【2019年】ロレックス・モンテカルロ・マスターズの結果(準々決勝)


2019年4月14日から4月21日(2019年第16週)にモンテカルロ(モナコ)で開催されるATPツアー・マスターズ1000「ロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モンテカルロ・マスターズ)」の準々決勝の結果、準々決勝後の暫定ランキング、放送予定を見ていきます。

準々決勝の対戦カードは次のように決まりました。

<トップハーフ>
[1] ジョコビッチ vs メドベージェフ [10]
ラヨビッチ vs ソネゴ

<ボトムハーフ>
[9] チョリッチ vs フォニーニ [13]
ペラ vs ナダル [2]

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019年 モンテカルロ・マスターズ 準々決勝の結果

モンテカルロ・マスターズの準々決勝の結果です。

<日程>
・4月19日(金):準々決勝

日本とモンテカルロの時差:-7時間(日本の方が7時間進んでいます)

※スコアにある各選手の()内の数字は2019年4月15日付の世界ランキングです。

トップハーフ
[1] ノバク・ジョコビッチ (1) 1 3 6 2
[10] ダニール・メドベージェフ (14) 2 6 4 6
ドゥシャン・ラヨビッチ (48) 2 6 7
ロレンツォ・ソネゴ (96) 0 4 5
 
ボトムハーフ
[9] ボルナ・チョリッチ (13) 1 6 3 2
[13] ファビオ・フォニーニ (18) 2 1 6 6
ギド・ペラ (35) 0 61 3
[2] ラファエル・ナダル (2) 2 77 6

以下、各試合の簡単な試合の振り返りです。(試合後に追記していきます)

準々決勝「ジョコビッチ vs メドベージェフ」

過去の対戦成績は、ジョコビッチの3勝、メドベージェフの0勝。

クレーコートでは初対戦となります。

直近の対戦は2019年の全豪オープン(ハードコート)の4回戦で、ジョコビッチがセットカウント3-1(6-4、6-7、6-2、6-3)で勝利しています。

[1] ノバク・ジョコビッチ (1) 1 3 6 2
[10] ダニール・メドベージェフ (14) 2 6 4 6
試合時間:2時間20分

第10シードのダニール・メドベージェフ(23歳・ロシア)が第1シードのノバク・ジョコビッチ(31歳・セルビア)をセットカウント2-1(6-3、4-6、6-2)で破り、マスターズ初の準決勝進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

第1ゲーム、メドベージェフがブレークに成功。

第5ゲーム、メドベージェフにブレークポイントが3本ありましたが、ジョコビッチがキープ。

第9ゲーム、メドベージェフがブレークをして第1セットを先取。

第2セット

第2ゲーム、メドベージェフにブレークポイントが1本ありましたが、ジョコビッチがキープ。

第3ゲーム、ジョコビッチがブレークに成功。

第10ゲームのサービングフォーザセットをキープしたジョコビッチが第2セットを取ります。

ファイナルセット

第4ゲーム、メドベージェフがブレークに成功。

第6ゲーム、メドベージェフがブレークに成功。

第7ゲーム、メドベージェフのサービングフォーザマッチでジョコビッチがブレークを1つ返します。

第8ゲーム、メドベージェフがブレークをして勝利。

準々決勝「ラヨビッチ vs ソネゴ」

過去に対戦はなく、初対戦となります。

ドゥシャン・ラヨビッチ (48) 2 6 7
ロレンツォ・ソネゴ (96) 0 4 5
試合時間:1時間47分

ドゥシャン・ラヨビッチ(28歳・セルビア)がロレンツォ・ソネゴ(23歳・イタリア)をセットカウント2-0(6-4、7-5)で破り、マスターズ初の準決勝進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

第6ゲーム、ソネゴにブレークポイントが1本ありましたが、ラヨビッチがキープ。

第7ゲーム、ラヨビッチがブレークに成功。

第10ゲームのサービングフォーザセットをキープしたラヨビッチが第1セットを先取。

第2セット

第1ゲーム、ラヨビッチがブレークに成功。

第4ゲーム、ソネゴにブレークポイントが1本ありましたが、ラヨビッチがキープ。

第6ゲーム、ソネゴがブレークバックに成功。

第10ゲーム、ソネゴにセットポイント(ブレークポイント)が1本ありましたが、ラヨビッチがキープ。

第11ゲーム、ラヨビッチがブレークに成功。

第12ゲーム、ラヨビッチのサービングフォーザマッチ。
ラヨビッチがキープをして勝利。

準々決勝「チョリッチ vs フォニーニ」

過去の対戦成績は、チョリッチの0勝、フォニーニの1勝。

過去1回の対戦は2014年のクロアチア・オープン(クレーコート)の準々決勝で、フォニーニがセットカウント2-1(5-7、7-6、6-3)で勝利しています。

[9] ボルナ・チョリッチ (13) 1 6 3 2
[13] ファビオ・フォニーニ (18) 2 1 6 6
試合時間:1時間59分

第13シードのファビオ・フォニーニ(31歳・イタリア)が第9シードのボルナ・チョリッチ(22歳・クロアチア)をセットカウント2-1(1-6、6-3、6-2)で破り、モンテカルロ・マスターズ6年ぶり2回目の準決勝進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

