【2020年】全豪オープンテニスの結果(決勝)

2020年1月20日から2月2日(2020年第3、4週)にオーストラリアのメルボルンで開催されるグランドスラム「全豪オープン」の決勝のプレイヤー情報、結果とスタッツ、決勝後のランキング、放送予定を見ていきます。

決勝「ティーム vs ジョコビッチ」
ティームが勝てばグランドスラム初優勝、ジョコビッチが勝てば全豪オープン2年連続8回目の優勝となります。

男子シングルスの決勝は、日本時間2月2日(日)17時30分以降に開始予定。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

決勝のプレイヤー情報

ドミニク・ティームとノバク・ジョコビッチの「Head 2 Head」、「1回戦から準決勝までの結果」を紹介します。

Head 2 Head

過去の対戦成績は、ティームの4勝、ジョコビッチの6勝。

ハードコートでは、ティームの1勝、ジョコビッチの3勝。

直近の対戦は2019年のNitto ATPファイナルズ(室内ハードコート)のラウンドロビンで、ティームがセットカウント2-1(6-7、6-3、7-6)で勝利しています。

※2020年2月1日時点(決勝前)のデータ
ティーム ジョコビッチ
4 勝 対戦成績 6 勝
5位 (4位) 最新ランク (最高) 2位 (1位)
オーストリア 国籍 セルビア
26歳 年齢 32歳
1993年9月3日 生年月日 1987年5月22日
185cm / 79kg 身長 / 体重 188cm / 77kg
右 / 片手 利き手 / バック 右 / 両手
2011年 プロ転向 2003年
7勝 2敗 2020年成績 12勝 0敗
0回 2020年優勝回数 0回
282勝 150敗 通算成績 905勝 187敗
16回 通算優勝回数 77回

1回戦から準決勝までの結果

ドミニク・ティーム
ラウンド 対戦相手 Rank スコア
1回戦 A.マナリノ 44 6-3, 7-5, 6-2
2回戦 A.ボルト 140 6-2, 5-7, 6-7, 6-1, 6-2
3回戦 T.フリッツ [29] 34 6-2, 6-4, 6-7, 6-4
4回戦 G.モンフィス [10] 10 6-2, 6-4, 6-4
準々決勝 R.ナダル [1] 1 7-6, 7-6, 4-6, 7-6
準決勝 A.ズベレフ [7] 7 3-6, 6-4, 7-6, 7-6
ノバク・ジョコビッチ
ラウンド 対戦相手 Rank スコア
1回戦 J.シュトルフ 37 7-6, 6-2, 2-6, 6-1
2回戦 伊藤 竜馬 146 6-1, 6-4, 6-2
3回戦 西岡 良仁 71 6-3, 6-2, 6-2
4回戦 D.シュワルツマン [14] 14 6-3, 6-4, 6-4
準々決勝 M.ラオニッチ [32] 35 6-4, 6-3, 7-6
準決勝 R.フェデラー [3] 3 7-6, 6-4, 6-3

※[]内の数字はシード、Rankは2020年1月20日付の世界ランキング

2020年 全豪オープン 決勝の結果

全豪オープンの決勝の結果です。

<日程>
・1月31日(金):決勝 女子ダブルス
・2月1日(土) :決勝 女子シングルス
・2月2日(日) :決勝 男子シングルス、男子ダブルス

日本とメルボルンの時差:+2時間(日本の方が2時間遅れています)

<コート>
・RLA:Rod Laver Arena

※スコアにある各選手の()内の数字は2020年1月20日付の世界ランキング

男子シングルス
[5] D.ティーム (5) 2 4 6 6 3 4
[2] N.ジョコビッチ (2) 3 6 4 2 6 6
女子シングルス
[14] S.ケニン (15) 2 4 6 6
G.ムグルッサ (32) 1 6 2 2
男子ダブルス
[11] R.ラム
[11] J.ソールズベリー
2 6 6
M.パーセル
L.サビル
0 4 2
女子ダブルス
[1] シェイ・スーウェイ
[1] B.ストリコバ
0 2 1  
[2] T.バボス
[2] K.ムラデノビッチ
2 6 6  

