【2018年】ヒューストン、マラケシュの大会情報(ATP250)


2018年4月第2週(2018年第15週)に開催されるATP250の2大会「全米男子クレーコート選手権(ヒューストン)」、「ハサン2世グランプリ(マラケシュ)」の大会概要、歴代優勝者、大会日程、エントリー選手、ドロー表、放送予定を見ていきます。

はじめに、各大会に出場予定のランキング上位の選手と日本人選手を簡単に紹介しておきます。

  • 全米男子クレーコート選手権
  • イズナー、クエリー、ソック、キリオス、ベルダスコ、ダニエル太郎、西岡良仁(予選通過)

  • ハサン2世グランプリ
  • ラモスビノラス、エドマンド、コールシュライバー、ガスケ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

全米男子クレーコート選手権(ATP250)

全米男子クレーコート選手権は1910年に創設されたクレーコートの全米選手権で、2001年からはヒューストンに場所を移して開催されているATP250の大会です。

大会概要

大会名全米男子クレーコート選手権
(Fayez Sarofim & Co. U.S. Men’s Clay Court Championship)
カテゴリATP250
開催期間2018年 4月9日 ~ 4月15日
開催地アメリカ/テキサス州ヒューストン
会場リバーオークス・カントリークラブ
サーフェスクレーコート
ドロー28(シングルス)
賞金総額$557,050(約5,890万円)
日本との時差-14時間(サマータイム中)

全米男子クレーコート選手権での獲得ポイントと賞金を紹介します。

ラウンド獲得ポイント賞金
優勝250$99,375 (約1,050万円)
準優勝150$52,340 (約550万円)
準決勝90$28,350 (約300万円)
準々決勝45$16,155 (約170万円)
2回戦20$9,515 (約100万円)
1回戦0$5,640 (約60万円)

※賞金(日本円)について、2018年4月3日時点での1ドル105.74円で換算。

歴代優勝者

全米男子クレーコート選手権の過去10年の優勝者を紹介します。

2017年は決勝で第4シードのジョンソンが第8シードのベルッシを6-4、4-6、7-6(5)のフルセットの末に破り、優勝を飾りました。(2017年の結果はこちら

優勝者
2017スティーブ・ジョンソン
2016フアン・モナコ
2015ジャック・ソック
2014フェルナンド・ベルダスコ
2013ジョン・イズナー
2012フアン・モナコ
2011ライアン・スウィーティング
2010フアン・イグナシオ・チェラ
2009レイトン・ヒューイット
2008マルセル・グラノリェルス

大会日程

全米男子クレーコート選手権は4月9日(月)からの7日間開催で、4月15日(日)に決勝が行われます。

日程ラウンド
4月9日(月)1回戦
4月10日(火)1回戦
4月11日(水)2回戦
4月12日(木)2回戦
4月13日(金)準々決勝
4月14日()準決勝
4月15日()決勝

エントリー選手

全米男子クレーコート選手権に出場予定のランキング上位の選手を紹介します。

トップ10からはイズナーが出場予定。

ダニエル太郎も出場予定。

ワイルドカードでキリオスの出場が決まりました。

<欠場者の情報>
アンダーソン、チョン、F.ロペス、シャルディ、ミルマン、ラツコ、アンドゥハルは欠場となりました。

※世界ランキングは、2018年4月2日付のランキングです。

シード選手名Rank
ケビン・アンダーソン8位
1ジョン・イズナー9位
2サム・クエリー14位
3ジャック・ソック16位
チョン・ヒョン19位
4(WC)ニック・キリオス24位
フェリシアーノ・ロペス31位
5フェルナンド・ベルダスコ36位
6スティーブ・ジョンソン52位
7ライアン・ハリソン54位
8テニーズ・サンドグレン56位
フランシス・ティアフォー58位
ギド・ページャ63位
オラシオ・セバジョス66位
テイラー・フリッツ72位
ジェレミー・シャルディ80位
ダニエル 太郎111位

