【2018年】ABNアムロ世界テニス・トーナメントの結果(ATP500)


2018年2月12日から18日(2018年第7週)にロッテルダム(オランダ)で開催されるATP500「ABNアムロ世界テニス・トーナメント」の1回戦から決勝までの結果、放送予定を見ていきます。

トップ10からはフェデラー選手、ディミトロフ選手、A.ズベレフ選手、ゴファン選手が出場。

スポンサーリンク

2018年 ABNアムロ世界テニス・トーナメントの結果

ATP500「ABNアムロ世界テニス・トーナメント」の結果について、試合結果が分かり次第、適宜更新していきます。

※()内の世界ランキングは、2018年2月12日付のランキングです。

1回戦

トップハーフ

第8シードのツォンガ選手がハムストリングの怪我でwithdraw。
ミュラー選手が第9シードとして第8シードの枠に移り、ラッキールーザーでアンドレアス・セッピ選手が出場となりました。

[1] ロジャー・フェデラー (2位) 2 6 6
ルベン・ビーママンズ (116位) 0 1 2
フィリップ・コールシュライバー (36位) 2 3 77 77
カレン・ハチャノフ (48位) 1 6 61 65
ロビン・ハーセ (42位) 2 6 6
ティエモ・デ バッカー (352位) 0 2 2
タロン・グリークスプア (259位) 2 4 6 6
[5] スタン・ワウリンカ (13位) 1 6 3 2
[3] アレクサンダー・ズベレフ (4位) 2 6 6
ダビド・フェレール (39位) 0 4 3
ジョアン・ソウザ (68位) 1 4 6 2
アンドレアス・セッピ (81位) 2 6 1 6
リシャール・ガスケ (33位) 棄権 1
ピエール ユーグ・エルベール (80位) 3
ダニール・メドベデフ (57位) 2 6 711
[9] ジレ・ミュラー (28位) 0 4 69

第5シードのワウリンカ選手、第9シードのミュラー選手は初戦敗退となりました。

ボトムハーフ

ブノワ・ペール選手が背中の怪我でwithdrawとなり、ラッキールーザーでニコラ・マユ選手が出場となりました。

[6] トマーシュ・ベルディヒ (17位) 2 7 6
ミーシャ・ズベレフ (53位) 0 5 3
ヤン レナード・ストルフ (56位) 1 6 65 2
ビクトル・トロイツキ (67位) 2 1 77 6
マルティン・クリザン (150位) 0 3 64
フェリシアーノ・ロペス (37位) 2 6 77
ニコラ・マユ (101位) 0 1 3
[4] ダビド・ゴファン (7位) 2 6 6
[7] リュカ・プイユ (16位) 0 5 4
アンドレイ・ルブレフ (34位) 2 7 6
ダミール・ズムル (29位) 2 6 6
マリウス・コピル (74位) 0 4 4
フェリックス・オーガー アリアシム (168位) 1 2 6 5
フィリップ・クライノビッチ (38位) 2 6 3 7
杉田 祐一 (41位) 0 4 65
[2] グリゴール・ディミトロフ (5位) 2 6 77

前週の南フランス・オープンで優勝を飾った第7シードのプイユ選手は、連戦の疲れが出たのか初戦敗退となりました。

杉田選手は第2シードのディミトロフ選手に敗れ、初戦敗退となりました。

第2セットでは杉田選手が優位に試合を進めてサービングフォーザセットを迎えますが、土壇場でディミトロフ選手がブレークバックに成功。

タイブレークに持ち込まれ、最後はディミトロフ選手に押し切られてしまいました。

この試合、杉田選手はストロークの安定感が抜群(アンフォーストエラー12本)で、集中力を切らさず最後まで質の高いプレーを見せていただけに、第2セットを取りきれなかったのが悔やまれる結果となりました。

2回戦

トップハーフ
[1] ロジャー・フェデラー (2位) 2 710 7
フィリップ・コールシュライバー (36位) 0 68 5
ロビン・ハーセ (42位) 2 6 6
タロン・グリークスプア (259位) 0 4 0
[3] アレクサンダー・ズベレフ (4位) 0 4 3
アンドレアス・セッピ (81位) 2 6 6
ピエール ユーグ・エルベール (80位) 1 6 62 4
ダニール・メドベデフ (57位) 2 3 77 6

第3シードのA.ズベレフ選手はラッキールーザーで出場のセッピ選手にストレートで敗れ、2回戦で敗退となりました。

準決勝でフェデラー選手とA.ズベレフ選手の対戦を期待していましたが、まさかのA.ズベレフ選手の敗戦でした。

ボトムハーフ
[6] トマーシュ・ベルディヒ (17位) 2 6 6
ビクトル・トロイツキ (67位) 0 1 2
フェリシアーノ・ロペス (37位) 0 1 3
[4] ダビド・ゴファン (7位) 2 6 6
アンドレイ・ルブレフ (34位) 2 6 77
ダミール・ズムル (29位) 0 4 64
フィリップ・クライノビッチ (38位) 0 64 5
[2] グリゴール・ディミトロフ (5位) 2 77 7

準々決勝

トップハーフ
[1] ロジャー・フェデラー (2位) 2 4 6 6
ロビン・ハーセ (42位) 1 6 1 1
アンドレアス・セッピ (81位) 2 77 4 6
ダニール・メドベデフ (57位) 1 64 6 3

第1シードのフェデラー選手がハーセ選手を4-6、6-1、6-1のフルセットの末に破り、準決勝進出を決めました。

そして、2月19日付の世界ランキングでフェデラー選手が2012年11月4日以来、5年106日ぶりに世界ランキング1位に返り咲くことが決定しました。

ボトムハーフ
[6] トマーシュ・ベルディヒ (17位) 棄権
[4] ダビド・ゴファン (7位)
アンドレイ・ルブレフ (34位) 0 3 4
[2] グリゴール・ディミトロフ (5位) 2 6 6

第6シードのベルディヒ選手が病気のため準々決勝を棄権し、第4シードのゴファン選手が準決勝に進出となりました。

準決勝

[1] ロジャー・フェデラー (2位) 2 6 77
アンドレアス・セッピ (81位) 0 3 63
[4] ダビド・ゴファン (7位) 棄権 3 1
[2] グリゴール・ディミトロフ (5位) 6 0

第1シードのフェデラー選手がセッピ選手を6-3、7-6(3)のストレートで破り、決勝に進出。

第4シードのゴファン選手が第2セット途中で棄権をし、第2シードのディミトロフ選手が決勝に進出。

第2セット途中、ゴファン選手がボレーをした際にボールがフレームに当って角度が変わって、ゴファン選手の左目に直撃するアクシデントが起きます。

その後、医務室に向かいましたが、ゴファン選手は試合を続行できず棄権することとなりました。

決勝

過去の対戦成績は、フェデラー選手の6勝、ディミトロフ選手の0勝。

[1] ロジャー・フェデラー (2位) 2 6 6
[2] グリゴール・ディミトロフ (5位) 0 2 2
試合時間:55分

第1シードのロジャー・フェデラー選手(36歳・スイス)が第2シードのグリゴール・ディミトロフ選手(26歳・ブルガリア)を6-2、6-2のストレートで破り、ABNアムロ世界テニス・トーナメント6年ぶり3回目の優勝を飾りました。

フェデラー選手は世界ランキング1位に返り咲くためにワイルドカードをもらっての出場となりましたが、圧倒的な強さを見せての優勝でした。

フェデラー選手は2018年シーズン2回目の優勝で、ツアー通算97回目の優勝となりました。

決勝のハイライト動画

2018年 ABNアムロ世界テニス・トーナメント 決勝「フェデラー vs ディミトロフ」のハイライト動画です。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