以下、男子シングルスの簡単な試合の振り返り、スタッツ、ハイライト動画です。(試合後に追記します)

決勝「ティーム vs ジョコビッチ」

2/2(日) 17:30以降 開始予定 (RLA 第2試合)
[5] D.ティーム (5) 2 4 6 6 3 4
[2] N.ジョコビッチ (2) 3 6 4 2 6 6
試合時間:3時間59分

第2シードのノバク・ジョコビッチ(32歳・セルビア)が第5シードのドミニク・ティーム(26歳・オーストリア)をセットカウント3-2(6-4、4-6、2-6、6-3、6-4)で破り、全豪オープン2年連続8回目(グランドスラム17回目)の優勝を飾りました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

第1セット
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
ティーム 4
ジョコビッチ 6
○:キープ、●:ブレーク

第1ゲーム、ジョコビッチがキープ。

第2ゲーム、40-15からジョコビッチの深いリターンでのポイント、ティームのフォアハンドのミスがあり、デュースへ。

ティームがデュース1回目と2回目でのゲームポイントを決めきれず、デュース3回目でネット際の攻防でジョコビッチがポイントを取り、ジョコビッチにブレークポイントが来ます。

ラリー戦でティームにフォアハンドのミスが出て、ジョコビッチがブレークに成功

第3ゲーム、ジョコビッチがキープ。

第4ゲーム、デュースまで行きますが、デュース1回目でティームがキープ。

第5ゲーム、ジョコビッチがキープ。

第6ゲーム、40-0からティームのバックハンドのミス、ラリー戦でのジョコビッチのポイント、ジョコビッチのリターンからの連続攻撃でのポイントがあり、デュースまで行きますが、デュース2回目でティームが何とかキープ。

第7ゲーム、ジョコビッチのフォアハンドのミス、ファーストサーブでのポイント、フォアハンドのミス、ロングラリーでティームが先に攻撃を仕掛けてのフォアハンドの逆クロスへのウィナーがあり、15-40とティームにブレークポイントが来ます。

ジョコビッチにバックハンドのミスが出て、ティームがブレークバックに成功

第8ゲーム、30-15からジョコビッチのフォアハンドの逆クロスへのウィナー、リターンでのポイントがあり、30-40とジョコビッチにブレークポイントが来ますが、ティームがピンチを凌ぎ、デュース1回目でティームがキープ。

第9ゲーム、ジョコビッチがキープ。

第10ゲーム、ティームのストロークのミス3本などがあり、30-40とジョコビッチにセットポイント(ブレークポイント)が来ますが、ロングラリーでティームがポイントを取り、デュースへ。

デュース2回目、ティームにバックハンドのミスが出て、再びジョコビッチにセットポイントが来ます。

ティームにダブルフォルトが出て、ジョコビッチがブレークをして第1セットを先取

第2セット

第2セット
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
ティーム 6
ジョコビッチ 4
○:キープ、●:ブレーク

ジョコビッチのサービスで第2セット開始。

第1ゲーム、ジョコビッチがラブゲームでキープ。

第2ゲーム、ティームがラブゲームでキープ。

第3ゲーム、30-30でジョコビッチにダブルフォルトが出て、30-40とティームにブレークポイントが来ますが、ティームにバックハンドのミスが出て、デュースへ。

デュース1回目、ラリー戦でティームがポイントを取り、ティームにブレークポイントが来ますが、ジョコビッチのフォアハンドのクロスへのウィナー。

デュース2回目、ジョコビッチにフォアハンドのミスが出て、このゲーム3本目のブレークポイントがティームに来ると、ジョコビッチにダブルフォルトが出て、ティームがブレークに成功

