ATPランキング試算(2018年4月・モンテカルロ後)


2018年4月15日から4月22日(2018年第16週)にモンテカルロ(モナコ)で開催されるマスターズ1000「ロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モンテカルロ・マスターズ)」。

今回はランキング上位30名+αのモンテカルロ・マスターズ後の4月23日付のランキング試算を見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018年4月23日付のランキング試算

はじめに、4月23日付のランキングについて、2017年のモンテカルロ・マスターズでのポイントが4月23日に失効日を迎えますが、他のマスターズの大会と違ってポイントが強制加算でないため(ATP500の大会と同じ扱い)、選手によってポイントの計算が変わってきます。

※今回は単純に前年の大会とポイントが入れかわる形ではないので、この後の説明が分かりにくいかもしれません。

2017年モンテカルロ・マスターズの振り返り

まずはトップ30+αの2017年のモンテカルロ・マスターズの結果を簡単に振り返ります。

決勝で第4シードのナダルが第15シードのラモスビノラスを6-1、6-3のストレートで破って優勝。

2017年モンテカルロ・マスターズの決勝の結果はこちら

ゴファンとプイユがベスト4。

当時世界ランキング1位だったマレーは3回戦で敗退、同2位のジョコビッチは準々決勝で敗退となりました。

順位選手名4月16日
point
2017年
モンテカルロ
1ナダル8,770優勝
2フェデラー8,670
3チリッチ4,985ベスト8
4A.ズベレフ4,9253回戦
5ディミトロフ4,6352回戦
6デルポトロ4,470
7ティエム3,6653回戦
8アンダーソン3,390
9イズナー3,125
10ゴファン3,110ベスト4
11プイユ2,410ベスト4
12カレーニョ ブスタ2,3953回戦
13ジョコビッチ2,310ベスト8
14クエリー2,220
15シュワルツマン2,220ベスト8
16バウティスタ アグート2,1752回戦
17ソック2,155
18ベルディヒ2,1403回戦
19チョン1,897
20フォニーニ1,8401回戦
21ワウリンカ1,7853回戦
22ラオニッチ1,765
23エドマンド1,7572回戦
24ラモス ビノラス1,745準優勝
25キリオス1,720
26マナリノ1,6553回戦
27クライノビッチ1,616
28ミュラー1,4652回戦
29マレー1,4503回戦
30F.ロペス1,4202回戦
省略
36錦織 圭1,280

トップ30+αの基礎ポイント

トップ30+αの基礎ポイントを見ていきます。

順位選手名4月16日
point
失効
point
繰り上げ
point
基礎
point
1ナダル8,7701,00007,770
2フェデラー8,670008,670
3チリッチ4,985180454,850
4A.ズベレフ4,92590*04,925
5ディミトロフ4,63545*04,635
6デルポトロ4,470004,470
7ティエム3,66590453,620
8アンダーソン3,390003,390
9イズナー3,125003,125
10ゴファン3,110360452,795
11プイユ2,4103601502,200
12カレーニョ ブスタ2,3959002,305
13ジョコビッチ2,31018002,130
14クエリー2,220002,220
15シュワルツマン2,220180902,130
16バウティスタ アグート2,17545*02,175
17ソック2,155002,155
18ベルディヒ2,1409002,050
19チョン1,897001,897
20フォニーニ1,84010*01,840
21ワウリンカ1,7859001,695
22ラオニッチ1,765001,765
23エドマンド1,75745201,732
24ラモス ビノラス1,745600201,165
25キリオス1,720001,720
26マナリノ1,655115451,585
27クライノビッチ1,616001,616
28ミュラー1,46545201,440
29マレー1,4509001,360
30F.ロペス1,42045*01,420
31ズムル1,41526*01,415
32フェレール1,405001,405
省略
36錦織 圭1,280001,280

<表の補足>

  • 4月16日ポイント
  • 2018年4月16日付のATPランキングのポイント。

  • 失効ポイント
  • 2018年4月23日に失効日を迎える2017年のモンテカルロ・マスターズのポイント。

    「*」が付いている失効ポイントについて、ランキング対象の18大会に含まれないため、失効後に全体のポイントに影響はありません。

  • 基礎ポイント
  • 2017年にモンテカルロ・マスターズに出場し、ランキング対象の18大会にモンテカルロ・マスターズのポイントが含まれていた場合、現時点で対象外となっている大会の中で最も高いポイントが繰り上がって加算されます。

