【2018年】オープン13、デルレイビーチ・オープンの大会情報(ATP250)


2018年2月第4週(2018年第8週)に開催されるATP250の2大会「オープン13(マルセイユ)」、「デルレイビーチ・オープン(デルレイビーチ)」の大会概要、歴代優勝者、大会日程、エントリー選手、ドロー表、放送予定を見ていきます。

同じ週にATP500「リオ・オープン」も開催されます。

はじめに、各大会でのランキング上位および日本人選手の出場予定を簡単に紹介しておきます。

  • オープン13
  • ワウリンカ、ベルディヒ、プイユ、バウティスタアグート

  • デルレイビーチ・オープン
  • ソック、デルポトロ、クエリー、ダニエル太郎

スポンサーリンク
スポンサーリンク

オープン13(ATP250)

オープン13は、1993年から毎年2月にマルセイユの地中海沿岸で開催されているATP250の大会です。

大会概要

大会名オープン13(Open 13 Marseille)
カテゴリATP250
開催期間2018年 2月19日 ~ 2月25日
開催地フランス/マルセイユ
会場Palais des Sports de Marseille
サーフェス室内ハードコート
ドロー28(シングルス)
賞金総額€645,485(約8,660万円)
日本との時差-8時間

オープン13での獲得ポイントと賞金を紹介します。

ラウンド獲得ポイント賞金
優勝250€115,150 (約1,550万円)
準優勝150€60,645 (約810万円)
準決勝90€32,850 (約440万円)
準々決勝45€18,715 (約250万円)
2回戦20€11,030 (約150万円)
1回戦0€6,535 (約90万円)

※賞金(日本円)について、2018年2月8日時点での1ユーロ134.18円で換算。

歴代優勝者

オープン13の過去10年の優勝者を紹介します。

2017年は地元フランス勢同士の決勝となり、第2シードのツォンガ選手が第4シードのプイユ選手を6-4、6-4のストレートで破り、優勝を飾りました。(2017年の結果はこちら

優勝者
2017ジョーウィルフリード・ツォンガ
2016ニック・キリオス
2015ジル・シモン
2014エルネスツ・グルビス
2013ジョーウィルフリード・ツォンガ
2012フアン マルティン・デルポトロ
2011ロビン・セーデリング
2010ミカエル・ロドラ
2009ジョーウィルフリード・ツォンガ
2008アンディ・マレー

大会日程

オープン13は2月19日(月)からの7日間開催で、2月25日(日)に決勝が行われます。

日程ラウンド
2月19日(月)1回戦
2月20日(火)1回戦
2月21日(水)1回戦・2回戦
2月22日(木)2回戦
2月23日(金)準々決勝
2月24日()準決勝
2月25日()決勝

エントリー選手

オープン13に出場予定のランキング上位の選手を紹介します。

トップ10からはゴファン選手、トップ20ではワウリンカ選手、ベルディヒ選手、プイユ選手、ツォンガ選手が出場予定。

ただ、2月に入ってから連戦が続いている選手もいるので、全員が揃わないかもしれません。

ロベルト・バウティスタ アグート選手がワイルドカードで出場となりました。

<欠場者の情報>
・ツォンガ選手、ストルフ選手は欠場となりました。
・杉田祐一選手も出場予定でしたが、欠場となりました。

※世界ランキングは、2018年2月12日付のランキングです。

シード選手名Rank
1ダビド・ゴファン7位
2スタン・ワウリンカ13位
3リュカ・プイユ16位
4トマーシュ・ベルディヒ17位
ジョーウィルフリード・ツォンガ19位
5ロベルト・バウティスタ アグート23位
6ジレ・ミュラー28位
7ダミール・ズムル29位
8フィリップ・クライノビッチ38位
杉田 祐一41位
カレン・ハチャノフ48位
ミーシャ・ズベレフ53位
ジュリアン・ベネトー55位
ヤン レナード・ストルフ56位
ジル・シモン64位

上位8名にシードが与えられ、第1シードから第4シードの選手は1回戦が免除され、2回戦からの出場となります。

ドロー表

ドロー表(PDF)は、『 2018年オープン13のドロー表』をご覧ください。

<withdraw>
第1シードで出場予定だったゴファン選手は、オープン13の前の週に開催されているATP500「ABNアムロ世界テニス・トーナメント」の準決勝でボールが左目に当たって負傷したため、withdrawとなりました。

空いた第1シードの枠に第5シードのバウティスタアグート選手が入り、第5シードの枠に第9シードとしてカレン・ハチャノフ選手が入りました。

ダニール・メドベデフ選手もwithdrawとなりました。

放送予定

オープン13の試合は、DAZNで準々決勝から決勝までを生中継で配信予定。

日程ラウンド配信時間
2月23日(金)準々決勝22:00~
2月24日()準決勝23:00~
2月25日()決勝23:00~

デルレイビーチ・オープン(ATP250)