第4ゲーム、ティームがキープ。

第5ゲーム、ジョコビッチがキープ。

第6ゲーム、30-15からロングラリーでティームのバックハンドのミス、ダブルフォルトがあり、30-40とジョコビッチにブレークポイントが来ますが、ティームがピンチを凌ぎ、デュース1回目でティームがキープ。

第7ゲーム、ジョコビッチがキープ。

第8ゲーム、ティームのフォアハンドのダウンザラインへのウィナー、バックハンドのミス、フォアハンドのミス(15-30)、ティームの見事なドロップショットのウィナー、フォアハンドの逆クロスへのウィナー(40-30)、ティームのフォアハンドのミスがあり、デュースへ。

デュース1回目、ティームにバックハンドのミスが出て、ジョコビッチにブレークポイントが来ると、再びティームにバックハンドのミスが出て、ジョコビッチがブレークバックに成功

第9ゲーム、15-0からティームのフォアハンドのダウンザラインへのウィナー、ジョコビッチのダブルフォルト、(ジョコビッチにタイムバイオレーション1回目と)ジョコビッチのドロップショットのミスがあり、15-40とティームにブレークポイントが来ます。

ジョコビッチが再びタイムバイオレーションを取られてセカンドサーブとなった後、ジョコビッチにフォアハンドのミスが出て、ティームがブレークに成功

第10ゲーム、ティームのサービングフォーザセット
ラリー戦でのティームのポイント、ティームのファーストサーブでのポイント、フォアハンドの見事なダウンザラインへのウィナーがあり、40-0とティームにセットポイントが来ます。

ジョコビッチが1本返して40-15となった後、ジョコビッチのバックハンドのミスがあり、ティームがキープをして第2セットを取ります

第3セット

第3セット
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
ティーム 6
ジョコビッチ 2
○:キープ、●:ブレーク

ジョコビッチのサービスで第3セット開始。

第1ゲーム、ジョコビッチのダブルフォルト、ロングラリーでティームのバックハンドのミス、ジョコビッチのサービスエース(30-15)、ラリー戦で先に攻撃を仕掛けたティームのボレーのウィナー、ティームのフォアハンドのダウンザラインへのショットでのポイントがあり、30-40とティームにブレークポイントが来ます。

ティームのもったいないフォアハンドのパッシングショットのミスがあり、デュースへ。

デュース1回目、ジョコビッチにフォアハンドのミスが出て、再びティームにブレークポイントが来ると、ジョコビッチにバックハンドのミスが出て、ティームがブレークに成功

第2ゲーム、ジョコビッチの連続攻撃からのボレーのウィナー、ティームのバックハンドのミス、ロングラリーでジョコビッチのドロップショットからのボレーのウィナーなどがあり、30-40とジョコビッチにブレークポイントが来ますが、ティームがピンチを凌ぎ、デュース1回目でティームがキープ。

第3ゲーム、ジョコビッチのフォアハンドのミス、ダブルフォルト、ティームのバックハンドのミス、ティームの見事なバックハンドのダウンザラインへのウィナーがあり、15-40とティームにブレークポイントが来ます。

ジョコビッチが1本凌ぎますが、ジョコビッチにフォアハンドのミスが出て、ティームがブレークに成功

第4ゲーム、15-30とジョコビッチがポイントを先行しますが、ティームがキープ。

第5ゲーム、ジョコビッチがキープ。

第6ゲーム、ティームがラブゲームでキープ。

第7ゲーム、ジョコビッチがキープ。

第8ゲーム、ティームのサービングフォーザセット
ジョコビッチにブレークポイントが1本(デュース3回目)ありましたが、デュース4回目でティームがキープをして第3セットも取ります

第4セット

第4セット
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
ティーム 3
ジョコビッチ 6
○:キープ、●:ブレーク

ジョコビッチのサービスで第4セット開始。

第1ゲーム、ジョコビッチがキープ。

第2ゲーム、ティームがキープ。

第3ゲーム、30-15からジョコビッチのフォアハンドの連続ミスがあり、30-40とティームにブレークポイントが来ますが、ジョコビッチがピンチを凌ぎ、デュース1回目でジョコビッチがキープ。

