【2018年】ABNアムロ世界テニス・トーナメントの大会情報、ドロー表、放送予定(ATP500)


2018年2月12日から18日(2018年第7週)にロッテルダム(オランダ)で開催されるATP500「ABNアムロ世界テニス・トーナメント」の大会概要、歴代優勝者、大会日程、エントリー選手、ドロー表、放送予定を見ていきます。

同じ週にATP250「ニューヨーク・オープン」(錦織選手が出場予定)とATP250「アルゼンチン・オープン」も開催されます。

スポンサーリンク

ABNアムロ世界テニス・トーナメント (ATP500)

ABNアムロ世界テニス・トーナメントは、ロッテルダム(オランダ)で開催されるATP500シリーズの大会です。

タイトルスポンサーは、オランダに本店を置く銀行グループのABNアムロ銀行。

大会概要

大会名 ABNアムロ世界テニス・トーナメント
(ABN Amro World Tennis Tournament)
カテゴリ ATP500
開催期間 2018年 2月12日 ~ 2月18日
開催地 オランダ/ロッテルダム
サーフェス 室内ハードコート
ドロー 32(シングルス)
賞金総額 €1,862,925(約2億5,480万円)
日本との時差 -8時間

ABNアムロ世界テニス・トーナメントでの獲得ポイントと賞金を紹介します。

ラウンド 獲得ポイント 賞金
優勝 500 €401,580(約5,490万円)
準優勝 300 €196,875(約2,690万円)
準決勝 180 €99,065(約1,360万円)
準々決勝 90 €50,380(約690万円)
2回戦 45 €26,165(約360万円)
1回戦 0 €13,800(約190万円)

※賞金(日本円)について、2018年2月5日時点での1ユーロ136.78円で換算。

歴代優勝者

過去10年の優勝者を紹介します。

2017年は第6シードで出場したツォンガ選手が、決勝で第3シードのゴファン選手をフルセットの末に破り、優勝を飾りました。(2017年の結果はこちら

優勝者
2017 ジョーウィルフリード・ツォンガ
2016 マルティン・クリザン
2015 スタン・ワウリンカ
2014 トマーシュ・ベルディヒ
2013 フアン・マルティン・デルポトロ
2012 ロジャー・フェデラー
2011 ロビン・セーデリング
2010 ロビン・セーデリング
2009 アンディー・マレー
2008 ミカエル・ロドラ

大会日程

2月10日(土)と2月11日(日)に予選が行われます。

本戦は2月12日(月)から始まり、2月18日(日)に決勝が行われます。

日程 ラウンド
2月12日(月) 1回戦
2月13日(火) 1回戦
2月14日(水) 1回戦・2回戦
2月15日(木) 2回戦
2月16日(金) 準々決勝
2月17日() 準決勝
2月18日() 決勝

エントリー選手

ABNアムロ世界テニス・トーナメントに出場予定のランキング上位の選手と、各選手の2017年の同大会での結果を紹介します。

フェデラー選手がワイルドカードで出場することが急きょ決定。

そして、トップ10からはディミトロフ選手、A.ズベレフ選手、ゴファン選手も出場予定。

杉田祐一選手も出場予定。

<欠場者の情報>
キリオス選手(肘の怪我)、バウティスタアグート選手は欠場となりました。

※世界ランキングは、2018年2月5日付のランキングです。

選手名 Rank 2017年
ロジャー・フェデラー 2位
グリゴール・ディミトロフ 4位 ベスト8
アレクサンダー・ズベレフ 5位 1回戦
ダビド・ゴファン 7位 準優勝
ニック・キリオス 14位
スタン・ワウリンカ 15位
トマーシュ・ベルディヒ 16位 ベスト4
リュカ・プイユ 17位 1回戦
ジョーウィルフリード・ツォンガ 19位 優勝
ロベルト・バウティスタ アグート 23位
ジレ・ミュラー 28位 2回戦
ダミール・ズムル 30位
リシャール・ガスケ 33位 2回戦
フィリップ・コールシュライバー 35位 2回戦
アンドレイ・ルブレフ 36位 予選1回戦
フェリシアーノ・ロペス 37位 1回戦
フィリップ・クライノビッチ 38位
ダビド・フェレール 39位
杉田 祐一 41位
ロビン・ハーセ 42位 2回戦
ブノワ・ペール 44位 1回戦
カレン・ハチャノフ 49位 1回戦
ミーシャ・ズベレフ 53位 1回戦
ヤンレナード・ストルフ 58位 予選2回戦

上位8人にシードが与えられます。

ドロー表

ドロー表(PDF)は、『 2018年ABNアムロ世界テニス・トーナメントのドロー表 』をご覧ください。

第1シードから第8シードまでのドローは下記のようになりました。

<トップハーフ>
[1] フェデラー vs ワウリンカ [5]
[3] A.ズベレフ vs ミュラー [9]

