【2019年】全豪オープンテニスの結果(決勝)


2019年1月14日から1月27日(2019年第3、4週)にメルボルン(オーストラリア)で開催されるグランドスラム「全豪オープン」の決勝のプレイヤー情報、結果とスタッツ、決勝後のランキング、放送予定を見ていきます。

決勝「ジョコビッチ vs ナダル」
ジョコビッチが勝てば全豪オープン3年ぶり7回目(グランドスラム15回目)の優勝、ナダルが勝てば全豪オープン10年ぶり2回目(グランドスラム18回目)の優勝となります。

男子シングルスの決勝は、日本時間の1月27日(日)17時30分に開始予定。

女子シングルスの決勝の結果については、『 大坂 vs クビトバ 』の記事をご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

決勝のプレイヤー情報

ノバク・ジョコビッチとラファエル・ナダルの「Head 2 Head」、「1回戦から準決勝までの結果」を紹介します。

Head 2 Head

過去の対戦成績は、ジョコビッチの27勝、ナダルの25勝。

ハードコートではジョコビッチの18勝、ナダルの7勝。

直近の対戦は2018年のウィンブルドン(芝)の準決勝で、ジョコビッチがセットカウント3-2(6-4、3-6、7-6、3-6、10-8)で勝利しています。

ジョコビッチとナダルの過去の対戦成績については、『 ビッグ4対決「ナダル vs ジョコビッチ」の対戦成績は!? 』で詳しく紹介しています。

※2019年1月26日時点(決勝前)のデータ

ジョコビッチナダル
27 勝対戦成績25 勝
1位 (1位)最新ランク (最高)2位 (1位)
セルビア国籍スペイン
31歳年齢32歳
1987年5月22日生年月日1986年6月3日
188cm / 77kg身長 / 体重185cm / 85kg
右 / 両手利き手 / バック左 / 両手
2003年プロ転向2001年
9勝1敗2019年成績6勝0敗
0回2019年優勝回数0回
845勝176敗通算成績924勝189敗
72回通算優勝回数80回

1回戦から準決勝までの結果

ノバク・ジョコビッチ
Round対戦相手スコア
1回戦クルーガー (230)6-3, 6-2, 6-2
2回戦ツォンガ (177)6-3, 7-5, 6-4
3回戦[25] シャポバロフ (27)6-3, 6-4, 4-6, 6-0
4回戦[15] メドベージェフ (19)6-4, 6-7(5), 6-2, 6-3
準々決勝[8] 錦織 圭 (9)6-1, 4-1(棄権)
準決勝[28] プイユ (31)6-0, 6-2, 6-2
ラファエル・ナダル
Round対戦相手スコア
1回戦ダックワース (237)6-4, 6-3, 7-5
2回戦エブデン (48)6-3, 6-2, 6-2
3回戦[27] デミノー (29)6-1, 6-2, 6-4
4回戦ベルディヒ (57)6-0, 6-1, 7-6(4)
準々決勝ティアフォ (39)6-3, 6-4, 6-2
準決勝[14] チチパス (15)6-2, 6-4, 6-0

※[]内の数字はシード、()内の数字は2019年1月14日付の世界ランキングです。

2019年 全豪オープン 決勝の結果

全豪オープン決勝の結果です。

<日程>
・1月25日(金):決勝 女子ダブルス
・1月26日(土):決勝 女子シングルス
・1月27日(日):決勝 男子シングルス、男子ダブルス

<コート>
・Rod Laver Arena

男子シングルス
[1] ノバク・ジョコビッチ (1)3666
[2] ラファエル・ナダル (2)0323
男子ダブルス
[12] H.コンティネン / J.ピアース0461
[5] P.エルベール / N.マユ2677
女子シングルス
[4] 大坂 なおみ (4)27756
[8] ペトラ・クビトバ (6)16274
女子ダブルス
S.ストーサー / ジャン・シューアイ266
[2] T.バボス / K.ムラデノビッチ034

女子シングルスの決勝の結果については、『 大坂 vs クビトバ 』の記事をご覧ください。

以下、男子シングルス決勝の簡単な試合の振り返り、スタッツ、ハイライト動画です。(試合後に追記します)

決勝「ジョコビッチ vs ナダル」

[1] ノバク・ジョコビッチ (1)3666
[2] ラファエル・ナダル (2)0323
試合時間:2時間4分

第1シードのノバク・ジョコビッチ(31歳・セルビア)が第2シードのラファエル・ナダル(32歳・スペイン)をセットカウント3-0(6-3、6-2、6-3)で破り、全豪オープン3年ぶり7回目の優勝を飾りました。

ジョコビッチは2018年のウィンブルドン、全米オープンに続くグランドスラム3大会連続優勝で、歴代単独3位となるグランドスラム15回目の優勝、ツアー通算73回目の優勝となりました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

第1セット
123456789101112
ジョコビッチ6
ナダル3
○:キープ、●:ブレーク

ジョコビッチのサービスで試合開始。

第1ゲーム、ジョコビッチのフォアハンドのダウンザラインへのウィナーやサービスエースなどがあり、ジョコビッチがラブゲームでキープ

第2ゲーム、ジョコビッチのフォアハンドのダウンザラインへのショットでのポイント、ラリー戦でのジョコビッチのバックハンドのクロスへのウィナー(0-30)、ナダルのフォアハンドのクロスへのウィナー、ラリー戦でのナダルのバックハンドのミスがあり、15-40とジョコビッチにブレークポイントが来ます。

ナダルにフォアハンドのミスが出て、ジョコビッチがブレークに成功

第3ゲーム、ジョコビッチのサービスエースなどがあり、ジョコビッチがラブゲームでキープ

第4ゲーム、30-40とジョコビッチにブレークポイントが来ますが、ナダルがピンチを凌ぎ、デュース1回目でナダルがキープ

第5ゲーム、ジョコビッチのサービスエース2本やバックハンドのクロスへのウィナーなどがあり、ジョコビッチがラブゲームでキープ

第6ゲーム、30-30まで行きますが、ナダルがキープ

第7ゲームジョコビッチがラブゲームでキープ

第8ゲーム、ラリー戦でのナダルのバックハンドのクロスへのウィナーやフォアハンドの逆クロスへのウィナーなどがあり、ナダルがラブゲームでキープ

第9ゲーム、ジョコビッチのサービングフォーザセット
ラリー戦でのジョコビッチのフォアハンドのミス、ナダルのフォアハンドのミス、ラリー戦でのジョコビッチのバックハンドのダウンザラインへのウィナー、ロングラリーでのナダルのバックハンドのミスがあり、40-15とジョコビッチにセットポイントが来ます。

ナダルにフォアハンドのミスが出て、ジョコビッチが第1セットを先取

ジョコビッチは立ち上がりから完璧なプレーを見せ、サービスゲームで失ったポイントはわずか1ポイントだけでした。

ジョコビッチ第1セットナダル
4サービスエース0
0ダブルフォルト0
71% (15/21)ファーストサーブ確率61% (14/23)
100% (15/15)1st Serve Points Won57% (8/14)
83% (5/6)2nd Serve Points Won67% (6/9)
50% (1/2)ブレーク / チャンス0% (0/0)
75% (3/4)Net Points won60% (3/5)
39% (9/23)Receiving points won5% (1/21)
12Winners6
3Unforced Errors11
66% (29/44)Total Points Won34% (15/44)

第2セット

第2セット
123456789101112
ジョコビッチ6
ナダル2
○:キープ、●:ブレーク

ナダルのサービスで第2セット開始。

第1ゲーム、30-30まで行きますが、ナダルがキープ

第2ゲーム、ジョコビッチのサービスエースなどがあり、ジョコビッチがラブゲームでキープ

第3ゲーム、15-30とジョコビッチがポイントを先行しますが、ナダルのフォアハンドのダウンザラインへのウィナー、クロスへのウィナー、ファーストサーブでのポイントがあり、ナダルがキープ

第4ゲームジョコビッチがキープ

第5ゲーム、ナダルのバックハンドのミスとフォアハンドのミス(0-30)、サービスエース、ナダルのバックハンドのミスがあり、15-40とジョコビッチにブレークポイントが来ます。

ラリー戦からジョコビッチがドロップショットを打ち、その後のネット際の攻防でジョコビッチがポイントを取り、ジョコビッチがブレークに成功

第6ゲーム、デュースまで行き、デュース1回目のジョコビッチのアドバンテージでナダルのスーパーショット(コートの外から入れてくるフォアハンドのダウンザラインへのウィナー)がありましたが、次のポイントでラリー戦でナダルにフォアハンドのミスが出ます(ジョコビッチ吠える)。

ナダルは突破口を開くことができず、デュース2回目でジョコビッチがキープ

第7ゲーム、15-0からナダルのダブルフォルト、ラリー戦でのジョコビッチのフォアハンドの逆クロスへのウィナー、ラリー戦でのジョコビッチの見事なフォアハンドのダウンザラインへのウィナーがあり、15-40とジョコビッチにブレークポイントが来ます。

ジョコビッチがバックハンドのダウンザラインへの深いショットでポイントを取り、ジョコビッチがブレークに成功

第8ゲーム、ジョコビッチのサービングフォーザセット
ジョコビッチのフォアハンドのダウンザラインへのウィナー、連続サービスエースがあり、40-0とジョコビッチにセットポイントが来ます。

ジョコビッチのサービスエースが決まり、ジョコビッチがラブゲームでキープをして第2セットも取ります

第1セットに続いて第2セットでもジョコビッチが完璧なプレーを見せ、アンフォーストエラーはわずか1本でした。(ウィナーは11本)

ジョコビッチ第2セットナダル
4サービスエース1
0ダブルフォルト1
70% (16/23)ファーストサーブ確率68% (15/22)
75% (12/16)1st Serve Points Won40% (6/15)
86% (6/7)2nd Serve Points Won57% (4/7)
100% (2/2)ブレーク / チャンス0% (0/0)
100% (6/6)Net Points won25% (1/4)
50% (11/22)Receiving points won22% (5/23)
11Winners8
1Unforced Errors9
67% (30/45)Total Points Won33% (15/45)

第3セット

第3セット
123456789101112
ジョコビッチ6
ナダル3
○:キープ、●:ブレーク

ナダルのサービスで第3セット開始。

第1ゲーム、30-30まで行きますが、ナダルがキープ

第2ゲームジョコビッチがラブゲームでキープ

第3ゲーム、15-0からジョコビッチのフォアハンドの逆クロスへのリターンエース、ナダルのダブルフォルト、ラリー戦でのナダルのフォアハンドのミスがあり、15-40とジョコビッチにブレークポイントが来ます。

ナダルがロングラリーで打ち勝って1本凌ぎますが、ジョコビッチが左右へのストロークの展開からドロップショットでポイントを取り、ジョコビッチがブレークに成功

第4ゲーム、ジョコビッチのフォアハンドの逆クロスへのウィナーとフォアハンドに回り込んでのダウンザラインへのウィナー、ラリー戦でのジョコビッチのバックハンドのクロスへのウィナーなどがあり、ジョコビッチがキープ

第5ゲーム、ナダルのフォアハンドのダウンザラインへのウィナー、サービスエース、ボレーのウィナーなどがあり、ナダルがキープ

第6ゲーム、ナダルのドロップショットのミス、ジョコビッチのバックハンドのミスとバックハンドのクロスへのショットでのポイント(30-15)、ジョコビッチのバックハンドのミスとフォアハンドのミスがあり、30-40とナダルにブレークポイントが来ます。

ラリー戦でナダルにバックハンドのミスが出てデュースとなり、デュース1回目でジョコビッチがキープ

第7ゲーム、ナダルのサービスエースなどがあり、ナダルがキープ

第8ゲーム、デュースまで行きますが、デュース1回目でジョコビッチがキープ

第9ゲーム、15-0からジョコビッチのフォアハンドの逆クロスへのウィナー、バックハンドのダウンザラインへの深いショットでのポイント、フォアハンドのダウンザラインへのウィナーがあり、15-40とジョコビッチにチャンピオンシップポイント(ブレークポイント)が来ます

ナダルが1本凌ぎますが、ナダルにバックハンドのミスが出て、ジョコビッチがブレークをして勝利

ジョコビッチ第3セットナダル
0サービスエース2
0ダブルフォルト1
76% (19/25)ファーストサーブ確率64% (18/28)
68% (13/19)1st Serve Points Won56% (10/18)
83% (5/6)2nd Serve Points Won60% (6/10)
50% (2/4)ブレーク / チャンス0% (0/1)
88% (7/8)Net Points won60% (3/5)
39% (11/28)Receiving points won28% (7/25)
11Winners7
5Unforced Errors8
57% (30/53)Total Points Won43% (23/53)