第4ゲーム、ティームがキープ。

第5ゲーム、ジョコビッチがラブゲームでキープ。

第6ゲーム、デュースまで行きますが、デュース1回目でティームがキープ。

第7ゲーム、ジョコビッチがキープ。

第8ゲーム、15-0からティームのボレーのミス、ジョコビッチのリターンでのポイント、ティームのダブルフォルトがあり、15-40とジョコビッチにブレークポイントが来ます。

ティームが1本凌ぎますが、ティームにフォアハンドのミスが出て、ジョコビッチがブレークに成功

第9ゲーム、ジョコビッチのサービングフォーザセット
ジョコビッチのボレーのウィナー、フォアハンドの逆クロスへのウィナー、ファーストサーブでのポイント、サービスエースがあり、ジョコビッチがラブゲームでキープをして第4セットを取ります

ファイナルセット

ファイナルセット
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
ティーム 4
ジョコビッチ 6
○:キープ、●:ブレーク

ティームのサービスでファイナルセット開始。

第1ゲーム、ティームがキープ。

第2ゲーム、ジョコビッチがラブゲームでキープ。

第3ゲーム、ロングラリーでティームのバックハンドのミス、ティームが先に攻撃を仕掛けてのポイント、ティームのサービスエース(30-15)、ティームのフォアハンドのミス、ロングラリーでティームのフォアハンドのミスがあり、30-40とジョコビッチにブレークポイントが来ます。

ティームにフォアハンドのミスが出て、ジョコビッチがブレークに成功

第4ゲーム、30-15からティームの連続攻撃でのポイント、ジョコビッチのバックハンドのミスがあり、30-40とティームにブレークポイントが来ますが、ラリー戦でティームにフォアハンドのミスが出て、デュースへ。

デュース1回目で再びティームにブレークポイントが来ますが、ジョコビッチがサーブアンドボレーでポイントを取ってピンチを凌ぎ、デュース2回目でジョコビッチがキープ。

第5ゲーム、ジョコビッチが一気にたたみかけようとリターンからプレッシャーをかけて来ますが、ティームも積極的に攻撃を仕掛けて踏みとどまり、デュース1回目でティームがキープ。

第6ゲーム、ジョコビッチがラブゲームでキープ。

第7ゲーム、このゲームも一進一退の攻防が続いてデュースとなり、デュース2回目でティームにバックハンドのミスが出て、ジョコビッチにブレークポイントが来ますが、ティームがファーストサーブでピンチを凌ぎます。

デュース3回目でティームが何とかキープ。

第8ゲーム、15-30とティームがポイントを先行しますが、ここからジョコビッチがサーブで主導権を握って3連続でポイントを取り、ジョコビッチがキープ。

第9ゲーム、ティームがキープ。

第10ゲーム、ジョコビッチのサービングフォーザチャンピオンシップ
先に攻撃を仕掛けたティームのフォアハンドに回り込んでのダウンザラインへのウィナー(0-15)、ジョコビッチのサービスエース、ラリー戦でのジョコビッチのポイント、ティームのバックハンドのミスがあり、40-15とジョコビッチにチャンピオンシップポイントが来ます。

ティームにフォアハンドのミスが出て、ジョコビッチがキープをして勝利

スタッツ

ティーム Match ジョコビッチ
13 サービスエース 9
5 ダブルフォルト 5
64% (108/170) ファーストサーブ確率 65% (87/134)
69% (75/108) 1st Serve Points Won 76% (66/87)
45% (28/62) 2nd Serve Points Won 51% (24/47)
42% (5/12) ブレーク / チャンス 42% (5/12)
74% (23/31) ネットポイント 83% (24/29)
55 ウィナー 46
57 アンフォーストエラー 57
61% (103/170) Service Points Won 67% (90/134)
33% (44/134) Return Points Won 39% (67/170)
48% (147/304) Total Points Won 52% (157/304)

