ATPランキング試算(2018年5月・ローマ後)


2018年5月13日から5月20日(2018年第20週)にローマ(イタリア)で開催されるマスターズ1000「BNLイタリア国際」。

今回はランキング上位30名のBNLイタリア国際後の5月21日付のランキング試算を見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018年5月21日付のランキング試算

はじめに、5月21日付のランキングについて、2017年のBNLイタリア国際でのポイントが5月21日に失効日を迎え、2018年の同大会でのポイントと入れ替わる形になります。

ただし、昨年マスターズの大会への出場義務がなくBNLイタリア国際に出場していなかった選手は、現在ランキングの対象となっている18大会のうち最も低いポイント(グランドスラム、マスターズを除く)が対象外に繰り下がり、2018年のBNLイタリア国際でのポイントが加算されます。

2017年BNLイタリア国際の振り返り

まずはトップ30の2017年のBNLイタリア国際の結果を簡単に振り返ります。

決勝で第16シードのA.ズベレフが第2シードのジョコビッチを6-4、6-3のストレートで破り、マスターズ初優勝を飾りました。

2017年BNLイタリア国際の決勝の結果はこちら

第8シードのティエムとイズナーがベスト4。

優勝候補だった第4シードのナダルは、準々決勝でティエムに敗れました。

順位選手名5月14日
point
2017年
ローマ
1フェデラー8,670
2ナダル7,950ベスト8
3A.ズベレフ6,015優勝
4ディミトロフ4,8701回戦
5チリッチ4,770ベスト8
6デルポトロ4,540ベスト8
7アンダーソン3,6601回戦
8ティエム3,545ベスト4
9イズナー3,305ベスト4
10ゴファン2,9303回戦
11カレーニョ ブスタ2,2802回戦
12クエリー2,2203回戦
13バウティスタ アグート2,2103回戦
14ソック2,1553回戦
15シュワルツマン2,1301回戦
16プイユ1,9951回戦
17ベルディヒ1,9803回戦
18ジョコビッチ1,905準優勝
19エドマンド1,9052回戦
20チョン1,807
21フォニーニ1,8053回戦
22ラオニッチ1,705ベスト8
23ワウリンカ1,6853回戦
24錦織 圭1,6653回戦
25キリオス1,630
26クライノビッチ1,601
27マナリノ1,5601回戦
28コールシュライバー1,530
29シャポバロフ1,488
30ガスケ1,475

トップ30の基礎ポイント

トップ30の基礎ポイントを見ていきます。

順位選手名5月14日
point
失効
point
基礎
point
1フェデラー8,67008,670
2ナダル7,9501807,770
3A.ズベレフ6,0151,0005,015
4ディミトロフ4,870104,860
5チリッチ4,7701804,590
6デルポトロ4,5401804,360
7アンダーソン3,660353,625
8ティエム3,5453603,185
9イズナー3,3053602,945
10ゴファン2,930902,840
11カレーニョ ブスタ2,280452,235
12クエリー2,220902,130
13バウティスタ アグート2,210902,120
14ソック2,155902,065
15シュワルツマン2,130102,120
16プイユ1,995101,985
17ベルディヒ1,980901,890
18ジョコビッチ1,9056001,305
19エドマンド1,905451,860
20チョン1,80701,775*
21フォニーニ1,805901,715
22ラオニッチ1,7051801,525
23ワウリンカ1,685901,595
24錦織 圭1,665901,575
25キリオス1,63001,630
26クライノビッチ1,601951,506
27マナリノ1,560351,525
28コールシュライバー1,53001,530
29シャポバロフ1,48801,483*
30ガスケ1,47501,385*
  • 5月14日ポイント
  • 2018年5月14日付のATPランキングのポイント。

  • 失効ポイント
  • 2018年5月21日に失効日を迎える2017年のBNLイタリア国際のポイント。

    クライノビッチの失効ポイントは、2017年のBNLイタリア国際と同じ週に開催されたチャレンジャー大会でのポイント。

  • 基礎ポイント
  • 「基礎ポイント」=「5月14日ポイント」-「失効ポイント」

この「基礎ポイント」に2018年のBNLイタリア国際のポイントを加算すれば、次回発表される5月21日付のATPランキングと同じになります。

※シャポバロフ、ガスケの基礎ポイントについて、2017年にBNLイタリア国際に出場していないため(出場義務なし・出場免除)、現在ランキングの対象となっている18大会のうち最も低いポイント(シャポバロフ:5、ガスケ:90)が対象外に繰り下がります。

また、2018年のBNLイタリア国際の欠場が決まっているチョンの基礎ポイントについて、現在ランキングの対象となっている18大会のうち最も低い32ポイントが対象外に繰り下がり、0ポイントが加算されます。

BNLイタリア国際 獲得ポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝1,000
準優勝600
準決勝360
準々決勝180
3回戦90
2回戦45
1回戦10

暫定ランキング

「基礎ポイント」順にランキングを並び替えます。

暫定
順位
選手名基礎
point
1フェデラー8,670
2ナダル7,770
3A.ズベレフ5,015
4ディミトロフ4,860
5チリッチ4,590
6デルポトロ4,360
7アンダーソン3,625
8ティエム3,185
9イズナー2,945
10ゴファン2,840
11カレーニョ ブスタ2,235
12クエリー2,130
13シュワルツマン2,120
14バウティスタ アグート2,120
15ソック2,065
16プイユ1,985
17ベルディヒ1,890
18エドマンド1,860
19チョン1,775
20フォニーニ1,715
21キリオス1,630
22ワウリンカ1,595
23錦織 圭1,575
24コールシュライバー1,530
25マナリノ1,525
26ラオニッチ1,525
27クライノビッチ1,506
28シャポバロフ1,483
29ルブレフ1,407
30ガスケ1,385
31ズムル1,370
32F.ロペス1,365
33ジョコビッチ1,305

<欠場者情報>
フェデラー、バウティスタ アグート、チョン、キリオス、ラオニッチ、クライノビッチ、ルブレフ、ツォンガ、マレーは欠場。

1位争い

ナダルは優勝すれば1位に復帰。

ナダルが準優勝以下だった場合、フェデラーの1位が確定します。

3~6位争い

全仏オープンでの第2シードから第4シードの3枠を争っているA.ズベレフ、ディミトロフ、チリッチ、デルポトロの4名。

A.ズベレフは2017年のBNLイタリア国際での1,000の失効ポイントがあるため、マスターズ2連戦が始まる前は全仏オープンのシード争いでA.ズベレフが一番厳しいかと予想していましたが、前の週のマドリード・オープンで見事に優勝。

今大会でチリッチとデルポトロがボトムハーフに入り、どちらかは最高でも準決勝の360ポイント止まりとなるため、A.ズベレフの全仏オープンの第4シード以内が確定し、あとはナダルと反対のボトムハーフに入るために第2シードを確保できるかどうかという状況です。

そして、6位のデルポトロが第4シードを取るためには最低でも準決勝進出が必要で、クレーコートシーズンに入って2大会目となる今大会でどこまで勝ち上がれるのか注目です。

10位争い

10位のゴファンと11位以下の選手とのポイント差が大きく開いているため、今大会でトップ10メンバーの入れ替わりはないと思われます。

ティエムは昨年のクレーコートシーズンでの失効ポイントが多くあったため、全仏オープン後にトップ10陥落の危機がありましたが、前の週のマドリード・オープンでナダルを倒すなどすばらしい活躍を見せて準優勝となり、何とかトップ10に踏み止まれそうな状況となりました。

また、600の失効ポイントを迎えて暫定で33位まで急落となったジョコビッチは、クレーコートシーズンに入っても調子が上がって来ないため、トップ10復帰どころかランキングがどんどん落ちていく状況となっています。

錦織のランキング

暫定23位の錦織はマスターズ2連戦で連続での早期敗退だけは避けたいところですが、今大会では1回戦でF.ロペス、2回戦に進んだ場合は第3シードのディミトロフとの対戦が決まり、簡単には勝ち上がれないドローとなりました。

ノーシードでの出場となると1回戦または2回戦でシード選手と対戦することになるので、何とかシードが取れるところまでランキングを戻して行きたいところです。

2018年BNLイタリア国際の結果

2018年BNLイタリア国際の1回戦から決勝までの結果です。

結果の記事では各ラウンド終了時の暫定ランキング(ポイント)も紹介する予定です。

コメント