ダビド・ゴファン


ダビド・ゴファン選手に関する情報をまとめました。

ゴファン選手の基本情報、選手紹介、選手経歴、ツアー経歴、ランキング推移、グランドスラム成績、ツアー決勝成績、錦織選手との対戦成績です。

※「ダビド・ゴフィン」の表記も見られます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

基本情報

※更新日:2019年8月20日 現在

名前 ダビド・ゴファン(David Goffin)
国籍 ベルギー(BEL)
出身地 ロクール
性別
生年月日 1990年12月7日
年齢 28歳
身長 180cm
体重 70kg
プロ転向 2009年
利き手
バックハンド 両手打ち
コーチ トーマス・ヨハンソン(Thomas Johansson)

※以下、記事内の表現に関して、シングルスに視点を置いたものとなっています。
ダブルスに関する場合は、「ダブルス」と表記しています。

選手紹介

プレースタイル

男子テニス選手としては小柄な方だが、安定感のあるストロークが武器で、ベースラインから下がらずに早いテンポで攻撃を展開するオールラウンダー。

フットワークの良さと広角に打ち分けるストロークだけでなく、ネットプレーやサーブ力も向上。

得意のショットは、バックハンドのストレートへの切り返しの「ダウン・ザ・ライン」。

ベルギー男子No.1プレイヤー

地元ベルギーでは早くから注目されていた選手で、怪我から復帰した2014年以降は目覚ましい成長を遂げている。

2017年2月20日付の世界ランキングで10位となり、ベルギー男子選手として初のトップ10入りを果たす。

※トップ10選手相手にダブルベーグルを記録!?
2016年、BNLイタリア国際の3回戦、世界ランキング8位ベルディヒ選手に6-0、6-0のダブルベーグルで勝利。

選手経歴

2009年~2012年 全仏ベスト16、トップ100入り

2009年にプロに転向後、下部ツアーで実績を積み、2012年に才能の片鱗を見せる。

2012年5月、全仏オープンで予選を突破し、初めてグランドスラム本戦に出場。(予選の決勝で敗退していたが、予選決勝者の特別ルールでラッキールーザーとして出場)
グランドスラム初出場で4回戦まで進出。
4回戦で世界ランキング3位のフェデラーに破れはしたが、1セットを奪う健闘を見せる。

6月11日付の世界ランキングで64位までジャンプアップし、トップ100入りを果たす。

ウィンブルドンでも3回戦に進出するなど活躍を見せ、年末の世界ランキングは46位。

2013年 怪我でツアーを離脱

さらなる飛躍が期待された2013年。
思うような成績が残せない中、8月に練習中に左手首を負傷し、ツアーを離脱。

年末の世界ランキングは110位。

2014年 ツアー初優勝

2014年1月に復帰。
ランキングを大きく落としていたが、7月から快進撃が始まる。

7月、3週連続でATPチャレンジャーを優勝すると、その勢いのままオーストリア・オープン(ATP250)でも優勝し、ツアー初優勝を果たす(23歳7ヶ月)。

下部ツアーを含めて4週連続の優勝の活躍で、世界ランキングを48位まで戻す。

9月、モゼール・オープン(ATP250)を優勝し、ツアー2勝目を挙げる。

10月、スイス・インドア(ATP500)で準優勝。

ATPカムバック賞を受賞。

年末の世界ランキングは22位。

2015年 デビスカップ準優勝

2015年5月、BNLイタリア国際でマスターズ初の準々決勝に進出。

6月、ロスマーレン・グラスコート選手権(ATP250)で準優勝するなど、1年間安定した成績を残し、年末の世界ランキングは16位。

デビスカップではベルギー代表の中心選手として活躍し、初優勝とはならなかったが、ベルギーとして111年ぶりの準優勝に大きく貢献。

2016年 マスターズでベスト4(2回)

