【2018年】リオ・オープンの結果(ATP500)


2018年2月19日から25日(2018年第8週)にリオデジャネイロ(ブラジル)で開催されるATP500「リオ・オープン」の1回戦から決勝までの結果、放送予定を見ていきます。

トップ10からはチリッチ選手、ティエム選手が出場。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018年 リオ・オープンの結果

ATP500「リオ・オープン」の結果について、試合結果が分かり次第、適宜更新していきます。

※以下、スコアにある各選手の()内の世界ランキングは、2018年2月19日付のランキングです。

1回戦

トップハーフ

コランタン・ムテ選手が右膝の怪我でwithdrawとなり、ガスタオ・エリアス選手がラッキールーザーで出場となりました。

[1] マリン・チリッチ (3位) 2 6 6
カルロス・ベルロク (139位) 0 3 2
ガエル・モンフィス (39位) 2 7 3 7
オラシオ・セバジョス (68位) 1 5 6 5
 
イジー・ベセリー (61位) 棄権 2 2
フェデリコ・デルボニス (63位) 6 3
キャスパー・ルード (120位) 棄権 1
[6] ディエゴ・シュワルツマン (23位) 4
 
[4] アルベルト・ラモス ビノラス (19位) 2 6 3 6
ロジェリオ・ドゥトラ シルバ (86位) 1 3 6 4
ギリェルモ・ガルシア ロペス (67位) 0 3 63
ニコラス・ジャリ (94位) 2 6 77
 
ガスタオ・エリアス (114位) 2 6 5 7
ギド・ページャ (55位) 1 4 7 5
チアゴ・モンテイロ (104位) 1 77 610 3
[7] パブロ・クエバス (33位) 2 65 712 6
ボトムハーフ
[5] ファビオ・フォニーニ (21位) 2 65 7 6
トマス・ベルッシ (123位) 1 77 5 2
ロベルト・カルバレス バエナ (72位) 棄権 6 1 3
テニーズ・サンドグレン (60位) 4 6 4
 
アルヤズ・ベデネ (43位) 2 7 6
アンドレアス・ハイダー モーラー (417位) 0 5 0
マルコ・チェッキナート (102位) 0 4 1
[3] パブロ・カレーニョ ブスタ (11位) 2 6 6
 
[8] フェルナンド・ベルダスコ (40位) 2 6 3 6
レオナルド・メイヤー (49位) 1 2 6 3
ビクトル・エストレーリャ ブルゴス (138位) 0 3 3
ニコラス・キケル (86位) 2 6 6
 
パブロ・アンドゥハル (1821位) 2 7 6
ジェラルド・メルツァー (110位) 0 5 2
ドゥシャン・ラヨビッチ (84位) 0 2 5
[2] ドミニク・ティエム (6位) 2 6 7

シード選手全員が2回戦に進出を決めました。

2回戦

トップハーフ
[1] マリン・チリッチ (3位) 0 3 68
ガエル・モンフィス (39位) 2 6 710
フェデリコ・デルボニス (63位) 0 2 3
[6] ディエゴ・シュワルツマン (23位) 2 6 6
 
[4] アルベルト・ラモス ビノラス (19位) 0 5 3
ニコラス・ジャリ (94位) 2 7 6
ガスタオ・エリアス (114位) 0 5 1
[7] パブロ・クエバス (33位) 2 7 6

「チリッチ vs モンフィス」は第2セットのタイブレークで7-7となったところで雨により中断。雨が止まず、翌日に順延となりました。

試合再開後、タイブレークをモンフィス選手が取り、第1シードのチリッチ選手は2回戦で敗退となりました。

第4シードのラモスビノラス選手も2回戦敗退。

ボトムハーフ
[5] ファビオ・フォニーニ (21位) 2 4 6 78
テニーズ・サンドグレン (60位) 1 6 4 66
アルヤズ・ベデネ (43位) 2 6 5 6
[3] パブロ・カレーニョ ブスタ (11位) 1 2 7 2
 
[8] フェルナンド・ベルダスコ (40位) 2 63 6 6
ニコラス・キケル (86位) 1 77 2 0
パブロ・アンドゥハル (1821位) 棄権 2
[2] ドミニク・ティエム (6位) 4

