同世代ライバル「ジョコビッチvsマレー」の対戦成績は!?


ジュニア時代から同世代のライバルとして、しのぎを削ってきたジョコビッチ選手とマレー選手。
ビッグ4時代からジョコビッチ1強時代へと力関係が変わる中、2016年にマレー選手がジョコビッチ選手から世界ランキング1位の座を奪うなど大きな飛躍を果たします。

2017年はジョコビッチ・マレー時代へ突入かと思いきや・・・!?

ジョコビッチ選手とマレー選手の「Head 2 Head」(プレイヤー情報、グランドスラム・サーフェス別での対戦成績、過去の全対戦成績)を見ていきます。

スポンサーリンク

プレイヤー情報

※更新日:2017年11月24日 現在

ジョコビッチ マレー
25 勝 対戦成績 11 勝
12位(1位) 最新ランキング(最高) 16位(1位)
セルビア(SRB) 国籍 イギリス(GBR)
30歳 年齢 30歳
1987年5月22日 生年月日 1987年5月15日
188cm / 75kg 身長 / 体重 191cm / 84kg
右 / 両手 利き手 / バック 右 / 両手
2003年 プロ転向 2005年
32勝8敗 2017年成績 25勝10敗
2回 2017年優勝回数 1回
783勝163敗 通算成績 655勝184敗
68回 通算優勝回数 45回

選手名鑑『 ノバク・ジョコビッチ 』と『 アンディ・マレー 』で、両選手のプレイヤー情報やツアー経歴など、詳しい情報を紹介しています。

ノバク・ジョコビッチ
※更新日:2017年11月22日 現在。 ノバク・ジョコビッチ選手のプロフィール(基本情報、プレースタイル、選手経歴、ランキング推移、グランドスラム成績など)を見ていきます。 最後に、錦織選手との過去の対戦成績についても紹介します。
アンディ・マレー
※更新日:2017年11月22日 現在。 アンディ・マレー選手の基本情報、選手紹介、選手経歴、ツアー経歴、ランキング推移、グランドスラム成績、ツアー決勝成績、錦織選手との対戦成績です。

「ジョコビッチvsマレー」対戦成績

2006年の初対戦からこれまで36回の対戦があり、ジョコビッチ選手25勝マレー選手11勝

決勝だけの対戦に絞ると、ジョコビッチ選手11勝、マレー選手8勝と僅差の成績となっています。

グランドスラムでの対戦成績

グランドスラムでの対戦成績は、ジョコビッチ選手が8勝2敗と大きくリード。
※()内の数字は、決勝での勝利数。

大会 ジョコビッチ マレー
全豪オープン 5勝 (4) 0勝 (0)
全仏オープン 2勝 (1) 0勝 (0)
ウィンブルドン 0勝 (0) 1勝 (1)
全米オープン 1勝 (0) 1勝 (1)

サーフェス別の対戦成績

※()内の数字は、決勝での勝利数。

サーフェス ジョコビッチ マレー
ハード 16勝 (8) 7勝 (5)
室内ハード 4勝 (1) 1勝 (1)
クレー 5勝 (2) 1勝 (1)
0勝 (0) 2勝 (1)

サーフェス別の対戦した年と戦績

サーフェス別の対戦成績を見ましたが、さらに詳しく対戦した年ごとに分けて、戦績を見ていきます。
表の各戦績は「ジョコビッチ勝利数 – マレー勝利数」となっています。

ハード 室内 クレー 合計
2017 1 – 0 0 – 0 0 – 0 0 – 0 1 – 0
2016 1 – 0 0 – 1 2 – 1 0 – 0 3 – 2
2015 4 – 1 1 – 0 1 – 0 0 – 0 6 – 1
2014 3 – 0 1 – 0 0 – 0 0 – 0 4 – 0
2013 1 – 0 0 – 0 0 – 0 0 – 1 1 – 1
2012 3 – 2 1 – 0 0 – 0 0 – 1 4 – 3
2011 1 – 1 0 – 0 1 – 0 0 – 0 2 – 1
2010 0 – 0 0 – 0 0 – 0 0 – 0 0 – 0
2009 0 – 1 0 – 0 0 – 0 0 – 0 0 – 1
2008 0 – 2 0 – 0 1 – 0 0 – 0 1 – 2
2007 2 – 0 0 – 0 0 – 0 0 – 0 2 – 0
2006 0 – 0 1 – 0 0 – 0 0 – 0 1 – 0
通算 16 – 7 4 – 1 5 – 1 0 – 2 25 – 11

ジョコビッチ1強時代で対戦成績が激変!?

