【2018年】モンペリエ、ソフィア、キトの大会情報(ATP250)


2018年2月第2週(2018年第6週)に開催されるATP250の3大会「南フランス・オープン(モンペリエ)」、「ソフィア・オープン(ソフィア)」、「エクアドル・オープン(キト)」の大会概要、歴代優勝者、大会日程、エントリー選手、ドロー表、放送予定を見ていきます。

はじめに、各大会でのランキング上位および日本人選手の出場予定を簡単に紹介しておきます。

  • 南フランス・オープン
  • ゴファン選手、プイユ選手、ツォンガ選手、ズルム選手、ガスケ選手、杉田選手

  • ソフィア・オープン
  • ワウリンカ選手、マナリノ選手、ミュラー選手

  • エクアドル・オープン
  • カレーニョブスタ選手、ラモスビノラス選手、モンフィス選手

スポンサーリンク
スポンサーリンク

南フランス・オープン(ATP250)

南フランス・オープンは、2010年からフランスのモンペリエで開催されているATP250の大会です。

大会概要

大会名南フランス・オープン(Open Sud de France)
カテゴリATP250
開催期間2018年 2月5日 ~ 2月11日
開催地フランス/モンペリエ
会場モンペリエ・アリーナ
サーフェス室内ハードコート
ドロー28(シングルス)
賞金総額€501,345(約6,860万円)
日本との時差-8時間

南フランス・オープンでの獲得ポイントと賞金を紹介します。

ラウンド獲得ポイント賞金
優勝250€89,435(約1,220万円)
準優勝150€47,105(約650万円)
準決勝90€25,515(約350万円)
準々決勝45€14,535(約200万円)
2回戦20€8,565(約120万円)
1回戦0€5,075(約70万円)

※賞金(日本円)について、2018年2月2日時点での1ユーロ136.86円で換算。

歴代優勝者

南フランス・オープンの過去の優勝者を紹介します。

毎年、地元フランス勢の活躍が目立っていますが、その中でもガスケ選手は2013年から5年連続で決勝に進出をしています。

優勝者
2017アレクサンダー・ズベレフ
2016リシャール・ガスケ
2015リシャール・ガスケ
2014ガエル・モンフィス
2013リシャール・ガスケ
2012トマーシュ・ベルディヒ
2011開催なし
2010ガエル・モンフィス

大会日程

南フランス・オープンは2月5日(月)からの7日間開催で、2月11日(日)に決勝が行われます。

日程ラウンド
2月5日(月)1回戦
2月6日(火)1回戦
2月7日(水)1回戦
2月8日(木)2回戦
2月9日(金)準々決勝
2月10日()準決勝
2月11日()決勝

エントリー選手

南フランス・オープンに出場予定のランキング上位の選手を紹介します。

トップ10からはゴファン選手が出場予定で、他にも地元のフランス勢やロシアの若手らも多く出場予定となっており、見どころのある大会となりそうです。

杉田祐一選手も出場予定。

地元フランスのプイユ選手がワイルドカードで参戦。

<欠場者の情報>
出場予定だったベルディヒ選手は欠場となりました。

※世界ランキングは、2018年1月29日付のランキングです。

シード選手名Rank
1ダビド・ゴファン7位
トマーシュ・ベルディヒ16位
2リュカ・プイユ17位
3ジョーウィルフリード・ツォンガ19位
4ダミール・ズムル30位
5リシャール・ガスケ33位
6アンドレイ・ルブレフ35位
7ダビド・フェレール39位
8杉田 祐一41位
ブノワ・ペール45位
カレン・ハチャノフ49位
ミーシャ・ズベレフ53位
ダニール・メドベデフ56位

上位8名にシードが与えられ、第1シードから第4シードの選手は1回戦が免除され、2回戦からの出場となります。

ドロー表

ドロー表(PDF)は、『 2018年南フランス・オープンのドロー表 』をご覧ください。

第8シードの杉田選手の1回戦の対戦相手は、オーストラリアのジョン・ミルマン選手。

放送予定

南フランス・オープンの試合は、DAZNで準々決勝から決勝までを生中継で配信予定。

日程ラウンド配信時間
2月9日(金)準々決勝22:00~
2月10日()準決勝23:00~
2月11日()決勝22:30~

ソフィア・オープン(ATP250)

ソフィア・オープンは、2015年まで開催されていた「PBZザグレブ・インドア」に替わり、2016年から新設されたATP250の大会です。

大会概要

大会名ソフィア・オープン(DIEMA XTRA Sofia Open)
カテゴリATP250
開催期間2018年 2月5日 ~ 2月11日
開催地ブルガリア/ソフィア
サーフェス室内ハードコート
ドロー28(シングルス)
賞金総額€501,345(約6,860万円)
日本との時差-7時間

ソフィア・オープンでの獲得ポイントと賞金を紹介します。

ラウンド獲得ポイント賞金
優勝250€89,435(約1,220万円)
準優勝150€47,105(約650万円)
準決勝90€25,515(約350万円)
準々決勝45€14,535(約200万円)
2回戦20€8,565(約120万円)
1回戦0€5,075(約70万円)

※賞金(日本円)について、2018年2月2日時点での1ユーロ136.86円で換算。

歴代優勝者

ソフィア・オープンの過去の優勝者を紹介します。

2017年は地元ブルガリアのディミトロフ選手が優勝。

優勝者
2017グリゴール・ディミトロフ
2016ロベルト・バウティスタ アグート

大会日程

ソフィア・オープンは2月5日(月)からの7日間開催で、2月11日(日)に決勝が行われます。

日程ラウンド
2月5日(月)1回戦
2月6日(火)1回戦
2月7日(水)1回戦・2回戦
2月8日(木)2回戦
2月9日(金)準々決勝
2月10日()準決勝
2月11日()決勝

エントリー選手

ソフィア・オープンに出場予定のランキング上位の選手を紹介します。

地元ブルガリアのディミトロフ選手が出場予定でしたが欠場となり、ワウリンカ選手の参戦が急きょ決まりました。

<欠場者の情報>
出場予定だったディミトロフ選手、チョン選手、クライノビッチ選手は欠場となりました。

※世界ランキングは、2018年1月29日付のランキングです。

シード選手名Rank
グリゴール・ディミトロフ4位
1スタン・ワウリンカ15位
2アドリアン・マナリノ25位
3ジレ・ミュラー28位
チョン・ヒョン29位
4フィリップ・コールシュライバー36位
フィリップ・クライノビッチ38位
5ロビン・ハーセ42位
6ビクトル・トロイツキ67位
7ジョアン・ソウザ68位
8エフゲニー・ドンスコイ71位

上位8名にシードが与えられ、第1シードから第4シードの選手は1回戦が免除され、2回戦からの出場となります。

ドロー表

ドロー表(PDF)は、『 2018年ソフィア・オープンのドロー表 』をご覧ください。

放送予定

ソフィア・オープンの試合は、DAZNで1回戦から決勝までを生中継で配信予定。

日程ラウンド配信時間
2月5日(月)1回戦23:00~
2月6日(火)1回戦25:00~
2月7日(水)1回戦・2回戦25:00~
2月8日(木)2回戦19:00~
2月9日(金)準々決勝19:00~
2月10日()準決勝21:00~
2月11日()決勝21:00~

エクアドル・オープン(ATP250)

エクアドル・オープンは、2014年まで開催されていた「チリ・オープン」に替わり、2015年から新設されたATP250の大会です。

大会概要

大会名エクアドル・オープン(Ecuador Open)
カテゴリATP250
開催期間2018年 2月5日 ~ 2月11日
開催地エクアドル/キト
サーフェスクレーコート
ドロー28(シングルス)
賞金総額$501,345(約5,480万円)
日本との時差-14時間

エクアドル・オープンでの獲得ポイントと賞金を紹介します。

ラウンド獲得ポイント賞金
優勝250$89,435(約980万円)
準優勝150$47,105(約515万円)
準決勝90$25,515(約280万円)
準々決勝45$14,535(約160万円)
2回戦20$8,565(約94万円)
1回戦0$5,075(約55万円)

※賞金(日本円)について、2018年2月2日時点での1ドル109.35円で換算。

歴代優勝者

エクアドル・オープンの過去の優勝者を紹介します。

2015年に新設されてからビクトル・エストレーリャ ブルゴス選手が3連覇を達成。

ブルゴス選手は、このエクアドル・オープン以外の大会では決勝進出が1度もありませんが、この大会だけはすごいパフォーマンスを見せています。

優勝者
2017ビクトル・エストレーリャ ブルゴス
2016ビクトル・エストレーリャ ブルゴス
2015ビクトル・エストレーリャ ブルゴス

大会日程

エクアドル・オープンは2月5日(月)からの7日間開催で、2月11日(日)に決勝が行われます。

日程ラウンド
2月5日(月)1回戦
2月6日(火)1回戦
2月7日(水)1回戦・2回戦
2月8日(木)2回戦
2月9日(金)準々決勝
2月10日()準決勝
2月11日()決勝

エントリー選手

エクアドル・オープンに出場予定のランキング上位の選手を紹介します。

トップ10からはカレーニョブスタ選手が出場予定。

そして、大会4連覇を狙うブルゴス選手も出場予定です。

<欠場者の情報>
出場予定だったドルゴポロフ選手は欠場となりました。

※世界ランキングは、2018年1月29日付のランキングです。

シード選手名Rank
1パブロ・カレーニョ ブスタ10位
2アルベルト・ラモス ビノラス21位
アレクサンドル・ドルゴポロフ34位
3ガエル・モンフィス44位
4パオロ・ロレンツィ46位
5オラシオ・セバジョス66位
6ビクトル・エストレーリャ ブルゴス86位
7イボ・カルロビッチ90位
8ニコラス・ジャリ95位

上位8名にシードが与えられ、第1シードから第4シードの選手は1回戦が免除され、2回戦からの出場となります。

ドロー表

ドロー表(PDF)は、『 2018年エクアドル・オープンのドロー表 』をご覧ください。

放送予定

エクアドル・オープンの試合は、DAZNで準々決勝から決勝までを生中継で配信予定。

日程ラウンド配信時間
2月9日(金)準々決勝26:00~
2月10日()準決勝27:00~
2月11日()決勝27:00~

最後に

全豪オープン(+デビスカップ)後ということで、この週にエントリーしているトップ選手は少ないですが、3大会の中でフランス勢の出場が多い南フランス・オープンは毎年選手が揃っているかなと思います。

杉田選手が南フランス・オープンに出場予定で、デビスカップ直後のタフなスケジュールとなりますが、手強い選手が揃う中でどういう活躍を見せてくれるのか注目です。

また、ソフィア・オープンでは地元ブルガリアのディミトロフ選手の2連覇、エクアドル・オープンではブルゴス選手の4連覇達成があるかにも注目です。(追記:ディミトロフ選手は欠場となりました)

コメント