【2018年】メルセデス・カップ、リベマ・オープンの大会情報(ATP250)


2018年6月第3週(2018年第24週)に開催されるATP250の2大会「メルセデス・カップ(シュトゥットガルト)」、「リベマ・オープン(スヘルトーヘンボス)」の大会概要、歴代優勝者、大会日程、エントリー選手、ドロー表、放送予定を見ていきます。

はじめに、各大会に出場予定のランキング上位の選手および日本人選手を簡単に紹介しておきます。

  • メルセデス・カップ
  • フェデラー、プイユ、ベルディヒ、キリオス、コールシュライバー、シャポバロフ、ラオニッチ

  • リベマ・オープン
  • マナリノ、ガスケ、ミュラー、ベルダスコ、チチパス、ハーセ、杉田祐一

スポンサーリンク
スポンサーリンク

メルセデス・カップ(ATP250)

メルセデス・カップは、シュトゥットガルト(ドイツ)で開催されているATP250の大会です。

2014年まではクレーコートの大会でしたが、2015年からは芝の大会として開催されています。

大会概要

大会名 メルセデス・カップ (Mercedes Cup)
カテゴリ ATP250
開催期間 2018年 6月11日 ~ 6月17日
開催地 ドイツ/シュトゥットガルト
会場 テニスクラブ・ヴァイセンホーフ
サーフェス
ドロー 28(シングルス)
賞金総額 €656,015(約8,430万円)
日本との時差 -7時間(サマータイム中)

メルセデス・カップでの獲得ポイントと賞金を紹介します。

ラウンド 獲得ポイント 賞金
優勝 250 €117,030 (約1,500万円)
準優勝 150 €61,635 (約790万円)
準決勝 90 €33,390 (約430万円)
準々決勝 45 €19,020 (約240万円)
2回戦 20 €11,210 (約140万円)
1回戦 0 €6,640 (約85万円)

※賞金(日本円)について、2018年6月5日時点での1ユーロ128.53円で換算。

歴代優勝者

メルセデス・カップの過去10年の優勝者を紹介します。

2017年は、決勝で第4シードのリュカ・プイユがフェリシアーノ・ロペスを4-6、7-6(5)、6-4のフルセットの末に破り、優勝を飾りました。(2017年の結果はこちら

優勝者
2017 リュカ・プイユ
2016 ドミニク・ティエム
2015 ラファエル・ナダル
2014 ロベルト・バウティスタ アグート
2013 ファビオ・フォニーニ
2012 ヤンコ・ティプサレビッチ
2011 フアン・カルロス・フェレーロ
2010 アルベルト・モンタニェス
2009 ジェレミー・シャルディー
2008 フアン・マルティン・デルポトロ

大会日程

メルセデス・カップは6月11日(月)からの7日間開催で、6月17日(日)に決勝が行われます。

日付 ラウンド
6月11日(月) 1回戦
6月12日(火) 1回戦
6月13日(水) 2回戦
6月14日(木) 2回戦
6月15日(金) 準々決勝
6月16日() 準決勝
6月17日() 決勝

エントリー選手

メルセデス・カップに出場予定のランキング上位の選手を紹介します。

トップ10からはフェデラーが出場予定。

ワイルドカードでベルディヒが出場。

上位8名にシードが与えられ、第1シードから第4シードの選手は1回戦が免除され、2回戦からの出場となります。

<欠場者の情報>
チョン、モンフィス、フェレール、チェッキナートは欠場となりました。

※世界ランキングは、2018年5月28日付のランキングです。

シード 選手名 Rank
1 ロジャー・フェデラー 2位
2 リュカ・プイユ 16位
チョン・ヒョン 19位
3 トマーシュ・ベルディヒ 20位
4 ニック・キリオス 23位
5 フィリップ・コールシュライバー 24位
6 デニス・シャポバロフ 25位
7 ミロシュ・ラオニッチ 28位
8 フェリシアーノ・ロペス 33位
ガエル・モンフィス 37位
ダビド・フェレール 41位
ペーター・ゴヨブチック 43位
マートン・フチョビッチ 45位
ブノワ・ペール 51位
ジョン・ミルマン 59位
ミーシャ・ズベレフ 64位
テイラー・フリッツ 68位