2013年まで続いたビッグ4時代の力関係が変わり、2014年からジョコビッチ選手の強さが突出していきました。
2016年シーズン前半までジョコビッチ選手の一人勝ちが続くようになり、2014年~2016年全仏オープンまでの対戦成績はジョコビッチ選手の13勝2敗。

それまではジョコビッチ選手11勝、マレー選手8勝と、拮抗していたバランスが一気に崩れます。

世界ランキング1位の座をジョコビッチ選手から奪うなど、2016年後半からマレー選手が大きく飛躍したことにより、今後どのような戦績を残していくのか注目です。

<2017年について追記>
2017年シーズン開幕時は、ジョコビッチ選手とマレー選手の1位争いが予想されましたが、ジョコビッチ選手は右肘の怪我、マレー選手は臀部(でんぶ)の怪我により、共にシーズン途中でツアーを離脱することとなりました。

全対戦成績

2006年から現在までの「ジョコビッチvsマレー」全戦績を紹介します。

ジョコビッチ 25 vs 11 マレー

2017年:ATP250
カタール・オープン 決勝(カタール/ハード)
ノバク・ジョコビッチ(2位) 2 6 5 6
アンディ・マレー(1位) 1 3 7 4
試合時間:2時間54分

2016年:ATPワールドツアー・ファイナルズ
決勝(イギリス/室内ハード)
ノバク・ジョコビッチ(2位) 0 3 4
アンディ・マレー(1位) 2 6 6
試合時間:1時間43分
2016年:グランドスラム
全仏オープン 決勝(フランス/クレー)
ノバク・ジョコビッチ(1位) 3 3 6 6 6
アンディ・マレー(2位) 1 6 1 2 4
試合時間:3時間3分
2016年:マスターズ1000
BNLイタリア国際 決勝(イタリア/クレー)
ノバク・ジョコビッチ(1位) 0 3 3
アンディ・マレー(3位) 2 6 6
試合時間:1時間36分
2016年:マスターズ1000
ムチュア・マドリード・オープン 決勝(スペイン/クレー)
ノバク・ジョコビッチ(1位) 2 6 3 6
アンディ・マレー(2位) 1 2 6 3
試合時間:2時間6分
2016年:グランドスラム
全豪オープン 決勝(オーストラリア/ハード)
ノバク・ジョコビッチ(1位) 3 6 7 77
アンディ・マレー(2位) 0 1 5 63
試合時間:2時間53分

2015年:マスターズ1000
BNPパリバ・マスターズ 決勝(フランス/室内ハード)
ノバク・ジョコビッチ(1位) 2 6 6
アンディ・マレー(3位) 0 2 4
試合時間:1時間33分
2015年:マスターズ1000
上海ロレックス・マスターズ 準決勝(中国/ハード)
ノバク・ジョコビッチ(1位) 2 6 6
アンディ・マレー(2位) 0 1 3
試合時間:1時間8分
2015年:マスターズ1000
ロジャーズ・カップ 決勝(カナダ/ハード)
ノバク・ジョコビッチ(1位) 1 4 6 3
アンディ・マレー(3位) 2 6 4 6
試合時間:3時間0分
2015年:グランドスラム
全仏オープン 準決勝(フランス/クレー)
ノバク・ジョコビッチ(1位) 3 6 6 5 5 6
アンディ・マレー(3位) 2 3 3 7 7 1
試合時間:4時間9分
2015年:マスターズ1000
マイアミ・オープン 決勝(アメリカ/ハード)
ノバク・ジョコビッチ(1位) 2 77 4 6
アンディ・マレー(4位) 1 63 6 0
試合時間:2時間47分
2015年:マスターズ1000
BNPパリバ・オープン 準決勝(アメリカ/ハード)
ノバク・ジョコビッチ(1位) 2 6 6
アンディ・マレー(4位) 0 2 3
試合時間:1時間28分
2015年:グランドスラム
全豪オープン 決勝(オーストラリア/ハード)
ノバク・ジョコビッチ(1位) 3 77 64 6 6
アンディ・マレー(6位) 1 65 77 3 0
試合時間:3時間39分

2014年:マスターズ1000
BNPパリバ・マスターズ 準々決勝(フランス/室内ハード)
ノバク・ジョコビッチ(1位) 2 7 6
アンディ・マレー(8位) 0 5 2
試合時間:1時間41分
2014年:ATP500
チャイナ・オープン 準決勝(中国/ハード)
ノバク・ジョコビッチ(1位) 2 6 6
アンディ・マレー(11位) 0 3 4
試合時間:1時間37分
2014年:グランドスラム
全米オープン 準々決勝(アメリカ/ハード)
ノバク・ジョコビッチ(1位) 3 77 61 6 6
アンディ・マレー(9位) 1 61 77 2 4
試合時間:3時間32分
2014年:マスターズ1000
ソニーオープン 準々決勝(アメリカ/ハード)
ノバク・ジョコビッチ(1位) 2 7 6
アンディ・マレー(6位) 0 5 3
試合時間:1時間30分

