ジョー=ウィルフリード・ツォンガ


ジョー=ウィルフリード・ツォンガ選手に関する情報をまとめました。

ツォンガ選手の基本情報、選手紹介、選手経歴、ツアー経歴、ランキング推移、グランドスラム成績、ツアー決勝成績、錦織選手との対戦成績です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

基本情報

※更新日:2019年2月19日 現在

名前 ジョー=ウィルフリード・ツォンガ(Jo-Wilfried Tsonga)
国籍 フランス(FRA)
出身地 ル・マン
性別
生年月日 1985年4月17日
年齢 33歳
身長 188cm
体重 91kg
プロ転向 2004年
利き手
バックハンド 両手打ち
コーチ ティエリ・アシオンヌ(Thierry Ascione)

※以下、記事内の表現に関して、シングルスに視点を置いたものとなっています。
ダブルスに関する場合は、「ダブルス」と表記しています。

選手紹介

最速237km/hの強力なサーブと、破壊力抜群のフォアハンドが武器のオールラウンダー。

さらに、ネットプレーでは繊細なタッチのボレーも見せるなど、高い技術も持ち合わせている。

1年を通してプレーに好不調の波があり安定感に欠ける部分もあるが、ビッグ4を倒す爆発力を持っており、調子に乗らせると非常に手強い選手である。

選手経歴

2004年~2007年 度重なる故障

ジュニア時代、2003年の全米オープンのジュニア男子シングルスで優勝するなど、将来を期待されたツォンガ。

しかし、2004年にプロに転向した後は、度重なる故障で年間を通じて活躍できない時期が長く続く。
・椎間板ヘルニア(2004年後半~2005年3月)
・右肩を2度故障(2005年)
・背中と腹部を故障(2005年10月~2006年2月)
・腹部を故障(2006年末)

2007年、これまで悩まされ続けていた故障を克服し、ATPツアーに本格的に参戦。

6月、ウィンブルドンの前哨戦のアルトワ選手権で、予選から勝ち上がり3回戦進出。

ウィンブルドンで、4回戦に進出する活躍を見せ、7月9日付の世界ランキングでトップ100入りを果たす。

その後も結果を残し、年末の世界ランキングは43位。

2008年 全豪オープン準優勝、マスターズ初優勝

2008年1月、ノーシードで出場した全豪オープンでは、1回戦で世界ランキング9位のマレー、4回戦で同8位のガスケ、準決勝で同2位のナダルを破る活躍を見せ、グランドスラム初の決勝に進出(ツアー初の決勝進出がグランドスラムという快挙)。
決勝で同3位のジョコビッチに敗れはしたが、グランドスラム準優勝を果たす。

その後、右膝の故障のため全仏オープンとウィンブルドンを欠場。

9月、タイ・オープンの決勝でジョコビッチを破り、ツアー初優勝を果たす(23歳5ヶ月)。

10月、BNPパリバ・マスターズでは、3回戦で世界ランキング3位のジョコビッチ、準々決勝で同7位のロディックを破るなどの活躍を見せ、マスターズ初の決勝に進出。
決勝で同8位のナルバンディアンを破り、マスターズ初優勝を果たす。

最終戦のATPワールドツアー・ファイナルズに初出場。

年末の世界ランキングは6位。

2009年 ツアー優勝3回

2009年、2月のSAテニスオープン(ATP250)とオープン13(ATP250)を優勝。

10月、ジャパン・オープン・テニス選手権(ATP500)を優勝し、ツアー5勝目を挙げる。

年末の世界ランキングは10位。

2010年 全豪オープンでベスト4

2010年1月、全豪オープンでは、準々決勝で世界ランキング3位のジョコビッチを破り、準決勝に進出。
準決勝で同1位のフェデラーに敗れ、2年ぶりの決勝進出とはならず。

