同世代ライバル「ジョコビッチ vs マレー」の対戦成績は!?

By: Francisco Antunes


ジュニア時代から同世代のライバルとして、しのぎを削ってきたジョコビッチとマレー。

ビッグ4時代からジョコビッチ1強時代へと力関係が変わった後、2016年にマレーがジョコビッチから世界ランキング1位の座を奪うなど大きな飛躍を果たし、2017年からジョコビッチ・マレー時代へ突入かと思いきや・・・!?

ジョコビッチとマレーの「Head 2 Head」(プレイヤー情報、グランドスラム・サーフェス別での対戦成績、過去の全対戦成績)を見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プレイヤー情報

※更新日:2019年11月7日

ジョコビッチマレー
25 勝対戦成績11 勝
2位 (1位)最新ランキング (最高)127位 (1位)
セルビア国籍イギリス
32歳年齢32歳
1987年5月22日生年月日1987年5月15日
188cm / 77kg身長 / 体重191cm / 82kg
右 / 両手利き手 / バック右 / 両手
2003年プロ転向2005年
889勝185敗通算成績672勝196敗
77回通算優勝回数46回

選手名鑑『 ノバク・ジョコビッチ 』と『 アンディ・マレー 』で、両選手のプレイヤー情報やツアー経歴など、詳しい情報を紹介しています。

ノバク・ジョコビッチ
※更新日:2019年7月22日 現在。 ノバク・ジョコビッチ選手のプロフィール(基本情報、プレースタイル、選手経歴、ランキング推移、グランドスラム成績など)を見ていきます。 最後に、錦織選手との過去の対戦成績についても紹介します。
アンディ・マレー
※更新日:2019年8月20日 現在。 アンディ・マレー選手の基本情報、選手紹介、選手経歴、ツアー経歴、ランキング推移、グランドスラム成績、ツアー決勝成績、錦織選手との対戦成績です。

「ジョコビッチ vs マレー」対戦成績

2006年の初対戦からこれまで36回の対戦があり、ジョコビッチ25勝マレー11勝

決勝だけの対戦に絞ると、ジョコビッチ11勝、マレー8勝と僅差の成績となっています。

グランドスラムでの対戦成績

グランドスラムでの対戦成績は、ジョコビッチが8勝2敗と大きくリード。

大会ジョコビッチマレー
全豪オープン5勝 (4勝)0勝 (0勝)
全仏オープン2勝 (1勝)0勝 (0勝)
ウィンブルドン0勝 (0勝)1勝 (1勝)
全米オープン1勝 (0勝)1勝 (1勝)

※()内の数字は、決勝での勝利数

サーフェス別の対戦成績

サーフェスジョコビッチマレー
屋外ハード16勝 (8勝)7勝 (5勝)
室内ハード4勝 (1勝)1勝 (1勝)
クレー5勝 (2勝)1勝 (1勝)
0勝 (0勝)2勝 (1勝)

※()内の数字は、決勝での勝利数

サーフェス別の対戦した年と戦績

サーフェス別の対戦成績を見ましたが、さらに詳しく対戦した年ごとに分けて戦績を見ていきます。

表の各戦績は「ジョコビッチ勝利数 – マレー勝利数」となっています。

ハード室内クレー合計
20190 – 00 – 00 – 00 – 00 – 0
20180 – 00 – 00 – 00 – 00 – 0
20171 – 00 – 00 – 00 – 01 – 0
20161 – 00 – 12 – 10 – 03 – 2
20154 – 11 – 01 – 00 – 06 – 1
20143 – 01 – 00 – 00 – 04 – 0
20131 – 00 – 00 – 00 – 11 – 1
20123 – 21 – 00 – 00 – 14 – 3
20111 – 10 – 01 – 00 – 02 – 1
20100 – 00 – 00 – 00 – 00 – 0
20090 – 10 – 00 – 00 – 00 – 1
20080 – 20 – 01 – 00 – 01 – 2
20072 – 00 – 00 – 00 – 02 – 0
20060 – 01 – 00 – 00 – 01 – 0
通算16 – 74 – 15 – 10 – 225 – 11

ジョコビッチ1強時代で対戦成績が激変!?

