【2020年】全豪オープンテニスの大会情報、ドロー、放送予定(グランドスラム)

2020年1月20日から2月2日(2020年第3、4週)にオーストラリアのメルボルンで開催されるグランドスラム「全豪オープン」の大会概要、歴代優勝者、大会日程、出場予定選手、ドロー、放送予定を見ていきます。

また、出場予定の錦織圭の本大会での過去の成績も紹介します。(錦織は欠場となりました。)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

全豪オープンの大会情報

全豪オープンは、オーストラリアのメルボルンにあるメルボルン・パークで開催されるグランドスラム(テニス4大大会)の一つです。

大会概要

大会名全豪オープン
(Australian Open)
カテゴリグランドスラム
開催期間2020年1月20日(月) ~ 2月2日(日)
開催地オーストラリア/メルボルン
会場メルボルン・パーク
サーフェスハードコート
ドローシングルス:128、ダブルス:64
賞金総額A$71,000,000
(約53億6,760万円)
日本との時差+2時間 (サマータイム中)
日本の方が2時間遅れています。

全豪オープンのポイントと賞金を紹介します。

2020年の賞金総額は7,100万オーストラリアドルとなり、2019年から13.6%増加。(過去10年間で2倍以上増加)

シングルスのポイントと賞金
ラウンドポイント賞金
男子女子
優勝2,0002,000A$4,120,000
(約3億1,150万円)
準優勝1,2001,300A$2,065,000
(約1億5,610万円)
準決勝720780A$1,040,000
(約7,860万円)
準々決勝360430A$525,000
(約3,970万円)
4回戦180240A$300,000
(約2,270万円)
3回戦90130A$180,000
(約1,360万円)
2回戦4570A$128,000
(約970万円)
1回戦1010A$90,000
(約680万円)
ダブルスのポイントと賞金
ラウンドポイント賞金
男子女子
優勝2,0002,000A$760,000
(約5,750万円)
準優勝1,2001,300A$380,000
(約2,870万円)
準決勝720780A$200,000
(約1,510万円)
準々決勝360430A$110,000
(約830万円)
3回戦180240A$62,000
(約470万円)
2回戦90130A$38,000
(約290万円)
1回戦010A$25,000
(約190万円)
※賞金(日本円)について、2019年12月25日時点での1オーストラリアドル75.6円で換算。

歴代優勝者

全豪オープンの男子シングルスの過去10年の優勝者を紹介します。

男子シングルスの最多優勝記録は、ノバク・ジョコビッチの7回。

・ジョコビッチ:2008、2011、2012、2013、2015、2016、2019

2019年は、決勝で第1シードのノバク・ジョコビッチが第2シードのラファエル・ナダルをセットカウント3-0(6-3、6-2、6-3)で破り、全豪オープン3年ぶり7回目の優勝を飾りました。(2019年の結果はこちら

優勝者
2019ノバク・ジョコビッチ
2018ロジャー・フェデラー
2017ロジャー・フェデラー
2016ノバク・ジョコビッチ
2015ノバク・ジョコビッチ
2014スタン・ワウリンカ
2013ノバク・ジョコビッチ
2012ノバク・ジョコビッチ
2011ノバク・ジョコビッチ
2010ロジャー・フェデラー

大会日程

1月14日(火)から1月17日(金)に予選が行われます。

本戦は1月20日(月) から始まり、2月1日(土)に女子シングルスの決勝、2月2日(日)に男子シングルスの決勝が行われます。

月日男子女子
1月20日(月)1回戦1回戦
1月21日(火)1回戦1回戦
1月22日(水)2回戦2回戦
1月23日(木)2回戦2回戦
1月24日(金)3回戦3回戦
1月25日()3回戦3回戦
1月26日()4回戦4回戦
1月27日(月)4回戦4回戦
1月28日(火)準々決勝準々決勝
1月29日(水)準々決勝準々決勝
1月30日(木)準決勝準決勝
1月31日(金)準決勝決勝 (D)
2月1日()決勝 (S)
2月2日()決勝 (S,D)
※S:シングルス、D:ダブルス

<決勝のスケジュール>
・1月31日(金):女子ダブルス
・2月1日(土) :女子シングルス、ミックスダブルス
・2月2日(日) :男子ダブルス、男子シングルス

出場予定選手

全豪オープンの男子シングルス、女子シングルスに出場予定のランキング上位50+αの選手(51位以下は省略)、各選手の2019年の同大会での結果を紹介します。

<シングルスの出場枠 128>
・本戦ストレートイン (DA):104
・ワイルドカード (WC):8
・予選通過者 (Q):16
・Special Exempt (SE):0

