【2018年】BNLイタリア国際の大会情報、ドロー表、放送予定(マスターズ1000)


2018年5月13日から5月20日(2018年第20週)にローマ(イタリア)で開催されるマスターズ1000「BNLイタリア国際(イタリア・オープン)」の大会概要、歴代優勝者、大会日程、エントリー選手、ドロー表、放送予定を見ていきます。

また、本大会に出場予定の錦織圭の過去の成績も紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

BNLイタリア国際(マスターズ1000)

BNLイタリア国際は、ローマ(イタリア)にあるフォロ・イタリコで開催されるATPワールドツアー・マスターズ1000の大会です(男女共催)。

冠スポンサーは、BNPパリバ傘下の国立労働銀行(Banca Nazionale del Lavoro S.p.A.、略称BNL)。

大会概要

大会名BNLイタリア国際
(Internazionali BNL d’Italia)
別名イタリア・オープン、ローマ・マスターズ
カテゴリマスターズ1000
開催期間2018年 5月13日 ~ 5月20日
開催地イタリア/ローマ
会場フォロ・イタリコ(Foro Italico)
サーフェスクレーコート
ドロー56(シングルス)
賞金総額€4,872,105(約6億4,370万円)
日本との時差-7時間(サマータイム中)

BNLイタリア国際での獲得ポイントと賞金を紹介します。

ラウンド獲得ポイント賞金
優勝1,000€935,385 (約1億2,360万円)
準優勝600€458,640 (約6,060万円)
準決勝360€230,830 (約3,050万円)
準々決勝180€117,375 (約1,550万円)
3回戦90€60,945 (約805万円)
2回戦45€32,135 (約425万円)
1回戦10€17,350 (約230万円)

※賞金(日本円)について、2018年5月1日時点での1ユーロ132.11円で換算。

歴代優勝者

BNLイタリア国際の過去10年の優勝者を紹介します。

大会のシングルス最多優勝記録は、ラファエル・ナダルの7回。

・ナダル:2005~2007、2009、2010、2012、2013

2017年は、決勝で第16シードのアレクサンダー・ズベレフが第2シードのノバク・ジョコビッチを6-4、6-3のストレートで破り、マスターズ初優勝を飾りました。(2017年の結果はこちら

優勝者
2017アレクサンダー・ズベレフ
2016アンディ・マレー
2015ノバク・ジョコビッチ
2014ノバク・ジョコビッチ
2013ラファエル・ナダル
2012ラファエル・ナダル
2011ノバク・ジョコビッチ
2010ラファエル・ナダル
2009ラファエル・ナダル
2008ノバク・ジョコビッチ

大会日程

5月12日(土)と5月13日(日)に予選が行われます。

男子の本戦は5月13日(日)からの8日間開催で、5月20日(日)に決勝が行われます。

日付男子女子
5月12日()予選予選
5月13日()予選・1回戦予選
5月14日(月)1回戦1回戦
5月15日(火)1回戦・2回戦1回戦・2回戦
5月16日(水)2回戦2回戦
5月17日(木)3回戦3回戦
5月18日(金)準々決勝準々決勝
5月19日()準決勝準決勝
5月20日()決勝決勝

エントリー選手

BNLイタリア国際に出場予定の選手(DAの44名)、各選手の2017年の同大会での結果を紹介します。

日本勢からは錦織圭と杉田祐一が出場予定。

ランキング上位16名にシードが与えられ、第1シードから第8シード選手は1回戦が免除され2回戦からの出場となります。

<シングルスの出場枠56>
・本戦ストレートイン (DA):44名
・ワイルドカード (WC):4名
・予選通過者 (Q):7名
Special Exempt (SE):1名

<欠場者の情報>
フェデラー、バウティスタ アグート、チョン、キリオス、ラオニッチ、クライノビッチ、ルブレフ、ツォンガ、マレーは欠場となりました。

※世界ランキング「Rank」は2018年5月7日付のランキングです。

シード選手名Rank2017年
1ラファエル・ナダル1位ベスト8
ロジャー・フェデラー2位
2アレクサンダー・ズベレフ3位優勝
3グリゴール・ディミトロフ4位1回戦
4マリン・チリッチ5位ベスト8
5フアン マルティン・デルポトロ6位ベスト8
6ドミニク・ティエム7位ベスト4
7ケビン・アンダーソン8位1回戦
8ジョン・イズナー9位ベスト4
9ダビド・ゴファン10位3回戦
10パブロ・カレーニョ ブスタ11位2回戦
11ノバク・ジョコビッチ12位準優勝
12サム・クエリー13位3回戦
ロベルト・バウティスタ アグート14位3回戦
13ジャック・ソック15位3回戦
14ディエゴ・シュワルツマン16位1回戦
15トマーシュ・ベルディヒ17位3回戦
16リュカ・プイユ18位1回戦
ファビオ・フォニーニ19位3回戦
錦織 圭20位3回戦
チョン・ヒョン21位
カイル・エドマンド22位2回戦
ニック・キリオス23位
ミロシュ・ラオニッチ24位ベスト8
スタン・ワウリンカ25位3回戦
フィリップ・クライノビッチ26位
アドリアン・マナリノ27位1回戦
フィリップ・コールシュライバー28位
リシャール・ガスケ29位
フェリシアーノ・ロペス30位1回戦
アンドレイ・ルブレフ31位
ダミール・ズムル32位予選1回戦
ジレ・ミュラー33位
ダビド・フェレール34位2回戦
ボルナ・チョリッチ35位
ジョーウィルフリード・ツォンガ36位
フェルナンド・ベルダスコ37位2回戦
カレン・ハチャノフ38位
アンディ・マレー39位2回戦
ガエル・モンフィス41位
アルベルト・ラモス ビノラス42位1回戦
ロビン・ハーセ44位1回戦
杉田 祐一46位
パブロ・クエバス47位2回戦
以下、欠場選手に替わるエントリー (Alternates)
デニス・シャポバロフ43位
レオナルド・メイヤー45位
ブノワ・ペール50位2回戦
アルヤズ・ベデネ66位2回戦
ダニール・メドベデフ51位
ペーター・ゴヨブチック52位
ジャレッド・ドナルドソン53位1回戦
スティーブ・ジョンソン55位
アレクサンドル・ドルゴポロフ57位1回戦
ライアン・ハリソン59位2回戦

※世界ランキング2位のロジャー・フェデラーは、2017年に続いて2018年もクレーコートシーズンのすべて大会を欠場となっています。

ドロー表

ドローセレモニー:日本時間の5月12日(土) 午前1時。

ドロー表(PDF版)は、『 2018年BNLイタリア国際のドロー表 』をご覧ください。

第1シードから第8シードまでのドローは下記のようになりました。

<トップハーフ>
[1] ナダル vs ティエム [6]
[3] ディミトロフ vs イズナー [8]

<ボトムハーフ>
[4] チリッチ vs アンダーソン [7]
[2] A.ズベレフ vs デルポトロ [5]

錦織圭はトップハーフのディミトロフ山に入り、1回戦の対戦相手が世界ランキング30位のフェリシアーノ・ロペス(36歳・スペイン)に決まりました。

杉田祐一はボトムハーフのチリッチ山に入り、1回戦の対戦相手が世界ランキング59位のライアン・ハリソン(26歳・アメリカ)に決まりました。

BNLイタリア国際の結果

2018年BNLイタリア国際の1回戦から決勝までの結果です。

結果の記事では、各ラウンド終了時の暫定ランキングも紹介しています。

放送予定

GAORA、NHK・BS1、WOWOWメンバーズオンデマンド、テニスデイリーでの放送・配信が予定されています。

GAORA

GAORAでは、1回戦から決勝まで生中継(一部は録画)で放送予定。

日付ラウンド放送時間
5月14日(月)1回戦 (録画)14:30~17:00
1回戦18:00~8:00
5月15日(火)1回戦・2回戦21:30~8:00
5月16日(水)2回戦21:30~8:00
5月17日(木)3回戦19:00~8:00
5月18日(金)準々決勝 2&321:30~2:30
5月19日()準々決勝 44:00~8:00
準々決勝 1 (録画)10:00~13:00
準決勝 121:28~24:30
5月20日()準決勝 22:58~6:00
決勝22:50~2:30
5月21日(月)ダブルス決勝2:30~5:00

大会初日の5月13日(日)の試合は生中継ではなく、5月14日(月)の昼に録画での放送予定となっています。

5月15日(火)、5月16日(水)、 5月18日(金)の放送予定について、17時30分から21時30分にプロ野球中継の予定が入っているため、この時間帯に行われる試合は生中継ではなく、翌日に録画での放送予定となっています。

NHK・BS1

NHKでは、BS1またはサブチャンネルのBS102chで錦織が出場する試合を中心に1回戦から決勝まで8試合を生中継で放送予定。

日付ラウンド放送時間
5月14日(月)1回戦19:00~(20:50)
5月16日(水)2回戦2:00~(4:00)
2回戦22:00~(23:50)
5月18日(金)3回戦2:00~(4:00)
準々決勝23:00~(0:50)
5月19日()準決勝 121:30~(23:30)
5月20日()準決勝 23:00~(5:00)
決勝23:00~(1:00)

・5月14日(月):「錦織 vs F.ロペス」
・5月16日(水):「コールシュライバー vs ソック」
・5月16日(水):「錦織 vs ディミトロフ」(録画)
・5月18日(金):「錦織 vs コールシュライバー」
・5月18日(金):「錦織 vs ジョコビッチ」
・5月19日(土):準決勝1「ナダル vs ジョコビッチ」
・5月20日(日):準決勝2「チリッチ vs A.ズベレフ」
・5月20日(日):決勝「ナダル vs A.ズベレフ」

WOWOWメンバーズオンデマンド

WOWOWでは、WOWOWメンバーズオンデマンドで1回戦から決勝までを配信予定。

THE TENNIS DAILY

テニスデイリー では、錦織圭出場試合およびATP注目試合を配信予定。

※配信期間:5月13日~5月16日(無料)

錦織の過去の成績

最後に錦織のBNLイタリア国際での過去の成績を紹介します。

2014年は直前のマドリード・オープンの決勝で怪我をしたため欠場となってしまいましたが、2015年と2016年はしっかりと結果を残してします。

結果対戦相手
20173回戦フアン マルティン・デルポトロ
2016準決勝ノバク・ジョコビッチ
2015準々決勝ノバク・ジョコビッチ
2014出場なし
20132回戦ジェレミー・シャルディー
2012出場なし
2011予選2回戦フェデリコ・デルボニス

2017年はマドリード・オープンで右手首の痛みが再発したため準々決勝を棄権し、右手首の状態が不安視される中で本大会を迎えることとなり、初戦の2回戦は突破したものの3回戦敗退という結果となりました。

3回戦では錦織のプレー自体は悪くありませんでしたが、デルポトロはまったくミスをしない安定したストロークを見せるなど付け入る隙がなく、錦織が無理をせざるを得ない厳しい試合展開となりました。

Round対戦相手スコア
1回戦bye
2回戦ダビド・フェレール (30位)7-5, 6-2
3回戦フアン マルティン・デルポトロ (34位)6-7(4), 3-6

マドリード・オープンとBNLイタリア国際のマスターズ2連戦でいい感触をつかんで全仏オープンに挑んで欲しいところですが、厳しいドローを引いてしまった場合はあまり試合数をこなせない可能性もあるので、そこだけが心配です。

コメント