その後、ツアー決勝進出が0回など結果を残せず、年末の世界ランキングは13位。

2011年 ウィンブルドンでベスト4、ファイナルズ準優勝

2011年シーズン前半も低迷が続いたが、6月のウィンブルドンの前哨戦のクイーンズ・クラブ選手権では、世界ランキング1位のナダルを破る活躍を見せ準優勝。

ウィンブルドンでは、準々決勝で世界ランキング3位のフェデラーを破り、準決勝に進出。
準決勝で同2位のジョコビッチに敗れたが、ウィンブルドンで初のベスト4となる。

8月、全米オープンでベスト8。

9月、モゼール・オープン(ATP250)で優勝し、約2年ぶりとなるツアー6勝目を挙げる。

10月、エルステ・バンク・オープン(ATP250)で優勝し、ツアー7勝目を挙げる。

11月、BNPパリバ・マスターズで準優勝。

最終戦のATPワールドツアー・ファイナルズで初の決勝に進出。
決勝でフェデラーに敗れ、準優勝。

一時、世界ランキングを22位にまで落としたが、年末の世界ランキングは6位。

2012年 世界ランク5位、ウィンブルドン2年連続ベスト4

2012年1月、カタール・オープン(ATP250)で優勝し、ツアー8勝目を挙げる。

2月27日付の世界ランキングで自己最高の5位を記録。

6月、ウィンブルドンでは準決勝に進出するも、世界ランキング4位のマレーに敗れ、2年連続でベスト4。

9月、モゼール・オープン(ATP250)を2連覇し、ツアー9勝目を挙げる。

最終戦のATPワールドツアー・ファイナルズに出場。

年末の世界ランキングは8位。

2013年 全仏オープンでベスト4

2013年2月、オープン13(ATP250)を優勝し、ツアー10勝目を挙げる。

5月、全仏オープンでは、準々決勝で世界ランキング3位のフェデラーを破り、全仏オープン初の準決勝に進出。
準決勝で同5位のナダルに敗れる。

その後、膝の故障のため全米オープンを欠場するなど結果が残せず、年末の世界ランキングは10位。

2014年 マスターズ優勝

グランドスラムではツォンガの快進撃は見られず、4大会すべて4回戦止まり。

8月、ロジャーズ・カップでは、3回戦で世界ランキング1位のジョコビッチ、準々決勝で同9位のマレー、準決勝で同8位のディミトロフ、決勝で同3位のフェデラーを破る活躍を見せ、2008年以来となるマスターズ優勝を果たす。

1大会でビッグ4の3人を倒すツォンガの爆発力が発揮された大会となった。

年末の世界ランキングは12位。

2015年 全仏オープンでベスト4

2015年5月、全仏オープンでは、4回戦で世界ランキング4位のベルディヒ、準々決勝で同5位の錦織を破り、2年ぶりに準決勝に進出。
準決勝で同9位のワウリンカに敗れる。

9月、モゼール・オープン(ATP250)を優勝し、ツアー12勝目を挙げる。

10月、上海ロレックス・マスターズでは、決勝で世界ランキング1位のジョコビッチに敗れ、準優勝。

年末の世界ランキングは10位。

2016年

2016年、ウィンブルドンと全米オープンでベスト8。

2016年はツアー優勝0回と、ツォンガ選手にとっては不振のシーズンとなり、年末の世界ランキングは12位。

2017年 ツアー優勝4回

2017年1月、全豪オープンでベスト8。

2月、ABNアムロ世界テニス・トーナメント(ATP500)とオープン13(ATP250)を優勝。

5月、リヨン・オープン(ATP250)を優勝

10月、ヨーロピアン・オープン(ATP250)を優勝し、ツアー16勝目を挙げる。

11月、2001年以来となるフランスのデビスカップ優勝に貢献。

年末の世界ランキングは15位。

2018年 怪我でツアー離脱

2018年2月、南フランス・オープンの準決勝で左太ももの肉離れで途中棄権となり、その後ツアーを離脱。

4月に膝の手術を行い、全仏オープンとウィンブルドンを欠場。

9月、モゼール・オープンでツアーに復帰。

年末の世界ランキングは239位。

2019年

2019年2月、南フランス・オープン(ATP250)を優勝し、ツアー17勝目を挙げる。

ツアー経歴(シングルス)