2020年1月13日付のランキング上位32選手にシードが与えられます。

日本勢からは錦織圭、西岡良仁、内山靖崇、伊藤竜馬(ワイルドカード)、杉田祐一(繰り上がり)が出場予定。
(予選に杉田祐一、ダニエル太郎、添田豪、守屋宏紀が出場予定)

<欠場者の情報>
錦織、デミノー、プイユ、ガスケ、ジャリー、デルポトロ、ドルゴポロフは欠場となりました。

男子シングルス
シード選手名Rank2019年
1ラファエル・ナダル1位準優勝
2ノバク・ジョコビッチ2位優勝
3ロジャー・フェデラー3位4回戦
4ダニール・メドベージェフ4位4回戦
5ドミニク・ティーム5位2回戦
6ステファノス・チチパス6位ベスト4
7アレクサンダー・ズベレフ7位4回戦
8マッテオ・ベレッティーニ8位1回戦
9ロベルト・バウティスタ アグート9位ベスト8
10ガエル・モンフィス10位2回戦
11ダビド・ゴファン11位3回戦
12ファビオ・フォニーニ12位3回戦
13デニス・シャポバロフ13位3回戦
14ディエゴ・シュワルツマン14位3回戦
15スタン・ワウリンカ15位2回戦
16カレン・ハチャノフ16位3回戦
錦織 圭17位ベスト8
17アンドレイ・ルブレフ18位1回戦
18グリゴール・ディミトロフ19位4回戦
19ジョン・イズナー20位1回戦
アレックス・デミノー21位3回戦
20フェリックス・オジェ アリアシム22位予選2回戦
リュカ・プイユ23位ベスト4
21ブノワ・ペール24位1回戦
22ギド・ペラ25位1回戦
23ニック・キリオス26位1回戦
24ドゥシャン・ラヨビッチ27位1回戦
25ボルナ・チョリッチ28位4回戦
26ニコロズ・バシラシビリ29位3回戦
27パブロ・カレーニョ ブスタ30位4回戦
28ジョー ウィルフリード・ツォンガ31位2回戦
29テイラー・フリッツ32位3回戦
30ダニエル・エバンズ33位2回戦
31フベルト・フルカチ34位1回戦
32ミロシュ・ラオニッチ35位ベスト8
クリスチャン・ガリン36位1回戦
ヤン レナード・シュトルフ37位1回戦
ライリー・オペルカ38位2回戦
マリン・チリッチ39位4回戦
ラスロ・ジェレ40位1回戦
フィリップ・クライノビッチ41位3回戦
アルベルト・ラモス ビノラス42位1回戦
アドリアン・マナリノ43位1回戦
パブロ・クエバス44位2回戦
サム・クエリー45位1回戦
キャスパー・ルード46位予選1回戦
ジョン・ミルマン47位2回戦
ラドゥ・アルボット48位2回戦
フランシス・ティアフォ49位ベスト8
フェルナンド・ベルダスコ50位3回戦
リシャール・ガスケ59位
西岡 良仁71位2回戦
ヤニック・シナー79位
杉田 祐一89位予選2回戦
内山 靖崇93位予選1回戦
フアン マルティン・デルポトロ (PR)120位
ケビン・アンダーソン121位2回戦
伊藤竜馬 (WC)144位1回戦
日本勢からは大坂なおみ、土居美咲が出場予定。
(予選に日比野菜緒、奈良くるみ、日比万葉、内藤祐希、村松千裕、岡村恭香が出場予定)

