スタン・ワウリンカ


スタン・ワウリンカ選手に関する情報をまとめました。

ワウリンカ選手の基本情報、プレースタイル、選手経歴、ツアー経歴、ランキング推移、グランドスラム成績、ツアー決勝成績、錦織選手との対戦成績です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

基本情報

※更新日:2019年5月14日 現在

名前スタン・ワウリンカ(Stan Wawrinka)
国籍スイス(SUI)
出身地ローザンヌ
性別
生年月日1985年3月28日
年齢34歳
身長183cm
体重81kg
プロ転向2002年
利き手
バックハンド片手打ち
コーチマグヌス・ノーマン(Magnus Norman)
Yannick Fattebert

※以下、記事内の表現に関して、シングルスに視点を置いたものとなっています。
ダブルスに関する場合は、「ダブルス」と表記しています。

選手紹介

プレースタイル

最高速232km/hの高速サーブと、ツアー屈指の片手バックハンドを持つ攻撃的なベースライナー。

強力なストローク力だけでなく、ネットプレーの技術も高い。

2013年4月に元世界2位のマグヌス・ノーマン氏をコーチに付いてから、2014年の全豪オープン、2015年の全仏オープン、2016年の全米オープンを優勝するなどめざましい成長を遂げる。

2013年から4年間、ワウリンカの成長に大きな貢献を果たしてきたノーマン氏。
家族との時間を優先させるため2017年10月にコーチ関係が終了しましたが、2018年にワウリンカが膝の怪我から復帰した際に、再びコーチとしてチームに加わる。

キャリア・グランドスラムに王手!!

20代後半になって活躍を見せるようになった遅咲きの選手だが、グランドスラム初優勝から3年連続でグランドスラムを優勝(3戦3勝)するなど、大舞台での爆発力はすさまじい。

グランドスラムで好成績を残す一方で、他のツアー大会ではあっさりと初戦敗退するなど安定感に欠ける面があり、好不調の波が激しい選手である。

2017年以降、キャリア・グランドスラムのかかるウィンブルドンに注目。

ウィンブルドンでの通算成績が19勝14敗(2018年まで)と、他のグランドスラムの大会に比べると圧倒的に悪いデータが残っているが、ワウリンカの爆発力が発揮されれば十分に可能性はある。

2017年のウィンブルドンでは左膝の痛みにより満足いくプレーができずに1回戦敗退、2018年は2回戦敗退。

選手経歴

2002年~2006年 ツアー初優勝

2002年にプロに転向後は、下部ツアーで実績を積み、2005年4月25日付の世界ランキングでトップ100入りを果たす。

2005年から本格的にATPツアーに参戦。

2005年7月、スイス・オープン・グシュタードでツアー初の決勝に進出。
決勝でガウディオに敗れ、準優勝。

年末の世界ランキングは55位。

2006年7月、クロアチア・オープンの決勝でジョコビッチを破り、ツアー初優勝を果たす(21歳4ヶ月)。

年末の世界ランキングは30位。

2007年~2008年 北京五輪ダブルスで金メダル

2007年はツアー準優勝1回のみと、思うような結果は残せず、足踏みがしばらく続く。

2008年5月、BNLイタリア国際でマスターズ初の決勝に進出。
決勝でジョコビッチに敗れ、準優勝。

5月12日付の世界ランキングで10位となり、トップ10入りを果たす。

8月、北京五輪では、フェデラーと組んだダブルスで金メダルを獲得

年末の世界ランキングは13位。

2009年~2012年 低迷!?

