【2020年】全豪オープンテニスの結果(準決勝)

2020年1月20日から2月2日(2020年第3、4週)にオーストラリアのメルボルンで開催されるグランドスラム「全豪オープン」の準決勝の結果(男子シングルス・女子シングルス)、準決勝後の暫定ランキング(男子シングルス)、放送予定を見ていきます。

男子シングルスの準決勝の対戦カードは次のように決まりました。

準決勝「ティーム vs ズベレフ」
ティームが勝てば全豪オープン初(グランドスラム3回目)の決勝、ズベレフが勝てばグランドスラム初の決勝進出となります。

準決勝「フェデラー vs ジョコビッチ」
フェデラーが勝てば全豪オープン2年ぶり8回目の決勝、ジョコビッチが勝てば全豪オープン2年連続8回目の決勝進出となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2020年 全豪オープン 準決勝の結果

全豪オープンの男子シングルスと女子シングルスの準決勝の結果です。

<日程>
・1月30日(木):準決勝 男子ボトムハーフ、女子
・1月31日(金):準決勝 男子トップハーフ

日本とメルボルンの時差:+2時間(日本の方が2時間遅れています)

<コート>
・RLA:Rod Laver Arena

※スコアにある各選手の()内の数字は2020年1月20日付の世界ランキング

[5] D.ティーム (5)3367777
[7] A.ズベレフ (7)1646364
[3] R.フェデラー (3)06143
[2] N.ジョコビッチ (2)37766
[1] A.バーティ (1)0665
[14] S.ケニン (15)2787
[4] S.ハレプ (3)0685
G.ムグルッサ (32)27107

以下、男子シングルスの各試合の簡単な試合の振り返り、スタッツ、ハイライト動画です。(試合後に追記していきます)

準決勝「ティーム vs ズベレフ」

過去の対戦成績は、ティームの6勝、ズベレフの2勝。

ハードコートでは、ティームの2勝、ズベレフの1勝。

直近の対戦は2019年のNitto ATPファイナルズ(室内ハードコート)の準決勝で、ティームがセットカウント2-0(7-5、6-3)で勝利しています。

1/31(金) 17:30以降 開始予定 (RLA 第4試合)
[5] D.ティーム (5)3367777
[7] A.ズベレフ (7)1646364
試合時間:3時間42分

第5シードのドミニク・ティーム(26歳・オーストリア)が第7シードのアレクサンダー・ズベレフ(22歳・ドイツ)をセットカウント3-1(3-6、6-4、7-6、7-6)で破り、全豪オープン初(グランドスラム3回目)の決勝進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

ティームのサービスで第1セット開始。

第1ゲーム、ティームのバックハンドのミス、フォアハンドのミス、ラリー戦でのズベレフのポイントがあり、0-40とズベレフにブレークポイントが来ます。

ティームが2本凌いで30-40まで行きますが、ラリー戦でティームにバックハンドのミスが出て、ズベレフがブレークに成功

第2ゲーム、ラリー戦でのティームのポイント、ズベレフのフォアハンドのミス、ロングラリーでのティームのポイントがあり、0-40とティームにブレークポイントが来ます。

ズベレフが1本凌ぎますが、ズベレフのドロップボレーをティームが上手く処理してポイントを取り、ティームがブレークバックに成功

第4ゲーム、40-30となったところで雨が降ってきたため、屋根が閉まるまで4分ほど試合が中断。

第7ゲーム、ラリー戦でのズベレフのポイント、ティームのフォアハンドの逆クロスへのウィナー、ズベレフのフォアハンドのダウンザラインへのウィナー、ティームのダブルフォルトがあり、15-40とズベレフにブレークポイントが来ます。

ラリー戦でズベレフがポイントを取り、ズベレフがブレークに成功

第9ゲーム、40-30でティームにフォアハンドのミスが出てデュースとなり、デュース1回目でティームにフォアハンドのミスが出て、ズベレフにセットポイント(ブレークポイント)が来ます。

