【2018年】ムチュア・マドリード・オープンの結果(決勝)


2018年5月6日から5月13日(2018年第19週)にマドリード(スペイン)で開催されたマスターズ1000「ムチュア・マドリード・オープン(マドリード・オープン)」の決勝のプレイヤー情報、結果、スタッツ、決勝後のランキング、放送予定を見ていきます。

決勝「ティエム vs A.ズベレフ」
ティエムが勝てばマスターズ初優勝、A.ズベレフが勝てばマドリード・オープン初優勝(マスターズ3回目の優勝)となります。

決勝は、日本時間の5月14日(月) 1時30分に開始予定。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

決勝のプレイヤー情報

ドミニク・ティエムとアレクサンダー・ズベレフの「Head 2 Head」、「1回戦から準決勝までの結果」を紹介します。

Head 2 Head

過去の対戦成績は、ティエムの4勝、A.ズベレフの1勝。

クレーコートではティエムの3戦3勝。

直近の対戦は2017年のABNアムロ世界テニス・トーナメント(室内ハード)の1回戦で、ティエムがセットカウント2-1(3-6、6-3、6-4)で勝利しています。

※2018年5月13日時点(決勝前)のデータ

ティエムA.ズベレフ
4 勝対戦成績1 勝
7位 (4位)最新ランキング (最高)3位 (3位)
オーストリア (AUT)国籍ドイツ (GER)
24歳年齢21歳
1993年9月3日生年月日1997年4月20日
185cm / 82kg身長 / 体重198cm / 86kg
右 / 片手利き手 / バック右 / 両手
2011年プロ転向2013年
26勝6敗2018年成績26勝7敗
1回2018年優勝回数1回
197勝115敗通算成績143勝77敗
9回通算優勝回数7回

1回戦から準決勝までの結果

ドミニク・ティエム
Round対戦相手スコア
1回戦bye
2回戦デルボニス (78位)4-6, 6-3, 7-5
3回戦チョリッチ (35位)2-6, 7-6(5), 6-4
準々決勝[1] ナダル (1位)7-5, 6-3
準決勝[6] アンダーソン (8位)6-4, 6-2
アレクサンダー・ズベレフ
Round対戦相手スコア
1回戦bye
2回戦ドンスコイ (90位)6-2, 7-5
3回戦メイヤー (45位)6-4, 6-2
準々決勝[7] イズナー (9位)6-4, 7-5
準決勝シャポバロフ (43位)6-4, 6-1

※()内の世界ランキングは、2018年5月7日付のランキングです。

2018年 マドリード・オープン 決勝の結果

マドリード・オープンの決勝の結果です。

<日程(現地時間)>
・5月13日(日):決勝

決勝「ティエム vs A.ズベレフ」

[5] ドミニク・ティエム (7位)044
[2] アレクサンダー・ズベレフ (3位)266
試合時間:1時間18分

第2シードのアレクサンダー・ズベレフ(21歳・ドイツ)が第5シードのドミニク・ティエム(24歳・オーストリア)を6-4、6-4のストレートで破り、マドリード・オープン初優勝を飾りました。

A.ズベレフはマスターズ3回目の優勝(ツアー通算8回目の優勝)。

一方、惜しくも敗れたティエムはマドリード・オープン2年連続で準優勝となり、マスターズ初優勝とはなりませんでした。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

ティエムのサービスで試合開始。

第1ゲーム、A.ズベレフのリターンエース、ティエムの連続ミスなどがあり、15-40とA.ズベレフにブレークポイントが来ます。

ティエムにダブルフォルトが出て、A.ズベレフがブレークに成功

第2ゲーム以降はお互いにブレークポイントを与えずにキープを続けて行きます。

第5ゲーム、ティエムのストロークが安定せず、このゲームでもティエムにミス2本が出るなどデュースまで行きますが、ティエムがキープ。

第10ゲーム、A.ズベレフのサービングフォーザセット
0-30とティエムがポイントを先行しますが、A.ズベレフがサーブだけで3連続でポイントを取り、40-30とA.ズベレフにセットポイントが来ます。

A.ズベレフにミスが出てデュースとなりますが、ここからA.ズベレフがサーブだけで連続でポイントを取ってキープし、A.ズベレフが第1セットを先取

第2セット

ティエムのサービスで第2セット開始。

第1ゲーム、30-30からティエムのウィナーを狙ったショットがわずかにアウトとなり、30-40とA.ズベレフにブレークポイントが来ます。

A.ズベレフのストレートに切り返す強烈なフォアハンドのショットをティエムが返せず、A.ズベレフがブレークに成功

第2ゲーム、30-30まで行きますが、A.ズベレフがキープ。

第3ゲーム、ティエムのダブルフォルトとバックハンドのミス、A.ズベレフの深いリターンでのポイントなどがあり、15-40とA.ズベレフにブレークポイントが来ますが、ティエムがしっかりと攻め切ってピンチを凌ぎ、ティエムがキープ。

第6ゲーム、40-0とA.ズベレフがゲームポイントを握ったところからティエムがストロークでとにかく攻め続け、ティエムの3連続ポイントでデュースまで行きますが、A.ズベレフがキープ。