ドロー表

ドロー表(PDF)は、『 2018年メルセデス・カップのドロー表 』をご覧ください。

<withdraw>
ペーター・ゴヨブチックは怪我のためwithdrawとなりました。

放送予定

メルセデス・カップの試合は、DAZNで準々決勝から決勝までを配信予定。

日付 ラウンド 配信時間
6月15日(金) 準々決勝 18:00~
6月16日() 準決勝 21:00~
6月17日() 決勝 18:00~


リベマ・オープン(ATP250)

リベマ・オープン(ロスマーレン・グラスコート選手権)は、スヘルトーヘンボス(オランダ)で開催されているATP250の大会(男女共催)です。

2016年と2017年はリコー・オープン(冠スポンサーはリコー)と呼ばれていましたが、2018年からは冠スポンサーがリベマ(オランダ最大のレジャーグループ)に代わり、大会名もリベマ・オープンに変更となりました。

大会概要

大会名 リベマ・オープン (Libema Open)
別名 ロスマーレン・グラスコート選手権
(Rosmalen Grass Court Championships)
カテゴリ ATP250
開催期間 2018年 6月11日 ~ 6月17日
開催地 オランダ/スヘルトーヘンボス
会場 オートトロン・ロスマーレン
サーフェス
ドロー 28(シングルス)
賞金総額 €612,755(約7,880万円)
日本との時差 -7時間(サマータイム中)

リベマ・オープンでの獲得ポイントと賞金を紹介します。

ラウンド 獲得ポイント 賞金
優勝 250 €109,310 (約1,400万円)
準優勝 150 €57,570 (約740万円)
準決勝 90 €31,185 (約400万円)
準々決勝 45 €17,770 (約230万円)
2回戦 20 €10,470 (約130万円)
1回戦 0 €6,200 (約80万円)

※賞金(日本円)について、2018年6月5日時点での1ユーロ128.53円で換算。

歴代優勝者

リベマ・オープンの過去10年の優勝者を紹介します。

2017年は、決勝で第4シードのジレ・ミュラーが第3シードのイボ・カルロビッチを7-6(5)、7-6(4)のストレートで破り、優勝を飾りました。(2017年の結果はこちら

優勝者
2017 ジレ・ミュラー
2016 ニコラ・マユ
2015 ニコラ・マユ
2014 ロベルト・バウティスタ アグート
2013 ニコラ・マユ
2012 ダビド・フェレール
2011 ドミトリー・トゥルスノフ
2010 セルジー・スタホフスキー
2009 ベンヤミン・ベッカー
2008 ダビド・フェレール

大会日程

リベマ・オープンは6月11日(月)からの7日間開催で、6月17日(日)に決勝が行われます。

日付 ラウンド
6月11日(月) 1回戦
6月12日(火) 1回戦
6月13日(水) 2回戦
6月14日(木) 2回戦
6月15日(金) 準々決勝
6月16日() 準決勝
6月17日() 決勝

エントリー選手

リベマ・オープンに出場予定のランキング上位の選手を紹介します。

臀部(でんぶ)の怪我でツアーを長期離脱していたマレーが出場予定

日本勢では杉田祐一が出場予定。

ワイルドカードでチチパスが出場。

上位8名にシードが与えられ、第1シードから第4シードの選手は1回戦が免除され、2回戦からの出場となります。

<欠場者の情報>
クライノビッチ、ハチャノフ、マレー、サンドグレン、ドルゴポロフ、ハリソンは欠場となりました。

※世界ランキングは、2018年5月28日付のランキングです。

シード 選手名 Rank
1 アドリアン・マナリノ 26位
フィリップ・クライノビッチ 27位
2 リシャール・ガスケ 32位
3 ジレ・ミュラー 34位
4 フェルナンド・ベルダスコ 35位
カレン・ハチャノフ 38位
5 ステファノス・チチパス 39位
6 ロビン・ハーセ 44位
アンディ・マレー 47位
7 杉田 祐一 48位
8 アンドレアス・セッピ 50位
ダニール・メドベデフ 53位
テニーズ・サンドグレン 54位
アレクサンドル・ドルゴポロフ 55位
ライアン・ハリソン 56位
アルヤズ・ベデネ 66位
ギリェルモ・ガルシア ロペス 67位

ドロー表

ドロー表(PDF)は、『 2018年リベマ・オープンのドロー表 』をご覧ください。

放送予定

リベマ・オープンの試合は、DAZNで準々決勝から決勝までを配信予定。

日付 ラウンド 配信時間
6月15日(金) 準々決勝 21:30~
6月16日() 準決勝 22:00~
6月17日() 決勝 21:30~

コメント