ティームにバックハンドのミスが出て、ズベレフがブレークをして第1セットを先取

第2セット

ズベレフのサービスで第2セット開始。

第3ゲーム、ズベレフの連続ダブルフォルト、ファーストサーブでのポイント、フォアハンドのミスがあり、15-40とティームにブレークポイントが来ます。

ズベレフが1本凌ぎますが、ズベレフにフォアハンドのミスが出て、ティームがブレークに成功

第6ゲーム、ズベレフのリターンでのポイント、ティームのファーストサーブでのポイント、ズベレフのフォアハンドのリターンエース、ティームのフォアハンドのミスがあり、15-40とズベレフにブレークポイントが来ます。

ズベレフのグラウンドスマッシュのウィナーが決まり、ズベレフがブレークバックに成功

第7ゲーム、ラリー戦でズベレフのバックハンドのミス、ティームのバックハンドのパッシングショットでのポイント、ズベレフのスマッシュのウィナー、ズベレフにとってアンラッキーなコードボールでのティームのポイントがあり、15-40とティームにブレークポイントが来ます。

ティームが先に攻撃を仕掛けてネットプレーでポイントを取り、ティームがブレークに成功

第10ゲーム、ティームのサービングフォーザセット。
ズベレフのスーパーショットやティームのミス3本などがあり、ズベレフにブレークポイントが2本(30-40、デュース1回目)ありましたが、デュース2回目でティームがキープをして第2セットを取ります

第3セット

ズベレフのサービスで第3セット開始。

第1ゲーム後に照明の不具合により、9分ほど試合が中断。

第3ゲーム、ティームのフォアハンドのクロスへのウィナー、ティームのフォアハンドのパッシングショットのウィナー、ロングラリーでのティームのポイントがあり、0-40とティームにブレークポイントが来ます。

ズベレフが2本凌いで30-40まで行きますが、ラリー戦からズベレフがネットプレーを仕掛けたところをティームがバックハンドの強烈なパッシングショットのウィナーを決め、ティームがブレークに成功

第4ゲーム、ズベレフにブレークポイントが1本(デュース1回目)ありましたが、デュース2回目でティームがキープ。

第5ゲーム、ティームにブレークポイントが1本(デュース1回目)ありましたが、デュース2回目でズベレフがキープ。

第6ゲーム、15-40のズベレフのブレークポイント2本はティームが凌ぎましたが、デュース1回目でズベレフがリターンからの連続攻撃でポイントを取り、再びズベレフにブレークポイントが来ます。

ティームにバックハンドのミスが出て、ズベレフがブレークバックに成功

第10ゲーム、ズベレフにセットポイントが2本(デュース1回目、2回目)ありましたが、デュース3回目でティームがキープ。

タイブレーク(ティーム – ズベレフ)

ズベレフのサービス
1:ティームが深いリターンからの連続攻撃でボレーのウィナーを決め、ティームがミニブレーク(1-0)

ティームのサービス
2:ティームのサービスエース(2-0)
3:ティームのファーストサーブでのポイント(3-0)

ズベレフのサービス
4:ズベレフのファーストサーブでのポイント(3-1)
5:ズベレフのサービスエース(3-2)

ティームのサービス
6:ラリー戦でのティームのポイント(4-2)
7:ティームのファーストサーブでのポイント(5-2)

ズベレフのサービス
8:ズベレフのファーストサーブでのポイント(5-3)
9:ラリー戦でティームの見事なフォアハンドのダウンザラインへのウィナーが決まり、ティームがミニブレーク(6-3:ティームのセットポイント)

ティームのサービス
10:ティームのバックハンドのクロスへのウィナーが決まり、ティームが第3セットを取ります(7-3)

第4セット

ティームのサービスで第4セット開始。

お互いブレークポイントを与えずにキープを続け、タイブレークに突入。

タイブレーク(ティーム – ズベレフ)

ティームのサービス
1:ティームのファーストサーブでのポイント(1-0)

ズベレフのサービス
2:ズベレフにダブルフォルトが出て、ティームがミニブレーク(2-0)
3:ズベレフのバックハンドのクロスへのパッシングショットがわずかにサイドアウトとなり、ティームがミニブレーク(3-0)

