【2019年】全米男子クレーコート選手権、ハッサン2世グランプリの大会情報(ATP250)


2019年4月8日から4月14日(2019年第15週)に開催されるATPツアー250の2大会「全米男子クレーコート選手権(ヒューストン)」、「ハッサン2世グランプリ(マラケシュ)」の大会概要、歴代優勝者、大会日程、エントリー選手、ドロー表、放送予定を見ていきます。

はじめに、各大会に出場予定のランキング上位の選手および日本人選手を簡単に紹介しておきます。

  • 全米男子クレーコート選手権
  • イズナーキリオス、ジョンソン、シャルディ、ノーリー、オペルカ、フリッツ、西岡良仁

  • ハッサン2世グランプリ
  • A.ズベレフ、フォニーニ、エドマンド、シモン、カレーニョブスタ、ジェレ、オジェアリアシム、ベルダスコ、ダニエル太郎

スポンサーリンク
スポンサーリンク

全米男子クレーコート選手権(ATP250)

全米男子クレーコート選手権は、アメリカのテキサス州ヒューストンで開催されるATPツアー250シリーズの大会です。

大会概要

大会名全米男子クレーコート選手権
(Fayez Sarofim & Co. U.S. Men’s Clay Court Championship)
カテゴリATPツアー250
開催期間2019年4月8日 ~ 4月14日
開催地アメリカ/テキサス州ヒューストン
サーフェスクレーコート
ドローシングルス:28、ダブルス:16
賞金総額$583,585 (約6,510万円)
日本との時差-14時間 (サマータイム中)

全米男子クレーコート選手権のポイントと賞金を紹介します。

ラウンドポイント賞金
優勝250$100,600 (約1,120万円)
準優勝150$54,395 (約610万円)
準決勝90$30,040 (約340万円)
準々決勝45$17,065 (約190万円)
2回戦20$9,820 (約110万円)
1回戦0$5,880 (約65万円)

※賞金(日本円)について、2019年4月3日時点での1ドル111.52円で換算。

歴代優勝者

全米男子クレーコート選手権の過去10年の優勝者を紹介します。

2018年は、決勝で第6シードのスティーブ・ジョンソンが第8シードのテニス・サングレンをセットカウント2-1(7-6、2-6、6-4)で破り、全米男子クレーコート選手権2年連続2回目の優勝を飾りました。(2018年の結果はこちら

優勝者
2018スティーブ・ジョンソン
2017スティーブ・ジョンソン
2016フアン・モナコ
2015ジャック・ソック
2014フェルナンド・ベルダスコ
2013ジョン・イズナー
2012フアン・モナコ
2011ライアン・スウィーティング
2010フアン イグナシオ・チェラ
2009レイトン・ヒューイット

大会日程

全米男子クレーコート選手権は4月8日(月)からの7日間開催で、4月14日(日)に決勝が行われます。

日付ラウンド
4月8日(月)1回戦
4月9日(火)1回戦
4月10日(水)2回戦
4月11日(木)2回戦
4月12日(金)準々決勝
4月13日()準決勝
4月14日()決勝

エントリー選手

全米男子クレーコート選手権に出場予定の選手(DA21名)を紹介します。

日本勢では西岡良仁が出場予定。

<シングルスの出場枠 28>
・本戦ストレートイン (DA):21名
・ワイルドカード (WC):3名
・予選通過者 (Q):4名
・Special Exempt (SE):0名

ランキング上位8名にシードが与えられます。
第1シードから第4シードの選手は1回戦が免除され、2回戦からの出場となります。

<欠場者の情報>
イズナー、キリオス、西岡は欠場となりました。

シード選手名Rank
ジョン・イズナー10位
ニック・キリオス35位
1スティーブ・ジョンソン39位
2ジェレミー・シャルディ42位
3キャメロン・ノーリー55位
4ライリー・オペルカ56位
5テイラー・フリッツ58位
6マッケンジー・マクドナルド59位
西岡 良仁65位
7ジョーダン・トンプソン67位
8サム・クエリー71位
クリスチャン・ガリン73位
ヒューゴ・デリエン76位
イボ・カルロビッチ77位
バーナード・トミック79位
パブロ・クエバス82位
デニス・クドラ84位
テニス・サングレン93位
ブラッドリー・クラン96位
ライアン・ハリソン105位
ギリェルモ・ガルシア ロペス113位

