手の3勝。

直近の対戦は2009年のチャイナ・オープン(北京)の2回戦で、チリッチ選手がセットカウント2-1(6-2、2-6、6-0)で勝利しています。

ジュリアン・ベネトー (83位)2777
[3] マリン・チリッチ (5位)0655
試合時間:2時間4分

ジュリアン・ベネトー選手(35歳・フランス)が第3シードのマリン・チリッチ選手(29歳・クロアチア)を7-6、7-5のストレートで破り、2014年のシンシナティ以来となるマスターズ2回目の準決勝に進出

簡単に試合を振り返ります。

第1セット、第3ゲームでベネトー選手が先にブレイクに成功しますが、第4ゲームでチリッチ選手がすぐにブレイクバックに成功。

第6ゲームでもチリッチ選手がブレイクに成功し、第9ゲームでチリッチ選手のサービングフォーザセットを迎えますが、ベネトー選手が土壇場でブレイクバックに成功。

タイブレーク、お互い3本ずつミニブレイクをする展開の中、6-5とベネトー選手にセットポイントが来てチリッチ選手にサービスが移りますが、ここでチリッチ選手にダブルフォルトが出て、ベネトー選手が第1セットを先取。

第2セット、第2ゲームでベネトー選手が先にブレイクに成功しますが、第3ゲームでチリッチ選手がすぐにブレイクバックに成功。

その後はお互いキープの展開が続いて迎えた第12ゲーム。

15-0からチリッチ選手が3連続でミスをして、ベネトー選手にマッチポイント(ブレイクポイント)が来ます。
チリッチ選手が1本凌ぎますが、ベネトー選手のフォアハンドのウィナーが決まり、ベネトー選手が勝利。

地元フランスの大声援を背にすばらしいプレーを見せたベネトー選手は、3回戦のゴファン選手に続いて準々決勝のチリッチ選手とトップ10プレイヤーに連勝して、準決勝進出を決めました。

準々決勝「ベルダスコ vs ソック」(ボトムハーフ)

過去の対戦成績は、ベルダスコ選手の0勝、ソック選手の1勝。

過去1回の対戦は2015年のストックホルム・オープンの2回戦で、ソック選手がセットカウント2-1(7-6、6-7、6-4)で勝利しています。

フェルナンド・ベルダスコ (39位)17723
[16] ジャック・ソック (22位)26366
試合時間:2時間28分

第16シードのジャック・ソック選手(25歳・アメリカ)がフェルナンド・ベルダスコ選手(33歳・スペイン)を6-7、6-2、6-3のフルセットの末に破り、今シーズンのインディアンウェルズ以来となるマスターズ2回目の準決勝に進出

簡単に試合を振り返ります。

第1セット、第2ゲームでベルダスコ選手が先にブレイクに成功しますが、第5ゲームでソック選手がブレイクバックに成功。

その後はお互いキープが続いて、タイブレークに突入。

ソック選手は2本のダブルフォルトやストロークミスが出るなど安定感を欠き、ベルダスコ選手が第1セットを先取。

第2セット、第2ゲームでソック選手が先にブレイクに成功。
ソック選手が第8ゲームもブレイクに成功して、第2セットを取ります。

ファイナルセット、第2ゲームでソック選手が先にブレイクに成功。

その後はお互いキープが続いて、第9ゲームでソック選手のサービングフォーザマッチを迎えます。

ベルダスコ選手も最後まで粘りを見せ30-30まで行きますが、ソック選手がフリーポイントを取り、40-30とソック選手にマッチポイントが来ます。
ソック選手のフォアハンドの逆クロスへのウィナーが決まり、ソック選手が勝利。

ドロー表(ベスト32・結果)

準々決勝後の暫定ランキング(レースランキング)

ロレックス・パリ・マスターズの準々決勝終了時点での暫定ランキングです。

また、このポイント(ランキング)はレースランキングと同じものになります。

7位のワウリンカ選手が今シーズンをすでに終えているので、ATPファイナルズ出場権のボーダーは9位カレーニョブスタ選手の2,615ポイント。

暫定
順位
選手名基礎
point
roundresult獲得
point
QF後
point
1ナダル10,465準々決勝×18010,645
2フェデラー9,005欠場09,005
3A.ズベレフ4,4002回戦×104,410
4ティエム3,7253回戦×903,815
5チリッチ3,625準々決勝×1803,805
6ディミトロフ3,5603回戦×903,650
7ワウリンカ3,150欠場03,150
8ゴファン2,8853回戦×902,975
9C ブスタ2,6052回戦×102,615
10デルポトロ2,415準々決勝×1802,595
11ジョコビッチ2,585欠場02,585
12クエリー2,5252回戦×102,535
13アンダーソン2,4702回戦×102,480
14ツォンガ2,3102回戦×102,320
15マレー2,290欠場02,290
16イスナー1,905準々決勝3602,265
17プイユ2,1453回戦×902,235
18ソック1,765準々決勝3602,125
19ベルディヒ2,095欠場02,095
20B アグート1,9253回戦×902,015
21キリオス2,010欠場02,010
22錦織 圭1,885欠場01,885
23R ビノラス1,8352回戦×101,845
24ラオニッチ1,795欠場01,795
25ミュラー1,695欠場01,695

※基礎ポイントについては、『 ATPランキング試算(2017年11月・パリ後)』をご覧ください。

ロレックス・パリ・マスターズ 獲得ポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝1,000
準優勝600
準決勝360
準々決勝180
3回戦90
2回戦45
1回戦10

※1回戦を免除された第1シードから第16シードの選手が初戦敗退(2回戦敗退)となった場合、獲得ポイントは2回戦ではなく1回戦の10ポイントとなります。

準々決勝の放送予定

準々決勝は、スポナビライブ、GAORA、NHK・BS1での放送が予定されています。

Sports navi LIVE(スポナビライブ)

スポナビライブでのLive配信について、1回戦と2回戦は無料、3回戦から決勝までは有料になります。

日程ラウンド配信時間
11月3日(金)準々決勝22:00~

GAORA

GAORAでは、1回戦から決勝まで生中継で放送予定。

日程ラウンド放送時間
11月3日(金)準々決勝22:00~27:00
27:30~8:30

NHK・BS1

NHK・BS1では、BS1(サブch102)で2回戦から決勝までの7試合を生中継で放送予定。

日程ラウンド放送時間
11月3日(金)準々決勝22:00~(24:00)

<放送予定の対戦カード>
準々決勝「デルポトロ vs イスナー」

2017年ロレックス・パリ・マスターズ その他の結果

コメント