日比野菜緒が予選を突破し、本戦入りを決めました。

<欠場者の情報>
アンドリースク、アザレンカ、プイグ、ペトコビッチ、ズボナレワは欠場となりました。

女子シングルス
シード選手名Rank2019年
1アシュリー・バーティ1位ベスト8
2カロリーナ・プリスコバ2位ベスト4
3大坂 なおみ3位優勝
4シモナ・ハレプ4位4回戦
5エリナ・スビトリナ5位ベスト8
ビアンカ・アンドリースク6位2回戦
6ベリンダ・ベンチッチ7位3回戦
7ペトラ・クビトバ8位準優勝
8セレナ・ウイリアムズ9位ベスト8
9キキ・ベルテンス10位2回戦
10マディソン・キーズ11位4回戦
11アーニャ・サバレンカ12位3回戦
12ジョハナ・コンタ13位2回戦
13ペトラ・マルティッチ14位3回戦
14ソフィア・ケニン15位2回戦
15マルケタ・ボンドルソバ16位2回戦
16エリース・メルテンス17位3回戦
17アンジェリック・ケルバー18位4回戦
18アリソン・リスク19位1回戦
19ドナ・ベキッチ20位2回戦
20カロリーナ・ムチョバ21位1回戦
21アマンダ・アニシモワ22位4回戦
22マリア・サカーリ23位3回戦
23デヤナ・イエストレムスカ24位3回戦
24スローン・スティーブンス25位4回戦
25エカテリーナ・アレクサンドロワ26位1回戦
26ダニエル・コリンズ27位ベスト4
27ワン・チャン28位3回戦
28アネット・コンタベイト29位2回戦
29エレナ・リバキナ30位予選1回戦
30アナスタシア・パブリウチェンコワ31位ベスト8
31アナスタシア・セバストワ32位4回戦
32バーボラ・ストリコバ33位1回戦
ガルビネ・ムグルッサ34位4回戦
カロライン・ウォズニアッキ35位3回戦
シェイ・スーウェイ36位3回戦
ユリア・プティンセバ37位2回戦
ユリア・ゲルゲス38位1回戦
クリスティーナ・ムラデノビッチ39位1回戦
ジャン・シューアイ40位3回戦
ジェン・サイサイ41位1回戦
ベロニカ・クデルメトバ42位1回戦
マグダ・リネッテ43位1回戦
レベッカ・ピーターソン44位2回戦
エレナ・オスタペンコ45位1回戦
カロリーヌ・ガルシア46位3回戦
アリソン・バン ウィトバンク47位1回戦
ポロナ・ヘルツォグ48位1回戦
ジェニファー・ブレイディ49位予選3回戦
ビクトリア・アザレンカ50位1回戦
土居 美咲80位1回戦

PR:プロテクトランキング
Rank:2020年1月13日付の世界ランキング

ドロー

ドローセレモニー:現地時間1月16日(木)18時、日本時間16時からの予定。

<全豪オープン ドロー>
・男子シングルス:大会公式サイトのドロー(PDF版はこちら
・女子シングルス:大会公式サイトのドロー(PDF版はこちら

男子シングルスの第1シードから第8シードまでのドローは次のようになりました。

<トップハーフ>
[1] ナダル – ティーム [5]
[4] メドベージェフ – ズベレフ [7]

<ボトムハーフ>
[3] フェデラー – ベレッティーニ [8]
[2] ジョコビッチ – チチパス [6]

日本勢では内山はトップハーフのナダル山、杉田はトップハーフのメドベージェフ山、西岡と伊藤はボトムハーフのジョコビッチ山に入り、1回戦で内山はミカエル・イマー(21歳・スウェーデン)、杉田はエリオット・ベンシェトリ(21歳・フランス)、西岡はラスロ・ジェレ(24歳・セルビア)、伊藤はプラジュネシュ・グネスワラン(30歳・インド)との対戦が決まりました。
女子シングルスの第1シードから第8シードまでのドローは次のようになりました。

<トップハーフ>
[1] バーティ– クビトバ [7]
[3] 大坂 – S.ウィリアムズ [8]

<ボトムハーフ>
[4] ハレプ – ベンチッチ [6]
[2] Ka.プリスコバ – スビトリナ [5]

日本勢では第3シードの大坂はトップハーフ、予選を突破した日比野はトップハーフのバーティ山、土居はボトムハーフのハレプ山に入り、1回戦で大坂はマリー・ブーズコバ(21歳・チェコ)、日比野はペン・シューアイ(34歳・中国)、土居はハリエット・ダート(23歳・イギリス)との対戦が決まりました。

男子シングルスはボトムハーフ、女子シングルスはトップハーフから先に試合が行われます。


全豪オープンの結果

2020年全豪オープンの1回戦から決勝までの結果です。

大坂なおみの全豪オープンの試合結果です。

放送予定

WOWOW(WOWOWメンバーズオンデマンド)、NHKでの放送が予定されています。

WOWOW

WOWOWでは、1回戦から決勝までを連日生中継で放送予定。(大会第1日と第2日は無料放送)