Rank:2019年4月1日付の世界ランキング

ドロー表

ドロー表(PDF)は、『 2019年 全米男子クレーコート選手権のドロー表 』をご覧ください。

結果

全米男子クレーコート選手権の結果は、『 2019年 全米男子クレーコート選手権、ハッサン2世グランプリの結果(ATP250)』の記事をご覧ください。

放送予定

WOWOWメンバーズオンデマンドで準々決勝から決勝までをライブ配信の予定。

※4月12日(金)は無料配信

ハッサン2世グランプリ(ATP250)

ハッサン2世グランプリは、モロッコのマラケシュで開催されるATPツアー250シリーズの大会です。(アフリカ大陸で唯一のATPツアーの大会)

大会概要

大会名ハッサン2世グランプリ
(Grand Prix Hassan II)
カテゴリATPツアー250
開催期間2019年4月8日 ~ 4月14日
開催地モロッコ/マラケシュ
サーフェスクレーコート
ドローシングルス:32、ダブルス:16
賞金総額€524,340 (約6,560万円)
日本との時差-8時間

ハッサン2世グランプリのポイントと賞金を紹介します。

ラウンドポイント賞金
優勝250€87,745 (約1,100万円)
準優勝150€47,245 (約590万円)
準決勝90€25,935 (約320万円)
準々決勝45€14,640 (約180万円)
2回戦20€8,250 (約100万円)
1回戦0€4,835 (約60万円)

※賞金(日本円)について、2019年4月3日時点での1ユーロ125.05円で換算。

歴代優勝者

ハッサン2世グランプリの過去10年の優勝者を紹介します。

2018年は、決勝でパブロ・アンドゥハルが第2シードのカイル・エドマンドをセットカウント2-0(6-2、6-2)で破り、ハッサン2世グランプリ6年ぶり3回目の優勝を飾りました。(2018年の結果はこちら

優勝者
2018パブロ・アンドゥハル
2017ボルナ・チョリッチ
2016フェデリコ・デルボニス
2015マルティン・クリザン
2014ギリェルモ・ガルシア ロペス
2013トミー・ロブレド
2012パブロ・アンドゥハル
2011パブロ・アンドゥハル
2010スタン・ワウリンカ
2009フアン カルロス・フェレーロ

大会日程

ハッサン2世グランプリは4月8日(月)からの7日間開催で、4月14日(日)に決勝が行われます。

日付ラウンド
4月8日(月)1回戦
4月9日(火)1回戦
4月10日(水)2回戦
4月11日(木)2回戦
4月12日(金)準々決勝
4月13日()準決勝
4月14日()決勝

エントリー選手

ハッサン2世グランプリに出場予定の選手(DA25名+α)を紹介します。

世界ランキング3位のアレクサンダー・ズベレフがワイルドカードで出場予定。

日本勢ではダニエル太郎が出場予定。

<シングルスの出場枠 32>
・本戦ストレートイン (DA):25名
・ワイルドカード (WC):3名
・予選通過者 (Q):4名
・Special Exempt (SE):0名

ランキング上位8名にシードが与えられます。

<欠場者の情報>
カレーニョブスタ、オジェアリアシム、ミルマン、ソウザ、ククシュキン、ホルカシュ、ジュムホール、ベレッティーニは欠場となりました。

シード選手名Rank
1アレクサンダー・ズベレフ (WC)3位
2ファビオ・フォニーニ (WC)18位
3カイル・エドマンド22位
4ジル・シモン27位
パブロ・カレーニョ ブスタ28位
5ラスロ・ジェレ32位
フェリックス・オジェ アリアシム33位
6フェルナンド・ベルダスコ38位
ジョン・ミルマン40位
7フィリップ・コールシュライバー41位
ジョアン・ソウザ43位
ミハイル・ククシュキン44位
8ピエール ユーグ・エルベール50位
ホベルト・ホルカシュ52位
ダミアー・ジュムホール53位
マッテオ・ベレッティーニ54位
ジャウメ・ムナル60位
ロビン・ハーセ62位
ウゴ・アンベール63位
フアン イグナシオ・ロンデロ64位
マレク・ジャジリ66位
アルヤズ・ベデネ68位
ブノワ・ペール69位
ミーシャ・ズベレフ72位
フェデリコ・デルボニス74位
ダニエル 太郎75位
ギド・アンドレオッシ86位

Rank:2019年4月1日付の世界ランキング

ドロー表

ドロー表(PDF)は、『 2019年ハッサン2世グランプリのドロー表 』をご覧ください。

結果

ハッサン2世グランプリの結果は、『 2019年 全米男子クレーコート選手権、ハッサン2世グランプリの結果(ATP250)』の記事をご覧ください。

放送予定

放送予定はありません。

コメント