リュカ・プイユ


リュカ・プイユ選手に関する情報をまとめました。

プイユ選手の基本情報、選手紹介、選手経歴、ツアー経歴、ランキング推移、グランドスラム成績、ツアー決勝成績、錦織選手との対戦成績です。

スポンサーリンク

基本情報

※更新日:2017年6月14日 現在

名前 リュカ・プイユ(Lucas Pouille)
国籍 フランス(FRA)
出身地 グランド=シント
性別
生年月日 1994年2月23日
年齢 23歳
身長 185cm
体重 81kg
プロ転向 2012年
利き手
バックハンド 両手打ち
コーチ エマニュエル・プランク(Emmanuel Planque)

※以下、記事内の表現に関して、シングルスに視点を置いたものとなっています。
ダブルスに関する場合は、「ダブルス」と表記しています。

選手紹介

プレースタイル

攻撃力のあるフォアハンドと安定したバックハンドを持ち、サーブ力とボレー技術も高いレベルにあるオールラウンダー。
サーブ&ボレーのほか、ベースライン上でラリーを展開している場合は積極的にネットに仕掛けるなど、サーブやストロークからネットプレーへの組み立てで相手を揺さぶってくる。

2016年の急成長は本物か!?

2016年に世界ランキング15位にまで一気に駆け上がってきたが、ここから上に行くにはトップ10の選手を倒すことが必須条件になってくるため、この壁を超えることができるかに注目。

選手経歴

2012年~2016年 ツアー初優勝

2012年にプロに転向後、下部ツアーで実績を積み、2015年から本格的にATPツアーに参戦。

2015年、4月20日付の世界ランキングで100位を突破。
ツアーベスト4が2回など結果を残し、年末の世界ランキングは78位。

2016年4月、BRDナスターゼ・ティリアク・トロフィー(ATP250)でツアー初の決勝に進出。決勝でベルダスコ選手に敗れ、準優勝。
5月、BNLイタリア国際でマスターズ初の準決勝に進出。
7月、ウィンブルドンでグランドスラム初の準々決勝に進出。
9月、全米オープンの4回戦で世界ランキング5位のナダル選手を破り、準々決勝に進出。
同月、モゼール・オープン(ATP250)の決勝でティエム選手を破り、ツアー初優勝を挙げる。

ツアー優勝1回、グランドスラムベスト8が2回など大きな飛躍を果たし、年末の世界ランキングは15位。
ATPワールドツアーアワードで、最も上達した選手に贈られる「Most Improved Player of the Year」を受賞。

2017年

2017年2月、オープン13で準優勝。

4月、モンテカルロ・マスターズでベスト4。
ハンガリー・オープン(ATP250)を優勝し、ツアー2勝目を挙げる。

5月8日付の世界ランキングで自己最高の13位を記録。

ツアー経歴(シングルス)

ツアー勝利数 2勝
キャリア通算成績 123戦 68勝 55敗
自己最高ランキング 13位(2017年5月8日)

ランキング推移(年末)

順位
2016 15
2015 78
2014 133
2013 204
2012 431

グランドスラム成績

グランドスラム最高成績
・全豪オープン:1回戦
・全仏オープン:3回戦
・ウィンブルドン:ベスト8
・全米オープン:ベスト8

全豪 全仏 ウィンブルドン 全米
2017 1回戦 3回戦
2016 1回戦 2回戦 ベスト8 ベスト8
2015 1回戦 1回戦 1回戦 1回戦
2014 1回戦 1回戦 予選
2013 予選 2回戦 予選

ATPツアー決勝での成績

決勝:4戦 2勝 2敗

カテゴリ 勝 – 負
グランドスラム 0 – 0
ATPワールドツアー・ファイナルズ 0 – 0
マスターズ1000 0 – 0
ATP500 0 – 0
ATP250 2 – 2

錦織選手との対戦成績

錦織 圭 1 vs 0 リュカ・プイユ
2016年:ATP500
ゲリー・ウェバー・オープン 1回戦(ドイツ/芝)
錦織 圭 (6位) 2 65 6 6
リュカ・プイユ(29位) 1 77 1 4
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする