【2018年】ムチュア・マドリード・オープンの大会情報、ドロー表、放送予定(マスターズ1000)


2018年5月6日から5月13日(2018年第19週)にマドリード(スペイン)で開催されるマスターズ1000「ムチュア・マドリード・オープン(マドリード・オープン)」の大会概要、歴代優勝者、大会日程、エントリー選手、ドロー表、放送予定を見ていきます。

また、本大会に出場予定の錦織圭の過去の成績も紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ムチュア・マドリード・オープン(マスターズ1000)

ムチュア・マドリード・オープン(以下、マドリード・オープン)は、マドリード(スペイン)にあるラ・カハ・マヒカで開催されるATPワールドツアー・マスターズ1000の大会です。

2002年から2008年までは室内ハードコートで行われていましたが、2009年からクレーコートに変わり、男女共催の大会に拡大されました。

大会概要

大会名ムチュア・マドリード・オープン
(Mutua Madrid Open)
別名マドリード・オープン
カテゴリマスターズ1000
開催期間2018年 5月6日 ~ 5月13日
開催地スペイン/マドリード
会場ラ・カハ・マヒカ(La Caja Mágica)
サーフェスクレーコート
ドロー56(シングルス)
賞金総額€6,200,860(約8億2,090万円)
日本との時差-7時間(サマータイム中)

マドリード・オープンでの獲得ポイントと賞金を紹介します。

ラウンド獲得ポイント賞金
優勝1,000€1,190,490 (約1億5,760万円)
準優勝600€583,725 (約7,730万円)
準決勝360€293,780 (約3,890万円)
準々決勝180€149,390 (約1,980万円)
3回戦90€77,575 (約1,030万円)
2回戦45€40,900 (約540万円)
1回戦10€22,080 (約290万円)

※賞金(日本円)について、2018年4月27日時点での1ユーロ132.39円で換算。

歴代優勝者

マドリード・オープンの過去10年の優勝者を紹介します。

大会のシングルス最多優勝記録は、ラファエル・ナダルの5回。

・ナダル:2005、2010、2013、2014、2017

2017年は、決勝で第4シードのラファエル・ナダルが第8シードのドミニク・ティエムを7-6(8)、6-4のストレートで破り、マドリード・オープン5回目の優勝を飾りました。(2017年の結果はこちら

優勝者
2017ラファエル・ナダル
2016ノバク・ジョコビッチ
2015アンディ・マレー
2014ラファエル・ナダル
2013ラファエル・ナダル
2012ロジャー・フェデラー
2011ノバク・ジョコビッチ
2010ラファエル・ナダル
2009ロジャー・フェデラー
2008アンディ・マレー

※2008年までは室内ハード、2009年以降はクレーコート。

大会日程

5月5日(土)と5月6日(日)に予選が行われます。

男子の本戦は5月6日(日)からの8日間開催で、5月13日(日)に決勝が行われます。

日付男子女子
5月4日(金)予選
5月5日()予選予選・1回戦
5月6日()予選・1回戦1回戦
5月7日(月)1回戦2回戦
5月8日(火)1回戦・2回戦2回戦
5月9日(水)2回戦3回戦
5月10日(木)3回戦準々決勝
5月11日(金)準々決勝準決勝
5月12日()準決勝決勝
5月13日()決勝

女子の決勝は5月12日(土)に行われます。

エントリー選手

マドリード・オープンに出場予定の選手(DAの45名)、各選手の2017年の同大会での結果を紹介します。

日本勢からは錦織圭と杉田祐一が出場予定。

ランキング上位16名にシードが与えられ、第1シードから第8シード選手は1回戦が免除され2回戦からの出場となります。

<シングルスの出場枠56>
・本戦ストレートイン (DA):45名
・ワイルドカード (WC):4名
・予選通過者 (Q):7名

<欠場者の情報>
フェデラー、チリッチ、クエリー、キリオス、ワウリンカ、クライノビッチ、ミュラー、ルブレフ、フェレール、ツォンガ、マレーは欠場となりました。

※世界ランキング「Rank」は2018年4月30日付のランキングです。

シード選手名Rank2017年
1ラファエル・ナダル1位優勝
ロジャー・フェデラー2位
2アレクサンダー・ズベレフ3位ベスト8
マリン・チリッチ4位2回戦
3グリゴール・ディミトロフ5位3回戦
4フアン マルティン・デルポトロ6位
5ドミニク・ティエム7位準優勝
6ケビン・アンダーソン8位
7ジョン・イズナー9位
8ダビド・ゴファン10位ベスト8
9パブロ・カレーニョ ブスタ11位1回戦
10ノバク・ジョコビッチ12位ベスト4
サム・クエリー13位
11ロベルト・バウティスタ アグート14位1回戦
12ジャック・ソック15位1回戦
13ディエゴ・シュワルツマン16位2回戦
14トマーシュ・ベルディヒ17位3回戦
15リュカ・プイユ18位1回戦
16ファビオ・フォニーニ19位2回戦
ミロシュ・ラオニッチ20位3回戦
錦織 圭21位ベスト8
チョン・ヒョン22位
カイル・エドマンド23位
ニック・キリオス24位3回戦
スタン・ワウリンカ25位2回戦
フィリップ・クライノビッチ26位
アドリアン・マナリノ27位1回戦
ジレ・ミュラー28位2回戦
リシャール・ガスケ29位
フェリシアーノ・ロペス30位3回戦
アンドレイ・ルブレフ31位
ダミール・ズムル32位
ダビド・フェレール33位3回戦
フィリップ・コールシュライバー34位1回戦
ボルナ・チョリッチ35位ベスト8
ジョーウィルフリード・ツォンガ36位2回戦
フェルナンド・ベルダスコ37位1回戦
カレン・ハチャノフ38位1回戦
アンディ・マレー39位3回戦
ガエル・モンフィス40位1回戦
アルベルト・ラモス ビノラス41位1回戦
ロビン・ハーセ43位2回戦
レオナルド・メイヤー45位
杉田 祐一46位
パブロ・クエバス47位ベスト4
以下、欠場選手に替わるエントリー (Alternates)
デニス・シャポバロフ42位
ブノワ・ペール49位3回戦
ジャレッド・ドナルドソン53位2回戦
ペーター・ゴヨブチック52位
ダニール・メドベデフ50位
ライアン・ハリソン57位2回戦
ミーシャ・ズベレフ54位1回戦
ヤン レナード・ストルフ62位
パオロ・ロレンツィ76位
テニーズ・サンドグレン51位
ジュリアン・ベネトー58位

※世界ランキング2位のロジャー・フェデラーは、2017年に続いて2018年もクレーコートシーズンのすべて大会を欠場となっています。

ドロー表

ドローセレモニー:日本時間の5月5日(土) 午前1時30分。

ドロー表(PDF版)は、『 2018年ムチュア・マドリード・オープンのドロー表 』をご覧ください。

第1シードから第8シードまでのドローは下記のようになりました。

<トップハーフ>
[1] ナダル vs ティエム [5]
[4] デルポトロ vs アンダーソン [6]

<ボトムハーフ>
[3] ディミトロフ vs ゴファン [8]
[2] A.ズベレフ vs イズナー [7]

錦織圭はボトムハーフのディミトロフ山に入り、1回戦の対戦相手が世界ランキング12位の第10シードのノバク・ジョコビッチ(30歳・セルビア)に決まりました。

杉田祐一はトップハーフのデルポトロ山に入り、1回戦の対戦相手が世界ランキング34位のフィリップ・コールシュライバー(34歳・ドイツ)に決まりました。

ムチュア・マドリード・オープンの結果

2018年ムチュア・マドリード・オープンの1回戦から決勝までの結果です。

結果の記事では、各ラウンド終了時の暫定ランキングも紹介しています。

放送予定

GAORA、NHK・BS1、WOWOWメンバーズオンデマンド、テニスデイリーでの放送・配信が予定されています。

GAORA

GAORAでは、1回戦から決勝まで生中継で放送予定。

日付ラウンド放送時間
5月7日(月)1回戦 (録画)16:00~18:30
1回戦19:00~8:30
5月8日(火)1回戦・2回戦19:00~8:30
5月9日(水)2回戦19:00~8:30
5月10日(木)3回戦19:00~8:30
5月11日(金)準々決勝 120:00~23:30
準々決勝 2~423:58~8:30
5月12日()準決勝 122:58~2:00
5月13日()準決勝 23:58~7:30
ダブルス決勝22:30~1:20
5月14日(月)決勝1:20~5:00