ハイライト動画

決勝「ティーム vs ジョコビッチ」のハイライト動画です。

Dominic Thiem vs Novak Djokovic – Match Highlights | Australian Open 2020 Final

ドロー(結果)

決勝後のランキング(男子シングルス・トップ30)

全豪オープンの決勝後の男子シングルスのランキングです。

優勝を果たしたジョコビッチの2019年11月3日以来の1位返り咲きが決まりました。

順位 選手名 基礎
point
結果 獲得
point
決勝後
point
1 ジョコビッチ 7,720 優勝 2,000 9,720
2 ナダル 9,035 準々決勝 360 9,395
3 フェデラー 6,410 準決勝 720 7,130
4 ティーム 5,845 準優勝 1,200 7,045
5 メドベージェフ 5,780 4回戦 180 5,960
6 チチパス 4,655 3回戦 90 4,745
7 ズベレフ 3,165 準決勝 720 3,885
8 ベレッティーニ 2,860 2回戦 45 2,905
9 モンフィス 2,520 4回戦 180 2,700
10 ゴファン 2,465 3回戦 90 2,555
11 フォニーニ 2,220 4回戦 180 2,400
12 B アグート 2,270 3回戦 90 2,360
13 ワウリンカ 2,000 準々決勝 360 2,360
14 シュワルツマン 2,040 4回戦 180 2,220
15 ルブレフ 1,994 4回戦 180 2,174
16 シャポバロフ 2,110 1回戦 10 2,120
17 ハチャノフ 1,905 3回戦 90 1,995
18 イズナー 1,850 3回戦 90 1,940
19 ペール 1,693 2回戦 45 1,738
20 キリオス 1,510 4回戦 180 1,690
21 A アリアシム 1,656 1回戦 10 1,666
22 ペラ 1,575 3回戦 90 1,665
23 ディミトロフ 1,592 2回戦 45 1,637
24 ラヨビッチ 1,506 3回戦 90 1,596
25 デミノー 1,575 欠場 0 1,575
26 錦織 圭 1,570 欠場 0 1,570
27 バシラシビリ 1,395 2回戦 45 1,440
28 フルカチ 1,388 2回戦 45 1,433
29 C ブスタ 1,242 3回戦 90 1,332
30 チョリッチ 1,310 1回戦 10 1,320

基礎ポイントについては、『 ATPランキング試算(2020年1月・全豪オープン後)』をご覧ください。

全豪オープンのポイント
ラウンド ポイント
優勝 2,000
準優勝 1,200
準決勝 720
準々決勝 360
4回戦 180
3回戦 90
2回戦 45
1回戦 10

2020年 全豪オープン 各ラウンドの結果

決勝の放送予定

WOWOW(WOWOWメンバーズオンデマンド)、NHKでの放送が予定されています。

WOWOW

WOWOWでは、1回戦から決勝までを連日生中継で放送予定。

また、WOWOWメンバーズオンデマンドでは、「ピックアップコートチャンネル」にてテレビで未放送の試合もライブ配信されます。

月日 ラウンド 放送時間
1月31日(金) 決勝 (女子D) 13:50~
2月1日() 決勝 (車いす) 9:10~
2月1日() 決勝 (女子S/MX) 17:15~
2月2日() 決勝 (男子D) 12:50~
2月2日() 決勝 (男子S) 17:15~
S:シングルス、D:ダブルス、MX:ミックスダブルス

NHK(地上波)

NHKでは、1回戦から決勝までを深夜に録画で放送予定。

月日 ラウンド 放送時間
2月1日() 決勝 (女子) 24:05~(26:15)
2月2日() 決勝 (男子) 24:35~(26:45)
※録画放送

<放送予定の対戦カード>
・2月1日(土) 決勝「ケニン vs ムグルッサ」(録画)
・2月2日(日) 決勝「ティーム vs ジョコビッチ」(録画)

コメント