ティームのサービス
4:ロングラリーでティームにバックハンドのミスが出て、ズベレフがミニブレーク(3-1)
5:ティームにフォアハンドのミスが出て、ズベレフがミニブレーク(3-2)

ズベレフのサービス
6:ズベレフにスマッシュのミスが出て、ティームがミニブレーク(4-2)
7:勝負に出たズベレフのダブルファーストからのフォアハンドの逆クロスへのショットでのポイント(4-3)

ティームのサービス
8:ポイントのやり直しとなった後、ティームの強烈なフォアハンドの逆クロスへのウィナー(5-3)
9:ティームのフォアハンドの逆クロスへのウィナー(6-3:ティームのマッチポイントMP)

ズベレフのサービス
10:ズベレフのファーストサーブでのポイント(6-4:ティームMP)
11:ティームの連続攻撃からのボレーのウィナーが決まり、ティームがミニブレークをして勝利(7-4)

スタッツ

ティームMatchズベレフ
10サービスエース16
4ダブルフォルト3
67% (96/144)ファーストサーブ確率81% (103/127)
77% (74/96)1st Serve Points Won68% (70/103)
40% (19/48)2nd Serve Points Won50% (12/24)
44% (4/9)ブレーク / チャンス36% (5/14)
85% (23/27)ネットポイント71% (36/51)
43ウィナー42
40アンフォーストエラー33
65% (93/144)Service Points Won65% (82/127)
35% (45/127)Return Points Won35% (51/144)
51% (138/271)Total Points Won49% (133/271)

ハイライト動画

準決勝「ティーム vs ズベレフ」のハイライト動画です。

Dominic Thiem vs Alexander Zverev – Match Highlights (SF) | Australian Open 2020

準決勝「フェデラー vs ジョコビッチ」

過去の対戦成績は、フェデラーの23勝、ジョコビッチの26勝。

ハードコートでは、フェデラーの18勝、ジョコビッチの19勝。

直近の対戦は2019年のNitto ATPファイナルズ(室内ハードコート)のラウンドロビンで、フェデラーがセットカウント2-0(6-4、6-3)で勝利しています。

過去の対戦成績については、『 ビッグ4対決「フェデラー vs ジョコビッチ」の対戦成績は!? 』の記事で詳しく紹介しています。

1/30(木) 17:30以降 開始予定 (RLA 第4試合)
[3] R.フェデラー (3)06143
[2] N.ジョコビッチ (2)37766
試合時間:2時間18分

第2シードのノバク・ジョコビッチ(32歳・セルビア)が第3シードのロジャー・フェデラー(38歳・スイス)をセットカウント3-0(7-6、6-4、6-3)で破り、全豪オープン2年連続8回目(グランドスラム26回目)の決勝進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

フェデラーのサービスで第1セット開始。

第1ゲーム、ジョコビッチにブレークポイントが2本(15-40)ありましたが、デュース4回目でフェデラーがキープ。

第2ゲーム、ジョコビッチのバックハンドのミス、ファーストサーブでのポイント、フェデラーのバックハンドのクロスへのウィナー、ジョコビッチのフォアハンドのミスがあり、15-40とフェデラーにブレークポイントが来ます。

フェデラーの見事なバックハンドのダウンザラインへのパッシングショットのウィナーが決まり、フェデラーがブレークに成功

第3ゲーム、ジョコビッチのパッシングショットのウィナー、ラリー戦でのジョコビッチのポイントで0-30とジョコビッチがポイントを先行した後に30-30まで行きますが、フェデラーにフォアハンドのミスが出て、30-40とジョコビッチにブレークポイントが来ます。

ジョコビッチが深いリターンからのフォアハンドのクロスへの深いショットでポイントを取り、ジョコビッチがブレークバックに成功

第4ゲーム、40-15からフェデラーのバックハンドのダウンザラインへのウィナー、ジョコビッチのバックハンドのミスがあり、デュースへ。

デュース1回目と2回目に来たフェデラーのブレークポイント2本はジョコビッチが凌ぎましたが、デュース3回目でジョコビッチにフォアハンドのミスが出て、再びフェデラーにブレークポイントが来ます。