大会初日の5月6日(日)の試合は生中継ではなく、5月7日(月)の夕方に録画での放送予定となっています。

NHK・BS1

NHKでは、BS1またはサブチャンネルのBS102chで錦織が出場する試合を中心に1回戦から決勝まで9試合を生中継で放送予定。

日付ラウンド放送時間
5月6日()1回戦19:30~(21:30)
5月7日(月)1回戦23:00~(1:00)
5月8日(火)1回戦20:30~(22:30)
5月9日(水)2回戦23:00~(1:00)
5月10日(木)3回戦23:30~(1:30)
5月12日()準々決勝2:00~(4:00)
準決勝 123:00~(1:00)
5月13日()準決勝 24:00~(6:00)
5月14日(月)決勝1:30~(3:30)

・5月6日(日):「シャポバロフ vs サンドグレン」
・5月7日(月):「錦織 vs ジョコビッチ」
・5月8日(火):「杉田 vs コールシュライバー」
・5月9日(水):「ナダル vs モンフィス」
・5月10日(木):「イズナー vs クエバス」
・5月12日(土):「エドマンド vs シャポバロフ」
・5月12日(土):準決勝1「ティエム vs アンダーソン」
・5月13日(日):準決勝2「シャポバロフ vs A.ズベレフ」
・5月14日(月):「ティエム vs A.ズベレフ」

WOWOWメンバーズオンデマンド

WOWOWでは、WOWOWメンバーズオンデマンドで1回戦から決勝までを配信予定。

THE TENNIS DAILY

テニスデイリー では、錦織圭出場試合およびATP注目試合を配信予定。

※配信期間:5月6日~5月9日(無料)

錦織の過去の成績

最後に錦織のマドリード・オープンでの過去の成績を紹介します。

錦織は2014年に準優勝、2015年と2016年にベスト4など、2013年以降はすべてベスト8以上の好成績を残しています。

2014年の決勝ではナダルを圧倒するプレーを見せ、マスターズ初優勝が見えるくらい試合を優勢に進めていましたが、怪我での途中棄権となってしまいました。

そして、2015年と2016年は準決勝で戦った相手がマレーとジョコビッチで、両選手とも錦織を破ってそのまま優勝。

結果対戦相手
2017準々決勝ノバク・ジョコビッチ(試合前に棄権)
2016準決勝ノバク・ジョコビッチ
2015準決勝アンディ・マレー
2014準優勝ラファエル・ナダル
2013準々決勝パブロ・アンドゥハル
2012
20111回戦ペレ・リバ

2017年はバルセロナ・オープンを右手首の怪我で欠場し、マドリード・オープンの直前までプレーができるのか分からない状態でした。

そして、大会が始まると錦織はいい内容のプレーを見せて2回戦と3回戦を突破しましたが、3回戦後に再び右手首に痛みが出たということで、大事をとって準々決勝を棄権しました。

Round対戦相手スコア
1回戦bye
2回戦ディエゴ・シュワルツマン (40位)1-6, 6-0, 6-4
3回戦ダビド・フェレール (30位)6-4, 6-3
準々決勝ノバク・ジョコビッチ (2位)棄権

今シーズンは右手首の怪我からの復活に向けて1戦1戦見守っていく感じで見ていましたが、錦織はクレーコートシーズンの初戦となったモンテカルロ・マスターズで見ている側の想像をはるかに超えるすばらしいプレーを見せて準優勝。

直後のバルセロナ・オープンでは錦織は連戦による疲労もあり、初戦で途中棄権となりましたが、マドリード・オープンにはいい感触を持って挑むことができそうです。

マドリード・オープンでもクレー王者のナダルが優勝候補ではありますが、錦織は欠場者が増えなければノーシードでの出場となりそうなので、とにかく厳しいドロー(ナダルの近く)を引かないことを祈るだけです。

そして、モンテカルロ・マスターズで見せたような錦織らしいプレーをまた見せてくれればなと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
テニサーをフォローする
テニスK

コメント

  1. 関羽雲長 より:

    バルセロナオープンで二回戦て棄権したが連戦の疲れからなんて言い訳だ。ナダルを見習え。負けそうになると怪我や疲れで棄権にする。ナダルは連戦し尚且つ優勝して錦織より試合数は多い。ナダルはスタミナも試合態度も一流であり錦織は全く情けない。準優勝したぐらいで褒めてどうする。闘争心も足りない。

  2. 匿名 より:

    全くその通り