ATPランキング試算(2017年11月・パリ後)


2017年10月30日から11月5日にパリ(フランス)でマスターズ1000「ロレックス・パリ・マスターズ(パリ・マスターズ)」が開催されます。

今回はランキング上位20名+αのパリ・マスターズ後の11月6日付のランキング試算を見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2017年11月6日付のランキング試算

はじめに、11月6日付のランキングについて、2016年のパリ・マスターズとのポイントが11月6日に失効日を迎え、2017年の同大会でのポイントと入れ変わる形となります。

同時に2016年のATPファイナルズのポイントも11月6日に失効日を迎えます。

まずはトップ20+αの2016年のパリ・マスターズとATPファイナルズの結果を紹介します。

2016年のパリ・マスターズでは、マレー選手が優勝、イスナー選手が準優勝、チリッチ選手とラオニッチ選手がベスト4という結果でした。

2016年のATPファイナルズでは、マレー選手が全勝優勝、ジョコビッチ選手が準優勝、ラオニッチ選手と錦織選手がベスト4という結果でした。

順位選手名10月30日
point
2016
パリ
2016
Finals
1ナダル10,465欠場
2フェデラー9,005欠場
3マレー4,790優勝優勝
4A.ズベレフ4,400欠場
5チリッチ4,185ベスト4RR
6ティエム3,9352回戦RR
7ジョコビッチ3,765ベスト8準優勝
8ディミトロフ3,6503回戦
9ワウリンカ3,3602回戦RR
10ゴファン2,9753回戦補欠
11C ブスタ2,6502回戦
12ラオニッチ2,555ベスト4ベスト4
13クエリー2,525欠場
14イスナー2,505準優勝
15ツォンガ2,490ベスト8
16アンダーソン2,470欠場
17デルポトロ2,435欠場
18プイユ2,2353回戦
19ベルディヒ2,230ベスト8
20錦織 圭2,1753回戦ベスト4
21キリオス2,010欠場
22ソック1,945ベスト8
23B アグート1,9352回戦
24R ビノラス1,8802回戦

・RR:ラウンドロビン
・補欠:怪我をしたモンフィス選手に代わってゴファン選手が1試合出場

トップ20+αの基礎ポイント

トップ20+αの基礎ポイントを見ていきます。

順位選手名10月30日
point
失効point基礎
point
パリFinals
1ナダル10,4650010,465
2フェデラー9,005009,005
3マレー4,7901,0001,5002,290
4A.ズベレフ4,400004,400
5チリッチ4,1853602003,625
6ティエム3,935102003,725
7ジョコビッチ3,7651801,0002,585
8ディミトロフ3,6509003,560
9ワウリンカ3,360102003,150
10ゴファン2,9759002,885
11C ブスタ2,6504502,605
12ラオニッチ2,5553604001,795
13クエリー2,525002,525
14イスナー2,50560001,905
15ツォンガ2,49018002,310
16アンダーソン2,470002,470
17デルポトロ2,435002,415*
18プイユ2,2359002,145
19ベルディヒ2,23018002,095*
20錦織 圭2,175902001,885
21キリオス2,010002,010
22ソック1,94518001,765
23B アグート1,9351001,925
24R ビノラス1,8804501,835
  • 10月30日ポイント
  • 2017年10月30日付のATPランキングのポイント。

  • 失効ポイント
  • 2017年11月6日に失効日を迎える2016年のパリ・マスターズとATPファイナルズのポイント。

  • 基礎ポイント
  • 「基礎ポイント」=「10月30日ポイント」-「失効ポイント」

この「基礎ポイント」に2017年のパリ・マスターズのポイントを加算すれば、次回発表される11月6日付のATPランキングと同じになります。

※パリ・マスターズに出場予定のデルポトロ選手の基礎ポイントについて、2016年のパリ・マスターズのポイントがない(出場義務なし)ため、現在ランキング対象の18大会の中で一番ポイントが低い大会(20ポイント)がランキング対象外に降格となり、2017年のパリ・マスターズのポイントが加算される形となります。

※パリ・マスターズを欠場するベルディヒ選手の基礎ポイントについて、マスターズ出場義務の免除の条件を満たすため0ポイントの加算ではなく、現在ランキング対象の18大会の圏外となっている45ポイントが繰り上がって加算される形になります。

ロレックス・パリ・マスターズ 獲得ポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝1,000
準優勝600
準決勝360
準々決勝180
3回戦90
2回戦45
1回戦10

暫定ランキング

「基礎ポイント」順にランキングを並び替えます。

暫定
順位
選手名基礎
point
1ナダル10,465
2フェデラー9,005
3A.ズベレフ4,400
4ティエム3,725
5チリッチ3,625
6ディミトロフ3,560
7ワウリンカ3,150
8ゴファン2,885
9カレーニョブスタ2,605
10ジョコビッチ2,585
11クエリー2,525
12アンダーソン2,470
13デルポトロ2,415
14ツォンガ2,310
15マレー2,290
16プイユ2,145
17ベルディヒ2,095
18キリオス2,010
19バウティスタアグート1,925
20イスナー1,905
21錦織 圭1,885
22ラモスビノラス1,835
23ラオニッチ1,795
24ソック1,765

<欠場者の情報>
フェデラー選手、ワウリンカ選手、ジョコビッチ選手、マレー選手、ベルディヒ選手、キリオス選手、錦織選手、ラオニッチ選手は2017年パリ・マスターズを欠場。

1位~3位争い

ナダル選手の1位、フェデラー選手の2位は確定。

ナダル選手は2回戦(初戦)を勝利すれば、年間1位も確定となります。

A.ズベレフ選手は準決勝進出で3位が確定。

ティエム選手、チリッチ選手、ディミトロフ選手が3位になるには、優勝が最低条件となります。

4位~10位争い

ティエム選手、チリッチ選手、ディミトロフ選手で4位を争う形となりますが、ポイント差がほとんどないので、パリ・マスターズとATPファイナルズの結果でまだまだ動きがありそうです。

2018年の全豪オープンの第4シードのことも考えると、まずはパリ・マスターズでポイントを多く加算しておきたいところです。

10位争いを見ると、トップ10争いから一気に抜け出してくる選手がなかなか現れず、ウィンブルドン後にシーズンを終えたジョコビッチ選手がまだトップ10にいる状態となっています。

10位近辺にいるゴファン選手、カレーニョブスタ選手、クエリー選手、アンダーソン選手、デルポトロ選手、ツォンガ選手はATPファイナルズへの出場権をかけた争いにもなっており、今大会では何としても結果が欲しいところです。

錦織選手のランキング

右手首の怪我でツアーを離脱している錦織選手は、パリ・マスターズ後のランキングでは21位以下となります。

現時点で錦織選手の復帰時期はまだ分かりませんが、この先2018年1月にブリスベン国際150ポイント、全豪オープン180ポイントの失効ポイントがあり、もし全豪オープン後に復帰となった場合は、錦織選手のポイントは1,555ポイントとなり、30位あたりになりそうです。

2017年ロレックス・パリ・マスターズの結果

2017年ロレックス・パリ・マスターズの1回戦から決勝までの結果です。

結果の記事では各ラウンド終了時の暫定ランキング(ポイント)も紹介する予定です。

コメント