【ローマ】2回戦「錦織vsフェレール」の結果(2017年)

2017年BNLイタリア国際(ローマ)2回戦の錦織選手の対戦相手は、世界ランキング30位のダビド・フェレール選手。

錦織圭選手とフェレール選手のプレイヤー情報、2回戦の試合結果とスタッツを見ていきます。

最後に3回戦の対戦相手を紹介します。

スポンサーリンク

プレイヤー情報(2回戦)

過去の対戦成績は、錦織選手の9勝、フェレール選手の4勝。

先週のマドリード・オープン3回戦に続いての対戦になります。
このマドリード・オープンでは、錦織選手が6-4、6-3のストレートで勝利。

過去の対戦成績については、選手名鑑『 ダビド・フェレール 』で紹介しています。

※2017年5月15日時点

錦織 圭 フェレール
9勝 対戦成績 4勝
9位(4位) 最新ランキング(最高) 30位(3位)
日本 国籍 スペイン
27歳 年齢 35歳
1989年12月29日 生年月日 1982年4月2日
178cm / 75kg 身長 / 体重 175cm / 73kg
右 / 両手 利き手 / バック 右 / 両手
2007年 プロ転向 2000年
17勝6敗 2017年成績 6勝9敗
0回 2017年優勝回数 0回
318勝148敗 通算成績 699勝341敗
11回 通算優勝回数 26回

2回戦「錦織vsフェレール」の結果

BNLイタリア国際 2回戦(2017年5月17日)
[7] 錦織 圭(9位) 2 7 6
ダビド・フェレール(30位) 0 5 2
試合時間:1時間21分

先週のマドリード・オープンでの対戦と違ってフェレール選手のサーブとストロークが良く、第1セットはお互い引き締まった内容の立ち上がりでしたが、ゲームが進むにつれ錦織選手がストローク勝負で主導権を握り始めます。

そして、第11ゲームに来たブレイクチャンスを錦織選手がしっかりとモノにして、錦織選手が第1セットを先取。

第2セットに入ると主導権は完全に錦織選手へ。
フェレール選手も最後まで粘りを見せましたが、途中からはまったくミスをしなくなった錦織選手を崩すことができず、錦織選手がストレートで勝利。

この試合のスタッツを見てみます。

錦織選手のファーストサーブの確率も高くサーブが好調で、ストロークも安定していると、マドリード・オープンに続いて調子は良さそうです。

錦織選手のコメントのとおり右手首の状態は大丈夫な感じでした。

錦織 試合全体 フェレール
3 サービスエース 5
1 ダブルフォルト 2
75%(43/57) ファーストサーブ確率 55%(31/56)
67%(29/43) 1st Serve Points Won 61%(19/31)
57%(8/14) 2nd Serve Points Won 44%(11/25)
42%(5/12) ブレイク / チャンス 67%(2/3)
3/7 ネットポイント 5/8
56%(63/113) Total Points Won 44%(50/113)
1,165m Total Distance Run 1,316m
22 Winner 合計 19
11 フォアハンド 8
7 バックハンド 6
4 サーブ 5
15 Unforced error 合計 27
6 フォアハンド 10
8 バックハンド 15
1 サーブ 2

[スタッツ用語の補足]
・1st Serve Points Won:ファーストサーブが入った時にポイントを取得した確率。
・2nd Serve Points Won:セカンドサーブが入った時にポイントを取得した確率。
・Total Points Won:自分が取得した全ポイント。

セットごとに試合を振り返っていきます。(振り返りでは「選手」は略)

第1セット

フェレールのサービスで試合開始。

第1ゲーム、フェレールがラブゲームでキープ。

第2ゲーム、錦織もすばらしい内容でキープ。

第3ゲーム、フェレールがキープ。

第4ゲーム、錦織のサーブが好調でしっかりとキープ。

第5ゲーム、錦織のドロップショット、リターンエースが決まり、15-40と錦織にブレイクチャンス。
フェレールが1本凌ぎますが、最後はラリー戦でフェレールがミスをして、錦織がブレイクに成功。

第6ゲーム、30-40とフェレールにブレイクチャンス。
錦織ストロークがアウトになり、フェレールがブレイクバックに成功。

第7ゲーム、フェレールがラブゲームでキープ。

第8ゲーム、錦織がキープ。

第9ゲーム、錦織のバックハンドのウィナーが決まるなど0-40と錦織にブレイクチャンスが来ますが、フェレールが凌いでデュースへ。
デュース後もフェレールのすばらしいショットが決まり、フェレールがキープ。