2013年:グランドスラム
ウィンブルドン 決勝(イギリス/芝)
ノバク・ジョコビッチ(1位) 0 4 5 4
アンディ・マレー(2位) 3 6 7 6
試合時間:3時間9分
2013年:グランドスラム
全豪オープン 決勝(オーストラリア/ハード)
ノバク・ジョコビッチ(1位) 3 62 77 6 6
アンディ・マレー(3位) 1 77 63 3 2
試合時間:3時間40分

2012年:ATPワールドツアー・ファイナルズ
予選ラウンドロビン(イギリス/室内ハード)
ノバク・ジョコビッチ(1位) 2 4 6 7
アンディ・マレー(3位) 1 6 3 5
試合時間:2時間35分
2012年:マスターズ1000
上海ロレックス・マスターズ 決勝(中国/ハード)
ノバク・ジョコビッチ(2位) 2 5 713 6
アンディ・マレー(3位) 1 7 611 3
試合時間:3時間21分
2012年:グランドスラム
全米オープン 決勝(アメリカ/ハード)
ノバク・ジョコビッチ(2位) 2 610 5 6 6 2
アンディ・マレー(4位) 3 712 7 2 3 6
試合時間:4時間54分
2012年:オリンピック
ロンドン五輪 準決勝(イギリス/芝)
ノバク・ジョコビッチ(2位) 0 5 5
アンディ・マレー(4位) 2 7 7
試合時間:2時間0分
2012年:マスターズ1000
ソニー・エリクソン・オープン 決勝(アメリカ/ハード)
ノバク・ジョコビッチ(1位) 2 6 77
アンディ・マレー(4位) 0 1 64
試合時間:2時間18分
2012年:ATP500
ドバイ・テニス選手権 準決勝(UAE/ハード)
ノバク・ジョコビッチ(1位) 0 2 5
アンディ・マレー(4位) 2 6 7
試合時間:1時間23分
2012年:グランドスラム
全豪オープン 準決勝(オーストラリア/ハード)
ノバク・ジョコビッチ(1位) 3 6 3 64 6 7
アンディ・マレー(3位) 2 3 6 77 1 5
試合時間:4時間50分

2011年:マスターズ1000
ウエスタン&サザン・オープン 決勝(アメリカ/ハード)
ノバク・ジョコビッチ(1位) 棄権 4 0
アンディ・マレー(4位) 6 3
試合時間:1時間12分
2011年:マスターズ1000
BNLイタリア国際 準決勝(イタリア/クレー)
ノバク・ジョコビッチ(2位) 2 6 3 77
アンディ・マレー(4位) 1 1 6 62
試合時間:3時間2分
2011年:グランドスラム
全豪オープン 決勝(オーストラリア/ハード)
ノバク・ジョコビッチ(3位) 3 6 6 6
アンディ・マレー(5位) 0 4 2 3
試合時間:2時間39分

2009年:マスターズ1000
ソニー・エリクソン・オープン 決勝(アメリカ/ハード)
ノバク・ジョコビッチ(3位) 0 2 5
アンディ・マレー(4位) 2 6 7
試合時間:1時間43分

2008年:ATPマスターズ・シリーズ
ウエスタン&サザン・オープン 決勝(アメリカ/ハード)
ノバク・ジョコビッチ(3位) 0 64 65
アンディ・マレー(9位) 2 77 77
試合時間:2時間23分
2008年:ATPマスターズ・シリーズ
ロジャーズ・カップ 準々決勝(カナダ/ハード)
ノバク・ジョコビッチ(3位) 0 3 63
アンディ・マレー(9位) 2 6 77
試合時間:1時間45分
2008年:ATPマスターズ・シリーズ
モンテカルロ・マスターズ 3回戦(モナコ/クレー)
ノバク・ジョコビッチ(3位) 2 6 6
アンディ・マレー(20位) 0 0 4
試合時間:1時間18分

2007年:ATPマスターズ・シリーズ
ソニー・エリクソン・オープン 準決勝(アメリカ/ハード)
ノバク・ジョコビッチ(10位) 2 6 6
アンディ・マレー(12位) 0 1 0
試合時間:1時間3分
2007年:ATPマスターズ・シリーズ
BNPパリバ・オープン 準決勝(アメリカ/ハード)
ノバク・ジョコビッチ(13位) 2 6 6
アンディ・マレー(14位) 0 2 3
試合時間:1時間3分

2006年:ATPマスターズ・シリーズ
ムチュア・マドリード・オープン 3回戦(スペイン/室内ハード)
ノバク・ジョコビッチ(17位) 2 1 7 6
アンディ・マレー(19位) 1 6 5 3
試合時間:2時間11分

その他のビッグ4同士の対戦成績

名勝負「フェデラーvsナダル」の対戦成績は!?
ビッグ4対決「フェデラーvsジョコビッチ」の対戦成績は!?
ビッグ4対決「フェデラーvsマレー」の対戦成績は!?
ビッグ4対決「ナダルvsジョコビッチ」の対戦成績は!?
ビッグ4対決「ナダルvsマレー」の対戦成績は!?