スタッツ

決勝までの両選手のプレー内容から決勝はどちらが勝つか分からない接戦の展開になるかなと思っていましたが、第1セットの立ち上がりからジョコビッチが完璧なプレーを続け、ナダルがどうポイントを取って行くかビジョンが見えないくらいジョコビッチの強さが際立つ結果となりました。

ジョコビッチMatchナダル
8サービスエース3
0ダブルフォルト2
72% (50/69)ファーストサーブ確率64% (47/73)
80% (40/50)1st Serve Points Won51% (24/47)
84% (16/19)2nd Serve Points Won62% (16/26)
63% (5/8)ブレーク / チャンス0% (0/1)
89% (16/18)Net Points won50% (7/14)
42% (31/73)Receiving points won19% (13/69)
34Winners21
9Unforced Errors28
63% (89/142)Total Points Won37% (53/142)

ハイライト動画

決勝「ジョコビッチ vs ナダル」のハイライト動画です。

Novak Djokovic vs Rafael Nadal | Australian Open 2019 Final Highlights

ドロー表(結果)

決勝後のランキング(トップ30)

全豪オープンの決勝後のランキングです。

順位選手名基礎
point
round獲得
point
決勝後
point
1ジョコビッチ8,955優勝2,00010,955
2ナダル7,120準優勝1,2008,320
3A.ズベレフ6,2954回戦1806,475
4デルポトロ5,060欠場05,060
5アンダーソン4,8002回戦454,845
6フェデラー4,4204回戦1804,600
7錦織 圭3,750準々決勝3604,110
8ティーム3,9152回戦453,960
9イズナー3,1451回戦103,155
10チリッチ2,9604回戦1803,140
11ハチャノフ2,7903回戦902,880
12チチパス2,085準決勝7202,805
13チョリッチ2,4254回戦1802,605
14ラオニッチ1,890準々決勝3602,250
15フォニーニ2,1353回戦902,225
16メドベージェフ1,8204回戦1802,000
17プイユ1,235準決勝7201,955
18B アグート1,595準々決勝3601,955
19チェッキナート1,8601回戦101,870
20シュワルツマン1,7453回戦901,835
21ゴファン1,7403回戦901,830
22バシラシビリ1,7303回戦901,820
23C ブスタ1,5254回戦1801,705
24ディミトロフ1,4304回戦1801,610
25シャポバロフ1,3953回戦901,485
26ベルダスコ1,3653回戦901,455
27ガスケ1,445欠場01,445
28デミノー1,3533回戦901,443
29エドマンド1,4301回戦101,440
30ティアフォ1,070準々決勝3601,430

基礎ポイントについては、『 ATPランキング試算(2019年1月・全豪オープン後)』をご覧ください。

全豪オープン 獲得ポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝2,000
準優勝1,200
準決勝720
準々決勝360
4回戦180
3回戦90
2回戦45
1回戦10

決勝の放送予定

WOWOW(WOWOWメンバーズオンデマンド)、NHKでの放送・配信が予定されています。

WOWOW

WOWOWでは、1回戦から決勝までを連日生中継で放送予定。

また、WOWOWメンバーズオンデマンドでは、「ピックアップコートチャンネル」にてテレビで未放送の試合もライブ配信されます。

日付ラウンド開始時間
1月26日()決勝 (車いす)10:10~
1月26日()決勝 (女子S/MX)17:15~
1月27日()決勝 (男子D)12:50~
1月27日()決勝 (男子S)17:15~

・S:シングルス、D:ダブルス、MX:ミックスダブルス
・ナイトセッション:17:15~

NHK(地上波)

NHKでは、1回戦から決勝までを深夜に録画で放送予定。(1試合+デイリーハイライト)

女子シングルスの決勝を生中継で放送予定。

日付ラウンド放送時間
1月26日()決勝 (女子)[生] 17:30~(19:30)
1月26日()決勝 (女子)24:05~(26:15)
1月27日()決勝 (男子)24:40~(26:50)

<放送予定の対戦カード>
・1月26日(土) 決勝「大坂 vs クビトバ」(生中継、録画)
・1月27日(日) 決勝「ジョコビッチ vs ナダル」(録画)

2019年 全豪オープン 各ラウンドの結果

コメント