ATPランキングの仕組みについて解説


ATP(Association of Tennis Professionals)とは、男子プロテニスツアーを運営する団体「男子プロテニス協会」のことです。

「ATPランキング」=「男子テニスの世界ランキング」。

例えば、ATPランキングで1位になったときは、一般に「世界ランキング1位」という表現で使われています。

ちなみに女子テニスの世界ランキングは、「WTAランキング」。

それでは、ATPランキングがどのように決められているのかについて、「ランキングの種類」、「各大会の獲得ポイント」、「18大会&出場義務ルール」に分けて解説します。

スポンサーリンク

ランキングの種類

ランキングには、「ATPランキング」と「ATPレースランキング」の2種類あります。

ATPランキング

「世界ランキング」のことで、過去52週間(約1年間)に出場した大会のうち、獲得ポイントが高かった上位18大会のポイントの合計で順位を決定。

ツアー最終戦のATPワールドツアー・ファイナルズに出場した選手は、ポイント対象の18大会とは別に、特別枠として19大会目のポイントが加算されます。

※各大会で獲得したポイントは、獲得した日からシーズンをまたいで継続され、獲得してから1年後に消失します。

ATPレースランキング

「ATP Race to London」のことで、ポイント「0」で1月1日からスタートし、シーズン終了までに出場した大会のうち、獲得ポイントが高かった上位18大会のポイントの合計で順位を決定。

ATPワールドツアー・ファイナルズには、「ATPレースランキング」の上位8名が出場できます。

シーズン終了時には、ATPランキングとATPレースランキングの集計期間が同じになるため、順位も同じになります。

各大会の獲得ポイント

ランキングを決定する「ポイント」について、大会のカテゴリおよび各大会での成績によって獲得できるポイントが決まっています。

ポイント一覧(簡易版)
カテゴリ 優勝 F SF QF R16 R32 R64 R128
グランドスラム 2,000 1,200 720 360 180 90 45 10
マスターズ 1,000 600 360 180 90 45 10
ATP500 500 300 180 90 45 0
ATP250 250 150 90 45 20 0

<表の補足>
・F:finalistの略で、準優勝
・SF:Semifinal(準決勝)の略で、ベスト4
・QF:Quarterfinal(準々決勝)の略で、ベスト8
・R16~R128:ベスト16~ベスト128

シード選手が1回戦を免除され2回戦で初戦敗退となった場合、獲得ポイントは2回戦ではなく、1回戦のポイントとなります。

例えば、マスターズ1000の大会でシード選手が2回戦から出場し、2回戦で敗退した場合の獲得ポイントは、R32の「45」ではなく、R64の「10」となります。

また、マスターズ1000、ATP500、ATP250について、ドロー数が大きい大会の場合に、この一覧表と獲得ポイントが異なる部分があるため、カテゴリ別に詳しく見ていきます。

グランドスラム(4大大会)

グランドスラムのドロー数はすべて128。

ドロー 優勝 F SF QF R16 R32 R64 R128
128 2,000 1,200 720 360 180 90 45 10

予選通過者は本戦でのポイントに加え、予選「Q」のポイントも加算されます。

Q Q2 Q1
25(16) 8 0

<表の補足>
Q:予選通過。()内の数字は、予選3回戦で敗退した場合のポイント。
Q2:予選2回戦
Q1:予選1回戦

マスターズ1000(年間9大会)

マスターズ1000には3種類のドロー数の大会があり、ドロー数によって少し獲得ポイントが異なります。

  • ドロー数96の大会
  • 「インディアンウェルズ・マスターズ」
    「マイアミ・マスターズ」

  • ドロー数56/48の大会
  • 「パリ・マスターズ」がドロー数48
    残り6大会はドロー数56

ドロー 優勝 F SF QF R16 R32 R64 R128 Q
96 1,000 600 360 180 90 45 25 10 16(8)
56/48 10 25(16)

ATP500(年間13大会)

