【2017年】ロレックス・パリ・マスターズの結果(2回戦)


2017年10月30日~11月5日(2017年第44週)、パリ(フランス)で開催のマスターズ1000「ロレックス・パリ・マスターズ(パリ・マスターズ)」の2回戦の結果、放送予定、2回戦後の暫定ランキング(レースランキング)を見ていきます。

第1シードのナダル選手をはじめ、第16シードまでの選手が2回戦から登場となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2017年ロレックス・パリ・マスターズ 2回戦の結果

マスターズ1000「ロレックス・パリ・マスターズ」の結果について、試合結果が分かり次第、適宜更新していきます。

<日程>
・10月31日(火):1回戦・2回戦
・11月1日(水): 2回戦

※()内の世界ランキングは、2017年10月30日付のランキングです。

2回戦(トップハーフ・ナダル山)

[1] ラファエル・ナダル (1位)276
ヘヨン・チュン (55位)053
パブロ・クエバス (36位)265776
[15] アルベルト・ラモス ビノラス (24位)177612
 
[10] サム・クエリー (13位)044
フィリップ・クライノビッチ (77位)266
ニコラ・マユ (111位)266
[8] パブロ・カレーニョ ブスタ (11位)041

第1シードのラファエル・ナダル選手がヘヨン・チュン選手をストレートで破って3回戦進出を決め、ナダル選手の年間1位が確定しました。

第8シードのパブロ・カレーニョ ブスタ選手は地元フランスのニコラ・マユ選手にストレートで敗れ、初戦敗退。

第10シードのサム・クエリー選手は予選勝者のフィリップ・クライノビッチ選手にストレートで敗れ、初戦敗退。

第15シードのアルベルト・ラモスビノラス選手はパブロ・クエバス選手にフルセットの末に敗れ、初戦敗退。

ATPファイナルズ出場に向けて、レースランキング9位のカレーニョブスタ選手は現時点で出場圏内8番目にいるものの初戦で姿を消すこととなり、出場圏を争っている他の選手の結果待ちという状況となりました。

そして、レースランキング11位のクエリー選手は初戦で敗れ、出場権争いから脱落となりました。

2回戦(トップハーフ・A.ズベレフ山)

[4] アレクサンダー・ズベレフ (4位)1622
ロビン・ハーセ (43位)2366
ジョアン・ソウザ (58位)022
[13] フアン・マルティン・デルポトロ (17位)266
 
[9] ジョン・イスナー (14位)2776116
ディエゴ・シュワルツマン (25位)1627133
リシャール・ガスケ (30位)044
[6] グリゴール・ディミトロフ (8位)266

第4シードのアレクサンダー・ズベレフ選手はロビン・ハーセ選手にフルセットの末に敗れ、初戦敗退となりました。

A.ズベレフ選手はアンフォーストエラーが37本もあり精細を欠くプレー内容でしたが、ここ数試合のプレーを見ると、シングルスだけでなくダブルスも多く出場するなど1年間フルに戦ってきた疲れがさすがに出ているかなという感じです。

第6シードのグリゴール・ディミトロフ選手がリシャール・ガスケ選手をストレートで破り、3回戦に進出。

第9シードのジョン・イスナー選手がディエゴ・シュワルツマン選手をフルセットの末に破り、3回戦に進出。

第13シードのフアン・マルティン・デルポトロ選手がジョアン・ソウザ選手をストレートで破り、3回戦に進出。

2回戦(ボトムハーフ・チリッチ山)

[7] ダビド・ゴファン (10位)2626
アドリアン・マナリノ (28位)1263
ジュリアン・ベネトー (83位)22776
[11] ジョーウィルフリード・ツォンガ (15位)16642
 
[14] ロベルト・バウティスタ アグート (23位)266
ジェレミー・シャルディー (88位)041
ボルナ・チョリッチ (51位)043
[3] マリン・チリッチ (5位)266

第3シードのマリン・チリッチ選手がボルナ・チョリッチ選手をストレートで破り、3回戦に進出。

第5シードのダビド・ゴファン選手がアドリアン・マナリノ選手をフルセットの末に破り、3回戦に進出。

第11シードのジョーウィルフリード・ツォンガ選手はジュリアン・ベネトー選手にフルセットの末に敗れ、初戦敗退。

レースランキング14位のツォンガ選手は初戦で敗れ、ATPファイナルズ出場権争いから脱落となりました。

第14シードのロベルト・バウティスタアグート選手がジェレミー・シャルディー選手をストレートで破り、3回戦に進出。

2回戦(ボトムハーフ・ティエム山)

