ATPランキング試算(2018年5月・マドリード後)


2018年5月6日から5月13日にマドリード(スペイン)で開催されるマスターズ1000「ムチュア・マドリード・オープン(マドリード・オープン)」。

今回はランキング上位30名のマドリード・オープン後の5月14日付のランキング試算を見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018年5月14日付のランキング試算

はじめに、5月14日付のランキングについて、2017年のマドリード・オープンでのポイントが5月14日に失効日を迎え、2018年の同大会でのポイントと入れ替わる形になります。

ただし、昨年マスターズの大会への出場義務がなくマドリード・オープンに出場していなかった選手は、現在ランキングの対象となっている18大会のうち最も低いポイント(グランドスラム、マスターズを除く)が対象外に繰り下がり、2018年のマドリード・オープンでのポイントが加算されます。

2017年マドリード・オープンの振り返り

まずはトップ30の2017年のマドリード・オープンの結果を簡単に振り返ります。

決勝で第4シードのナダルが第8シードのティエムを7-6(8)、6-4のストレートで破って優勝。

2017年マドリード・オープンの決勝の結果はこちら

第2シードのジョコビッチとクエバスがベスト4。

順位選手名5月7日
point
2017年
マドリード
1ナダル8,770優勝
2フェデラー8,670
3A.ズベレフ5,195ベスト8
4ディミトロフ4,9503回戦
5チリッチ4,7802回戦
6デルポトロ4,470
7ティエム3,545準優勝
8アンダーソン3,345
9イズナー3,125
10ゴファン3,020ベスト8
11カレーニョ ブスタ2,2801回戦
12ジョコビッチ2,220ベスト4
13クエリー2,220
14バウティスタ アグート2,1751回戦
15ソック2,1551回戦
16シュワルツマン2,0852回戦
17ベルディヒ2,0603回戦
18プイユ1,9951回戦
19フォニーニ1,8402回戦
20錦織 圭1,835ベスト8
21チョン1,817
22エドマンド1,757
23キリオス1,7203回戦
24ラオニッチ1,7053回戦
25ワウリンカ1,6952回戦
26クライノビッチ1,616
27マナリノ1,5851回戦
28コールシュライバー1,4501回戦
29ガスケ1,430
30F.ロペス1,4203回戦

トップ30の基礎ポイント

トップ30の基礎ポイントを見ていきます。

順位選手名5月7日
point
失効
point
基礎
point
1ナダル8,7701,0007,770
2フェデラー8,67008,670
3A.ズベレフ5,1951805,015
4ディミトロフ4,950904,860
5チリッチ4,780104,770
6デルポトロ4,47004,450*
7ティエム3,5456002,945
8アンダーソン3,34503,300*
9イズナー3,12503,125
10ゴファン3,0201802,840
11カレーニョ ブスタ2,280102,270
12ジョコビッチ2,2203601,860
13クエリー2,22002,220
14バウティスタ アグート2,175102,165
15ソック2,155102,145
16シュワルツマン2,085452,040
17ベルディヒ2,060901,970
18プイユ1,995101,985
19フォニーニ1,840451,795
20錦織 圭1,8351801,655
21チョン1,81701,797*
22エドマンド1,75701,725*
23キリオス1,720901,630
24ラオニッチ1,705901,615
25ワウリンカ1,695101,685
26クライノビッチ1,61601,601*
27マナリノ1,585351,550
28コールシュライバー1,450101,440
29ガスケ1,43001,430
30F.ロペス1,420901,330
  • 5月7日ポイント
  • 2018年5月7日付のATPランキングのポイント。

  • 失効ポイント
  • 2018年5月14日に失効日を迎える2017年のマドリード・オープンのポイント。

  • 基礎ポイント
  • 「基礎ポイント」=「5月7日ポイント」-「失効ポイント」

この「基礎ポイント」に2018年のマドリード・オープンのポイントを加算すれば、次回発表される5月14日付のATPランキングと同じになります。

※デルポトロ、アンダーソン、チョン、エドマンド、クライノビッチの基礎ポイントについて、2017年にマドリード・オープンに出場していないため(出場義務なし)、現在ランキングの対象となっている18大会のうち最も低いポイント(デルポトロ:20、アンダーソン:45、チョン:20、エドマンド:32、クライノビッチ:15)が対象外に繰り下がります。

マドリード・オープン 獲得ポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝1,000
準優勝600
準決勝360
準々決勝180
3回戦90
2回戦45
1回戦10

暫定ランキング

「基礎ポイント」順にランキングを並び替えます。

暫定
順位
選手名基礎
point
1フェデラー8,670
2ナダル7,770
3A.ズベレフ5,015
4ディミトロフ4,860
5チリッチ4,770
6デルポトロ4,450
7アンダーソン3,300
8イズナー3,125
9ティエム2,945
10ゴファン2,840
11カレーニョ ブスタ2,270
12クエリー2,220
13バウティスタ アグート2,165
14ソック2,145
15シュワルツマン2,040
16プイユ1,985
17ベルディヒ1,970
18ジョコビッチ1,860
19チョン1,797
20フォニーニ1,795
21エドマンド1,725
22ワウリンカ1,685
23錦織 圭1,655
24キリオス1,630
25ラオニッチ1,615
26クライノビッチ1,601
27マナリノ1,550
28コールシュライバー1,440
29ガスケ1,430
30ルブレフ1,407

<欠場者情報>
フェデラー、チリッチ、クエリー、キリオス、ワウリンカ、クライノビッチ、ミュラー、ルブレフ、フェレール、ツォンガ、マレーは欠場。

1位争い

ナダルは優勝すれば1位を維持。

ナダルが準優勝以下だった場合、フェデラーの1位が確定します。

3~6位争い

全仏オープンでの第2シードから第4シードの3枠を争っているA.ズベレフ、ディミトロフ、チリッチ、デルポトロの4名。

A.ズベレフは次のBNLイタリア国際で1,000の失効ポイントが待っているため、まずは第2シードで出場する今大会で多くのポイントを稼いでおきたいところです。

デルポトロは約1ヶ月の休養をはさんで今大会からクレーコートシーズンを始動となりますが、今シーズンの好調さがクレーコートシーズンでも続くか注目です。

10位争い

10位のゴファンと11位以下の選手とのポイント差が大きく開いているため、今大会でトップ10メンバーの入れ替わりはないと思われます。

昨年準優勝の暫定9位のティエムは、今大会でナダル山に入る厳しいドローとなり、さらにこの後のBNLイタリア国際で360と全仏オープンで720の失効ポイントが待っているため、このマスターズ2連戦と全仏オープンの結果次第ではトップ10陥落の可能性もあります。

錦織のランキング

暫定ランキング23位の錦織は、ナダルと反対のボトムハーフに入ったものの、1回戦でいきなりジョコビッチと当たる厳しいドローを引いてしまいました。

逆にまだ本来のプレーが戻ってこないジョコビッチにとっても厳しい1回戦となり、お互いにポイントを稼ぎたい大会でどちらかが1回戦で姿を消すこととなります。

2018年ムチュア・マドリード・オープンの結果

2018年マドリード・オープンの1回戦から決勝までの結果です。

結果の記事では各ラウンド終了時の暫定ランキング(ポイント)も紹介する予定です。

コメント