【2018年】ロレックス・モンテカルロ・マスターズの結果(2回戦)


2018年4月15日から4月22日(2018年第16週)にモンテカルロ(モナコ)で開催されるマスターズ1000「ロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モンテカルロ・マスターズ)」の2回戦の結果、2回戦後の暫定ランキング、放送予定を見ていきます。

1回戦を免除された第1シードから第8シードの選手が2回戦から登場となります。

錦織圭の2回戦の試合は、日本時間の4月18日(水) 午後6時に開始予定。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018年 モンテカルロ・マスターズ 2回戦の結果

モンテカルロ・マスターズの2回戦の結果です。

<日程(現地時間)>
・4月17日(火):1回戦・2回戦
・4月18日(水):2回戦

※以下、スコアにある各選手の()内の世界ランキングは2018年4月16日付のランキングです。

2回戦(トップハーフ・ナダル山)

[1] ラファエル・ナダル (1位)266
アルヤズ・ベデネ (58位)013
カレン・ハチャノフ (38位)266
ジル・シモン (69位)022
 
[9] ノバク・ジョコビッチ (13位)2777
ボルナ・チョリッチ (39位)0625
アンドレイ・ルブレフ (33位)1755
[5] ドミニク・ティエム (7位)2577

・「ジョコビッチ vs チョリッチ」
第2セットの第10ゲーム、ジョコビッチのサービングフォーザマッチ。
ジョコビッチが40-0とマッチポイントを握りましたが、ここからチョリッチが粘りを見せて土壇場でブレークバックに成功。

チョリッチは9本のマッチポイントを凌ぐなど驚異的な粘りを見せていましたが、第10ゲームで力を出し尽くしてしまった感じで、直後の第11ゲームをジョコビッチがブレークに成功し、第12ゲームのサービングフォーザマッチを今度はしっかりとキープしてジョコビッチが勝利。

・「ティエム vs ルブレフ」
怪我明けの初戦だったティエムはプレーが安定せず、ファイナルセットまでもつれる展開へ。

ファイナルセットの第10ゲーム、ルブレフがサービングフォーザマッチを迎え、マッチポイントを握りましたが決めきれず、ティエムが土壇場でブレークバックに成功。

第12ゲーム、15-40とティエムにマッチポイント(ブレークポイント)が来るとルブレフにダブルフォルトが出て、ティエムが勝利。

2回戦(トップハーフ・ディミトロフ山)

[4] グリゴール・ディミトロフ (5位)2366
ピエール ユーグ・エルベール (82位)1624
フィリップ・コールシュライバー (40位)266
[15] アルベルト・ラモス ビノラス (24位)042
 
[11] ロベルト・バウティスタ アグート (16位)2677
フェリシアーノ・ロペス (30位)0365
ステファノス・チチパス (71位)0645
[6] ダビド・ゴファン (10位)2777

昨年の準優勝者の第15シードのラモスビノラスは2回戦で敗れ、大量の失効ポイントを守ることができず、ランキングも24位から暫定40位まで一気に落ちることとなりました。

2回戦(ボトムハーフ・A.ズベレフ山)

[7] リュカ・プイユ (11位)16163
ミーシャ・ズベレフ (55位)22677
リシャール・ガスケ (34位)266
[10] ディエゴ・シュワルツマン (15位)021
 
[13] ファビオ・フォニーニ (20位)042
ヤン レナード・ストルフ (61位)266
ジレ・ミュラー (28位)1632
[3] アレクサンダー・ズベレフ (4位)2366

第7シードのプイユはM.ズベレフに6-2、1-6、6-7(3)のフルセットの末に敗れ、初戦敗退となりました。

また、第10シードのシュワルツマンと第13シードのフォニーニも2回戦で敗退となり、A.ズベレフ山で残ったシード勢は第3シードのA.ズベレフのみとなりました。

2回戦(ボトムハーフ・チリッチ山)