第2シードのロジャー・フェデラー選手がwithdrawとなり、リュカ・プイユ選手が第17シードとして空いた第2シードの枠に移りました。

[5] ドミニク・ティエム (6位)26636
ペーター・ゴヨブチック (62位)14774
フェルナンド・ベルダスコ (39位)2567
[12] ケビン・アンダーソン (16位)1745
 
[16] ジャック・ソック (22位)247777
カイル・エドマンド (50位)166465
フェリシアーノ・ロペス (33位)034
[17] リュカ・プイユ (18位)266

第5シードのドミニク・ティエム選手がラッキールーザーのペーター・ゴヨブチック選手をフルセットの末に破り、3回戦に進出。

第12シードのケビン・アンダーソン選手はフェルナンド・ベルダスコ選手にフルセットの末に敗れ、初戦敗退。

レースランキング12位のアンダーソン選手は初戦で敗れ、ATPファイナルズ出場権争いから脱落となりました。

第16シードのジャック・ソック選手がカイル・エドマンド選手をフルセットの末に破り、3回戦に進出。

第17シードのリュカ・プイユ選手がフェリシアーノ・ロペス選手をストレートで破り、3回戦に進出。

ドロー表(ベスト32・結果)

2回戦後の暫定ランキング(レースランキング)

ロレックス・パリ・マスターズの2回戦終了時点での暫定ランキングです。

また、このポイント(ランキング)はレースランキングと同じものになります。

7位のワウリンカ選手が今シーズンをすでに終えているので、ATPファイナルズ出場権のボーダーは9位カレーニョブスタ選手の2,615ポイント。

暫定
順位
選手名基礎
point
roundresult獲得
point
2R後
point
1ナダル10,4652回戦9010,555
2フェデラー9,005欠場09,005
3A.ズベレフ4,4002回戦×104,410
4ティエム3,7252回戦903,815
5チリッチ3,6252回戦903,715
6ディミトロフ3,5602回戦903,650
7ワウリンカ3,150欠場03,150
8ゴファン2,8852回戦902,975
9C ブスタ2,6052回戦×102,615
10ジョコビッチ2,585欠場02,585
11クエリー2,5252回戦×102,535
12デルポトロ2,4152回戦902,505
13アンダーソン2,4702回戦×102,480
14ツォンガ2,3102回戦×102,320
15マレー2,290欠場02,290
16プイユ2,1452回戦902,235
17ベルディヒ2,095欠場02,095
18B アグート1,9252回戦902,015
19キリオス2,010欠場02,010
20イスナー1,9052回戦901,995
21錦織 圭1,885欠場01,885
22ソック1,7652回戦901,855
23R ビノラス1,8352回戦×101,845
24ラオニッチ1,795欠場01,795
25ミュラー1,695欠場01,695

※基礎ポイントについては、『 ATPランキング試算(2017年11月・パリ後)』をご覧ください。

ロレックス・パリ・マスターズ 獲得ポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝1,000
準優勝600
準決勝360
準々決勝180
3回戦90
2回戦45
1回戦10

※1回戦を免除された第1シードから第16シードの選手が初戦敗退(2回戦敗退)となった場合、獲得ポイントは2回戦ではなく1回戦の10ポイントとなります。

2回戦の放送予定

2回戦は、スポナビライブ、GAORA、NHK・BS1での放送が予定されています。

Sports navi LIVE(スポナビライブ)

スポナビライブでのLive配信について、1回戦と2回戦は無料、3回戦から決勝までは有料になります。

日程ラウンド配信時間
10月31日(火)1回戦・2回戦19:00~(無料)
11月1日(水)2回戦19:00~(無料)

GAORA

GAORAでは、1回戦から決勝まで生中継で放送予定。

日程ラウンド放送時間
10月31日(火)1回戦・2回戦19:00~8:00
11月1日(水)2回戦19:00~8:30

NHK・BS1

NHK・BS1では、BS1(サブch102)で2回戦(1回戦)から決勝までの7試合を生中継で放送予定。

日程ラウンド放送時間
10月31日(火)2回戦25:00~(27:00)
11月1日(水)2回戦19:00~(21:00)

<放送予定の対戦カード>
10月31日(火):「クエリー vs クライノビッチ」
11月1日(水) :「A.ズベレフ vs ハーセ」

2017年ロレックス・パリ・マスターズ その他の結果

コメント