ツアー勝利数 17勝
キャリア通算成績 647戦 442勝 205敗
自己最高ランキング 5位(2012年2月27日)

ランキング推移(年末)

順位
2018 239
2017 15
2016 12
2015 10
2014 12
2013 10
2012 8
2011 6
2010 13
2009 10
2008 6
2007 43
2006 212
2005 338
2004 163

グランドスラム成績

グランドスラム最高成績
・全豪オープン:準優勝
・全仏オープン:ベスト4
・ウィンブルドン:ベスト4
・全米オープン:ベスト8

全豪 全仏 ウィンブルドン 全米
2019 2回戦
2018 3回戦
2017 ベスト8 1回戦 3回戦 2回戦
2016 4回戦 3回戦 ベスト8 ベスト8
2015 ベスト4 3回戦 ベスト8
2014 4回戦 4回戦 4回戦 4回戦
2013 ベスト8 ベスト4 2回戦
2012 4回戦 ベスト8 ベスト4 2回戦
2011 3回戦 3回戦 ベスト4 ベスト8
2010 ベスト4 4回戦 ベスト8
2009 ベスト8 4回戦 3回戦 4回戦
2008 準優勝 3回戦
2007 1回戦 4回戦 3回戦
2006
2005 1回戦
2004 予選 予選

ATPツアー決勝での成績

決勝:29戦 17勝 12敗

カテゴリ 勝 – 負
グランドスラム 0 – 1
ATPファイナルズ 0 – 1
マスターズ1000 2 – 2
ATP500 2 – 4
ATP250 13 – 4

錦織選手との対戦成績

錦織 圭 5 vs 3 ジョーウィルフリード・ツォンガ
2016年:マスターズ1000
BNPパリバ・マスターズ 3回戦 (パリ/室内ハード)
錦織 圭 (4位) 1 6 3 63
ジョーウィルフリード・ツォンガ (13位) 2 0 6 77
2016年:グランドスラム
全豪オープン 4回戦 (メルボルン/ハード)
錦織 圭 (7位) 3 6 6 6
ジョーウィルフリード・ツォンガ (10位) 0 4 2 4
2015年:グランドスラム
全仏オープン 準々決勝 (パリ/クレー)
錦織 圭 (5位) 2 1 4 6 6 3
ジョーウィルフリード・ツォンガ (15位) 3 6 6 4 3 6
2014年:マスターズ1000
BNPパリバ・マスターズ 3回戦 (パリ/室内ハード)
錦織 圭 (7位) 2 6 4 6
ジョーウィルフリード・ツォンガ (12位) 1 1 6 4
2013年:マスターズ1000
BNPパリバ・マスターズ 2回戦 (パリ/室内ハード)
錦織 圭 (19位) 2 1 77 79
ジョーウィルフリード・ツォンガ (9位) 1 6 64 67
2013年:マスターズ1000
上海ロレックス・マスターズ 3回戦 (上海/ハード)
錦織 圭 (18位) 0 65 0
ジョーウィルフリード・ツォンガ (9位) 2 77 6
2012年:グランドスラム
全豪オープン 4回戦 (メルボルン/ハード)
錦織 圭 (26位) 3 2 6 6 3 6
ジョーウィルフリード・ツォンガ (6位) 2 6 2 1 6 3
2011年:マスターズ1000
上海ロレックス・マスターズ 2回戦 (上海/ハード)
錦織 圭 (47位) 2 61 6 6
ジョーウィルフリード・ツォンガ (8位) 1 77 4 4
スポンサーリンク
スポンサーリンク
選手名鑑
テニサーをフォローする
テニスK

コメント