第8ゲーム、A.ズベレフがラブゲームでキープ。

第9ゲーム、0-30とA.ズベレフがポイントを先行しますが、ここからティエムのバックハンドのウィナー、連続サービスエース、フォアハンドのウィナーが決まり、ティエムがすばらしい集中力を見せてキープ。

第10ゲーム、A.ズベレフのサービングフォーザチャンピオンシップ
A.ズベレフのファーストサーブでのポイント、ティエムのいい攻めを見せていながらのミス、A.ズベレフのミス、A.ズベレフのすばらしいタッチのハーフボレーが決まり、40-15とA.ズベレフにチャンピオンシップポイントが来ます。

ティエムのリターンがアウトとなり、A.ズベレフが勝利

スタッツ

A.ズベレフは決勝でもサーブ、ストロークが好調で、サービスゲームでブレークポイントを1本も与えないなど、完璧な内容でした。

ティエムの方は立ち上がりから準々決勝のナダル戦や準決勝のアンダーソン戦では入っていたようなショットがことごとくアウトとなるなどストロークがなかなか安定せず、ここ2試合と比べるとプレーの質が落ちていた感じでした。

そして、2セットともミスが絡んで第1ゲームでいきなりブレークを許してしまい、A.ズベレフのサービスゲームを攻略するのが難しいだけに痛すぎるセットの入り方となってしまいました。

個人的にはナダルを倒したティエムにマスターズ初優勝をして欲しかったですが、A.ズベレフが強かったです。

ティエムMatchA.ズベレフ
2サービスエース1
2ダブルフォルト0
64%(36/56)ファーストサーブ確率65%(35/54)
72%(26/36)1st Serve Points Won83%(29/35)
55%(11/20)2nd Serve Points Won68%(13/19)
0%(0/0)ブレイク / チャンス50%(2/4)
5/7ネットポイント11/14
45%(49/110)Total Points Won55%(61/110)
1,462mTotal Distance Run1,398m
15Winner 合計15
8フォアハンド9
5バックハンド5
2サーブ1
21Unforced error 合計12
15フォアハンド8
4バックハンド4
2サーブ0

[スタッツ用語の補足]
・1st Serve Points Won:ファーストサーブが入った時にポイントを取得した確率。
・2nd Serve Points Won:セカンドサーブが入った時にポイントを取得した確率。
・Total Points Won:取得した全ポイント。
・Total Distance Run:総走行距離。

ハイライト動画

マドリード・オープン決勝「ティエム vs A.ズベレフ」のハイライト動画です。

Highlights: Sascha Streaks To Madrid 2018 Title

ドロー表(結果)

決勝後のランキング(トップ30)

マドリード・オープンの決勝後のランキングです。

順位選手名基礎
point
round獲得
point
決勝後
point
1フェデラー8,670欠場8,670
2ナダル7,770準々決勝1807,950
3A.ズベレフ5,015優勝1,0006,015
4ディミトロフ4,8602回戦104,870
5チリッチ4,770欠場4,770
6デルポトロ4,4503回戦904,540
7アンダーソン3,300準決勝3603,660
8ティエム2,945準優勝6003,545
9イズナー3,125準々決勝1803,305
10ゴファン2,8403回戦902,930
11C ブスタ2,2701回戦102,280
12クエリー2,220欠場2,220
13B アグート2,1652回戦452,210
14ソック2,1451回戦102,155
15シュワルツマン2,0403回戦902,130
16プイユ1,9851回戦101,995
17ベルディヒ1,9701回戦101,980
18ジョコビッチ1,8602回戦451,905
19エドマンド1,725準々決勝1801,905
20チョン1,7971回戦101,807
21フォニーニ1,7951回戦101,805
22ラオニッチ1,6153回戦901,705
23ワウリンカ1,685欠場1,685
24錦織 圭1,6551回戦101,665
25キリオス1,630欠場1,630
26クライノビッチ1,601欠場1,601
27マナリノ1,5501回戦101,560
28コールシュライバー1,4403回戦901,530
29シャポバロフ1,128準決勝3601,488
30ガスケ1,4302回戦451,475

基礎ポイントについては、『 ATPランキング試算(2018年5月・マドリード後)』をご覧ください。

1回戦を免除された第1シードから第8シードの選手が初戦敗退(2回戦敗退)となった場合、獲得ポイントは2回戦ではなく1回戦の10ポイントとなります。

マドリード・オープン 獲得ポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝1,000
準優勝600
準決勝360
準々決勝180
3回戦90
2回戦45
1回戦10

決勝の放送予定

GAORA、NHK・BS1、WOWOWメンバーズオンデマンドでの放送・配信が予定されています。

GAORA

GAORAでは、1回戦から決勝まで生中継で放送予定。

日付ラウンド放送時間
5月13日()ダブルス決勝22:30~1:20
5月14日(月)決勝1:20~5:00

NHK・BS1

NHKでは、BS1またはサブチャンネルのBS102chで錦織が出場する試合を中心に1回戦から決勝まで9試合を生中継で放送予定。

日付ラウンド放送時間
5月14日(月)決勝[BS1] 1:30~(3:30)
決勝 (録画)[BS1] 9:00~(10:50)
5月15日(火)決勝 (録画)[NHK] 1:45~(3:35)

WOWOWメンバーズオンデマンド

WOWOWでは、WOWOWメンバーズオンデマンドで1回戦から決勝までを配信予定。

2018年 マドリード・オープン その他の結果

コメント