2013年まではジョコビッチ11勝、マレー8勝と五分の対戦成績でしたが、2014年からジョコビッチの強さが突出していき、ビッグ4時代からジョコビッチ1強時代へ。

2016年シーズン前半までジョコビッチの一人勝ちが続くようになり、2014年から2016年の全仏オープンまでの対戦成績はジョコビッチの13勝2敗と、ジョコビッチがマレーを圧倒。

しかし、ジョコビッチは2016年に全仏オープンを優勝してキャリア・グランドスラムを達成したことでモチベーションが低下したのか、全仏オープン後に成績が低迷したジョコビッチとは対照的に、マレーは世界ランキング1位の座をジョコビッチから奪うなど大きく飛躍を遂げます。

2017年シーズン開幕時はジョコビッチとマレーの1位争いが予想されましたが、ジョコビッチは右肘の怪我、マレーは臀部(でんぶ)の怪我により、共にシーズン途中でツアーを離脱。

2018年シーズン後半からジョコビッチは再び強さを取り戻しましたが、マレーは臀部の怪我に悩まされ続けることになり、残念ながら2017年1月に対戦して以降は両選手の対戦は実現していません。

全対戦成績

2006年から現在までの「ジョコビッチ vs マレー」全戦績を紹介します。

ジョコビッチ25vs11マレー

2017年:ATP250
カタール・オープン 決勝 (カタール/ハード)
ノバク・ジョコビッチ (2位)2656
アンディ・マレー (1位)1374
試合時間:2時間54分

2016年:ATPワールドツアー・ファイナルズ
決勝 (イギリス/室内ハード)
ノバク・ジョコビッチ (2位)034
アンディ・マレー (1位)266
試合時間:1時間43分
2016年:グランドスラム
全仏オープン 決勝 (フランス/クレー)
ノバク・ジョコビッチ (1位)33666 
アンディ・マレー (2位)16124
試合時間:3時間3分
2016年:マスターズ1000
BNLイタリア国際 決勝 (イタリア/クレー)
ノバク・ジョコビッチ (1位)033
アンディ・マレー (3位)266
試合時間:1時間36分
2016年:マスターズ1000
ムチュア・マドリード・オープン 決勝 (スペイン/クレー)
ノバク・ジョコビッチ (1位)2636
アンディ・マレー (2位)1263
試合時間:2時間6分
2016年:グランドスラム
全豪オープン 決勝 (オーストラリア/ハード)
ノバク・ジョコビッチ (1位)36777  
アンディ・マレー (2位)01563
試合時間:2時間53分

2015年:マスターズ1000
BNPパリバ・マスターズ 決勝 (フランス/室内ハード)
ノバク・ジョコビッチ (1位)266
アンディ・マレー (3位)024
試合時間:1時間33分
2015年:マスターズ1000
上海ロレックス・マスターズ 準決勝 (中国/ハード)
ノバク・ジョコビッチ (1位)266
アンディ・マレー (2位)013
試合時間:1時間8分
2015年:マスターズ1000
ロジャーズ・カップ 決勝 (カナダ/ハード)
ノバク・ジョコビッチ (1位)1463
アンディ・マレー (3位)2646
試合時間:3時間0分
2015年:グランドスラム
全仏オープン 準決勝 (フランス/クレー)
ノバク・ジョコビッチ (1位)366556
アンディ・マレー (3位)233771
試合時間:4時間9分
2015年:マスターズ1000
マイアミ・オープン 決勝 (アメリカ/ハード)
ノバク・ジョコビッチ (1位)27746
アンディ・マレー (4位)16360
試合時間:2時間47分
2015年:マスターズ1000
BNPパリバ・オープン 準決勝 (アメリカ/ハード)
ノバク・ジョコビッチ (1位)266
アンディ・マレー (4位)023
試合時間:1時間28分
2015年:グランドスラム
全豪オープン 決勝 (オーストラリア/ハード)
ノバク・ジョコビッチ (1位)3776466 
アンディ・マレー (6位)1657730
試合時間:3時間39分

2014年:マスターズ1000
BNPパリバ・マスターズ 準々決勝 (フランス/室内ハード)
ノバク・ジョコビッチ (1位)276
アンディ・マレー (8位)052
試合時間:1時間41分
2014年:ATP500
チャイナ・オープン 準決勝 (中国/ハード)
ノバク・ジョコビッチ (1位)266
アンディ・マレー (11位)034
試合時間:1時間37分
2014年:グランドスラム
全米オープン 準々決勝 (アメリカ/ハード)
ノバク・ジョコビッチ (1位)3776166 
アンディ・マレー (9位)1617724
試合時間:3時間32分
2014年:マスターズ1000
ソニーオープン 準々決勝 (アメリカ/ハード)
ノバク・ジョコビッチ (1位)276
アンディ・マレー (6位)053
試合時間:1時間30分