昨年準優勝だった第3シードのカレーニョブスタ選手は好調のベデネ選手にフルセットの末に敗れ、2回戦で敗退となりました。

準々決勝

トップハーフ
ガエル・モンフィス (39位) 0 3 4
[6] ディエゴ・シュワルツマン (23位) 2 6 6
ニコラス・ジャリ (94位) 2 7 6
[7] パブロ・クエバス (33位) 0 5 3
ボトムハーフ
[5] ファビオ・フォニーニ (21位) 2 63 6 6
アルヤズ・ベデネ (43位) 1 77 3 1
[8] フェルナンド・ベルダスコ (40位) 2 6 6
[2] ドミニク・ティエム (6位) 0 4 0

第8シードのベルダスコ選手が第2シードのティエム選手を6-4、6-0のストレートで破り、準決勝に進出を決めました。

ベルダスコ選手は第1セットを取るとさらに勢いに乗り、強打が厳しいコースに決まるなど、どこに打っても入る手が付けられない状態になります。

第2セットで反撃に転じたかったティエム選手でしたが、このベルダスコ選手のゾーンに入った時間帯を耐え切れずにミスが増え、ベーグルを焼かれる結果となりました。

準決勝

[6] ディエゴ・シュワルツマン (23位) 2 7 6
ニコラス・ジャリ (94位) 0 5 2
[5] ファビオ・フォニーニ (21位) 0 1 5
[8] フェルナンド・ベルダスコ (40位) 2 6 7

第6シードのシュワルツマン選手がジャリ選手を7-5、6-2のストレートで破り、決勝に進出。

第8シードのベルダスコ選手が第5シードのフォニーニ選手を6-1、7-5のストレートで破り、決勝に進出。

決勝

過去の対戦成績は、シュワルツマン選手の1勝、ベルダスコ選手の0勝。

2018年2月25日 決勝 (リオデジャネイロ/クレー)
[6] ディエゴ・シュワルツマン (23位) 2 6 6
[8] フェルナンド・ベルダスコ (40位) 0 2 3
試合時間:1時間23分

第6シードのディエゴ・シュワルツマン選手(25歳・アルゼンチン)が第8シードのフェルナンド・ベルダスコ選手(34歳・スペイン)を6-2、6-3のストレートで破り、リオ・オープン初優勝を飾りました。

シュワルツマン選手は2016年5月1日にイスタンブール・オープンでツアー初優勝して以来となるツアー通算2回目の優勝で、ATP500シリーズ初優勝となりました。

さらにシュワルツマン選手は2月26日付の世界ランキングで自己最高(23位)を更新し、世界ランキング18位となることも決まりました。

決勝のハイライト動画

2018年 リオ・オープン 決勝「シュワルツマン vs ベルダスコ」のハイライト動画です。

Highlights: Diego Reigns In Rio 2018

ドロー表(結果)

放送予定

スポナビライブ、GAORA、BS朝日での放送が予定されています。

※スポナビライブについて、2月1日に2018年シーズンのテニス配信はないとお知らせが出ていましたが、ATP500ロッテルダムに続いてリオ・オープンも配信することが決まりました。

Sports navi LIVE(スポナビライブ)

スポナビライブでのLive配信について、1回戦から準々決勝まで無料、準決勝と決勝は会員限定となります。

日程 ラウンド 配信時間
2月20日(火) 1回戦 4:30~
2月21日(水) 1回戦 4:30~
2月22日(木) 2回戦 4:30~
2月23日(金) 2回戦 4:30~
2月24日() 準々決勝 3:00~
2月25日() 準決勝 5:00~
2月26日(月) 決勝 5:00~

※スポナビライブは2018年5月31日をもってサービス終了となります(新規申し込みの受付は2月13日に終了しています)。

GAORA

GAORAでは、1回戦から決勝までを生中継で放送予定。

日程 ラウンド 放送時間
2月20日(火) 1回戦 4:30~11:50
2月21日(水) 1回戦 4:30~11:50
2月22日(木) 2回戦 4:30~11:50
2月23日(金) 2回戦 4:30~11:50
2月24日() 準々決勝 3:00~11:00
2月25日() 準決勝 4:58~10:00
2月26日(月) 決勝 4:50~8:30

BS朝日

BS朝日では、決勝を録画で放送予定。

日程 ラウンド 放送時間
2月26日(月) 決勝 26:00~28:00
2月27日(火) ハイライト 26:00~27:00

コメント