<ボトムハーフ>
[4] ゴファン vs ベルディヒ [6]
[2] ディミトロフ vs プイユ [7]

杉田選手の1回戦の対戦相手は第2シードのディミトロフ選手に決まり、かなり厳しいドローとなりました。

<withdraws>
第8シードのツォンガ選手がハムストリングの怪我でwithdraw。
ミュラー選手が第9シードとして第8シードの枠に移り、ラッキールーザーでアンドレアス・セッピ選手が出場となりました。

ペール選手が背中の怪我でwithdrawとなり、ラッキールーザーでニコラ・マユ選手が出場となりました。

ABNアムロ世界テニス・トーナメントの結果

ABNアムロ世界テニス・トーナメントの1回戦から決勝までの結果は、『 2018年ABNアムロ世界テニス・トーナメントの結果(ATP500)』の記事をご覧ください。

【2018年】ABNアムロ世界テニス・トーナメントの結果(ATP500)
2018年2月12日から18日(2018年第7週)にロッテルダム(オランダ)で開催されるATP500「ABNアムロ世界テニス・トーナメント」の1回戦から決勝までの結果、放送予定を見ていきます。

放送予定

スポナビライブ、GAORA、BS朝日での放送が予定されています。

※スポナビライブについて、2月1日に2018年シーズンのテニス配信はないとお知らせが出ていましたが、急きょATP500ロッテルダムを配信することが決まりました。

Sports navi LIVE(スポナビライブ)

スポナビライブでのLive配信について、1回戦から準々決勝まで無料、準決勝と決勝は会員限定となります。

日程 ラウンド 配信時間
2月12日(月) 1回戦 (Day)  20:30~
1回戦 (Night) 27:30~
2月13日(火) 1回戦 (Day)  19:00~
1回戦 (Night) 27:30~
2月14日(水) 1回戦・2回戦 (Day)  19:00~
1回戦・2回戦 (Night) 27:30~
2月15日(木) 2回戦 (Day)  19:00~
2回戦 (Night) 27:30~
2月16日(金) 準々決勝 1&2 (Day)  20:30~
準々決勝 3&4 (Night) 27:30~
2月17日() 準決勝 1 (Day)  23:00~
準決勝 2 (Night) 27:30~
2月18日() 決勝 23:30~

・Day:デイセッション
・Night:ナイトセッション

※スポナビライブは2018年5月31日をもってサービス終了となります(新規申し込みの受付は2月13日で終了)。

GAORA

GAORAでは、1回戦から決勝までを生中継で放送予定。

日程 ラウンド 放送時間
2月12日(月) 1回戦 27:30~8:30
2月13日(火) 1回戦 (Day)  19:00~26:00
1回戦 (Night) 27:30~8:30
2月14日(水) 1回戦・2回戦 (Day)  19:00~26:00
1回戦・2回戦 (Night) 27:30~8:30
2月15日(木) 2回戦 (Day)  19:00~26:00
2回戦 (Night) 27:30~8:30
2月16日(金) 準々決勝 1&2 (Day)  20:30~25:30
準々決勝 3&4 (Night) 27:30~8:30
2月17日() 準決勝 1 (Day)  22:58~26:00
準決勝 2 (Night) 27:28~6:30
2月18日() 決勝 23:20~27:00

・Day:デイセッション
・Night:ナイトセッション

BS朝日

BS朝日では、決勝を録画で放送予定。

日程 ラウンド 放送時間
2月18日() 決勝 25:00~27:00
2月20日(火) ハイライト 23:00~24:00

最後に

2018年シーズン最初のATP500シリーズの大会ですが、エントリーの段階ではいいメンバーが揃いそうです。

ただ、ディミトロフ選手が地元開催のソフィア・オープン(1週前)を怪我で欠場し、代わりに急きょソフィア・オープンに出場となったワウリンカ選手は膝の状態、ベルディヒ選手も全豪オープンの疲れが取れず南フランス・オープン(1週前)を欠場するなど、トップ選手たちのコンディションが心配されます。

2017年シーズンのような怪我で離脱者が続出する流れが続かないことを祈るのみです。

<追記>
フェデラー選手が急きょロッテルダムに参戦が決まりましたが、疲労を考えて2月末のドバイの大会に出場するかどうかという感じだったので、まさかここで参戦してくるとは思いもしませんでした。

そして、フェデラー選手はこの大会で準決勝に進出すると2012年11月4日以来となるランキング1位に返り咲くことになり、豪華なメンバーが揃う今大会はドローから注目を集めそうです。