マリン・チリッチ

マリン・チリッチ選手に関する情報をまとめました。

チリッチ選手の基本情報、選手紹介、選手経歴、ツアー経歴、ランキング推移、グランドスラム成績、ツアー決勝成績、錦織選手との対戦成績です。

スポンサーリンク

基本情報

※更新日:2017年10月6日 現在

名前 マリン・チリッチ(Marin Cilic)
国籍 クロアチア(CRO)
出身地 ボスニア・ヘルツェゴビナ、メジュゴリエ
性別
生年月日 1988年9月28日
年齢 29歳
身長 198cm
体重 89kg
プロ転向 2005年
利き手
バックハンド 両手打ち
コーチ ヨナス・ビョルクマン(Jonas Bjorkman)
Ivan Cinkus

※以下、記事内の表現に関して、シングルスに視点を置いたものとなっています。
ダブルスに関する場合は、「ダブルス」と表記しています。

選手紹介

プレースタイル

ビッグサーバーでありながらストロークに弱点が少なく、高い打点から打ち下ろす強力なフォアハンドに加え、安定したバックハンドと前後左右に動けるフットワークを持つオールラウンダー。

サーブに関して、前コーチのゴラン・イワニセビッチ氏の指導によりさらに強化され、特に高い打点から放たれる角度のあるワイドサーブを得意とする。

成績は安定しないが、爆発力はすごい!?

2014年グランドスラム初優勝(全米オープン)、2016年マスターズ初優勝と、これまでATP500シリーズでの優勝がなかったチリッチ選手だったが、先にビッグタイトルを獲得。
2016年の後半にようやくATP500シリーズ初優勝。

成績にムラがあるチリッチ選手だが、ビッグ4を倒す爆発力を持っており、調子が良い時は手が付けられない強さを発揮する。
今後も、グランドスラムのタイトルを獲得する可能性のある選手である。

選手経歴

2005年~2008年 ツアー初優勝

2005年に17歳でプロに転向後、下部ツアーで着実に実績を積み、2007年後半からATPツアーに本格参戦。

2007年、10月15日付の世界ランキングで100位を突破すると、直後のサンクトペテルブルク・オープンでベスト4に入り、年末の世界ランキングは71位。

2008年8月、パイロット・ペン・テニスでツアー初の決勝に進出。決勝でフィッシュ選手を破り、ツアー初優勝を挙げる(19歳11ヶ月)。

全豪オープンとウィンブルドンで4回戦進出、マスターズ初の準々決勝に進出するなど結果を残し、年末の世界ランキングは23位。

2009年~2010年 全豪オープンベスト4、世界ランキング9位

2009年、開幕戦のチェンナイ・オープン(ATP250)と、2月のPBZザグレブ・インドア(ATP250)を優勝し、ツアー3勝目を挙げる。

9月、全米オープンの4回戦で世界ランキング2位のマレー選手を破り、グランドスラム初の準々決勝に進出。準々決勝で同6位のデルポトロ選手に敗れる。
全米オープン後にツアー準優勝2回の活躍もあり、年末の世界ランキングは14位。

2010年、開幕戦のチェンナイ・オープン(ATP250)を2連覇。
全豪オープンでは、4回戦で世界ランキング5位のデルポトロ選手、準々決勝で同7位のロディック選手を破り、グランドスラム初の準決勝に進出。準決勝で同4位のマレー選手に敗れる。

2月、PBZザグレブ・インドア(ATP250)を2連覇し、ツアー5勝目を挙げる。
2月22日付のランキングで自己最高の9位を記録。
シーズン後半は結果を残せず、年末の世界ランキングは14位。

2011年~2013年 怪我とドーピング疑惑!?

2011年10月、サンクトペテルブルク・オープン(ATP250)を優勝し、ツアー6勝目を挙げる。
ツアー準優勝3回の成績を残すも、グランドスラムで1回戦敗退が2回など、成績が安定せず年末の世界ランキングは21位。

2012年、膝の怪我により全豪オープンを欠場。
3月に復帰後、6月のエイゴン選手権(ATP250)と7月のクロアチア・オープン(ATP250)を優勝し、ツアー8勝目を挙げる。
全米オープンベスト8の活躍もあり、年末の世界ランキングは15位。

2013年、2月にPBZザグレブ・インドア(ATP250)でツアー9勝目を挙げる。

5月のBMWオープンで禁止薬物の陽性反応を示し、ドーピング規定違反で9ヶ月の出場停止処分を受ける。
チリッチ選手は、購入した薬にニケタミド(興奮剤)が含まれていた事を知らなかったと主張。スポーツ仲裁裁判所(CAS)に不服申立てを行い、出場停止処分は4ヶ月間に軽減。

10月末のBNPパリバ・マスターズから復帰するも、年末の世界ランキングは37位にまで後退。

2014年 全米オープン初優勝

2014年、2月にPBZザグレブ・インドア(ATP250)とデルレイビーチ国際テニス選手権(ATP250)を優勝。
6月、ウィンブルドンで初のベスト8。

9月、全米オープンでは、準々決勝で世界ランキング7位のベルディヒ選手、準決勝で同3位のフェデラー選手を破り、グランドスラム初の決勝に進出。
決勝で同11位の錦織選手を破り、グランドスラム初優勝を果たす。

10月13日付の世界ランキングで自己最高の8位を記録。
同月、クレムリン・カップ(ATP250)を優勝し、ツアー13勝目を挙げる。
最終戦のATPワールドツアー・ファイナルズに初出場。
年末の世界ランキングは9位。

2015年~2016年 マスターズ初優勝、世界ランク6位

2015年、年初から右肩の怪我によりツアーを離脱していたが、3月に復帰。
7月、ウィンブルドンで2年連続のベスト8。
9月、全米オープンで準決勝に進出するも、ジョコビッチ選手に敗れる。
10月、クレムリン・カップ(ATP250)を2連覇し、ツアー14勝目を挙げる。
年末の世界ランキングは13位。

2016年、7月にウィンブルドンで3年連続のベスト8。
8月、ウエスタン&サザン・オープンでマスターズ初の決勝に進出。決勝で世界ランキング2位のマレー選手を破り、マスターズ初優勝を果たす。
10月、スイス・インドア(ATP500)の決勝で錦織選手を破り、ツアー16勝目を挙げる(ATP500シリーズ初優勝)。
11月21日付の世界ランキングで自己最高の6位を記録。

2017年 ウィンブルドン準優勝

2017年5月、イスタンブール・オープン(ATP250)を優勝し、ツアー17勝目を挙げる

7月、ウィンブルドンの準決勝でクエリー選手を破り、ウィンブルドンで初の決勝に進出。
決勝でフェデラー選手に敗れ、準優勝。

ウィンブルドン後、内転筋の怪我のためツアーを約1ヶ月離脱。

9月11日付の世界ランキングで自己最高の5位を記録。

ツアー経歴(シングルス)

ツアー勝利数 17勝
キャリア通算成績 649戦 424勝 225敗
自己最高ランキング 5位(2017年9月11日)

ランキング推移(年末)

順位
2016 6
2015 13
2014 9
2013 37
2012 15
2011 21
2010 14
2009 14
2008 23
2007 71
2006 170
2005 587

グランドスラム成績

グランドスラム最高成績
・全豪オープン:ベスト4
・全仏オープン:ベスト8
・ウィンブルドン:準優勝
・全米オープン:優勝(2014)

全豪 全仏 ウィンブルドン 全米
2017 2回戦 ベスト8 準優勝 3回戦
2016 3回戦 1回戦 ベスト8 3回戦
2015 4回戦 ベスト8 ベスト4
2014 2回戦 3回戦 ベスト8 優勝
2013 3回戦 3回戦 2回戦
2012 3回戦 4回戦 ベスト8
2011 4回戦 1回戦 1回戦 3回戦
2010 ベスト4 4回戦 1回戦 2回戦
2009 4回戦 4回戦 3回戦 ベスト8
2008 4回戦 2回戦 4回戦 3回戦
2007 1回戦 1回戦 1回戦 予選
2006 予選

ATPツアー決勝での成績

決勝:30戦 17勝 13敗

カテゴリ 勝 – 負
グランドスラム 1 – 1
ATPワールドツアー・ファイナルズ 0 – 0
マスターズ1000 1 – 0
ATP500 1 – 4
ATP250 14 – 8

錦織選手との対戦成績

錦織 圭 7 vs 6 マリン・チリッチ
2016年:ATPワールドツアー・ファイナルズ
予選ラウンドロビン(イギリス/室内ハード)
錦織 圭(5位) 1 6 2 3
マリン・チリッチ(7位) 2 3 6 6
2016年:ATP500
スイス・インドア 決勝(スイス/室内ハード)
錦織 圭(5位) 0 1 65
マリン・チリッチ(10位) 2 6 77
2016年:グランドスラム
ウィンブルドン 4回戦(イギリス/芝)
錦織 圭(6位) 棄権 1 1
マリン・チリッチ(13位) 6 5
2015年:ATP500
楽天ジャパン・オープン 準々決勝(日本/ハード)
錦織 圭(6位) 2 3 7 6
マリン・チリッチ(14位) 1 6 5 3
2015年:ATP500
シティ・オープン 準決勝(アメリカ/ハード)
錦織 圭(5位) 2 3 6 6
マリン・チリッチ(8位) 1 6 1 4
2014年:グランドスラム
全米オープン 決勝(アメリカ/ハード)
錦織 圭(11位) 0 3 3 3
マリン・チリッチ(16位) 3 6 6 6
2014年:ATP500
バルセロナ・オープン 準々決勝(スペイン/クレー)
錦織 圭(17位) 2 6 6
マリン・チリッチ(27位) 0 1 3
2014年:ATP250
ブリスベン国際 準々決勝(オーストラリア/ハード)
錦織 圭(17位) 2 6 5 6
マリン・チリッチ(37位) 1 4 7 2
2013年:ATP500
全米国際インドアテニス選手権 準々決勝(アメリカ/室内ハード)
錦織 圭(22位) 2 6 6
マリン・チリッチ(12位) 0 4 2
2012年:グランドスラム
全米オープン 3回戦(アメリカ/ハード)
錦織 圭(18位) 1 3 4 77 3
マリン・チリッチ(13位) 3 6 6 63 6
2011年:ATP250
チェンナイ・オープン 1回戦(インド/ハード)
錦織 圭(98位) 2 4 77 6
マリン・チリッチ(14位) 1 6 60 2
2010年:グランドスラム
全米オープン 2回戦(アメリカ/ハード)
錦織 圭(147位) 3 5 78 3 77 6
マリン・チリッチ(13位) 2 7 66 6 63 1
2008年:ATPマスターズ・シリーズ
パシフィック・ライフ・オープン 1回戦(アメリカ/ハード)
錦織 圭(126位) 0 2 4
マリン・チリッチ(45位) 2 6 6