【2018年】ロレックス・モンテカルロ・マスターズの結果(準決勝)


2018年4月15日から4月22日(2018年第16週)にモンテカルロ(モナコ)で開催されるマスターズ1000「ロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モンテカルロ・マスターズ)」の準決勝の結果、準決勝後の暫定ランキング、放送予定を見ていきます。

・準決勝「ナダル vs ディミトロフ」
ナダルが勝てばモンテカルロ・マスターズ12回目の決勝(マスターズ47回目の決勝)、ディミトロフが勝てばモンテカルロ・マスターズ初の決勝(マスターズ2回目の決勝)進出となります。

・準決勝「A.ズベレフ vs 錦織」
A.ズベレフが勝てばモンテカルロ・マスターズ初の決勝(マスターズ4回目の決勝)、錦織が勝てばモンテカルロ・マスターズ初の決勝(マスターズ4回目の決勝)進出となります。

錦織の準決勝の試合は、日本時間の4月21日(土) 22時30分以降に開始予定。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018年 モンテカルロ・マスターズ 準決勝の結果

モンテカルロ・マスターズの準決勝の結果です。

<日程(現地時間)>
・4月21日(土):準決勝

※以下、スコアにある各選手の()内の世界ランキングは2018年4月16日付のランキングです。

準決勝「ナダル vs ディミトロフ」(トップハーフ)

過去の対戦成績は、ナダルの10勝、ディミトロフの1勝。

クレーコートではナダルの3戦3勝。

直近の対戦は2017年の上海ロレックス・マスターズの準々決勝で、ナダルがセットカウント2-1(6-4、6-7(4)、6-3)で勝利しています。

[1] ラファエル・ナダル (1位) 2 6 6
[4] グリゴール・ディミトロフ (5位) 0 4 1
試合時間:1時間32分

第1シードのラファエル・ナダル(31歳・スペイン)が第4シードのグリゴール・ディミトロフ(26歳・ブルガリア)を6-4、6-1のストレートで破り、モンテカルロ・マスターズ3年連続12回目の決勝進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

ナダルのサービスで試合開始。

立ち上がりからすばらしいストロークの応酬が続いていきます。

第2ゲーム、一進一退の展開でデュースまで行き、ナダルにこのゲーム2本目のブレークポイントが来ると、ナダルがロングラリーで打ち勝ってブレークに成功。

第5ゲーム、ナダルのダブルフォルト、フォアハンドのミス2本とバックハンドのミスがあり、ディミトロフがブレークバックに成功。

第6ゲームと第8ゲームでナダルにブレークポイントが1本ずつありましたが、ディミトロフがキープ。

第10ゲーム、ディミトロフのダブルフォルト2本とフォアハンドのミスなどがあり、15-40とナダルにセットポイント(ブレークポイント)が来ます。

ディミトロフが1本凌ぎますが、20本を超えるロングラリーから最後はナダルのフォアハンドのウィナーが決まり、ナダルが第1セットを先取。

第2セット

ナダルのサービスで第2セット開始。

第2ゲーム、ディミトロフはストロークで無理をしてポイントを取りに行きますが、ミスを連発してしまい、ナダルがラブゲームでブレークに成功。

第4ゲーム、このゲームでもディミトロフがミスを連発して、ナダルがラブゲームでブレークに成功。

第7ゲーム、ナダルのサービングフォーザマッチ。
40-0とナダルにマッチポイントが来ると、ナダルがサーブから攻めてポイントを取り、ナダルが勝利。

スタッツ

第1セットは見応えのあるストローク戦が展開されましたが、第2セットに入るとディミトロフは我慢しきれずにアンフォーストエラーが一気に増えてしまいました。

一方、ナダルの方もアンフォーストエラーが多く、いい状態ではありませんでしたが、高いディフェンス力を見せ、要所をしっかり締めて勝利したという内容でした。

ナダル Match ディミトロフ
0 サービスエース 2
1 ダブルフォルト 5
66%(35/53) ファーストサーブ確率 63%(33/52)
63%(22/35) 1st Serve Points Won 61%(20/33)
72%(13/18) 2nd Serve Points Won 26%(5/19)
50%(4/8) ブレイク / チャンス 50%(1/2)
3/6 ネットポイント 3/4
59%(62/105) Total Points Won 41%(43/105)
1,288m Total Distance Run 1,167m
6 Winner 合計 9
6 フォアハンド 3
0 バックハンド 4
0 サーブ 2
21 Unforced error 合計 39
10 フォアハンド 16
10 バックハンド 18
1 サーブ 5