ATP500には2種類のドロー数の大会があり、ドロー数によって少し獲得ポイントが異なります。

  • ドロー数48の大会
  • 「バルセロナ・オープン・バンコ・サバデル」
    「シティ・オープン」

  • ドロー数32の大会
  • 上記以外の残り11大会

ドロー 優勝 F SF QF R16 R32 R64 Q
48 500 300 180 90 45 20 0 10(4)
32 0 20(10)

ATP250(年間40大会)

ATP250には3種類のドロー数の大会があり、ドロー数によって少し獲得ポイントが異なります。

  • ドロー数48の大会
  • 「ウィンストン・セーラム・オープン」

  • ドロー数28/32の大会
  • 上記以外の残り39大会

ドロー 優勝 F SF QF R16 R32 R64 Q
48 250 150 90 45 20 10 0 5(3)
28/ 32 0 12(6)

ATPワールドツアー・ファイナルズ

  • 予選ラウンドロビン
  • 4人ずつの2グループに別れ、総当りで3試合を行い、上位2名が準決勝に進出。
    1勝ごとに「200」ポイント獲得。

  • 準決勝
  • 勝利すると「400」ポイント獲得。

  • 決勝
  • 勝利すると「500」ポイント獲得。

全勝で優勝した場合、1,500ポイント獲得。
(200×3)+400+500=1,500

下部ツアー

下部ツアーである「ATPチャレンジャー・ツアー」と「フューチャーズ」のポイントについては、省略させていただきます。

ランキングが低い選手は、下部ツアーの大会でポイントを稼いでランキングを上げてから、上位のツアーにステップアップしていく形になります。

デビスカップとオリンピック

デビスカップとオリンピックは、2016年よりATPランキングのポイント対象外となっています。

18大会&出場義務ルール

ポイント対象となる18大会について

ランキングの種類の解説でも触れましたが、ATPランキングは獲得ポイントが高かった上位18大会のポイントの合計で順位が決まります。
(ATPワールドツアー・ファイナルズに出場した選手は、19大会のポイントの合計)

ランキングの対象となる大会数が18大会と決まっているため、たくさんの大会に出場すればランキングが上がっていくというわけではありません。

また、「グランドスラム」と「マスターズ1000(モンテカルロ・マスターズを除く)」の本戦に出場した場合、獲得ポイントが低くても強制的にポイント対象の大会に含まれます。

ランキングトップ30の出場義務について

前年のシーズン終了時点で、ATPランキングが30位以内だった選手には、以下の大会への出場が義務付けられています。

  • グランドスラム(4大会)
  • 全豪オープン、全仏オープン、ウィンブルドン、全米オープンの4大会すべて

  • マスターズ1000(8大会)
  • 9大会のうち、モンテカルロ・マスターズ以外の8大会

  • ATP500(4大会)
  • 13大会のうち、4大会。
    この4大会のうち、1大会は全米オープン後の以下の大会であること。
    ・チャイナ・オープン(中国)
    ・楽天ジャパン・オープン(日本)
    ・スイス・インドア(スイス)
    ・エルステ・バンク・オープン(オーストリア)

※ATP500の出場義務について、マスターズ1000のモンテカルロ・マスターズに出場した場合、ATP500の大会としてカウントされます。

出場義務だけで16大会。残り2大会はATP250かATP500で埋めることになり、トップ選手は毎年似たようなスケジュールとなっています。

トップ30だった選手が出場義務のある大会を欠場した場合、その大会は強制的に「0ポイント」として、ランキング対象の18大会に含まれることになります。

ただし、マスターズ1000の大会について、下記の条件を1つ満たすごとに1大会の出場義務が免除されます。
また、3つの条件すべてを満たした選手については、マスターズ全大会の出場義務が免除。

<出場義務免除の条件>
・通算600試合出場
・年間12大会以上出場した年から12年プレー
・満31歳に達すること

このようにベテラン選手への負担を考慮した条件もありますが、それでもトップ選手はランキングを維持するために過密スケジュールをこなし、結果も残し続けなければいけません。

ここまでATPランキングの仕組みについて解説してきましたが、この仕組みをもとに計算されたATPランキングは毎週更新、発表されています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする