ガエル・モンフィス


ガエル・モンフィス選手に関する情報をまとめました。

モンフィス選手の基本情報、選手紹介、選手経歴、ツアー経歴、ランキング推移、グランドスラム成績、ツアー決勝成績、錦織選手との対戦成績です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

基本情報

※更新日:2019年8月20日 現在

名前ガエル・モンフィス(Gael Monfils)
国籍フランス(FRA)
出身地パリ
性別
生年月日1986年9月1日
年齢32歳
身長193cm
体重85kg
プロ転向2004年
利き手
バックハンド両手打ち
コーチ

※以下、記事内の表現に関して、シングルスに視点を置いたものとなっています。
ダブルスに関する場合は、「ダブルス」と表記しています。

選手紹介

プレースタイル

破壊力抜群のフォアハンドと強力なサーブを武器にするオールラウンダー。

身体能力を生かした攻撃的なテニスやアクロバティックなプレーで人気を集める一方、2015年まで決勝での成績が5勝17敗と勝負弱さを見せるなどメンタル面が弱点。

コーチ変更が大きな転機に!!

ジュニア時代にジュニアグランドスラム3冠(全豪、全仏、ウィンブルドン)達成やプロ転向後もすぐにツアー優勝を挙げるなど、将来が期待されたモンフィス。

これまで度重なる怪我やメンタル面でのもろさもあり、秘めたポテンシャルが十分に発揮されないままシーズンを過ごしたが、2016年シーズンに大きな転機を迎える。

2014年にミカエル・ティルストロム氏にコーチを依頼するも一度断られ、その後もコーチ選びに悩むモンフィスだったが、友人のワウリンカが仲介役となり、2016年からティルストロム氏のコーチ就任が決まる。

ATP500初優勝、全米オープンベスト4、マスターズ準優勝など結果を残し、世界ランキングも自己最高の6位となるなど、30歳を迎えようやく充実したシーズンを過ごす。

選手経歴

2004年~2005年 ツアー初優勝

2004年、18歳でプロに転向。

2005年、5月2日付の世界ランキングで100位を突破。

8月、オレンジ・ワルシャワ・オープンでツアー初の決勝に進出。
決勝でマイヤーを破り、ツアー初優勝を挙げる(18歳11ヶ月)。

他にもツアー準優勝2回などの活躍もあり、ATPワールドツアーアワードで「年間最優秀新人賞」を受賞。

年末の世界ランキングは30位。

2006年~2008年 全仏オープンベスト4

2006年5月、BNLイタリア国際でマスターズ初の準決勝に進出。

6月、全仏オープンでグランドスラム初の4回戦に進出。

ツアー準優勝1回、年末の世界ランキングは46位。

2007年、ツアー準優勝1回の他は結果を残せず、世界ランキングも50位付近で停滞。

2008年6月、全仏オープンの準々決勝で世界ランキング5位のフェレールを破り、グランドスラム初の準決勝に進出。
準決勝で同1位のフェデラーに敗れる。

全仏オープンの活躍からシーズン後半は安定した成績を残し、年末の世界ランキングは14位。

2009年 初のトップ10入り、マスターズ準優勝

2009年、2月23日付の世界ランキングで10位を記録し、初のトップ10入りを果たす。

9月、モゼール・オープン(ATP250)を優勝し、ツアー2勝目を挙げる。

11月、BNPパリバ・マスターズでマスターズ初の決勝に進出。
決勝でジョコビッチに敗れ、準優勝。

年末の世界ランキングは13位。

2010年 マスターズ準優勝

2010年10月、南フランス・オープン(ATP250)を優勝し、ツアー3勝目を挙げる。

11月、パリ・マスターズの準々決勝で世界ランキング4位のマレー、準決勝で同2位のフェデラーを破り、決勝に進出。
決勝で同5位のセーデリングに敗れ、準優勝。

年末の世界ランキングは12位。

2011年 世界ランク7位

2011年、全仏オープンでベスト8などの活躍もあり、7月4日付の世界ランキングで7位を記録。

その後、10月のストックホルム・オープン(ATP250)でツアー4勝目を挙げるも、トップ10を維持できず、年末の世界ランキングは16位。

2012年~2015年 怪我の影響で低迷!?

2012年、膝の怪我により全仏オープン、ウィンブルドン、全米オープンを欠場するなど、4ヶ月近くツアーを離れる。

年末の世界ランキングは77位。

2013年、5月に世界ランキングを一時119位にまで落とすが、その後はツアー準優勝2回などの活躍もあり、年末の世界ランキングは31位。

2014年2月、南フランス・オープン(ATP250)を優勝し、約2年4ヶ月ぶりとなるツアー5勝目を挙げる。

全仏オープンと全米オープンでベスト8、ツアー準優勝1回と結果を残し、年末の世界ランキングは18位。

2015年、ツアー準優勝1回のみに終わり、年末の世界ランキングは24位。

2016年 全米オープンベスト4、世界ランク6位

2016年からミカエル・ティルストロム氏をコーチに迎え、大きく飛躍することになる。

2016年1月、全豪オープンで初のベスト8。

3月、モンテカルロ・マスターズでは、5年5ヶ月ぶりとなるマスターズ決勝に進出。
決勝でナダルに敗れ、準優勝。

7月、シティー・オープン(ATP500)の決勝でカルロビッチを破り、ツアー6勝目を挙げる(ATP500シリーズは初優勝)。

9月、全米オープンでは、2008年の全仏オープン以来となるグランドスラムの準決勝に進出。
準決勝でジョコビッチに敗れる。

11月7日付の世界ランキングで自己最高の6位を記録。

最終戦のATPワールドツアー・ファイナルズに初出場。

年末の世界ランキングは7位。

2017年 怪我で低迷!?

左膝膝蓋骨の軟骨疾患と左のアキレス腱の怪我により、3月のBNPパリバ・オープン後に約2ヶ月ツアーを離脱。

その後も怪我に悩まされ、年末の世界ランキングは46位にまで後退。

2018年 ツアー優勝1回

2018年1月、カタール・エクソンモービル・オープン(ATP250)を優勝し、ツアー7勝目を挙げる。

年末の世界ランキングは29位。

2019年

2019年2月、ABNアムロ・ワールド・テニス・トーナメント(ATP500)を優勝し、ツアー8勝目を挙げる。

8月、ロジャーズ・カップで3年ぶりにマスターズの準決勝に進出。

ツアー経歴(シングルス)

ツアー勝利数8勝
キャリア通算成績729戦 466勝 263敗
自己最高ランキング6位(2016年11月7日)

ランキング推移(年末)

順位
201829
201746
20167
201524
201418
201331
201277
201116
201012
200913
200814
200738
200646
200530
2004239

グランドスラム成績

グランドスラム最高成績
・全豪オープン:ベスト8
・全仏オープン:ベスト4
・ウィンブルドン:4回戦
・全米オープン:ベスト4

全豪全仏ウィンブルドン全米
20192回戦4回戦1回戦
20182回戦3回戦4回戦2回戦
20174回戦4回戦3回戦3回戦
2016ベスト81回戦ベスト4
20152回戦4回戦3回戦1回戦
20143回戦ベスト82回戦ベスト8
20133回戦3回戦2回戦
20123回戦
20113回戦ベスト83回戦2回戦
20103回戦2回戦3回戦ベスト8
20094回戦ベスト84回戦
2008ベスト44回戦
20073回戦3回戦3回戦
20061回戦4回戦1回戦2回戦
20052回戦1回戦3回戦1回戦
2004予選

ATPツアー決勝での成績

決勝:29戦 8勝 21敗

カテゴリ勝 – 負
グランドスラム0 – 0
ATPファイナルズ0 – 0
マスターズ10000 – 3
ATP5002 – 5
ATP2506 – 13

錦織選手との対戦成績

錦織 圭4vs1ガエル・モンフィス
2018年:グランドスラム ( 試合結果の詳細)
全米オープン 2回戦 (アメリカ/ハード)
錦織 圭 (19位)65
ガエル・モンフィス (39位)棄権24
2017年:マスターズ1000 ( 試合結果の詳細)
ロジャーズ・カップ 2回戦 (カナダ/ハード)
錦織 圭 (9位)177566
ガエル・モンフィス (22位)264778
2016年:オリンピック
リオデジャネイロ五輪 準々決勝 (ブラジル/ハード)
錦織 圭 (6位)277478
ガエル・モンフィス (11位)164666
2016年:マスターズ1000
マイアミ・オープン 準々決勝 (アメリカ/ハード)
錦織 圭 (6位)24677
ガエル・モンフィス (16位)16363
2014年:ATP500
ゲリー・ウェバー・オープン 2回戦 (ドイツ/芝)
錦織 圭 (12位)2636
ガエル・モンフィス (20位)1163
スポンサーリンク
スポンサーリンク
選手名鑑
テニサーをフォローする
テニスK

コメント