    「基礎ポイント」=「4月16日ポイント」-「失効ポイント」+「繰り上げポイント」

    また、2017年にモンテカルロ・マスターズに不参加および大会に出場はしたものの獲得ポイントが低くランキング対象の18大会に含まれていない場合、基礎ポイントは4月16日ポイントのままとなります。

    「基礎ポイント」=「4月16日ポイント」

暫定ランキング

「基礎ポイント」順にランキングを並び替えます。

暫定
順位
選手名基礎
point
min2018
モンテカルロ
1フェデラー8,670不参加
2ナダル7,7700
3A.ズベレフ4,92590
4チリッチ4,85045
5ディミトロフ4,63545
6デルポトロ4,470不参加
7ティエム3,62045
8アンダーソン3,390不参加
9イズナー3,125不参加
10ゴファン2,79545
11カレーニョ ブスタ2,305棄権
12クエリー2,220不参加
13プイユ2,200150
14バウティスタ アグート2,17590
15ソック2,155不参加
16ジョコビッチ2,1300
17シュワルツマン2,13090
18ベルディヒ2,0500
19チョン1,897不参加
20フォニーニ1,84045
21ラオニッチ1,76520
22エドマンド1,73220
23キリオス1,720不参加
24ワウリンカ1,695不参加
25クライノビッチ1,616棄権
26マナリノ1,58545
27ミュラー1,44020
28F.ロペス1,42045
29ズムル1,41545
30フェレール1,405不参加
省略
35錦織 圭1,28045

<表の補足>

  • min
  • ランキングの対象となっている18大会の中で一番ポイントの低い大会(グランドスラムとマスターズを除く)。

2018年のモンテカルロ・マスターズで獲得したポイントがこのminポイントを上回った場合、下記計算のポイントが次回発表される4月23日付のATPランキングのポイントとなります。

「4月23日ポイント」=「基礎ポイント」+「獲得ポイント」-「minポイント」

また、獲得ポイントがminポイントを下回った場合は、基礎ポイントがそのまま4月23日付のATPランキングのポイントとなります。

「4月23日ポイント」=「基礎ポイント」

モンテカルロ・マスターズ 獲得ポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝1,000
準優勝600
準決勝360
準々決勝180
3回戦90
2回戦45
1回戦10

<欠場者情報>
フェデラー、デルポトロ、アンダーソン、イズナー、クエリー、ソック、チョン、キリオス、ワウリンカ、フェレール、マレーは不参加となっています。

また、すでに大会が始まっていますが、出場予定だったカレーニョブスタとクライノビッチは怪我で棄権となりました。

1位争い

ナダルは優勝すれば1位を維持。

ナダルが準優勝以下だった場合、フェデラーの1位が確定します。

3~6位争い

フェデラーがクレーコートシーズンを全休することが決まっているため、全仏オープンの第2シードから第4シードの3枠をA.ズベレフ、チリッチ、ディミトロフ、デルポトロの4人で争うことになると予想されます。

4人の今後の動向が注目されますが、全仏オープン前までの失効ポイントを見ると、A.ズベレフは5月のマスターズ2連戦のマドリードで180ポイント、ローマで1000ポイントの失効ポイントがあるので、この4人の中でA.ズベレフが一番厳しい立場となっています。

その他

ジョコビッチは調子が戻ってくればすぐにトップ10復帰となりそうではありますが、今回ティエムとナダルのいる山に入り、この厳しいドローの中でどういう結果を残してくれるのか注目です。

また、暫定35位の錦織はランキングでは厳しい位置になってきていますが、今は怪我なく試合勘を取り戻して行ってくれればなと思います。

この記事の前にすでに錦織の1回戦の試合が終わっており、ベルディヒに勝利していいスタートを切ったものの右手首に痛みが出たようで、心配な状況となっています。

2018年モンテカルロ・マスターズの結果

2018年モンテカルロ・マスターズの1回戦から決勝までの結果です。

結果の記事では各ラウンド終了時の暫定ランキング(ポイント)も紹介する予定です。

コメント