2009年、さらなる活躍が期待されたが結果を残せず、年末の世界ランキングは21位まで後退。

2010年4月、ハサン2世グランプリ(ATP250)を優勝し、約4年ぶりとなるツアー2勝目を挙げる。

9月、全米オープンでグランドスラム初の準々決勝に進出。

年末の世界ランキングは21位。

2011年1月、チェンナイ・オープン(ATP250)でツアー3勝目を挙げる。
全豪オープンでベスト8。

2月以降は結果が残せず、世界ランキングも10位台で推移。

2012年も世界ランキング20位前後で低迷していたが、2013年についに飛躍を遂げる。

2013年 約4年半ぶりにトップ10復帰

2013年4月、元世界2位のマグヌス・ノーマン氏をコーチに招く。

5月、ポルトガル・オープン(ATP250)でツアー4勝目を挙げる。

ムチュア・マドリード・オープンで、約5年ぶりとなるマスターズの決勝に進出。
決勝でナダルに敗れ、準優勝。

6月、全仏オープンでベスト8。

9月、全米オープンでグランドスラム初の準決勝に進出。

1年間を通して活躍を見せ、最終戦のATPワールドツアー・ファイナルズに初出場。
予選ラウンドロビンで2勝し、準決勝に進出。

年間51勝23敗の成績を残し、年末の世界ランキングは8位。

2014年 全豪オープン初優勝

2014年1月、チェンナイ・オープン(ATP250)を優勝。

全豪オープンでは、準々決勝で世界ランキング2位のジョコビッチ、準決勝では同7位のベルディヒを破り、グランドスラム初の決勝に進出。
決勝で同1位のナダルを破り、グランドスラム初優勝を果たす(28歳10ヶ月)。

1月27日付の世界ランキングで自己最高の3位を記録。

4月、モンテカルロ・マスターズの決勝でフェデラーを破り、マスターズ初優勝を果たす(29歳1ヶ月)。

6月、ウィンブルドンでベスト8。

9月、全米オープンでベスト8。

11月、ATPワールドツアー・ファイナルズで準決勝に進出。

フランスとのデビスカップ決勝でも活躍を見せ、スイスのデビスカップ初優勝に大きく貢献。

年末の世界ランキングは4位。

2015年 全仏オープン初優勝

2015年1月、チェンナイ・オープン(ATP250)を2連覇。
全豪オープンでベスト4。

2月、ABNアムロ・ワールド・トーナメント(ATP500)を優勝(ATP500シリーズ初優勝)。

6月、全仏オープンでは、準々決勝で世界ランキング2位フェデラーを破るなどの活躍を見せ、決勝に進出。
決勝で同1位のジョコビッチを破り、全仏オープン初優勝を果たす(30歳2ヶ月)。

7月、ウィンブルドンでベスト8。

9月、全米オープンでベスト4。

10月、楽天ジャパン・オープン(ATP500)を優勝し、ツアー11勝目を挙げる。

11月、ATPワールドツアー・ファイナルズで準決勝に進出。
年末の世界ランキングは4位。

2016年 全米オープン初優勝

2016年1月、チェンナイ・オープン(ATP250)を3連覇。

2月のドバイ・テニス選手権(ATP500)と、5月のジュネーヴ・オープン(ATP250)を優勝し、ツアー14勝目を挙げる。

6月、全仏オープンでベスト4。

9月、全米オープンでは、準決勝で世界ランキング7位の錦織、決勝で同1位のジョコビッチを破り、全米オープン初優勝を果たす(31歳5ヶ月)。

11月、ATPワールドツアー・ファイナルズに4年連続で出場。
年末の世界ランキングは4位。

2017年 左膝の怪我でツアーを離脱!?

2017年1月、全豪オープンでベスト4。

5月、ジュネーヴ・オープン(ATP250)を2連覇し、ツアー16勝目を挙げる。

全仏オープンの準決勝で世界ランキング1位のマレーを破り、決勝に進出。
決勝で同4位のナダルに敗れ、準優勝。

8月4日、左膝の怪我により2017年の残りの大会をすべて欠場することを発表。

年末の世界ランキングは9位。

2018年

1月の全豪オープンで怪我から復帰を果たすも、2月のオープン13の2回戦で膝を怪我し、再びツアーを離脱。

5月、BNLイタリア国際からツアーに復帰。

6月11日付の世界ランキングで263位までランキングが落ちるなど、復帰後はなかなか本来のプレーが戻らず、年末の世界ランキングは66位。

ツアー経歴(シングルス)