[スタッツ用語の補足]
・1st Serve Points Won:ファーストサーブが入った時にポイントを取得した確率。
・2nd Serve Points Won:セカンドサーブが入った時にポイントを取得した確率。
・Total Points Won:取得した全ポイント。
・Total Distance Run:総走行距離。

準決勝「A.ズベレフ vs 錦織」(ボトムハーフ)

過去の対戦成績は、A.ズベレフの1勝、錦織の0勝。

クレーコートでは初対戦となります。

過去1回の対戦は2017年のシティ・オープン(ハード)の準決勝で、A.ズベレフがセットカウント2-0(6-3、6-4)で勝利しています。

[3] アレクサンダー・ズベレフ (4位) 1 6 3 4
錦織 圭 (36位) 2 3 6 6
試合時間:2時間13分

錦織圭(28歳・日本)が第3シードのアレクサンダー・ズベレフ(21歳・ドイツ)を3-6、6-3、6-4のフルセットの末に破り、モンテカルロ・マスターズ初の決勝進出を決めました。

錦織は2016年のロジャーズ・カップ(トロント)以来となるマスターズ4回目の決勝進出。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

錦織のサービスで試合開始。

序盤はお互いキープが続いて行きます。

第7ゲーム、錦織が40-0とゲームポイントを握りますが、ここからA.ズベレフがリターンエース、フォアハンドのウィナー、ドロップショットを決め、デュースへ。

デュース1回目で錦織がゲームポイントを握ったところから、錦織のダブルフォルトとミス2本があり、A.ズベレフがブレークに成功。

第9ゲーム、30-0から錦織にダブルフォルトやバックハンドのミスが出るなど、30-40とA.ズベレフにセットポイント(ブレークポイント)が来ます。

錦織のフォアハンドが大きくアウトとなり、A.ズベレフが第1セットを先取。

第2セット

A.ズベレフのサービスで第2セット開始。

第1ゲーム、錦織の見事なロブショット、錦織の連続攻撃からのドロップショットが決まるなど、15-40と錦織にブレークポイントが来ます。

A.ズベレフが1本凌ぎますが、A.ズベレフにフォアハンドのミスが出て、錦織がブレークに成功。

第4ゲーム、錦織のフォアハンドのミスとダブルフォルト2本などがあり、A.ズベレフがラブゲームでブレークバックに成功。

第7ゲーム、錦織がリターンから積極的に攻撃を仕掛けてポイントを取って行き、錦織がラブゲームでブレークに成功。

第9ゲーム、錦織の深いリターンでのポイント2本やドロップショットが決まるなど、15-40と錦織にセットポイント(ブレークポイント)が来ます。

A.ズベレフのフォアハンドがサイドアウトとなり、錦織が第2セットを取ります。

ファイナルセット

錦織のサービスでファイナルセット開始。

第1ゲーム、A.ズベレフにブレークポイントが2本ありましたが、錦織がピンチを凌いでキープ。

第2ゲーム、今度は錦織にブレークポイントが2本ありましたが、A.ズベレフがピンチを凌いでキープ。

その後、錦織はゾーンに入ったかのようにすばらしいプレーを見せてウィナーを量産し、第3ゲームと第5ゲームをラブゲームでキープ。

一方、A.ズベレフはファイナルセットに入ってからファーストサーブの確率が70%を超えてサービスゲームが安定し、第4ゲームと第6ゲームをしっかりとキープ。

第7ゲーム、9分を越える長いゲームとなり、A.ズベレフにブレークポイントが1本ありましたが、デュース4回目の後、錦織が何とかキープ。

第10ゲーム、一進一退の展開でデュースとなり、錦織がドロップショットでA.ズベレフをおびき出してポイントを取り、錦織にマッチポイント(ブレークポイント)が来ます。

錦織の深いリターンに押されたA.ズベレフのバックハンドが大きくアウトとなり、錦織が勝利。

スタッツ

ファイナルセットではお互いにギアを上げ、すばらしいストロークの応酬となるなど見応え充分の試合となりました。

※錦織の準決勝の結果について、『 錦織 vs A.ズベレフ 』の記事で詳しく紹介しています。

錦織は準々決勝のチリッチ戦もすばらしいプレー内容でしたが、準決勝のA.ズベレフ戦の内容もすばらしく、トップ5との連戦で見せたこのパフォーマンスを見る限り、完全復活と言っていいのかなと思います。

