【2019年】ロレックス・モンテカルロ・マスターズの大会情報、ドロー表、放送予定(マスターズ1000)


2019年4月14日から4月21日(2019年第16週)にモンテカルロ(モナコ)で開催されるATPツアー・マスターズ1000「ロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モンテカルロ・マスターズ)」の大会概要、歴代優勝者、大会日程、エントリー選手、ドロー表、放送予定を見ていきます。

また、出場予定の錦織圭の本大会での過去の成績も紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ロレックス・モンテカルロ・マスターズ(マスターズ1000)

ロレックス・モンテカルロ・マスターズ(以下、モンテカルロ・マスターズ)は、フランスのロクブリュヌ=カップ=マルタンにあるモンテカルロ・カントリークラブで開催されるATPツアー・マスターズ1000の大会です。

コミットメントプレーヤーにはマスターズ1000の大会への出場義務がありますが、モンテカルロ・マスターズは例外として出場義務は課せられていません。

大会概要

冠スポンサーは、スイスの高級腕時計メーカーであるロレックス。

大会名ロレックス・モンテカルロ・マスターズ
(Rolex Monte-Carlo Masters)
別名モンテカルロ・マスターズ
カテゴリATPツアー・マスターズ1000
開催期間2019年4月14日 ~4月21日
開催地モナコ/モンテカルロ
会場モンテカルロ・カントリークラブ
サーフェスクレーコート
ドローシングルス:56、ダブルス:32
賞金総額€5,207,405 (約6億5,320万円)
日本との時差-7時間 (サマータイム中)

モンテカルロ・マスターズのポイントと賞金を紹介します。

ラウンドポイント賞金
優勝1,000€958,055 (約1億2,020万円)
準優勝600€484,950 (約6,080万円)
準決勝360€248,745 (約3,120万円)
準々決勝180€128,200 (約1,610万円)
3回戦90€64,225 (約810万円)
2回戦45€33,635 (約420万円)
1回戦10€18,955 (約240万円)

※賞金(日本円)について、2019年4月5日時点での1ユーロ125.43円で換算。

歴代優勝者

モンテカルロ・マスターズの過去10年の優勝者を紹介します。

大会のシングルス最多優勝記録は、ラファエル・ナダルの11回。

・ナダル:2005~2012、2016~2018

2018年は、決勝で第1シードのラファエル・ナダルが錦織圭をセットカウント2-0(6-3、6-2)で破り、モンテカルロ・マスターズ3年連続11回目の優勝を飾りました。(2018年の結果はこちら

優勝者
2018ラファエル・ナダル
2017ラファエル・ナダル
2016ラファエル・ナダル
2015ノバク・ジョコビッチ
2014スタン・ワウリンカ
2013ノバク・ジョコビッチ
2012ラファエル・ナダル
2011ラファエル・ナダル
2010ラファエル・ナダル
2009ラファエル・ナダル

大会日程

4月13日(土)と4月14日(日)に予選が行われます。

本戦は4月14日(日)からの8日間開催で、4月21日(日)に決勝が行われます。

日付ラウンド
4月13日()予選
4月14日()予選・1回戦
4月15日(月)1回戦
4月16日(火)1回戦・2回戦
4月17日(水)2回戦
4月18日(木)3回戦
4月19日(金)準々決勝
4月20日()準決勝
4月21日()決勝

エントリー選手

モンテカルロ・マスターズに出場予定の選手(DAの45名)、各選手の2018年の同大会での結果を紹介します。

日本勢では錦織圭が出場予定。(予選に西岡良仁とダニエル太郎が出場予定)

<シングルスの出場枠 56>
・本戦ストレートイン (DA):45名
・ワイルドカード (WC):4名
・予選通過者 (Q):7名
・Special Exempt (SE):0名

ランキング上位16名にシードが与えられます。
第1シードから第8シード選手は1回戦が免除され、2回戦からの出場となります。

<欠場者の情報>
アンダーソン、ガスケ、カレーニョブスタは欠場となりました。

シード選手名Rank2018年
1ノバク・ジョコビッチ1位3回戦
2ラファエル・ナダル2位優勝
3アレクサンダー・ズベレフ3位ベスト4
4ドミニク・ティーム5位ベスト8
5錦織 圭6位準優勝
ケビン・アンダーソン7位
6ステファノス・チチパス8位2回戦
7マリン・チリッチ11位ベスト8
8カレン・ハチャノフ12位3回戦
9ボルナ・チョリッチ13位2回戦
10ダニール・メドベージェフ14位2回戦
11マルコ・チェッキナート16位2回戦
12ニコロズ・バシラシビリ17位
13ファビオ・フォニーニ18位2回戦
14ガエル・モンフィス19位
15デニス・シャポバロフ20位1回戦
16ダビド・ゴファン21位ベスト8
カイル・エドマンド22位1回戦
ロベルト・バウティスタ アグート23位3回戦
ディエゴ・シュワルツマン24位2回戦
リシャール・ガスケ26位ベスト8
ジル・シモン27位2回戦
パブロ・カレーニョ ブスタ28位
グリゴール・ディミトロフ29位ベスト4
リュカ・プイユ31位2回戦
ラスロ・ジェレ32位
ギド・ペラ34位1回戦
スタン・ワウリンカ36位
マートン・フチョビッチ37位1回戦
フェルナンド・ベルダスコ38位2回戦
ジョン・ミルマン40位
フィリップ・コールシュライバー41位3回戦
ジェレミー・シャルディ42位1回戦
ジョアン・ソウザ43位
ミハイル・ククシュキン44位予選1回戦
ヤン レナード・シュトルフ45位3回戦
ラドゥ・アルボット46位
アンドレアス・セッピ47位3回戦
ドゥシャン・ラヨビッチ48位1回戦
マルティン・クリザン49位
ピエール ユーグ・エルベール50位2回戦
ダミアー・ジュムホール53位1回戦
マッテオ・ベレッティーニ54位
キャメロン・ノーリー55位
ジョーウィルフリード・ツォンガ (PR)114位
以下、欠場選手に替わるエントリー (Alternates)
ホベルト・ホルカシュ52位
アドリアン・マナリノ57位1回戦
テイラー・フリッツ58位

PR:プロテクトランキング
Rank:2019年4月8日付の世界ランキング

ドロー表

ドローセレモニー:現地時間4月12日(金)18時30分、日本時間4月13日(土)1時30分からの予定。

ドロー表(PDF版)は、『 2019年ロレックス・モンテカルロ・マスターズのドロー表 』をご覧ください。

第1シードから第8シードまでのドローは下記のようになりました。

<トップハーフ>
[1] ジョコビッチ – チチパス [6]
[4] ティーム – ハチャノフ [8]

<ボトムハーフ>
[3] A.ズベレフ– 錦織 [5]
[2] ナダル – チリッチ [7]

<withdraw>
第14シードのモンフィスがwithdrawとなったため、第14シードの枠にエドマンドが第17シードとして移動し、ジャジリが本戦に出場。(予選前)

コキナキスがwithdrawとなり、ラッキールーザーでダニエル太郎が出場。

ロレックス・モンテカルロ・マスターズの結果

2019年モンテカルロ・マスターズの1回戦から決勝までの結果です。

結果の記事では各ラウンド終了時の暫定ランキング(ポイント)も紹介する予定です。

放送予定

GAORA、NHK・BS1、WOWOWメンバーズオンデマンド、Paraviでの放送・配信が予定されています。

GAORA

GAORAでは、1回戦から決勝まで生中継で放送予定。

日付ラウンド放送時間
4月15日(月)1回戦 (録画)14:30~17:30
4月15日(月)1回戦18:00~27:30
4月16日(火)1回戦・2回戦18:00~27:30
4月17日(水)2回戦18:00~27:30
4月18日(木)3回戦18:00~27:30
4月19日(金)準々決勝18:00~27:30
4月20日()準決勝20:28~26:00
4月21日()ダブルス決勝18:30~21:20
4月21日()決勝21:20~25:00

大会初日の4月15日(日)の試合は生中継ではなく、4月16日(月)の昼に録画で放送。

NHK・BS1

NHKでは、BS1またはサブch102で錦織が出場する試合を中心に2回戦から決勝まで7試合を生中継で放送予定。

※放送時間、放送する対戦カードは分かり次第追記します。

日付ラウンド放送時間
4月16日(火)1回戦18:00~(20:00)
4月17日(水)2回戦18:00~(20:00)
4月18日(木)3回戦22:30~(24:30)
4月19日(金)準々決勝22:00~(24:00)
4月20日()準決勝20:30~(24:30)
4月21日()決勝21:30~(24:00)

<放送する対戦カード>
・4月16日(火) 1回戦「F.オジェアリアシム vs J.ロンデロ」
・4月17日(水) 2回戦「錦織 vs P.エルベール」
・4月18日(木) 3回戦「F.フォニーニ vs A.ズベレフ」
・4月19日(金) 準々決勝「N.ジョコビッチ vs D.メドベージェフ」
・4月20日(土) 準決勝「D.メドベージェフ vs ラヨビッチ」「フォニーニ vs ナダル」
・4月21日(日) 決勝「ラヨビッチ vs フォニーニ」

WOWOWメンバーズオンデマンド

WOWOWメンバーズオンデマンドでは、1回戦から決勝までをライブ配信の予定。(大会1日目は無料配信)

WOWOWメンバーズオンデマンドは、WOWOWに加入中の方(有料放送契約を締結し、月額視聴料を支払いしている方)が利用できます。

また、オンデマンドで視聴するには、WEB会員登録(無料)後に配信サイトまたは専用アプリにてログインする必要があります。(視聴までの流れはこちらをご覧ください。)

Paravi

Paraviで配信予定。

錦織の過去の成績

錦織のモンテカルロ・マスターズでの過去の成績を紹介します。

最高成績は2018年の準優勝。

ラウンド対戦相手
2018準優勝ラファエル・ナダル
20123回戦トマーシュ・ベルディヒ

2018年の錦織は右手首の怪我から復帰したばかりということで試合勘を取り戻す目的もあり、バルセロナ・オープンではなくモンテカルロ・マスターズからクレーコートシーズンを始動。

ランキングを36位まで下げていたためノーシードでの出場となりましたが、ベルディヒの自滅に助けられる形で1回戦を突破すると、2回戦と3回戦も勝利。

さらに準々決勝で世界ランキング3位のチリッチ、準決勝で4位のズベレフを破る活躍を見せ、大会前には予想もしていなかったマスターズで準優勝というすばらしい結果を残しました。

2018年の錦織の試合結果
ラウンド対戦相手Rankスコア
決勝ラファエル・ナダル13-6, 2-6
準決勝アレクサンダー・ズベレフ43-6, 6-3, 6-4
準々決勝マリン・チリッチ36-4, 6-7, 6-3
3回戦アンドレアス・セッピ626-0, 2-6, 6-3
2回戦ダニール・メドベージェフ497-5, 6-2
1回戦トマーシュ・ベルディヒ184-6, 6-2, 6-1

※Rank:対戦相手の当時の世界ランキング

今シーズン、ここ3大会の錦織は試合中のアップダウンが大きく、ドバイでは2回戦、インディアンウェルズでは3回戦、マイアミでは2回戦で敗退と結果を残すことができませんでしたが、クレーコートシーズンの初戦となるこのモンテカルロで良いきっかけをつかんで欲しいところです。

コメント