ケビン・アンダーソン

ケビン・アンダーソン選手に関する情報をまとめました。

アンダーソン選手の基本情報、選手紹介、選手経歴、ツアー経歴、ランキング推移、グランドスラム成績、ツアー決勝成績、錦織選手との対戦成績です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

基本情報

※更新日:2019年1月8日 現在

名前ケビン・アンダーソン(Kevin Anderson)
国籍南アフリカ共和国(RSA)
出身地ヨハネスブルグ
性別
生年月日1986年5月18日
年齢32歳
身長203cm
体重94kg
プロ転向2007年
利き手
バックハンド両手打ち
コーチブラッド・スティン(Brad Stine)

※以下、記事内の表現に関して、シングルスに視点を置いたものとなっています。
ダブルスに関する場合は、「ダブルス」と表記しています。

選手紹介

プレースタイル

身長203cmの高い打点から放たれる高速サーブと、威力のあるフォアハンドが武器のビッグサーバー。

フォアハンドを軸に攻撃を仕掛けるが、バックハンドにも安定感があり、高い打点から打ち下ろすショットはウィナーを取れる威力がある。

また、ネットプレーも得意とし、長身のビッグサーバーでありながら、すべてのプレーにおいて隙が少ない。

選手経歴

2007年~2008年 ツアー準優勝

2007年にプロ転向後、下部ツアーで実績を積む。

2008年3月、テニス・チャンネル・オープンでツアー初の決勝に進出。
決勝でサム・クエリーに敗れ、準優勝。

5月12日付の世界ランキングでトップ100入りを果たす。
年末の世界ランキングは104位。

2009年~2010年 ATPツアーの壁!?

2009年、ATPツアーで結果を残せず、下部ツアーを転戦。
年末の世界ランキングは161位。

2010年、ATPツアーベスト4が1回、全米オープン3回戦進出などの結果を残し、年末の世界ランキングは61位。

2011年 ツアー初優勝

2011年2月、SAテニスオープン(ATP250)の決勝でソムデブ・デバルマンを破り、ツアー初優勝を果たす(24歳9ヶ月)。

3月、ソニー・エリクソン・オープンでマスターズ初の準々決勝に進出。

その後も安定した成績を残し、年間42勝27敗。
年末の世界ランキングは32位。

2012年 ツアー2勝目

2012年2月、デルレイビーチ・オープン(ATP250)を優勝し、ツアー2勝目を挙げる。

3月以降はツアー最高でベスト8に終わり、年間30勝26敗。
年末の世界ランキングは37位。

2013年~2014年 トップ20入り

2013年、ツアー準優勝3回、全豪オープンと全仏オープンで4回戦進出などの結果を残し、年間37勝23敗。
年末の世界ランキングは20位。

2014年、ツアー準優勝2回、全豪オープンと全仏オープンとウィンブルドンで4回戦進出などの結果を残し、年間38勝24敗。
年末の世界ランキングは16位。

2015年 トップ10入り

2015年2月、メンフィス・オープンの決勝で世界ランキング5位の錦織に敗れ、準優勝。

6月、エイゴン選手権では、2回戦で世界ランキング4位のスタン・ワウリンカを破る活躍もあり、決勝に進出。
決勝で同3位のアンディ・マレーに敗れ、準優勝。

8月、ウィンストン・セーラム・オープン(ATP250)を優勝し、ツアー3勝目を挙げる。

9月、全米オープンでは、4回戦で世界ランキング3位のアンディ・マレーを破り、グランドスラム初の準々決勝に進出。
準々決勝で同5位のスタン・ワウリンカに敗れる。

10月12日付の世界ランキングで10位となり、1週のみではあったがトップ10入りを果たす(29歳5ヶ月)。

年間46勝24敗と自己最高の成績を残し、年末の世界ランキングは12位。

2016年 怪我!?

2016年1月、全豪オープンの1回戦で、怪我により途中棄権。

2月、デルレイビーチ・オープンに出場したが、1回戦で途中棄権し、5月までツアーを離脱。

復帰後は、ツアーベスト8が最高で、年間17勝21敗。
年末の世界ランキングは67位まで後退。

2017年 全米オープン準優勝

2017年8月、シティ・オープンで約2年ぶりとなるツアー決勝に進出。
決勝でアレクサンダー・ズベレフに敗れ、準優勝。

9月、全米オープンでは、準決勝でパブロ・カレーニョブスタを破り、グランドスラム初の決勝に進出。
決勝で世界ランキング1位のラファエル・ナダルに敗れ、準優勝。

年間32勝21敗、年末の世界ランキングは14位。

2018年 トップ10復帰、ウィンブルドン準優勝

2018年1月、マハーラーシュトラ・オープンで準優勝。

2月、ニューヨーク・オープン(ATP250)を優勝し、2015年8月以来となるツアー4勝目を挙げる。

2月19日付の世界ランキングで9位となり、トップ10復帰を果たす。

3月、メキシコ・オープンで準優勝。

5月、マドリード・オープンでマスターズ初の準決勝に進出。
準決勝で世界ランキング7位のドミニク・ティエムに敗れる。

7月、ウィンブルドンでは、準々決勝で世界ランキング2位のロジャー・フェデラー、準決勝でウィンブルドン史上2番目に長い6時間36分の激闘の末に同10位のジョン・イズナーを破り、ウィンブルドン初の決勝に進出。
決勝で同21位のノバク・ジョコビッチに敗れ、準優勝。

7月16日付の世界ランキングで自己最高の5位を記録。

8月、ロジャーズ・カップでベスト4。

10月、エルステ・バンク・オープンの決勝で錦織を破り、ATP500シリーズ初優勝を挙げる。

11月、ATPファイナルズに初出場。
ラウンドロビン(2勝1敗)を突破してベスト4。

年間47勝19敗、ツアー優勝2回、年末の世界ランキングは6位。

2018年

1月、マハラシュトラ・オープン(ATP250)を優勝し、ツアー6勝目を挙げる。

ツアー経歴(シングルス)

ツアー勝利数6勝
キャリア通算成績542戦 322勝 220敗
自己最高ランキング5位(2018年7月16日)

ランキング推移(年末)

順位
20186
201714
201667
201512
201416
201320
201237
201132
201061
2009161
2008104
2007221

グランドスラム成績

グランドスラム最高成績
・全豪オープン:4回戦
・全仏オープン:4回戦
・ウィンブルドン:準優勝
・全米オープン:準優勝

全豪全仏ウィンブルドン全米
20181回戦4回戦準優勝4回戦
20174回戦4回戦準優勝
20161回戦1回戦1回戦3回戦
20154回戦3回戦4回戦ベスト8
20144回戦4回戦4回戦3回戦
20134回戦4回戦3回戦2回戦
20123回戦3回戦1回戦1回戦
20111回戦2回戦2回戦3回戦
20101回戦1回戦1回戦3回戦
20091回戦予選予選予選
20081回戦予選1回戦予選

ATPツアー決勝での成績

決勝:19戦 6勝 13敗

カテゴリ勝 – 負
グランドスラム0 – 2
ATPファイナルズ0 – 0
マスターズ10000 – 0
ATP5001 – 4
ATP2505 – 7

錦織選手との対戦成績

錦織 圭5vs4ケビン・アンダーソン
2018年:ATPファイナルズ( 試合結果の詳細
Nitto ATPファイナルズ ラウンドロビン(イギリス/室内ハード)
錦織 圭 (9位)001
ケビン・アンダーソン (6位)266
2018年:マスターズ1000( 試合結果の詳細
パリ・マスターズ 3回戦(フランス/室内ハード)
錦織 圭 (11位)266
ケビン・アンダーソン (6位)044
2018年:ATP500( 試合結果の詳細
エルステ・バンク・オープン 決勝(オーストリア/室内ハード)
錦織 圭 (11位)0363
ケビン・アンダーソン (8位)2677
2018年:ATP250( 試合結果の詳細
ニューヨーク・オープン 準決勝(アメリカ/室内ハード)
錦織 圭 (27位)11664
ケビン・アンダーソン (11位)26377
2017年:ATP250( 試合結果の詳細
ジュネーヴ・オープン 準々決勝(スイス/クレー)
錦織 圭(9位)22678
ケビン・アンダーソン(62位)16466
2017年:マスターズ1000( 試合結果の詳細
マイアミ・オープン 2回戦(アメリカ/ハード)
錦織 圭(4位)266
ケビン・アンダーソン(74位)043
2015年:マスターズ1000
上海ロレックス・マスターズ 3回戦(中国/ハード)
錦織 圭(6位)061063
ケビン・アンダーソン(10位)271277
2015年:ATP500
メキシコ・オープン 準決勝(メキシコ/ハード)
錦織 圭(5位)2636
ケビン・アンダーソン(15位)1263
2015年:ATP250
メンフィス・オープン 決勝(アメリカ/室内ハード)
錦織 圭(5位)266
ケビン・アンダーソン(15位)044
スポンサーリンク
スポンサーリンク
選手名鑑
テニサーをフォローする
テニスK

コメント