第8シードのカレーニョ ブスタが腰の怪我でwithdrawとなり、ギリェルモ・ガルシア ロペスがラッキールーザーで出場となりました。

ギリェルモ・ガルシア ロペス (68位)1635
アンドレアス・セッピ (62位)2467
ダニール・メドベデフ (49位)052
錦織 圭 (36位)276
 
[14] ミロシュ・ラオニッチ (22位)2776
マルコ・チェッキナート (100位)0652
フェルナンド・ベルダスコ (37位)0364
[2] マリン・チリッチ (3位)2677

錦織がメドベデフを7-5、6-2のストレートで破り、3回戦進出を決めました。

錦織の2回戦の結果については、『 錦織 vs メドベデフ 』の記事で詳しく紹介しています。

ドロー表(ベスト32・結果)

2回戦後の暫定ランキング(トップ20+α)

モンテカルロ・マスターズの2回戦終了時点での暫定ランキングです。

暫定
順位
選手名基礎
point
round結果point2R後
point
獲得min
1フェデラー8,670不参加8,670
2ナダル7,7702回戦9007,860
3A.ズベレフ4,9252回戦90904,925
4チリッチ4,8502回戦90454,895
5ディミトロフ4,6352回戦90454,680
6デルポトロ4,470不参加4,470
7ティエム3,6202回戦90453,665
8アンダーソン3,390不参加3,390
9イズナー3,125不参加3,125
10ゴファン2,7952回戦90452,840
11C ブスタ2,305棄権2,305
12ジョコビッチ2,1302回戦9002,220
13クエリー2,220不参加2,220
14プイユ2,2002回戦×101502,200
15B アグート2,1752回戦90902,175
16ソック2,155不参加2,155
17シュワルツマン2,1302回戦×45902,130
18ベルディヒ2,0501回戦×1002,060
19チョン1,897不参加1,897
20フォニーニ1,8402回戦×45451,840
21ラオニッチ1,7652回戦90201,835
22エドマンド1,7321回戦×10201,732
省略
34錦織 圭1,2802回戦90451,325

モンテカルロ・マスターズでの獲得ポイントは強制加算ではなく、ATP500の大会と同じ扱いとなります。

<表の補足>
minポイント:ランキングの対象となっている18大会の中で一番ポイントの低い大会のポイント(グランドスラムとマスターズを除く)。

2回戦後のポイントは下記の計算となります。

  • 「獲得ポイント ≧ minポイント」だった場合
  • 2R後ポイント = 基礎ポイント + (獲得 – min)ポイント

  • 「獲得ポイント < minポイント」だった場合だった場合
  • 2R後ポイント = 基礎ポイント

基礎ポイントについては、『ATPランキング試算(2018年4月・モンテカルロ後)』をご覧ください。

1回戦を免除された第1シードから第8シードの選手が初戦敗退(2回戦敗退)となった場合、獲得ポイントは2回戦ではなく1回戦の10ポイントとなります。

モンテカルロ・マスターズ 獲得ポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝1,000
準優勝600
準決勝360
準々決勝180
3回戦90
2回戦45
1回戦10

2回戦の放送予定

GAORA、NHK・BS1、WOWOWメンバーズオンデマンド、テニスデイリーでの放送・配信が予定されています。

GAORA

GAORAでは、1回戦から決勝まで生中継で放送予定。

日付ラウンド放送時間
4月17日(火)1回戦・2回戦18:00~27:30
4月18日(水)2回戦18:00~27:30

NHK・BS1

NHKでは、BS1またはサブチャンネルのBS102chで錦織が出場する試合を中心に1回戦から決勝まで9試合を生中継で放送予定。

日付ラウンド放送時間
4月18日(水)2回戦[BS1] 18:00~(19:50)

・4月18日(水):「錦織 vs メドベデフ」

WOWOWメンバーズオンデマンド

WOWOWでは、WOWOWメンバーズオンデマンドで1回戦から決勝までを配信予定。

THE TENNIS DAILY

テニスデイリーでは、錦織圭出場試合およびATP注目試合をLIVE配信。

2018年 モンテカルロ・マスターズ その他の結果

コメント