こんなに早くこのレベルのプレーが戻ってくるとは思いもしませんでした・・・

A.ズベレフ Match 錦織
6 サービスエース 1
7 ダブルフォルト 4
49%(43/87) ファーストサーブ確率 60%(53/89)
79%(34/43) 1st Serve Points Won 60%(32/53)
36%(16/44) 2nd Serve Points Won 67%(24/36)
50%(3/6) ブレイク / チャンス 57%(4/7)
8/16 ネットポイント 17/22
47%(83/176) Total Points Won 53%(93/176)
1,963m Total Distance Run 1,925m
26 Winner 合計 27
10 フォアハンド 13
10 バックハンド 13
6 サーブ 1
37 Unforced error 合計 38
10 フォアハンド 19
20 バックハンド 15
7 サーブ 4

ハイライト動画

モンテカルロ・マスターズ準決勝の2試合のハイライト動画です。

Highlights: Nishikori Earns Historic Opportunity Against Nadal In Monte-Carlo 2018

ドロー表(ベスト32・結果)



準決勝後の暫定ランキング(トップ20+α)

モンテカルロ・マスターズの準決勝終了時点での暫定ランキングです。

暫定
順位
選手名 基礎
point
round 結果 point SF後
point
獲得 min
1 フェデラー 8,670 不参加 8,670
2 ナダル 7,770 準決勝 600 0 8,370
3 A.ズベレフ 4,925 準決勝 × 360 90 5,195
4 チリッチ 4,850 準々決勝 × 180 45 4,985
5 ディミトロフ 4,635 準決勝 × 360 45 4,950
6 デルポトロ 4,470 不参加 4,470
7 ティエム 3,620 準々決勝 × 180 45 3,755
8 アンダーソン 3,390 不参加 3,390
9 イズナー 3,125 不参加 3,125
10 ゴファン 2,795 準々決勝 × 180 45 2,930
11 C ブスタ 2,305 棄権 2,305
12 ジョコビッチ 2,130 3回戦 × 90 0 2,220
13 クエリー 2,220 不参加 2,220
14 プイユ 2,200 2回戦 × 10 150 2,200
15 B アグート 2,175 3回戦 × 90 90 2,175
16 ソック 2,155 不参加 2,155
17 シュワルツマン 2,130 2回戦 × 45 90 2,130
18 ベルディヒ 2,050 1回戦 × 10 0 2,060
19 チョン 1,897 不参加 1,897
20 フォニーニ 1,840 2回戦 × 45 45 1,840
21 ラオニッチ 1,765 3回戦 × 90 20 1,835
22 錦織 圭 1,280 準決勝 600 45 1,835
23 エドマンド 1,732 1回戦 × 10 20 1,732
24 キリオス 1,720 不参加 1,720
25 ワウリンカ 1,695 不参加 1,695
26 クライノビッチ 1,616 棄権 1,616

モンテカルロ・マスターズでの獲得ポイントは強制加算ではなく、ATP500の大会と同じ扱いとなります。

<表の補足>
minポイント:ランキングの対象となっている18大会の中で一番ポイントの低い大会のポイント(グランドスラムとマスターズを除く)。

準決勝後のポイントは下記の計算となります。

  • 「獲得ポイント ≧ minポイント」だった場合
  • SF後ポイント = 基礎ポイント + (獲得 – min)ポイント

  • 「獲得ポイント < minポイント」だった場合だった場合
  • SF後ポイント = 基礎ポイント

基礎ポイントについては、『ATPランキング試算(2018年4月・モンテカルロ後)』をご覧ください。

1回戦を免除された第1シードから第8シードの選手が初戦敗退(2回戦敗退)となった場合、獲得ポイントは2回戦ではなく1回戦の10ポイントとなります。

モンテカルロ・マスターズ 獲得ポイント
ラウンド 獲得ポイント
優勝 1,000
準優勝 600
準決勝 360
準々決勝 180
3回戦 90
2回戦 45
1回戦 10

準決勝の放送予定

GAORA、NHK・BS1、WOWOWメンバーズオンデマンドでの放送・配信が予定されています。

GAORA

GAORAでは、1回戦から決勝まで生中継で放送予定。

日付 ラウンド 放送時間
4月21日() 準決勝 20:28~26:00

NHK・BS1

NHKでは、BS1またはサブチャンネルのBS102chで錦織が出場する試合を中心に1回戦から決勝まで9試合を生中継で放送予定。

日付 ラウンド 放送時間
4月21日() 準決勝 [ch102] 20:30~22:00 
 [BS1] 22:00~(24:30)

・4月21日(土):第1試合「ナダル vs ディミトロフ」と第2試合「A.ズベレフ vs 錦織」

WOWOWメンバーズオンデマンド

WOWOWでは、WOWOWメンバーズオンデマンドで1回戦から決勝までを配信予定。

2018年 モンテカルロ・マスターズ その他の結果

コメント