デルレイビーチ・オープンは、1993から1998年まではアメリカのフロリダ州コーラルスプリングス、1999年からは同州デルレイビーチで開催されているATP250の大会です。

大会概要

大会名デルレイビーチ・オープン
(Delray Beach Open)
カテゴリATP250
開催期間2018年 2月19日 ~ 2月25日
開催地アメリカ/フロリダ州デルレイビーチ
会場デルレイビーチ・テニスセンター
サーフェスハードコート
ドロー32(シングルス)
賞金総額$556,010(約6,080万円)
日本との時差-14時間

デルレイビーチ・オープンでの獲得ポイントと賞金を紹介します。

ラウンド獲得ポイント賞金
優勝250$94,280 (約1,030万円)
準優勝150$49,650 (約540万円)
準決勝90$26,895 (約290万円)
準々決勝45$15,325 (約170万円)
2回戦20$9,030 (約100万円)
1回戦0$5,350 (約60万円)

※賞金(日本円)について、2018年2月8日時点での1ドル109.28円で換算。

歴代優勝者

デルレイビーチ・オープンの過去10年の優勝者を紹介します。

2017年の決勝は第1シードのラオニッチ選手が試合前に棄権をし、地元アメリカの第3シードのソック選手が優勝を飾りました。(2017年の結果はこちら

優勝者
2017ジャック・ソック
2016サム・クエリー
2015イボ・カルロビッチ
2014マリン・チリッチ
2013エルネスツ・グルビス
2012ケビン・アンダーソン
2011フアン マルティン・デルポトロ
2010エルネスツ・グルビス
2009マーディ・フィッシュ
2008錦織 圭

大会日程

デルレイビーチ・オープンは2月19日(月)からの7日間開催で、2月25日(日)に決勝が行われます。

日程ラウンド
2月19日(月)1回戦
2月20日(火)1回戦
2月21日(水)2回戦
2月22日(木)2回戦
2月23日(金)準々決勝
2月24日()準決勝
2月25日()決勝

エントリー選手

デルレイビーチ・オープンに出場予定のランキング上位の選手を紹介します。

トップ10からはソック選手、デルポトロ選手が出場予定。

イズナー選手がワイルドカードで出場することが決まり、第8シードになる予定だったラオニッチ選手がノーシードとなりました。

先ほど紹介したオープン13と同様、トップ選手が多くエントリーしており、こちらも豪華なメンバー構成となっています。

ダニエル太郎選手も出場予定。

※世界ランキングは、2018年2月12日付のランキングです。

シード選手名Rank
1ジャック・ソック8位
2フアン マルティン・デルポトロ9位
3ケビン・アンダーソン11位
4サム・クエリー12位
5ニック・キリオス15位
6ジョン・イズナー18位
7アドリアン・マナリノ25位
8チョン・ヒョン30位
ミロシュ・ラオニッチ31位
ライアン・ハリソン44位
デニス・シャポバロフ47位
スティーブ・ジョンソン49位
ジャレッド・ドナルドソン58位
ニコロズ・バシラシビリ61位

上位8名にシードが与えられます。

デルレイビーチ・オープンは、他の多くのATP250の大会と違ってドローサイズが32となっており、第1シードから第4シードの選手も1回戦から登場となります。

ドロー表

ドロー表(PDF)は、『 2018年デルレイビーチ・オープンのドロー表』をご覧ください。

ノーシードとなったラオニッチ選手は第1シードのソック選手と1回戦で対戦することが決まりました。

昨年の決勝ではラオニッチ選手が怪我で試合前に棄権してソック選手が優勝となりましたが、試合がなかった昨年の決勝のカードが今年の1回戦で行わる形となりました。

<withdraw>
第5シードで出場予定だったキリオス選手が肘の怪我によりwithdrawとなり、第9シードとしてラオニッチ選手が空いた第5シードの枠に移動となりました。

第3シードで出場予定だったアンダーソン選手、第7シードで出場予定だったマナリノ選手もwithdrawとなりました。

放送予定

デルレイビーチ・オープンの試合は、DAZNで大会3日目から決勝までを生中継で配信予定。

日程ラウンド配信時間
2月22日(木)2回戦2:30~
2月23日(金)2回戦2:30~
2月24日()準々決勝2:30~
2月25日()準決勝2:30~
2月26日(月)決勝2:30~

最後に

この週はブラジルでATP500のリオ・オープンが開催されますが、オープン13とデルレイビーチ・オープンのどちらもエントリーの段階ではATP250とは思えない良いメンバーが揃っており、目が離せない一週間となりそうです。

そして、デルレイビーチ・オープンには全豪オープンで結果を残せなかったトップ選手が多くエントリーしており、3月のマスターズ2連戦に向けて調子を上げていけるかに注目です。

コメント