アレクサンダー・ズベレフ


次世代のテニス界を担う「Next Generation」の選手の一人、アレクサンダー・ズベレフ選手に関する情報をまとめました。

ズベレフ選手の基本情報、選手紹介、選手経歴、ツアー経歴、ランキング推移、グランドスラム成績、ツアー決勝成績、錦織選手との対戦成績です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

基本情報

※更新日:2019年6月12日 現在

名前アレクサンダー・ズベレフ(Alexander Zverev)
フルネームアレクサンダー・”サーシャ”・ズベレフ
国籍ドイツ(GER)
出身地ハンブルク
性別
生年月日1997年4月20日
年齢22歳
身長198cm
体重90kg
プロ転向2013年
利き手
バックハンド両手打ち
コーチイワン・レンドル(Ivan Lendl)
アレクサンダー・ズベレフ・シニア(Alexander Zverev Sr.)

※以下、記事内の表現に関して、シングルスに視点を置いたものとなっています。
ダブルスに関する場合は、「ダブルス」と表記しています。

選手紹介

プレースタイル

身長198cmの高い打点から繰り出す強力なサーブと、ストローク力のあるフォアハンドとバックハンドを持つ攻撃的なベースライナー。

ハード、クレー、芝のすべてのサーフェスでツアー決勝に進出するなど、まだ発展途上でありながら、どのサーフェスでも総合的にレベルの高いテニスを見せる。

将来の世界ランキング1位候補

10代でツアー2勝を挙げる活躍を見せ、次世代のNo.1候補として「Next Generation」の選手の中でも注目を集めるアレクサンダー・ズベレフ選手。

2000年以降、10代でツアー2勝以上を挙げた選手を見ると、そうそうたるメンバーが並んでおり、今後のさらなる活躍が期待される。

選手名最高ランキング
レイトン・ヒューイット1位
アンディ・ロディック1位
ラファエル・ナダル1位
ノバク・ジョコビッチ1位
アンディ・マレー1位
フアン マルティン・デルポトロ3位

選手経歴

2013年~2014年 キャリア初期

2013年にプロに転向後、2014年にいきなり活躍を見せる。

2014年7月、ATPチャレンジャーでトップ100の選手を3人倒して優勝。

同月、ワイルドカードで出場したドイツ国際オープン(ATP500)では、2回戦で世界ランキング19位のミハイル・ユージニーを破るなど、トップ100の選手を4人倒して準決勝に進出。
準決勝で同7位のダビド・フェレールに敗れる。

年末の世界ランキングは136位。

2015年 トップ100入り

2015年5月、ATPチャレンジャーを優勝し、5月18日付の世界ランキングで85位となり、トップ100入りを果たす(18歳1ヶ月)。

ATPツアーでベスト4が1回、ベスト8が2回などの活躍を見せ、年間14勝17敗。
年末の世界ランキングは83位。

ATPワールドツアー・アワードで年間最優秀新人賞を受賞。

2016年 10代でツアー初優勝

2016年5月、ニース・オープンでツアー初の決勝に進出。
決勝で世界ランキング15位のドミニク・ティームに敗れ、準優勝。

6月、ゲリー・ウェバー・オープンの準決勝で世界ランキング3位のロジャー・フェデラーを破り、決勝に進出するも準優勝。

9月、サンクトペテルブルク・オープン(ATP250)の準決勝で世界ランキング9位のトマーシュ・ベルディヒ、決勝で同3位のスタン・ワウリンカを破り、ツアー初優勝を果たす(19歳5ヶ月)。

ツアー優勝1回、準優勝2回、年間44勝24敗。
年末の世界ランキングは24位。

2017年 マスターズ初優勝、トップ10入り

2017年2月、南フランス・オープン(ATP250)を優勝し、10代でツアー2勝目を挙げる(19歳10ヶ月)。

5月、BMWオープン(ATP250)を優勝。

BNLイタリア国際でマスターズ初の決勝に進出。
決勝で世界ランキング2位のノバク・ジョコビッチを破り、マスターズ初優勝を果たす(20歳1ヶ月)。

5月22日付の世界ランキングで10位となり、トップ10入りを果たす。

7月20日、元世界ランキング1位のフアン・カルロス・フェレーロ氏をコーチとして迎え入れることを発表。

8月、シティ・オープンを優勝し、ATP500シリーズ初優勝を果たす。

ロジャーズ・カップの決勝で世界ランキング3位のロジャー・フェデラーを破り、マスターズ2回目の優勝を挙げる。

11月、最終戦のATPファイナルズに初出場。

年間通算55勝22敗、ツアー優勝5回、年末の世界ランキングは4位。

2018年 ATPファイナルズ初優勝

3月、フェレーロ氏とのコーチ関係を解消。
マイアミ・オープンの決勝でジョン・イズナーに敗れ、準優勝。

4月、モンテカルロ・マスターズでベスト4。

5月、BMWオープン(ATP250)を2連覇。

マドリード・オープンの決勝で世界ランキング7位のドミニク・ティームを破り、マスターズ3回目の優勝を挙げる。

BNLイタリア国際の決勝で世界ランキング2位のラファエル・ナダルに敗れ、準優勝(マッチ13連勝でストップ)。

6月、全仏オープンでグランドスラム初の準々決勝に進出。

8月、シティ・オープン(ATP500)を2連覇。
8月21日、元世界ランキング1位のイワン・レンドル氏をコーチとして迎え入れることを発表。

10月、上海マスターズでベスト4。

11月、最終戦のATPファイナルズではラウンドロビンを突破し、準決勝で世界ランキング3位のロジャー・フェデラーを破り、決勝に進出。
決勝で同1位のノバク・ジョコビッチを破り、ATPファイナルズ初優勝を果たす(21歳7ヶ月)。

年間通算58勝19敗、ツアー優勝4回、年末の世界ランキングは4位。

2019年

5月、ジュネーブ・オープン(ATP250)を優勝。

6月、全仏オープン2年連続でベスト8。

ツアー経歴(シングルス)

ツアー勝利数11勝
キャリア通算成績300戦 200勝 100敗
自己最高ランキング3位(2017年11月6日)

ランキング推移(年末)

順位
20184
20174
201624
201583
2014136
2013809

グランドスラム成績

グランドスラム最高成績
・全豪オープン:4回戦
・全仏オープン:ベスト8
・ウィンブルドン:4回戦
・全米オープン:3回戦

全豪全仏ウィンブルドン全米
20194回戦ベスト8
20183回戦ベスト83回戦3回戦
20173回戦1回戦4回戦2回戦
20161回戦3回戦3回戦2回戦
2015予選予選2回戦1回戦
2014予選

ATPツアー決勝での成績

決勝:17戦 11勝 6敗

カテゴリ勝 – 負
グランドスラム0 – 0
ATPファイナルズ1 – 0
マスターズ10003 – 2
ATP5002 – 3
ATP2505 – 1

錦織選手との対戦成績

錦織 圭1vs2アレクサンダー・ズベレフ
2018年:ATP500 ( 試合結果の詳細
シティ・オープン 準々決勝 (アメリカ/ハード)
錦織 圭 (20位)1614
アレクサンダー・ズベレフ (3位)2366
2018年:マスターズ1000 ( 試合結果の詳細
ロレックス・モンテカルロ・マスターズ 準決勝 (モナコ/クレー)
錦織 圭 (36位)2366
アレクサンダー・ズベレフ (4位)1634
2017年:ATP500 ( 試合結果の詳細
シティ・オープン 準決勝 (アメリカ/ハード)
錦織 圭 (9位)034
アレクサンダー・ズベレフ (8位)266

コメント