【2018年】ハンガリー・オープンの大会情報(ATP250)


2018年4月第4週(2018年第17週)に開催されるATP250「ハンガリー・オープン(ブダペスト)」の大会概要、歴代優勝者、大会日程、エントリー選手、ドロー表、放送予定を見ていきます。

はじめに、ハンガリー・オープンに出場予定のランキング上位の選手を簡単に紹介しておきます。

  • ハンガリー・オープン
  • プイユ、ズムル、ガスケ、シャポバロフ

また、同じ週にATP500「バルセロナ・オープン」も開催されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハンガリー・オープン(ATP250)

ハンガリー・オープンは、2017年からブダペストで開催されているハンガリーで初めてのATPワールドツアーの大会(ATP250)です。

冠スポンサーは、ロシアの国営エネルギー資源企業「ガスプロム(Gazprom)」。

大会概要

大会名ガスプロム・ハンガリー・オープン
(Gazprom Hungarian Open)
別名ハンガリー・オープン
カテゴリATP250
開催期間2018年 4月23日 ~ 4月29日
開催地ハンガリー/ブダペスト
会場Nemzeti Edzés Központ
サーフェスクレーコート
ドロー28(シングルス)
賞金総額€501,345(約6,640万円)
日本との時差-7時間(サマータイム中)

ハンガリー・オープンでの獲得ポイントと賞金を紹介します。

ラウンド獲得ポイント賞金
優勝250€89,435 (約1,180万円)
準優勝150€47,105 (約620万円)
準決勝90€25,515 (約340万円)
準々決勝45€14,535 (約190万円)
2回戦20€8,565 (約110万円)
1回戦0€5,075 (約67万円)

※賞金(日本円)について、2018年4月11日時点での1ユーロ132.38円で換算。

歴代優勝者

ハンガリー・オープンの過去1年の優勝者を紹介します。

第1回大会となった2017年は、決勝で第1シードのリュカ・プイユがアルヤズ・ベデネを6-3、6-1のストレートで破り、初代チャンピオンとなりました。(2017年の結果はこちら

優勝者
2017リュカ・プイユ

大会日程

ハンガリー・オープンは4月23日(月)からの7日間開催で、4月29日(日)に決勝が行われます。

日付ラウンド
4月23日(月)1回戦
4月24日(火)1回戦
4月25日(水)2回戦
4月26日(木)2回戦
4月27日(金)準々決勝
4月28日()準決勝
4月29日()決勝

エントリー選手

ハンガリー・オープンに出場予定のランキング上位の選手を紹介します。

上位8名にシードが与えられ、第1シードから第4シードの選手は1回戦が免除され、2回戦からの出場となります。

<欠場者の情報>
クライノビッチ、ドルゴポロフ、ベセリーは欠場となりました。

※世界ランキングは、2018年4月16日付のランキングです。

シード選手名Rank
1リュカ・プイユ11位
フィリップ・クライノビッチ27位
2ダミール・ズムル31位
3リシャール・ガスケ34位
4デニス・シャポバロフ45位
アレクサンドル・ドルゴポロフ53位
5アルヤズ・ベデネ58位
6マートン・フチョビッチ59位
7ヤン レナード・ストルフ61位
8アンドレアス・セッピ62位
パオロ・ロレンツィ63位
ビクトル・トロイツキ70位
イジー・ベセリー72位

ドロー表

ドロー表(PDF)は、『 2018年ハンガリー・オープンのドロー表 』をご覧ください。

放送予定

ハンガリー・オープンの試合は、WOWOWメンバーズオンデマンドで配信予定。

最後に

マスターズ1000「モンテカルロ・マスターズ」の翌週の開催で、さらに同じ週にバルセロナでATP500「バルセロナ・オープン」が開催されるということもあり、ハンガリー・オープンへのトップ選手のエントリーは少ないですが、ランキングが低い選手にとってはチャンスのある大会となっています。

同週開催のATP500「バルセロナ・オープン」には、ナダル、ディミトロフ、ティエム、ゴファンのトップ10の4名、日本勢から錦織圭と杉田祐一が出場予定。

2018年バルセロナ・オープンの大会情報、ドロー表、放送予定などはこちら

コメント