【2018年】ヒューストン、マラケシュの結果(ATP250)


2018年4月第2週(2018年第15週)に開催されるATP250の2大会「全米男子クレーコート選手権(ヒューストン)」、「ハサン2世グランプリ(マラケシュ)」のシード選手の結果、決勝の結果を見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

全米男子クレーコート選手権(ATP250)

2018年4月9日から4月15日にヒューストン(アメリカ)で開催されたATP250「全米男子クレーコート選手権」の結果を見ていきます。

シード選手の結果

トップハーフでは、第6シードのスティーブ・ジョンソンが準々決勝で第1シードのジョン・イズナー、準決勝でアメリカ期待の若手のテイラー・フリッツを破り、2年連続で決勝に進出。

ボトムハーフでは、シード勢の苦戦が続く中、第8シードのテニーズ・サンドグレンがツアー初の決勝に進出。

第2シードのサム・クエリーは2回戦でギド・ページャに敗れ、初戦敗退となりました。

日本勢ではダニエル太郎と西岡良仁(予選通過)が出場しましたが、1回戦でダニエル太郎はイボ・カルロビッチ、西岡良仁はオラシオ・セバジョスに敗れ、両選手とも初戦敗退となりました。

シード選手名Rank結果
1ジョン・イズナー9位ベスト8
2サム・クエリー14位2回戦
3ジャック・ソック16位ベスト8
4ニック・キリオス24位ベスト8
5フェルナンド・ベルダスコ36位1回戦
6スティーブ・ジョンソン51位優勝
7ライアン・ハリソン54位2回戦
8テニーズ・サンドグレン56位準優勝

※「Rank」は2018年4月9日付の世界ランキング。

決勝の結果

2018年4月15日 決勝(ヒューストン/クレー)
[6] スティーブ・ジョンソン (51位)27726
[8] テニーズ・サンドグレン (56位)16264
試合時間:2時間21分

2018年の全米男子クレーコート選手権の決勝。

第6シードのスティーブ・ジョンソン(28歳・アメリカ)が第8シードのテニーズ・サンドグレン(26歳・アメリカ)を7-6(2)、2-6、6-4のフルセットの末に破り、全米男子クレーコート選手権2連覇を達成。

ジョンソンは2017年の全米男子クレーコート選手権以来となるツアー3回目の優勝となりました。

一方、サンドグレンはツアー初の決勝での初優勝とはなりませんでした。

ハサン2世グランプリ(ATP250)

2018年4月9日から4月15日にマラケシュ(モロッコ)で開催されたATP250「ハサン2世グランプリ」の結果を見ていきます。

シード選手の結果

トップハーフでは、シード勢が早々に姿を消す中、プロテクトランキングでの出場となった世界ランキング355位のパブロ・アンドゥハルが決勝に進出。

ボトムハーフでは、第2シードのカイル・エドマンドが準決勝で第4シードのリシャール・ガスケを破り、ツアー初の決勝に進出。

シード選手名Rank結果
1アルベルト・ラモス ビノラス23位2回戦
2カイル・エドマンド26位準優勝
3フィリップ・コールシュライバー34位1回戦
4リシャール・ガスケ38位ベスト4
5ロビン・ハーセ44位1回戦
6ブノワ・ペール47位1回戦
7アレクサンドル・ドルゴポロフ52位1回戦
8ミーシャ・ズベレフ55位2回戦

※「Rank」は2018年4月9日付の世界ランキング。

決勝の結果

2018年4月15日 決勝(マラケシュ/クレー)
パブロ・アンドゥハル (355位)266
[2] カイル・エドマンド (26位)022
試合時間:1時間21分

2018年のハサン2世グランプリの決勝。

パブロ・アンドゥハル(32歳・スペイン)が第2シードのカイル・エドマンド(23歳・イギリス)を6-2、6-2のストレートで破り、2014年以来となるツアー4回目の優勝を飾りました。

3度の手術を受けるなど2年半ほど怪我に苦しんできたアンドゥハルですが、2017年は怪我でツアー大会への出場はなく、プロテクトランキングを使って今シーズンからツアーに復帰。

そして、今大会の前の週に開催されたチャレンジャー大会で優勝をすると、その勢いのまま今大会でも快進撃を見せ、見事な復活優勝となりました。

一方、エドマンドはツアー初の決勝での初優勝とはなりませんでした。

コメント