【2018年】ロレックス・モンテカルロ・マスターズの結果(1回戦)


2018年4月15日から4月22日(2018年第16週)にモンテカルロ(モナコ)で開催されるマスターズ1000「ロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モンテカルロ・マスターズ)」の1回戦の結果、1回戦後の暫定ランキング、放送予定を見ていきます。

日本勢では4月16日(月)に錦織圭、4月17日(火)に杉田祐一が登場。

第1シードから第8シード選手は1回戦が免除され、2回戦からの出場となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018年 モンテカルロ・マスターズ 1回戦の結果

モンテカルロ・マスターズの1回戦の結果です。

<日程(現地時間)>
・4月15日(日):予選・1回戦
・4月16日(月):1回戦
・4月17日(火):1回戦・2回戦

※以下、スコアにある各選手の()内の世界ランキングは2018年4月16日付のランキングです。

1回戦(トップハーフ・ナダル山)

第1シードのナダルと第5シードのティエムは1回戦が免除され、2回戦から出場。

アルヤズ・ベデネ (58位)2677
ミルザ・バシッチ (92位)0463
 
タナシ・コキナキス (150位)054
カレン・ハチャノフ (38位)276
ジル・シモン (69位)2646
[16] アドリアン・マナリノ (26位)1362
 
[9] ノバク・ジョコビッチ (13位)266
ドゥシャン・ラヨビッチ (93位)001
ボルナ・チョリッチ (39位)266
ジュリアン・ベネトー (57位)023
 
アンドレイ・ルブレフ (33位)27927
ロビン・ハーセ (44位)16765

1回戦(トップハーフ・ディミトロフ山)

第4シードのディミトロフと第6シードのゴファンは1回戦が免除され、2回戦から出場。

4月15日(日)の第1試合に出場予定だったクライノビッチは左足の怪我によりwithdrawとなりました。

ピエール ユーグ・エルベール (82位)2796
パオロ・ロレンツィ (63位)0674
 
テニーズ・サンドグレン (47位)022
フィリップ・コールシュライバー (40位)266
ジャレッド・ドナルドソン (51位)033
[15] アルベルト・ラモス ビノラス (24位)266
 
[11] ロベルト・バウティスタ アグート (16位)266
ペーター・ゴヨブチック (50位)043
ブノワ・ペール (48位)17654
フェリシアーノ・ロペス (30位)25776
 
デニス・シャポバロフ (45位)034
ステファノス・チチパス (71位)266

1回戦(ボトムハーフ・A.ズベレフ山)

第3シードのA.ズベレフと第7シードのプイユは1回戦が免除され、2回戦から出場。

ミーシャ・ズベレフ (55位)26646
フェリックス・オーガー アリアシム (175位)12771
 
ジェレミー・シャルディ (84位)0465
リシャール・ガスケ (34位)2677
ギド・ページャ (60位)1623
[10] ディエゴ・シュワルツマン (15位)2066
 
[13] ファビオ・フォニーニ (20位)267
イリヤ・イバシカ (122位)045
杉田 祐一 (43位)032
ヤン レナード・ストルフ (61位)266
 
フロリアン・マイヤー (74位)054
ジレ・ミュラー (28位)276

杉田はストルフに3-6、2-6のストレートで敗れ、初戦敗退となりました。

序盤は互角の展開で進みますが、第1セットの第7ゲームで杉田が40-0とゲームポイントを握ったところからストルフにブレイクを許すと、ここから流れがストルフに行って手が付けられない状態になってしまいました。

杉田は今シーズン惜敗が続くなど勝ち切れない試合も多く、この試合でも自ら流れを手放す試合展開となってしまいましたが、何とかこの状況を乗り越えて欲しいなと思います。

1回戦(ボトムハーフ・チリッチ山)

第2シードのチリッチと第8シードのカレーニョ ブスタは1回戦が免除され、2回戦から出場。

アレクサンドル・ドルゴポロフは右手首の怪我によりwithdrawとなりました。

また、第8シードのカレーニョ ブスタが腰の怪我でwithdrawとなり、ギリェルモ・ガルシア ロペスがラッキールーザーで2回戦から出場となりました。

カイル・エドマンド (23位)1372
アンドレアス・セッピ (62位)2656
 
マートン・フチョビッチ (59位)17725
ダニール・メドベデフ (49位)26467
錦織 圭 (36位)2466
[12] トマーシュ・ベルディヒ (18位)1621
 