2013年:グランドスラム
ウィンブルドン 決勝 (イギリス/芝)
ノバク・ジョコビッチ (1位)0454  
アンディ・マレー (2位)3676
試合時間:3時間9分
2013年:グランドスラム
全豪オープン 決勝 (オーストラリア/ハード)
ノバク・ジョコビッチ (1位)3627766 
アンディ・マレー (3位)1776332
試合時間:3時間40分

2012年:ATPワールドツアー・ファイナルズ
予選ラウンドロビン (イギリス/室内ハード)
ノバク・ジョコビッチ (1位)2467
アンディ・マレー (3位)1635
試合時間:2時間35分
2012年:マスターズ1000
上海ロレックス・マスターズ 決勝 (中国/ハード)
ノバク・ジョコビッチ (2位)257136
アンディ・マレー (3位)176113
試合時間:3時間21分
2012年:グランドスラム
全米オープン 決勝 (アメリカ/ハード)
ノバク・ジョコビッチ (2位)26105662
アンディ・マレー (4位)37127236
試合時間:4時間54分
2012年:オリンピック
ロンドン五輪 準決勝 (イギリス/芝)
ノバク・ジョコビッチ (2位)055
アンディ・マレー (4位)277
試合時間:2時間0分
2012年:マスターズ1000
ソニー・エリクソン・オープン 決勝 (アメリカ/ハード)
ノバク・ジョコビッチ (1位)2677
アンディ・マレー (4位)0164
試合時間:2時間18分
2012年:ATP500
ドバイ・テニス選手権 準決勝 (UAE/ハード)
ノバク・ジョコビッチ (1位)025
アンディ・マレー (4位)267
試合時間:1時間23分
2012年:グランドスラム
全豪オープン 準決勝 (オーストラリア/ハード)
ノバク・ジョコビッチ (1位)3636467
アンディ・マレー (3位)2367715
試合時間:4時間50分

2011年:マスターズ1000
ウエスタン&サザン・オープン 決勝 (アメリカ/ハード)
ノバク・ジョコビッチ (1位)棄権40
アンディ・マレー (4位)63
試合時間:1時間12分
2011年:マスターズ1000
BNLイタリア国際 準決勝 (イタリア/クレー)
ノバク・ジョコビッチ (2位)26377
アンディ・マレー (4位)11662
試合時間:3時間2分
2011年:グランドスラム
全豪オープン 決勝 (オーストラリア/ハード)
ノバク・ジョコビッチ (3位)3666  
アンディ・マレー (5位)0423
試合時間:2時間39分

2009年:マスターズ1000
ソニー・エリクソン・オープン 決勝 (アメリカ/ハード)
ノバク・ジョコビッチ (3位)025
アンディ・マレー (4位)267
試合時間:1時間43分

2008年:ATPマスターズ・シリーズ
ウエスタン&サザン・オープン 決勝 (アメリカ/ハード)
ノバク・ジョコビッチ (3位)06465
アンディ・マレー (9位)27777
試合時間:2時間23分
2008年:ATPマスターズ・シリーズ
ロジャーズ・カップ 準々決勝 (カナダ/ハード)
ノバク・ジョコビッチ (3位)0363
アンディ・マレー (9位)2677
試合時間:1時間45分
2008年:ATPマスターズ・シリーズ
モンテカルロ・マスターズ 3回戦 (モナコ/クレー)
ノバク・ジョコビッチ (3位)266
アンディ・マレー (20位)004
試合時間:1時間18分

2007年:ATPマスターズ・シリーズ
ソニー・エリクソン・オープン 準決勝 (アメリカ/ハード)
ノバク・ジョコビッチ (10位)266
アンディ・マレー (12位)010
試合時間:1時間3分
2007年:ATPマスターズ・シリーズ
BNPパリバ・オープン 準決勝 (アメリカ/ハード)
ノバク・ジョコビッチ (13位)266
アンディ・マレー (14位)023
試合時間:1時間3分

2006年:ATPマスターズ・シリーズ
ムチュア・マドリード・オープン 3回戦 (スペイン/室内ハード)
ノバク・ジョコビッチ (17位)2176
アンディ・マレー (19位)1653
試合時間:2時間11分

その他のビッグ4同士の対戦成績

名勝負「フェデラーvsナダル」の対戦成績は!?
ビッグ4対決「フェデラーvsジョコビッチ」の対戦成績は!?
ビッグ4対決「フェデラーvsマレー」の対戦成績は!?
ビッグ4対決「ナダルvsジョコビッチ」の対戦成績は!?
ビッグ4対決「ナダルvsマレー」の対戦成績は!?

コメント