2016年3月、BNPパリバ・オープンでマスターズ初の準決勝に進出。
続くマイアミ・オープンでもベスト4の活躍を見せる。

6月、全仏オープンでグランドスラム初の準々決勝に進出。

年間通算49勝25敗、年末の世界ランキングは11位。

2017年 初のトップ10入り、ATPファイナルズ準優勝

2017年1月、全豪オープンでベスト8。

2月、ソフィア・オープンとABNアムロ世界テニス・トーナメントで準優勝。

2月20日付の世界ランキングで10位となり、初のトップ10入りを果たす。

6月、全仏オープンの3回戦で右足首を負傷し、ツアーを1ヶ月半ほど離脱。

9月、深セン・オープン(ATP250)で約3年ぶりとなるツアー3勝目を挙げる。

10月、楽天ジャパン・オープン(ATP500)の決勝でマナリノ選手を破り、ATP500シリーズ初優勝を果たす。

11月、最終戦のATPファイナルズに初出場。
ラウンドロビンで世界ランキング1位のナダル、準決勝で同2位のフェデラーを破る活躍を見せ、決勝に進出。
決勝で同6位のディミトロフに敗れ、準優勝。

11月20日付の世界ランキングで自己最高の7位を記録。

年間通算57勝24敗、ツアー優勝2回、年末の世界ランキングは7位。

2018年 怪我でツアーを離脱

2018年2月、ABNアムロ世界テニス・トーナメントの準決勝で試合中に左目にボールが当たり、左目を負傷して約1ヶ月ツアーを離脱。

8月、ウエスタン&サザン・オープンでベスト4。

9月に右肘を痛め(検査で骨髄浮腫と判明)、10月3日に2018年シーズンを終えることを発表。

年間通算29勝16敗、年末の世界ランキングは22位。

2019年 マスターズ準優勝

6月、ノベンティ・オープン(ATP500)で準優勝。

7月、ウィンブルドンでベスト8。

8月、ウエスタン&サザン・オープンでマスターズ初の決勝に進出。
決勝で世界ランキング8位のメドベージェフに敗れ、準優勝。

ツアー経歴(シングルス)

ツアー勝利数 4勝
キャリア通算成績 419戦 256勝 163敗
自己最高ランキング 7位(2017年11月20日)

ランキング推移(年末)

順位
2018 22
2017 7
2016 11
2015 16
2014 22
2013 110
2012 46
2011 174
2010 229
2009 324

グランドスラム成績

グランドスラム最高成績
・全豪オープン:ベスト8
・全仏オープン:ベスト8
・ウィンブルドン:ベスト8
・全米オープン:3回戦

全豪 全仏 ウィンブルドン 全米
2019 3回戦 3回戦 ベスト8
2018 2回戦 4回戦 1回戦 4回戦
2017 ベスト8 3回戦 4回戦
2016 4回戦 ベスト8 4回戦 1回戦
2015 2回戦 3回戦 4回戦 3回戦
2014 1回戦 1回戦 3回戦
2013 1回戦 1回戦 1回戦 1回戦
2012 予選 4回戦 3回戦 1回戦
2011 予選 予選 予選

ATPツアー決勝での成績

決勝:13戦 4勝 9敗

カテゴリ 勝 – 負
グランドスラム 0 – 0
ATPファイナルズ 0 – 1
マスターズ1000 0 – 1
ATP500 1 – 4
ATP250 3 – 3

錦織選手との対戦成績

錦織 圭 3 vs 0 ダビド・ゴファン
2015年:マスターズ1000
ロジャーズ・カップ 3回戦 (カナダ/ハード)
錦織 圭 (4位) 2 6 6
ダビド・ゴファン (14位) 0 4 4
2015年:マスターズ1000
ムチュア・マドリード・オープン 2回戦 (スペイン/クレー)
錦織 圭 (5位) 2 6 4 6
ダビド・ゴファン (21位) 1 2 6 4
2015年:マスターズ1000
マイアミ・オープン 4回戦 (アメリカ/ハード)
錦織 圭 (5位) 2 6 6
ダビド・ゴファン (20位) 0 1 2
スポンサーリンク
スポンサーリンク
選手名鑑
シェアする
テニサーをフォローする
テニスK

コメント