[14] ミロシュ・ラオニッチ (22位)2366
ルーカス・カタリーナ (365位)1623
ダミール・ズムル (31位)032
マルコ・チェッキナート (100位)266
 
フェルナンド・ベルダスコ (37位)25776
パブロ・クエバス (41位)17641

錦織が第12シードのベルディヒを4-6、6-2、6-1のフルセットの末に破り、2回戦進出を決めました。

錦織の1回戦の結果については、『 錦織 vs ベルディヒ 』の記事で詳しく紹介しています。

1回戦後の暫定ランキング(トップ20+α)

モンテカルロ・マスターズの1回戦終了時点での暫定ランキングです。

暫定
順位
選手名基礎
point
round結果point1R後
point
獲得min
1フェデラー8,670不参加8,670
2ナダル7,7701回戦bye1007,780
3A.ズベレフ4,9251回戦bye10904,925
4チリッチ4,8501回戦bye10454,850
5ディミトロフ4,6351回戦bye10454,635
6デルポトロ4,470不参加4,470
7ティエム3,6201回戦bye10453,620
8アンダーソン3,390不参加3,390
9イズナー3,125不参加3,125
10ゴファン2,7951回戦bye10452,795
11C ブスタ2,305棄権2,305
12クエリー2,220不参加2,220
13プイユ2,2001回戦bye101502,200
14ジョコビッチ2,1301回戦4502,175
15B アグート2,1751回戦45902,175
16ソック2,155不参加2,155
17シュワルツマン2,1301回戦45902,130
18ベルディヒ2,0501回戦×1002,060
19チョン1,897不参加1,897
20フォニーニ1,8401回戦45451,840
21ラオニッチ1,7651回戦45201,790
22エドマンド1,7321回戦×10201,732
省略
37錦織 圭1,2801回戦45451,280

モンテカルロ・マスターズでの獲得ポイントは強制加算ではなく、ATP500の大会と同じ扱いとなります。

<表の補足>
minポイント:ランキングの対象となっている18大会の中で一番ポイントの低い大会のポイント(グランドスラムとマスターズを除く)。

1回戦後のポイントは下記の計算となります。

  • 「獲得ポイント ≧ minポイント」だった場合
  • 1R後ポイント = 基礎ポイント + (獲得 – min)ポイント

  • 「獲得ポイント < minポイント」だった場合だった場合
  • 1R後ポイント = 基礎ポイント

基礎ポイントについては、『ATPランキング試算(2018年4月・モンテカルロ後)』をご覧ください。

1回戦を免除された第1シードから第8シードの選手が初戦敗退(2回戦敗退)となった場合、獲得ポイントは2回戦ではなく1回戦の10ポイントとなります。

モンテカルロ・マスターズ 獲得ポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝1,000
準優勝600
準決勝360
準々決勝180
3回戦90
2回戦45
1回戦10

1回戦の放送予定

GAORA、NHK・BS1、WOWOWメンバーズオンデマンド、テニスデイリーでの放送・配信が予定されています。

GAORA

GAORAでは、1回戦から決勝まで生中継で放送予定。

日付ラウンド放送時間
4月16日(月)1回戦 (録画)13:30~16:30
1回戦18:00~27:30
4月17日(火)1回戦・2回戦18:00~27:30

大会初日の4月15日(日)の試合は生中継ではなく、4月16日(月)の昼に録画での放送予定となっています。

NHK・BS1

NHKでは、BS1またはサブチャンネルのBS102chで錦織が出場する試合を中心に1回戦から決勝まで9試合を生中継で放送予定。

日付ラウンド放送時間
4月15日()1回戦[ch102] 18:00~(20:00)
4月16日(月)1回戦[BS1] 19:30~(21:50)
4月17日(火)1回戦[ch102] 20:00~(22:30)

・4月15日(日):「クライノビッチ vs ロレンツィ」(クライノビッチが試合前に棄権をしたため放送は即終了となりました)
・4月16日(月):「錦織 vs ベルディヒ」
・4月17日(火):「杉田 vs ストルフ」(放送開始時間が20:30から20:00に変更となりました)

WOWOWメンバーズオンデマンド

WOWOWでは、WOWOWメンバーズオンデマンドで1回戦から決勝までを配信予定。

THE TENNIS DAILY

テニスデイリーでは、錦織圭出場試合およびATP注目試合をLIVE配信。

2018年 モンテカルロ・マスターズ その他の結果

コメント