また、WOWOWメンバーズオンデマンドでは、「ピックアップコートチャンネル」にてテレビで未放送の試合もライブ配信されます。

月日ラウンド放送時間
1月20日(月)1回戦 (男女S)8:30~, 16:45~
1月21日(火)1回戦 (男女S)8:30~, 16:45~
1月22日(水)2回戦 (男女S)8:50~, 16:45~
1月23日(木)2回戦 (男女S)8:50~, 16:45~
1月24日(金)3回戦 (男女S)8:50~, 16:45~
1月25日()3回戦 (男女S)8:50~, 16:45~
1月26日()4回戦 (男女S)8:50~, 16:45~
1月27日(月)4回戦 (男女S)8:50~, 16:45~
1月28日(火)準々決勝 (男女S)8:50~, 16:45~
1月29日(水)準々決勝 (男女S)8:50~, 17:15~
1月30日(木)準決勝 (女子S)11:50~
1月30日(木)準決勝 (男子S)17:15~
1月31日(金)決勝 (女子D)13:50~
1月31日(金)準決勝 (男子S)17:15~
2月1日()決勝 (車いす)9:10~
2月1日()決勝 (女子S/MX)17:15~
2月2日()決勝 (男子D)12:50~
2月2日()決勝 (男子S)17:15~
S:シングルス、D:ダブルス、MX:ミックスダブルス

・デイセッション :29日まで8:50~
・ナイトセッション:28日まで16:45~, 29日以降17:15~

WOWOWの新規申し込みページ(詳細)はこちら

NHK(地上波)

NHKでは、1回戦から決勝までを深夜に録画で放送予定。

※2019年は深夜の録画放送(1試合+デイリーハイライト)の他に錦織圭と大坂なおみの全試合の生中継放送がありましたが、2020年も生中継の放送があれば追記します。

大坂なおみの試合を生中継で放送。(2回戦以降に勝ち進んだ場合に生中継があれば追記して行きます。)

月日ラウンド放送時間
1月20日(月)1回戦 (大坂)[生] 9:00~(11:00)
1月20日(月)1回戦 (大坂)23:50~(26:00)
1月21日(火)1回戦 (内山)23:50~(26:00)
1月22日(水)2回戦 (大坂)[生] 9:00~(11:00)
1月22日(水)2回戦 (大坂)23:50~(26:00)
1月23日(木)2回戦 (杉田)23:50~(26:00)
1月24日(金)3回戦 (大坂)[生] 16:55~(19:00)
1月24日(金)3回戦 (大坂/西岡)23:50~(26:00)
1月25日()3回戦24:05~(26:15)
1月26日()4回戦24:35~(26:45)
1月27日(月)4回戦23:50~(26:00)
1月28日(火)準々決勝23:50~(26:00)
1月29日(水)準々決勝23:54~(26:04)
1月30日(木)準決勝23:50~(26:00)
1月31日(金)準決勝23:50~(26:00)
2月1日()決勝 (女子)24:05~(26:15)
2月2日()決勝 (男子)24:35~(26:45)
※[生]は生中継、それ以外は録画放送

<放送予定の対戦カード>
・1月20日(月) 1回戦「大坂 vs ブーズコバ」(生中継、録画)
・1月21日(火) 1回戦「内山 vs イマー」(録画)
・1月22日(水) 2回戦「大坂 vs ジェン」(生中継、録画)
・1月23日(木) 2回戦「杉田 vs ルブレフ」(録画)
・1月24日(金) 3回戦「大坂 vs ガウフ」(生中継、録画)
・1月24日(金) 3回戦「西岡 vs ジョコビッチ」(録画)
・1月25日(土) 3回戦「キリオス vs ハチャノフ」(録画)
・1月26日(日) 4回戦「ガウフ vs ケニン」(録画)
・1月27日(月) 4回戦「ナダル vs キリオス」(録画)
・1月28日(火) 準々決勝「バーティ vs クビトバ」(録画)
・1月29日(水) 準々決勝「ナダル vs ティーム」(録画)
・1月30日(木) 準決勝「フェデラー vs ジョコビッチ」(録画)
・1月31日(金) 準決勝「ティーム vs ズベレフ」(録画)
・2月1日(土) 決勝「ケニン vs ムグルッサ」(録画)
・2月2日(日) 決勝「ティーム vs ジョコビッチ」(録画)

錦織の過去の成績

錦織の全豪オープンでの過去の成績を紹介します。

錦織の全豪オープンでの最高成績はベスト8。(2012、2015、2016、2019)

2012年から6年連続で4回戦または準々決勝まで勝ち上がるなど、安定して結果を残していますが、上位シード(ビッグ4)との対戦が大きな壁となっています。

2018年は右手首の怪我で欠場。

ラウンド対戦相手Rank
2019準々決勝ノバク・ジョコビッチ1
2018
20174回戦ロジャー・フェデラー17
2016準々決勝ノバク・ジョコビッチ1
2015準々決勝スタン・ワウリンカ4
20144回戦ラファエル・ナダル1
20134回戦ダビド・フェレール5
2012準々決勝アンディ・マレー4
20113回戦フェルナンド・ベルダスコ9
2010
20091回戦ユルゲン・メルツァー32
※Rank:対戦相手の当時の世界ランキング

2019年の錦織は第8シードで出場し、1回戦ではキャリア最高のパフォーマンスを発揮したマイクシャクの勢いに押されて2セットダウンと後がなくなりますが、第3セット途中からマイクシャクが痙攣でまともにプレーができなくなってファイナルセット途中で棄権。

2回戦ではビッグサーバーのカルロビッチ相手に錦織が2セットアップとリードしますが、第3セットに入るとカルロビッチがリターンゲームで思い切ったプレーをしはじめて流れが変わり、ファイナルセットまでもつれる激闘の末に錦織が勝利。

4回戦ではカレーニョ ブスタがハイレベルなプレーを続け、錦織は2セットダウンかつ第3セットで先にブレークを許すかなり厳しい状況まで追い込まれますが、錦織はあきらめずに必死にボールに食らいついて徐々に流れを変えて行きます。

ファイナルセットではどちらが勝ってもおかしくない展開の中、5時間5分の死闘の末に錦織が勝利。

準々決勝では第1シードのジョコビッチとの対戦となりましたが、錦織は疲労の蓄積でまともにプレーができる状況ではなく、試合途中に右太ももを痛めて棄権となりました。

2019年の錦織の試合結果
ラウンド対戦相手Rankスコア
準々決勝ノバク・ジョコビッチ11-6, 1-4 (RET)
4回戦パブロ・カレーニョ ブスタ236-7(8), 4-6, 7-6(4), 6-4, 7-6(8)
3回戦ジョアン・ソウザ447-6(6), 6-1, 6-2
2回戦イボ・カルロビッチ736-3, 7-6(6), 5-7, 5-7, 7-6(7)
1回戦カミル・マイクシャク1763-6, 6-7(6), 6-0, 6-2, 3-0 (RET)
※Rank:対戦相手の当時の世界ランキング

錦織は10月に右肘の手術を受け、12月初旬の会見で全豪オープンに間に合わない可能性もあるとのことで、この記事を書いた時点では全豪オープンに出場できるのかは不透明な状況です。

復帰後は試合勘を取り戻すのに時間がかかるかもしれませんが、新コーチにマックス・ミルヌイ氏を迎え入れた錦織の進化と活躍を期待して、2020年シーズンも応援して行きたいと思います。

[12/30追記]
12月29日、錦織は最高のレベルで戦うにはまだ100%の準備ができていないということで、ATPカップと全豪オープンを欠場することを発表。

コメント

  1. 酒向真美 より:

    この記事はあくまでwowow以外は仮で来年1月1日付でwowowが完全民放化になるため{今年まではwowowは約70%がcs扱い[ちなみにwowowはBSのみの有料放送です。]}地上波の放送も民放4~5局が大会期間中もちまわり放送になったようなのでNHK地上波の放送はなくなったようですが、ただwowowと民放連がNHKのBS4kとBSプレミアムを後方支援しているらしくてどうも来年からNHKBS4kでのグランドスラム全大会放送になるようなので期待したいですね。なおこの特集記事のwowow以外はNHKスポーツ局のある関係者が民放4~5局でのグランドスラム4大会の各大会期間中のもちまわりによる放送に伴うNHK地上波の放送廃止を本当は全豪からをウィンブルドンからと勘違いしてネット特集記事作成スタッフに伝えた可能性高いですね、テニスのファンの皆さん、この特集記事にあるNHK地上波の放送は来年1月から民放4~5局の4大会各期間中のもちまわり放送に変わっている可能性高いことに注意してください。また特集記事作成したスタッフは一度NHKや民放連等に確認した上で改めて訂正文出していただきますようにしてくださいね、