上位8名にシードが与えられ、第1シードから第4シードの選手は1回戦が免除され、2回戦からの出場となります。

※西岡良仁が予選を突破し、本戦出場を決めました。

ドロー表

ドロー表(PDF)は、『 2018年全米男子クレーコート選手権のドロー表 』をご覧ください。

放送予定

全米男子クレーコート選手権の試合は、WOWOWメンバーズオンデマンドで準々決勝以降を配信予定。

ハサン2世グランプリ(ATP250)

ハサン2世グランプリは1984年にATPチャレンジャーの大会として創設され、1990年からATPワールドツアーの大会として開催されています。

アフリカ大陸で唯一のATPワールドツアーの大会です。

大会概要

大会名ハサン2世グランプリ
(Grand Prix Hassan II)
カテゴリATP250
開催期間2018年 4月9日 ~ 4月15日
開催地モロッコ/マラケシュ
サーフェスクレーコート
ドロー32(シングルス)
賞金総額€501,345(約6,530万円)
日本との時差-8時間(サマータイム中)

ハサン2世グランプリでの獲得ポイントと賞金を紹介します。

ラウンド獲得ポイント賞金
優勝250€85,000 (約1,110万円)
準優勝150€44,770 (約580万円)
準決勝90€24,250 (約320万円)
準々決勝45€13,815 (約180万円)
2回戦20€8,140 (約105万円)
1回戦0€4,825 (約63万円)

※賞金(日本円)について、2018年4月3日時点での1ユーロ130.17円で換算。

歴代優勝者

ハサン2世グランプリの過去10年の優勝者を紹介します。

2017年は決勝でチョリッチが第3シードのコールシュライバーを5-7、7-6(3)、7-5のフルセットの末に破り、ツアー初優勝を飾りました。(2017年の結果はこちら

優勝者
2017ボルナ・チョリッチ
2016フェデリコ・デルボニス
2015マルティン・クリザン
2014ギリェルモ・ガルシア=ロペス
2013トミー・ロブレド
2012パブロ・アンドゥハール
2011パブロ・アンドゥハール
2010スタン・ワウリンカ
2009フアン・カルロス・フェレーロ
2008ジル・シモン

大会日程

ハサン2世グランプリは4月9日(月)からの7日間開催で、4月15日(日)に決勝が行われます。

日程ラウンド
4月9日(月)1回戦
4月10日(火)1回戦
4月11日(水)2回戦
4月12日(木)2回戦
4月13日(金)準々決勝
4月14日()準決勝
4月15日()決勝

エントリー選手

ハサン2世グランプリに出場予定のランキング上位の選手を紹介します。

<欠場者の情報>
クライノビッチ、チョリッチ、ズムル、モンフィス、デルボニスは欠場となりました。

※世界ランキングは、2018年4月2日付のランキングです。

シード選手名Rank
1アルベルト・ラモス ビノラス23位
2カイル・エドマンド26位
フィリップ・クライノビッチ27位
ボルナ・チョリッチ28位
ダミール・ズムル32位
3フィリップ・コールシュライバー34位
4リシャール・ガスケ38位
ガエル・モンフィス42位
5ロビン・ハーセ44位
6ブノワ・ペール47位
7アレクサンドル・ドルゴポロフ53位
8ミーシャ・ズベレフ55位
パオロ・ロレンツィ57位
ヤン レナード・ストルフ60位
アンドレアス・セッピ62位

上位8名にシードが与えられます。

ハサン2世グランプリは、他の多くのATP250の大会と違ってドローが32となっており、第1シードから第4シードの選手も1回戦から登場となります。(2017年までドローは28でした。)

ドロー表

ドロー表(PDF)は、『 2018年ハサン2世グランプリのドロー表 』をご覧ください。

放送予定

放送予定はありません。(2017年はDAZNで配信がありましたが、今年は配信予定にありませんでした。)

最後に

クレーコートシーズン開幕週となりますが、翌週にマスターズ1000のモンテカルロ大会が開催されるため、トップ選手の多くはこの週は休みとなっています。

ただ、例年、アメリカ勢のトップ選手はヒューストンで開催される全米男子クレーコート選手権に出場し、モンテカルロの方をスキップすることが多いです。

今シーズンのここまで若手の活躍が目立っていますが、クレーコートで躍進する若手が出てくるかにも注目していきたいです。

コメント