ATPランキング試算(2020年1月・全豪オープン後)

2020年1月20日から2月2日(2020年第3、4週)にメルボルン(オーストラリア)で開催されるグランドスラム「全豪オープン」。

トップ30の全豪オープン後の2月3日付のランキング試算を見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2020年2月3日付のランキング試算

はじめに、2020年2月3日付のランキングについて、2019年の全豪オープンでのポイントが2020年1月27日に失効日を迎え、2020年の同大会でのポイントと入れ替わる形になります。

例外の選手については別途補足します。

2019年 全豪オープンの振り返り

まずはトップ30の2019年の全豪オープンの結果を簡単に振り返ります。

決勝で第1シードのジョコビッチが第2シードのナダルをセットカウント3-0(6-3、6-2、6-3)で破り、全豪オープン3年ぶり7回目の優勝を飾りました。

2019年全豪オープンの決勝の結果はこちら

第14シードのチチパスと第28シードのプイユがベスト4。

第8シードの錦織、第16シードのラオニッチ、第22シードのバウティスタ アグート、ティアフォがベスト8。

順位選手名1月20日
point
2019年
全豪オープン
1ナダル10,235準優勝
2ジョコビッチ9,720優勝
3フェデラー6,5904回戦
4メドベージェフ5,9604回戦
5ティーム5,8902回戦
6チチパス5,375ベスト4
7ズベレフ3,3454回戦
8ベレッティーニ2,8701回戦
9バウティスタ アグート2,630ベスト8
10モンフィス2,5652回戦
11ゴファン2,5553回戦
12フォニーニ2,3103回戦
13シャポバロフ2,2003回戦
14シュワルツマン2,1303回戦
15ワウリンカ2,0452回戦
16ルブレフ2,0041回戦
17ハチャノフ1,9953回戦
18錦織 圭1,930ベスト8
19イズナー1,8601回戦
20ディミトロフ1,7724回戦
21ペール1,7031回戦
22オジェ アリアシム1,701予選2回戦
23デミノー1,6653回戦
24プイユ1,600ベスト4
25ペラ1,5851回戦
26キリオス1,5201回戦
27ラヨビッチ1,5161回戦
28チョリッチ1,4904回戦
29バシラシビリ1,4853回戦
30カレーニョ ブスタ1,4224回戦

トップ30の基礎ポイント

トップ30の基礎ポイントを見ていきます。

順位選手名1月20日
point
失効
point
基礎
point
1ナダル10,2351,2009,035
2ジョコビッチ9,7202,0007,720
3フェデラー6,5901806,410
4メドベージェフ5,9601805,780
5ティーム5,890455,845
6チチパス5,3757204,655
7ズベレフ3,3451803,165
8ベレッティーニ2,870102,860
9バウティスタ アグート2,6303602,270
10モンフィス2,565452,520
11ゴファン2,555902,465
12フォニーニ2,310902,220
13シャポバロフ2,200902,110
14シュワルツマン2,130902,040
15ワウリンカ2,045452,000
16ルブレフ2,004101,994
17ハチャノフ1,995901,905
18錦織 圭1,9303601,570
19イズナー1,860101,850
20ディミトロフ1,7721801,592
21ペール1,703101,693
22オジェ アリアシム1,70101,656*
23デミノー1,665901,575
24プイユ1,600720880
25ペラ1,585101,575
26キリオス1,520101,510
27ラヨビッチ1,516101,506
28チョリッチ1,4901801,310
29バシラシビリ1,485901,395
30カレーニョ ブスタ1,4221801,242

・1月20日ポイント:2020年1月20日付のATPランキングのポイント

・失効ポイント:2020年1月27日に失効日を迎える2019年の全豪オープンのポイント

・基礎ポイント:「基礎ポイント」=「1月20日ポイント」-「失効ポイント」

※オジェ アリアシムの基礎ポイントについて、2019年の全豪オープンに出場していないため(予選敗退)、現在ランキングの対象となっている大会のうちグランドスラムとマスターズを除いた最低ポイントの大会(45ポイント)が対象外に繰り下がります。

