ダビド・フェレール


ダビド・フェレール選手に関する情報をまとめました。

フェレール選手の基本情報、選手経歴、ツアー経歴、ランキング推移、グランドスラム成績、ツアー決勝成績、錦織選手との対戦成績です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

基本情報

※更新日:2019年5月14日 現在

名前 ダビド・フェレール(David Ferrer)
国籍 スペイン(ESP)
出身地 ハベア
性別
生年月日 1982年4月2日
年齢 37歳
身長 175cm
体重 73kg
プロ転向 2000年
利き手
バックハンド 両手打ち

選手経歴

2000年にプロデビューをし、2002年9月にBCRルーマニア・オープンでツアー初優勝を果たす。

2002年7月22日付の世界ランキングで84位となり、トップ100入りを果たす。

その後、2005年の3月あたりまで50位前後で伸び悩んでいたが、全仏オープンでベスト8に進出するなど一気に成績を伸ばし始め、年末の世界ランキングは14位。

2006年、1月30日付のランキングで初のトップ10入り(10位)を果たし、7月には約4年ぶりにツアー2勝目を上げる。

2007年、ツアー優勝3回、全米オープンでグランドスラム初のベスト4。

テニス・マスターズ・カップ(現在のATPファイナルズ)で準優勝を果たし、年末の世界ランキングは5位。

2008年にツアー優勝2回、2008年と2009年のデビスカップで2連覇に貢献。

この2年間で、世界ランキングトップ10から陥落したものの、2010年にはツアー優勝2回、マスターズで初の決勝進出(準優勝)を果たすなど、フェレールにとって最盛期を迎えることになる。

2011年にはツアー優勝2回、マスターズで2度の準優勝、全豪オープンでベスト4に進出するなど、再び世界ランキング5位にまで戻す。

2012年には、グランドスラム全てベスト8以上、パリ・マスターズでマスターズ初優勝を果たすなど、1年間でツアー優勝7回、年間通算成績76勝15敗とキャリアで最高の成績を上げる。

最盛期を迎えたフェレールにとって最大の壁となったビッグ4(フェデラー、ナダル、ジョコビッチ、マレー)。
ビッグタイトルにあと一歩というところで常に立ちはだかる大きな壁となり、何度も苦杯をなめることになる。

2013年、全仏オープンでグランドスラム初の決勝に進出。
決勝ではクレー王者のナダルに敗れ、準優勝。

マスターズでも2度決勝に進出するも、マレーとジョコビッチに敗れ準優勝。

2013年7月8日付の世界ランキングで自己最高の3位を記録。

30歳を超えてもなお強靭な肉体とスタミナを武器に活躍を続け、2015年にはツアー優勝5回を上げる。

2016年の全豪オープン以降、ふくらはぎの怪我に苦しみ、思うような成績が残せず、5年半ぶりにトップ10から陥落。

2004年以来、ツアー決勝進出なしという結果に終わり、2016年最終ランキングは21位。

2017年5月、BNLイタリア国際の1回戦でフェリシアーノ・ロペスを破り、キャリア通算700勝を達成。

7月、スウェーデン・オープンを優勝し、約1年9ヶ月ぶりとなるツアー27勝目を挙げる。

2018年8月20日付の世界ランキングで148位に下がり、2002年7月22日から16年間維持してきたトップ100から陥落。

2019年5月、地元スペインで開催のマドリード・オープンで現役を引退。(37歳1ヶ月)

ツアー経歴(シングルス)

ツアー勝利数 27勝
キャリア通算成績 1111戦 734勝 377敗
自己最高ランキング 3位(2013年7月8日)

ランキング推移(年末)

順位
2018 125
2017 37
2016 21
2015 7
2014 10
2013 3
2012 5
2011 5
2010 7
2009 17
2008 12
2007 5
2006 14
2005 14
2004 49
2003 71
2002 59
2001 209
2000 406