フェデラーが深いリターンでポイントを取り、フェデラーがブレークに成功

第6ゲーム、フェデラーにブレークポイントが3本(0-40)ありましたが、デュース2回目でジョコビッチがキープ。

第9ゲーム、フェデラーのサービングフォーザセット。
フェデラーのダブルフォルト、ロングラリーでのジョコビッチのポイント、フェデラーのフォアハンドのミスがあり、0-40とジョコビッチにブレークポイントが来ます。

ラリー戦でジョコビッチがポイントを取り、土壇場でジョコビッチがブレークバックに成功

第11ゲーム、ジョコビッチにブレークポイントが2本(15-40)ありましたが、デュース1回目でフェデラーがキープ。

タイブレーク(フェデラー – ジョコビッチ)

フェデラーのサービス
1:ジョコビッチがフォアハンドの鋭いリターンでポイントを取り、ジョコビッチがミニブレーク(0-1)

ジョコビッチのサービス
2:ジョコビッチのバックハンドのクロスへのウィナー(0-2)
3:ジョコビッチのバックハンドのクロスへのショットでのポイント(0-3)

フェデラーのサービス
4:フェデラーのフォアハンドの逆クロスへのウィナー(1-3)
5:ラリー戦でジョコビッチがポイントを取り、ジョコビッチがミニブレーク(1-4)

ジョコビッチのサービス
6:ジョコビッチのサービスエース(1-5)
7:ジョコビッチのドロップショット返しのウィナー(1-6:ジョコビッチのセットポイント)

フェデラーのサービス
8:ジョコビッチのバックハンドのリターンエースが決まり、ジョコビッチがミニブレークをして第1セットを先取(1-7)

第2セット

ジョコビッチのサービスで第2セット開始。

第2ゲーム、ジョコビッチにブレークポイントが2本(15-40)ありましたが、デュース1回目でフェデラーがキープ。

第6ゲーム、ジョコビッチにブレークポイントが1本(30-40)ありましたが、デュース1回目でフェデラーがキープ。

第10ゲーム、フェデラーのフォアハンドのミス、フォアハンドの逆クロスへのウィナー、ファーストサーブでのポイント(30-15)、ジョコビッチのドロップショット返しでのポイント、フェデラーのファーストサーブでのポイント(40-30)、フェデラーのバックハンドのミスがあり、デュースへ。

デュース1回目、すばらしいコートカバーリングを見せたジョコビッチがバックハンドのクロスへのパッシングショットでポイントを取り、ジョコビッチにセットポイント(ブレークポイント)が来ます。

フェデラーのドロップショットにすばやく反応したジョコビッチが見事なラケットワークでウィナーを決め、ジョコビッチがブレークをして第2セットも取ります

第3セット

ジョコビッチのサービスで第3セット開始。

序盤は、お互いブレークポイントを与えずにキープを続けます。

第6ゲーム、40-15からジョコビッチのバックハンドのダウンザラインへの深いショットからのバックハンドのウィナー、フェデラーのバックハンドのミスがあり、デュースへ。

デュース1回目、ラリー戦でジョコビッチがバックハンドのダウンザラインへの深いショットでポイントを取り、ジョコビッチにブレークポイントが来ます。

ラリー戦で主導権を握ったジョコビッチのフォアハンドの逆クロスへのウィナーが決まり、ジョコビッチがブレークに成功

第7ゲーム、後がなくなったフェデラーがリスクを負って果敢に攻め、0-30とフェデラーがポイントを先行しますが、ジョコビッチが4連続でポイントを取ってキープ。

第9ゲーム、ジョコビッチのサービングフォーザマッチ。
ジョコビッチの連続サービスエース、ラリー戦でのフェデラーのポイント、フェデラーの見事なフォアハンドのクロスへのウィナー(30-30)、ジョコビッチのフォアハンドの逆クロスへのウィナーがあり、40-30とジョコビッチにマッチポイントが来ます。

フェデラーのバックハンドのショットがネットにかかり、ジョコビッチがキープをして勝利

スタッツ

フェデラーMatchジョコビッチ
15サービスエース11
3ダブルフォルト1
65% (68/104)ファーストサーブ確率73% (74/102)
66% (45/68)1st Serve Points Won73% (54/74)
42% (15/36)2nd Serve Points Won54% (15/28)
29% (2/7)ブレーク / チャンス36% (4/11)
67% (20/30)ネットポイント92% (11/12)
46ウィナー31
35アンフォーストエラー18
58% (60/104)Service Points Won68% (69/102)
32% (33/102)Return Points Won42% (44/104)
45% (93/206)Total Points Won55% (113/206)

ハイライト動画

準決勝「フェデラー vs ジョコビッチ」のハイライト動画です。

Roger Federer vs Novak Djokovic – Match Highlights (SF) | Australian Open 2020

準決勝後の暫定ランキング(男子シングルス・トップ30)

全豪オープンの準決勝終了時点での男子シングルスの暫定ランキングです。

暫定
順位
選手名基礎
point
roundresult獲得
point
SF後
point
1ナダル9,035準々決勝×3609,395
2ジョコビッチ7,720準決勝1,2008,920
3フェデラー6,410準決勝×7207,130
4ティーム5,845準決勝1,2007,045
5メドベージェフ5,7804回戦×1805,960
6チチパス4,6553回戦×904,745
7ズベレフ3,165準決勝×7203,885
8ベレッティーニ2,8602回戦×452,905
9モンフィス2,5204回戦×1802,700
10ゴファン2,4653回戦×902,555
11フォニーニ2,2204回戦×1802,400
12B アグート2,2703回戦×902,360
13ワウリンカ2,000準々決勝×3602,360
14シュワルツマン2,0404回戦×1802,220
15ルブレフ1,9944回戦×1802,174
16シャポバロフ2,1101回戦×102,120
17ハチャノフ1,9053回戦×901,995
18イズナー1,8503回戦×901,940
19ペール1,6932回戦×451,738
20キリオス1,5104回戦×1801,690
21A アリアシム1,6561回戦×101,666
22ペラ1,5753回戦×901,665
23ディミトロフ1,5922回戦×451,637
24ラヨビッチ1,5063回戦×901,596
25デミノー1,575欠場01,575
26錦織 圭1,570欠場01,570
27バシラシビリ1,3952回戦×451,440
28フルカチ1,3882回戦×451,433
29C ブスタ1,2423回戦×901,332
30チョリッチ1,3101回戦×101,320

基礎ポイントについては、『 ATPランキング試算(2020年1月・全豪オープン後)』をご覧ください。

全豪オープンのポイント
ラウンドポイント
優勝2,000
準優勝1,200
準決勝720
準々決勝360
4回戦180
3回戦90
2回戦45
1回戦10

ドロー(ベスト32・結果)

2020年 全豪オープン 各ラウンドの結果

準決勝の放送予定

WOWOW(WOWOWメンバーズオンデマンド)、NHKでの放送が予定されています。

WOWOW

WOWOWでは、1回戦から決勝までを連日生中継で放送予定。

また、WOWOWメンバーズオンデマンドでは、「ピックアップコートチャンネル」にてテレビで未放送の試合もライブ配信されます。

月日ラウンド放送時間
1月30日(木)準決勝 (女子S)11:50~
1月30日(木)準決勝 (男子S)17:15~
1月31日(金)決勝 (女子D)13:50~
1月31日(金)準決勝 (男子S)17:15~
S:シングルス、D:ダブルス

NHK(地上波)

NHKでは、1回戦から決勝までを深夜に録画で放送予定。

月日ラウンド放送時間
1月30日(木)準決勝23:50~(26:00)
1月31日(金)準決勝23:50~(26:00)
※録画放送

<放送予定の対戦カード>
・1月30日(木) 準決勝「フェデラー vs ジョコビッチ」(録画)
・1月31日(金) 準決勝「ティーム vs ズベレフ」(録画)

コメント