第10ゲーム、錦織のドロップショットのミスなどがあり0-30とフェレールがポイントを先行しますが、錦織が4連続ポイントでしっかりとキープ。

第11ゲーム、30-40と錦織にブレイクチャンスが来ると、錦織がストローク勝負で打ち勝ってブレイクに成功。

第12ゲーム、錦織のサービングフォーザセット。
40-15とセットポイントを迎えると、バックハンドのクロスのウィナーが決まり、錦織が第1セットを先取。

第1セット
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
錦織 7
フェレール 5
○:サービスキープ、●:相手のサービスゲームをブレイク
錦織 第1セット フェレール
2 サービスエース 2
1 ダブルフォルト 0
79%(27/34) ファーストサーブ確率 59%(20/34)
67%(18/27) 1st Serve Points Won 70%(14/20)
57%(4/7) 2nd Serve Points Won 50%(7/14)
33%(2/6) ブレイク / チャンス 100%(1/1)
1/4 ネットポイント 4/7
51%(35/68) Total Points Won 49%(33/68)
12 Winner 合計 11
4 フォアハンド 5
5 バックハンド 4
3 サーブ 2
12 Unforced error 合計 15
4 フォアハンド 7
7 バックハンド 8
1 サーブ 0

第2セット

フェレールのサービスで第2セット開始。

第1ゲーム、フェレールのミスなどがあり0-40と錦織にブレイクチャンス。
錦織がフェレールを左右に振ってからのドロップショットを決めてブレイクに成功。

第2ゲーム、フェレールのすばらしいショットがあり、30-40とフェレールにブレイクチャンス。
錦織がフォアハンドのクロスへのウィナーを決めて凌ぐと、サーブ2本でポイントを取って錦織がキープ。

第3ゲーム、フェレールがラブゲームでキープ。

第4ゲーム、フェレールのすばらしいロブ、深いリターンが決まって30-40とフェレールにブレイクチャンス。
ストローク勝負で攻め続けたフェレールがポイントを取ってブレイクバックに成功。

第5ゲーム、フェレールの連続ダブルフォルトとミスがあり30-40と錦織にブレイクチャンス。
最後もフェレールの決めに行ったショットがアウトとなり、錦織がブレイクに成功。

第6ゲーム、錦織が危なげなくキープ。

第7ゲーム、錦織のストロークが非常によく、リターンエースなどがあり0-40と錦織にブレイクチャンス。
フェレールも最後まで諦めずすばらしいプレーを見せ、このピンチを凌いでデュースへ。
錦織のリターンエースが決まって再びブレイクポイントを握ると、最後はフェレールのストロークがアウトとなり、錦織がブレイクに成功。

第8ゲーム、錦織のサービングフォーザマッチ。
錦織のすばらしいプレーが続いて40-0とマッチポイントが来ると、サーブでフリーポイントを取ってキープし、ストレートで勝利。

第2セット
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
錦織 6
フェレール 2
○:サービスキープ、●:相手のサービスゲームをブレイク

錦織のアンフォーストエラーはわずか3本。
途中から錦織がまったくミスをせず安定したストロークを見せて、フェレールが先にミスをしてしまうという流れでした。

錦織 第2セット フェレール
1 サービスエース 3
0 ダブルフォルト 2
70%(16/23) ファーストサーブ確率 50%(11/22)
69%(11/16) 1st Serve Points Won 45%(5/11)
57%(4/7) 2nd Serve Points Won 36%(4/11)
50%(3/6) ブレイク / チャンス 50%(1/2)
2/3 ネットポイント 1/1
62%(28/45) Total Points Won 38%(17/45)
10 Winner 合計 8
7 フォアハンド 3
2 バックハンド 2
1 サーブ 3
3 Unforced error 合計 12
2 フォアハンド 3
1 バックハンド 7
0 サーブ 2

ホットショット&ハイライト動画

BNLイタリア国際2回戦「錦織 vs フェレール」のホットショット&ハイライト動画です。

錦織の3回戦の対戦相手は!?

錦織選手の3回戦の相手は、世界ランキング34位のフアン・マルティン・デルポトロ選手(アルゼンチン)。

フアン・マルティン・デルポトロ
フアン・マルティン・デルポトロ
※更新日:2017年6月14日 現在。 フアン・マルティン・デルポトロ選手の基本情報、選手紹介、選手経歴、ツアー経歴、ランキング推移、グランドスラム成績、ツアー決勝成績、錦織選手との対戦成績です。

過去の対戦成績は、錦織選手の1勝4敗。

直近の試合は、2016年のスイス・インドアの準々決勝。
錦織選手が7-5、6-4のストレートで勝利し、デルポトロ選手に対して初勝利を挙げました。

クレーコートでの対戦は初対戦となります。

今は怪我の影響でランキングを落としているとはいえ、実力はトップクラスのデルポトロ選手。
果たしてどんな戦いとなるのか非常に楽しみです。

ただ、あの強力なフォアハンドと打ち合って、錦織選手の右手首に影響してこなければいいのですが・・・。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする