【2018年】BNLイタリア国際の結果(準々決勝)


2018年5月13日から5月20日(2018年第20週)にローマ(イタリア)で開催されるマスターズ1000「BNLイタリア国際(イタリア・オープン)」の準々決勝の結果、準々決勝後の暫定ランキング、放送予定を見ていきます。

<トップハーフ>
・[1] ナダル vs フォニーニ
・錦織 vs ジョコビッチ [11]

<ボトムハーフ>
・[10] カレーニョ ブスタ vs チリッチ [4]
・[9] ゴファン vs A.ズベレフ [2]

錦織の準々決勝の試合は、日本時間の5月18日(金) 23時以降に開始予定。(CENTRALEの第3試合)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018年 BNLイタリア国際 準々決勝の結果

BNLイタリア国際の準々決勝の結果です。

<日程(現地時間)>
・5月18日(金):準々決勝

※以下、スコアにある各選手の()内の世界ランキングは2018年5月14日付のランキングです。

準々決勝「ナダル vs フォニーニ」(トップハーフ)

過去の対戦成績は、ナダルの10勝、フォニーニの3勝。

クレーコートでは、ナダルの5勝、フォニーニの2勝。

直近の対戦は2017年の上海マスターズ(ハード)の3回戦で、ナダルがセットカウント2-0(6-3、6-1)で勝利しています。

[1] ラファエル・ナダル (2位)2466
ファビオ・フォニーニ (21位)1612
試合時間:2時間14分

第1シードのラファエル・ナダル(31歳・スペイン)がファビオ・フォニーニ(30歳・イタリア)を4-6、6-1、6-2のフルセットの末に破り、BNLイタリア国際4年ぶり10回目の準決勝進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット、第4ゲームでナダルが先にブレークに成功。

第7ゲーム、すばらしい攻撃を見せるフォニーニがこのゲーム4本目のブレークポイントでリターンエースを決めて、ブレークバックに成功。

第9ゲームでナダルが突如崩れ、フォニーニがブレークに成功をすると、第10ゲームのサービングフォーザセットをフォニーニがしっかりとキープして第1セットを先取。

第2セット、第2ゲームでナダルが先にブレークすると、第6ゲームもブレークに成功。

ナダルがブレークポイントを与えずキープを続けて第2セットを奪取。

ファイナルセット、第3ゲームでフォニーニのミスが続き、ナダルがラブゲームでブレークに成功。

第7ゲームもナダルがブレークすると、第8ゲームのサービングフォーザマッチをキープして、ナダルが勝利。

準々決勝「錦織 vs ジョコビッチ」(トップハーフ)

過去の対戦成績は、錦織の2勝、ジョコビッチの12勝。

クレーコートではジョコビッチの5戦5勝。

直近の対戦は2018年のマドリード・オープン(クレー)の1回戦で、ジョコビッチがセットカウント2-0(7-5、6-4)で勝利しています。

錦織 圭 (24位)1613
[11] ノバク・ジョコビッチ (18位)2266
試合時間:2時間21分

第11シードのノバク・ジョコビッチ(30歳・セルビア)が錦織圭(28歳・日本)を2-6、6-1、6-3のフルセットの末に破り、BNLイタリア国際5年連続9回目の準決勝進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット、第1ゲームで錦織が先にブレークに成功。

第5ゲームも錦織がブレークをしてリードを広げると、第8ゲームのサービングフォーザセットをキープして、錦織が第1セットを先取。

第1セットは立ち上がりからお互いにクォリティの高いショットを連発するなど、ハイレベルな試合となりますが、第2セットに入るとジョコビッチのプレーレベルがさらに上がります。

第2セット、第2ゲームでジョコビッチがリターンからプレッシャーをかけて先にブレークに成功。

錦織にも第1ゲームと第3ゲームでブレークポイントがありましたがジョコビッチがあと1本を許さず、第4ゲームでもジョコビッチがブレークをしてリードを広げます。

第5ゲームでジョコビッチにダブルフォルトが2本出るなど、ジョコビッチに隙ができたところを錦織が見逃さずにブレークを1つ返しますが、第6ゲームでジョコビッチがすぐにブレークをしてリードを広げ、第2セットを奪取。

ファイナルセット、第3ゲームでジョコビッチが先にブレークをしますが、錦織も反撃に出て第4ゲームですぐにブレークバックに成功。

第5ゲーム以降はお互いに長いデュースとなるサービスゲームが続く中、第6ゲームで錦織にブレークポイントがありましたがジョコビッチが凌ぎ、第7ゲームでジョコビッチがリターンから攻め続けてブレークに成功。

第8ゲームにも錦織にブレークポイントがありましたが、ジョコビッチがすばらしいプレーを見せてピンチを凌ぐと、第9ゲームをジョコビッチがブレークして勝利。

錦織の準々決勝の結果については、『 錦織 vs ジョコビッチ 』の記事で詳しく紹介しています。

準々決勝「カレーニョ ブスタ vs チリッチ」(ボトムハーフ)

過去の対戦成績は、カレーニョ ブスタの0勝、チリッチの2勝。

クレーコートでは初対戦となります。

直近の対戦は2018年の全豪オープン(ハード)の4回戦で、チリッチがセットカウント3-1(6-7(2)、6-3、7-6(0)、7-6(3))で勝利しています。

[10] パブロ・カレーニョ ブスタ (11位)033
[4] マリン・チリッチ (5位)266
試合時間:1時間5分

第4シードのマリン・チリッチ(29歳・クロアチア)が第10シードのパブロ・カレーニョ ブスタ(26歳・スペイン)を6-3、6-3のストレートで破り、BNLイタリア国際では初の準決勝進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット、第6ゲームでチリッチが先にブレークに成功。

チリッチはファーストサーブの確率が42%と低かったもののブレークポイントを与えずにキープを続け、チリッチが第1セットを先取。

第2セット、第1ゲームでチリッチが先にブレークすると、第9ゲームもブレークして勝利。

チリッチは第2セットに入るとファーストサーブの確率が68%に上がり、サービスゲームで失ったのが3本のダブルフォルトでのポイントだけでした。

結局、この試合でカレーニョ ブスタはリターンを返球してポイントを取れたのがわずか3ポイントで、最後までチリッチのサーブにタイミングが合わず、リターンから攻めてポイントを取る形を作れませんでした。

準々決勝「ゴファン vs A.ズベレフ」(ボトムハーフ)

過去の対戦成績は、ゴファンの0勝、A.ズベレフの1勝。

過去1回の対戦は2016年のBMWオープン(クレー)の準々決勝で、A.ズベレフがセットカウント2-1(6-3、4-6、6-3)で勝利しています。

[9] ダビド・ゴファン (10位)1463
[2] アレクサンダー・ズベレフ (3位)2636
試合時間:1時間46分

第2シードのアレクサンダー・ズベレフ(21歳・ドイツ)が第9シードのダビド・ゴファン(27歳・ベルギー)を6-4、3-6、6-3のフルセットの末に破り、BNLイタリア国際2年連続2回目の準決勝進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット、第3ゲームでA.ズベレフがこのゲーム5本目のブレークポイントをモノにして先にブレークに成功。

A.ズベレフはブレークポイントを与えずにキープを続けて、第1セットを先取。

第2セット、お互いにブレークポイントを与えずキープの展開が続きます。

第8ゲームでゴファンが先にブレークをすると、直後の第9ゲームのサービングフォーザセットをしっかりとキープし、ゴファンが第2セットを奪取。

第2セットのゴファンはファーストサーブの確率が81%で、サービスゲームで失ったポイントも4ポイントだけとすばらしい内容でした。

ファイナルセット、第5ゲームでゴファンがワンチャンスをモノにして先にブレークに成功。

第2セット以降、ここまで完璧なサービスゲームを展開していたゴファンでしたが、ブレーク直後の第6ゲームでA.ズベレフにブレークバックを許すと流れが変わり、A.ズベレフが第8ゲームもブレークするなど4ゲームを連取して、A.ズベレフが勝利。

ハイライト動画

BNLイタリア国際の準々決勝の4試合のハイライト動画です。

Highlights: Djokovic Ousts Kei, Sets SF Blockbuster Against Rafa In Rome 2018

ドロー表(ベスト32・結果)

準々決勝後の暫定ランキング(トップ30)

BNLイタリア国際の準々決勝終了時点での暫定ランキングです。

暫定
順位
選手名基礎
point
roundresult獲得
point
QF後
point
1フェデラー8,670欠場8,670
2ナダル7,770準々決勝3608,130
3A.ズベレフ5,015準々決勝3605,375
4チリッチ4,590準々決勝3604,950
5ディミトロフ4,8602回戦×104,870
6デルポトロ4,3603回戦×904,450
7アンダーソン3,6252回戦×103,635
8ティエム3,1852回戦×103,195
9ゴファン2,840準々決勝×1803,020
10イズナー2,9452回戦×102,955
11C ブスタ2,235準々決勝×1802,415
12シュワルツマン2,1202回戦×452,165
13クエリー2,1301回戦×102,140
14B アグート2,120欠場2,120
15ソック2,0652回戦×452,110
16プイユ1,9852回戦×452,030
17エドマンド1,8603回戦×901,950
18ベルディヒ1,8901回戦×101,900
19フォニーニ1,715準々決勝×1801,895
20チョン1,775欠場1,775
21錦織 圭1,575準々決勝×1801,755
22ジョコビッチ1,305準々決勝3601,665
23キリオス1,630欠場1,630
24コールシュライバー1,5303回戦×901,620
25ワウリンカ1,5951回戦×101,605
26シャポバロフ1,4833回戦×901,573
27マナリノ1,5251回戦×101,535
28ラオニッチ1,525欠場1,525
29クライノビッチ1,506欠場1,506
30ズムル1,3702回戦×451,415

基礎ポイントについては、『 ATPランキング試算(2018年5月・ローマ後)』をご覧ください。

1回戦を免除された第1シードから第8シードの選手が初戦敗退(2回戦敗退)となった場合、獲得ポイントは2回戦ではなく1回戦の10ポイントとなります。

BNLイタリア国際 獲得ポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝1,000
準優勝600
準決勝360
準々決勝180
3回戦90
2回戦45
1回戦10

準々決勝の放送予定

GAORA、NHK・BS1、WOWOWメンバーズオンデマンドでの放送・配信が予定されています。

GAORA

GAORAでは、1回戦から決勝まで生中継で放送予定。

日付ラウンド放送時間
5月18日(金)準々決勝 2&321:30~2:30
5月19日()準々決勝 44:00~8:00
準々決勝 1 (録画)10:00~13:00

5月18日(金)の放送予定について、17時30分から21時30分にプロ野球中継の予定が入っているため、この時間帯に行われる試合の生中継はありません。

NHK・BS1

NHKでは、BS1またはサブチャンネルのBS102chで錦織が出場する試合を中心に1回戦から決勝まで8試合を生中継で放送予定。

日付ラウンド放送時間
5月18日(金)準々決勝[BS1] 23:00~(0:50)

・5月18日(金):「錦織 vs ジョコビッチ」

WOWOWメンバーズオンデマンド

WOWOWでは、WOWOWメンバーズオンデマンドで1回戦から決勝までを配信予定。

2018年 BNLイタリア国際 その他の結果

コメント