グランドスラム成績

グランドスラム最高成績
・全豪オープン:ベスト4
・全仏オープン:準優勝
・ウィンブルドン:ベスト8
・全米オープン:ベスト4

全豪 全仏 ウィンブルドン 全米
2019 2回戦
2018 1回戦 1回戦 1回戦 1回戦
2017 3回戦 2回戦 3回戦 1回戦
2016 ベスト8 4回戦 2回戦 3回戦
2015 4回戦 ベスト8 3回戦
2014 ベスト8 ベスト8 2回戦 3回戦
2013 ベスト4 準優勝 ベスト8 ベスト8
2012 ベスト8 ベスト4 ベスト8 ベスト4
2011 ベスト4 4回戦 4回戦 4回戦
2010 2回戦 3回戦 4回戦 4回戦
2009 3回戦 3回戦 3回戦 2回戦
2008 ベスト8 ベスト8 3回戦 3回戦
2007 4回戦 3回戦 2回戦 ベスト4
2006 4回戦 3回戦 4回戦 3回戦
2005 1回戦 ベスト8 1回戦 3回戦
2004 2回戦 2回戦 2回戦 1回戦
2003 1回戦 2回戦 2回戦 1回戦
2002 予選

ATPツアー決勝での成績

決勝:52戦 27勝 25敗

カテゴリ 勝 – 負
グランドスラム 0 – 1
ATPファイナルズ 0 – 1
マスターズ1000 1 – 6
ATP500 10 – 9
ATP250 16 – 8

錦織選手との対戦成績

錦織 圭 10 vs 4 ダビド・フェレール
2017年:マスターズ1000 ( 試合結果の詳細
BNLイタリア国際 2回戦(イタリア/クレー)
錦織 圭(9位) 2 7 6  
ダビド・フェレール(30位) 0 5 2
2017年:マスターズ1000 ( 試合結果の詳細
マドリード・オープン 3回戦(スペイン/クレー)
錦織 圭(8位) 2 6 6  
ダビド・フェレール(30位) 0 4 3
2015年:マスターズ1000
マドリード・オープン 準々決勝(スペイン/クレー)
錦織 圭(5位) 2 6 6  
ダビド・フェレール(8位) 0 4 2
2015年:ATP500
アビエルト・メキシコ・テルセル 決勝(メキシコ/ハード)
錦織 圭(5位) 0 3 5
ダビド・フェレール(10位) 2 6 7
2015年:グランドスラム
全豪オープン 4回戦(オーストラリア/ハード)
錦織 圭(5位) 3 6 6 6    
ダビド・フェレール(10位) 0 3 3 3
2014年:ATPワールドツアー・ファイナルズ
予選ラウンドロビン(イギリス/室内ハード)
錦織 圭(5位) 2 4 6 6
ダビド・フェレール(10位) 1 6 4 1
2014年:マスターズ1000
BNPパリバ・マスターズ 準々決勝(フランス/室内ハード)
錦織 圭(7位) 2 3 77 6
ダビド・フェレール(6位) 1 6 65 4
2014年:マスターズ1000
マドリード・オープン 準決勝(スペイン/クレー)
錦織 圭(12位) 2 77 5 6
ダビド・フェレール(5位) 1 65 7 3
2014年:マスターズ1000
マイアミ・マスターズ 4回戦(アメリカ/ハード)
錦織 圭(21位) 2 79 2 711
ダビド・フェレール(4位) 1 67 6 69
2013年:マスターズ1000
マイアミ・マスターズ 4回戦(アメリカ/ハード)
錦織 圭(15位) 0 4 2
ダビド・フェレール(5位) 2 6 6
2013年:グランドスラム
全豪オープン 4回戦(オーストラリア/ハード)
錦織 圭(18位) 0 2 1 4
ダビド・フェレール(5位) 3 6 6 6
2012年:オリンピック
ロンドンオリンピック 3回戦(イギリス/芝)
錦織 圭(18位) 2 6 3 6
ダビド・フェレール(5位) 1 0 6 4
2011年:ATP500
楽天ジャパン・オープン 1回戦(日本/ハード)
錦織 圭(47位) 0 4 3
ダビド・フェレール(5位) 2 6 6
2008年:グランドスラム
全米オープン 3回戦(アメリカ/ハード)
錦織 圭(126位) 3 6 6 3 2 7
ダビド・フェレール(4位) 2 4 4 6 6 5
スポンサーリンク
スポンサーリンク
選手名鑑
テニサーをフォローする
テニスK

コメント