ディミトロフ選手はフェデラー選手の早い攻めにもしっかりと対応し、ミスもなくキレのあるショットでウィナーを決めるなど、すばらしい立ち上がりを見せます。

第5ゲーム、ディミトロフ選手のプレーが少し落ちて、ディミトロフ選手にミスが続いたところをフェデラー選手が見逃さず、ブレークに成功。

第7ゲーム、フェデラー選手の見事なウィナー、ディミトロフ選手のダブルフォルトとミスがあり、フェデラー選手がブレークに成功。

フェデラー選手が第8ゲームをしっかりとキープして、第1セットを先取。

第2セット

第1ゲーム、ディミトロフ選手が30-0とポイントを先行しますがミスを連発し、デュース後にフェデラー選手がブレークに成功。

このゲームでディミトロフ選手が足を気にするしぐさを見せていて、どこか違和感があるのかサーブとストロークの威力が落ちていました。

第3ゲーム、ディミトロフ選手にミスもありウィナーもありという展開で、フェデラー選手にブレークポイントを握られるピンチもありましたが、ディミトロフ選手が何とかキープ。

第5ゲーム、フェデラー選手のリターンエース2本、ブレークポイントでのディミトロフ選手のダブルフォルトがあり、フェデラー選手がブレークに成功。

この後はフェデラー選手がしっかりとキープを続けて勝利。

この試合、フェデラー選手はブレークポイントを1本も与えることなく完勝の内容でした。

立ち上がりのディミトロフ選手のレベルの高いプレーを見たときはもしかしたらという感じでしたが、怪我を抱えていたのかディミトロフ選手のプレーが落ちてからは一方的な展開になってしまいました。

ドロー表(結果)

放送予定

スポナビライブ、GAORA、BS朝日での放送が予定されています。

※スポナビライブについて、2月1日に2018年シーズンのテニス配信はないとお知らせが出ていましたが、急きょATP500ロッテルダムを配信することが決まりました。

Sports navi LIVE(スポナビライブ)

スポナビライブでのLive配信について、1回戦から準々決勝まで無料、準決勝と決勝は会員限定となります。

日程 ラウンド 配信時間
2月12日(月) 1回戦 (Day)  20:30~
1回戦 (Night) 27:30~
2月13日(火) 1回戦 (Day)  19:00~
1回戦 (Night) 27:30~
2月14日(水) 1回戦・2回戦 (Day)  19:00~
1回戦・2回戦 (Night) 27:30~
2月15日(木) 2回戦 (Day)  19:00~
2回戦 (Night) 27:30~
2月16日(金) 準々決勝 1&2 (Day)  20:30~
準々決勝 3&4 (Night) 27:30~
2月17日() 準決勝 1 (Day)  23:00~
準決勝 2 (Night) 27:30~
2月18日() 決勝 23:30~

・Day:デイセッション
・Night:ナイトセッション

※スポナビライブは2018年5月31日をもってサービス終了となります(新規申し込みの受付は2月13日で終了)。

GAORA

GAORAでは、1回戦から決勝までを生中継で放送予定。

日程 ラウンド 放送時間
2月12日(月) 1回戦 27:30~8:30
2月13日(火) 1回戦 (Day)  19:00~26:00
1回戦 (Night) 27:30~8:30
2月14日(水) 1回戦・2回戦 (Day)  19:00~26:00
1回戦・2回戦 (Night) 27:30~8:30
2月15日(木) 2回戦 (Day)  19:00~26:00
2回戦 (Night) 27:30~8:30
2月16日(金) 準々決勝 1&2 (Day)  20:30~25:30
準々決勝 3&4 (Night) 27:30~8:30
2月17日() 準決勝 1 (Day)  22:58~26:00
準決勝 2 (Night) 27:28~6:30
2月18日() 決勝 23:20~27:00

・Day:デイセッション
・Night:ナイトセッション

BS朝日

BS朝日では、決勝を録画で放送予定。

日程 ラウンド 放送時間
2月18日() 決勝 25:00~27:00
2月20日(火) ハイライト 23:00~24:00