基礎ポイントの計算ミス(勘違い)が見つかった時は修正します。

全豪オープンのポイント
ラウンドポイント
優勝2,000
準優勝1,200
準決勝720
準々決勝360
4回戦180
3回戦90
2回戦45
1回戦10

暫定ランキング

基礎ポイント順にランキングを並び替えます。

暫定
順位
選手名基礎
point
1ナダル9,035
2ジョコビッチ7,720
3フェデラー6,410
4ティーム5,845
5メドベージェフ5,780
6チチパス4,655
7ズベレフ3,165
8ベレッティーニ2,860
9モンフィス2,520
10ゴファン2,465
11バウティスタ アグート2,270
12フォニーニ2,220
13シャポバロフ2,110
14シュワルツマン2,040
15ワウリンカ2,000
16ルブレフ1,994
17ハチャノフ1,905
18イズナー1,850
19ペール1,693
20オジェ アリアシム1,656
21ディミトロフ1,592
22ペラ1,575
23デミノー1,575
24錦織 圭1,570
25キリオス1,510
26ラヨビッチ1,506
27バシラシビリ1,395
28フルカチ1,388
29チョリッチ1,310
30ツォンガ1,295

<欠場者情報>
ランキング上位では錦織、デミノー、プイユが欠場。

トップ10の状況を見て行きます。

1位~3位

ナダルは準決勝進出で自力での1位が確定。(ジョコビッチが優勝できなければナダルの結果に関わらずナダルの1位が確定)

1位と2位、2位と3位のポイント差がどちらも1300ポイントほどあり、2位ジョコビッチ、3位フェデラーが順位を上げるには最低でも優勝が必要な状況です。

4位~6位

ティームとメドベージェフが僅差で4位を争っている状況ですが、両選手とも準決勝以上に勝ち進めば3位に上がる可能性があります。

昨年ベスト4だったチチパスは720ポイントが失効するため、暫定ランキングで4位争いから一歩後退。

メドベージェフは昨シーズン後半にマスターズ優勝2回、全米オープン準優勝など一段上のレベルに上がった強さを見せており、今シーズンはビッグ3の対抗馬として全豪オープンでいきなりグランドスラム初優勝を果たすことも予想されます。

昨シーズン、ティームはクレーコートだけでなくハードコートでも結果を残しており、まずは全豪オープンでティームがどんなパフォーマンスを見せてくれるか注目です。(昨年は2回戦敗退)

6位チチパスも昨シーズンのATPファイナルズで初優勝を果たすなどビッグ3に対抗できる強さを見せており、今シーズンこそ世代交代の流れとなるのかこの3選手の活躍に期待です。

10位争い

昨シーズン低迷した7位のズベレフはATPカップでの内容はかなり深刻な状態だったため、全豪オープンでは早期敗退の方が心配されますが、全豪オープンで自信を取り戻すきっかけをつかんで欲しいところです。

10位付近は混戦になっており、トップ10が頻繁に入れ替わりそうな状況ですが、今シーズンは誰が飛躍を遂げてトップ10に定着するのか注目です。

錦織のランキング

錦織は暫定で24位に下がります。

今シーズン、錦織は右肘の怪我の回復が間に合わずにATPカップと全豪オープンを欠場し、2月のニューヨーク・オープンで復帰予定となっています。

今後、シードが付かずにドロー運に左右される大会も出てくるかと思いますが、東京オリンピックに向けて2018年の時のような復活劇をまた見せて欲しいなと思います。

2020年 全豪オープンの結果

2020年全豪オープンの1回戦から決勝までの結果です。

結果の記事では各ラウンド終了時の暫定ランキング(ポイント)も紹介しているので、ランキングの経過については下記の記事をご覧ください。

コメント