ツアー勝利数16勝
キャリア通算成績785戦 497勝 288敗
自己最高ランキング3位(2014年1月27日)

ランキング推移(年末)

順位
201866
20179
20164
20154
20144
20138
201217
201117
201021
200921
200813
200736
200630
200555
2004168
2003171
2002660

グランドスラム成績

グランドスラム最高成績
・全豪オープン:優勝
・全仏オープン:優勝
・ウィンブルドン:ベスト8
・全米オープン:優勝

全豪全仏ウィンブルドン全米
20192回戦
20182回戦1回戦2回戦3回戦
2017ベスト4準優勝1回戦
20164回戦ベスト42回戦優勝
2015ベスト4優勝ベスト8ベスト4
2014優勝1回戦ベスト8ベスト8
20134回戦ベスト81回戦ベスト4
20123回戦4回戦1回戦4回戦
2011ベスト84回戦2回戦2回戦
20103回戦4回戦1回戦ベスト8
20093回戦3回戦4回戦1回戦
20082回戦3回戦4回戦4回戦
20073回戦2回戦1回戦4回戦
20062回戦1回戦3回戦3回戦
2005予選3回戦1回戦3回戦
2004予選予選予選

ATPツアー決勝での成績

決勝:29戦 16勝 13敗

カテゴリ勝 – 負
グランドスラム3 – 1
ATPファイナルズ0 – 0
マスターズ10001 – 3
ATP5003 – 3
ATP2509 – 6

錦織選手との対戦成績

錦織 圭4vs7スタン・ワウリンカ
2019年:マスターズ1000 ( 試合結果の詳細)
ムチュア・マドリード・オープン 3回戦 (マドリード/クレー)
錦織 圭 (7位)0363
スタン・ワウリンカ (34位)2677
2019年:ATP500 ( 試合結果の詳細)
ABNアムロ・ワールド・テニス・トーナメント 準決勝 (ロッテルダム/ハード)
錦織 圭 (7位)1264
スタン・ワウリンカ (68位)2646
2018年:マスターズ1000 ( 試合結果の詳細 )
ウエスタン&サザン・オープン 2回戦 (シンシナティ/ハード)
錦織 圭 (23位)044
スタン・ワウリンカ (151位)266
2017年:ATP250 ( 試合結果の詳細 )
ブリスベン国際 準決勝 (ブリスベン/ハード)
錦織 圭 (5位)2776
スタン・ワウリンカ (4位)0633
2016年:ATPワールドツアー・ファイナルズ
予選ラウンドロビン (ロンドン/室内ハード)
錦織 圭 (5位)266 
スタン・ワウリンカ (3位)023
2016年:グランドスラム
全米オープン 準決勝 (ニューヨーク/ハード)
錦織 圭 (7位)16542 
スタン・ワウリンカ (3位)34766
2016年:マスターズ1000
ロジャーズ・カップ 準決勝 (トロント/ハード)
錦織 圭 (6位)2786
スタン・ワウリンカ (5位)0661
2015年:グランドスラム
全豪オープン 準々決勝 (メルボルン/ハード)
錦織 圭 (5位)03466
スタン・ワウリンカ (4位)36678
2014年:グランドスラム
全米オープン 準々決勝 (ニューヨーク/ハード)
錦織 圭 (11位)33779656
スタン・ワウリンカ (4位)26567774
2012年:マスターズ1000
ウェスタン&サザン・オープン 3回戦 (シンシナティ/ハード)
錦織 圭 (17位)033
スタン・ワウリンカ (22位)266
2012年:ATP250
アルゼンチン・オープン 準々決勝 (ブエノスアイレス/クレー)
錦織 圭 (17位)042
スタン・ワウリンカ (26位)266
スポンサーリンク
スポンサーリンク
選手名鑑
テニサーをフォローする
テニスK

コメント