第2ゲーム、チョリッチがブレークに成功。

第6ゲーム、チョリッチがブレークに成功。

第7ゲームのサービングフォーザセットをキープしたチョリッチが第1セットを先取。

第2セット

第1ゲーム、チョリッチがブレークに成功。

第2ゲーム、フォニーニにブレークポイントが1本ありましたが、チョリッチがキープ。

第4ゲーム、フォニーニがブレークバックに成功。

第8ゲーム、フォニーニがブレークに成功。

第9ゲームのサービングフォーザセットをキープしたフォニーニが第2セットを取ります。

ファイナルセット

第1ゲーム、フォニーニがブレークに成功。

第2ゲーム、チョリッチにブレークポイントが1本ありましたが、フォニーニがキープ。

第5ゲーム、フォニーニがブレークに成功。

第8ゲーム、フォニーニのサービングフォーザマッチ。
チョリッチにブレークポイントが3本ありましたが、フォニーニがキープをして勝利。

準々決勝「ペラ vs ナダル」

過去の対戦成績は、ペラの0勝、ナダルの2勝。

クレーコートでは、ペラの0勝、ナダルの1勝。

直近の対戦は2018年の全仏オープン(クレーコート)の2回戦で、ナダルがセットカウント3-0(6-2、6-1、6-1)で勝利しています。

ギド・ペラ (35) 0 61 3
[2] ラファエル・ナダル (2) 2 77 6
試合時間:2時間20分

第2シードのラファエル・ナダル(32歳・スペイン)がギド・ペラ(28歳・アルゼンチン)をセットカウント2-0(7-6、6-3)で破り、モンテカルロ・マスターズ5年連続14回目の準決勝進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

第1ゲームでペラが先にブレークをしますが、第2ゲームでナダルがブレークバックに成功。

第3ゲームと第5ゲームもペラがブレークをして4-1とリードしますが、第6ゲームと第8ゲームでナダルがブレークバックに成功。

第11ゲームでペラがブレークをし、第12ゲームでペラのサービングフォーザセットを迎えますが、ナダルが土壇場でブレークバックに成功。

タイブレーク、ナダルが6ゲームを連取(ミニブレーク3本)するなど優勢に進め、ナダルが第1セットを先取。

第2セット

第1ゲーム、ナダルがブレークに成功。

第3ゲームでナダルにブレークポイントが2本、第4ゲームでペラにブレークポイントが4本ありましたが、お互いキープ。

第5ゲーム、ナダルがブレークに成功。

第8ゲーム、ナダルのサービングフォーザマッチでペラがブレークを1つ返します。

第9ゲーム、ナダルがブレークをして勝利。

ドロー表 (ベスト32・結果)


準々決勝後の暫定ランキング (トップ30)

モンテカルロ・マスターズの準々決勝終了時点での暫定ランキングです。

暫定
順位
選手名 基礎
point
round result point QF後
point
獲得 min
1 ジョコビッチ 10,980 準々決勝 × 180 11,160
2 ナダル 7,725 準々決勝 360 8,085
3 A.ズベレフ 5,700 3回戦 × 90 20 5,770
4 フェデラー 5,590 不参加 5,590
5 ティーム 4,675 3回戦 × 90 90 4,675
6 アンダーソン 4,115 不参加 4,115
7 錦織 圭 3,690 2回戦 × 10 90 3,690
8 チチパス 3,240 3回戦 × 90 90 3,240
9 デルポトロ 3,225 不参加 3,225
10 イズナー 3,085 不参加 3,085
11 チリッチ 2,835 2回戦 × 10 2,845
12 ハチャノフ 2,720 2回戦 × 10 0 2,730
13 メドベージェフ 2,295 準々決勝 360 150 2,505
14 チョリッチ 2,300 準々決勝 × 180 0 2,480
15 フォニーニ 1,885 準々決勝 360 45 2,200
16 ラオニッチ 2,050 不参加 2,050
17 チェッキナート 1,996 3回戦 × 90 45 2,041
18 バシラシビリ 1,930 1回戦 × 10 45 1,930
19 モンフィス 1,875 不参加 1,875
20 シャポバロフ 1,820 1回戦 × 10 45 1,820
21 B アグート 1,680 2回戦 × 45 90 1,680
22 ゴファン 1,585 2回戦 × 45 0 1,630
23 エドマンド 1,575 1回戦 × 10 45 1,575
24 シュワルツマン 1,485 2回戦 × 45 45 1,485
25 デミノー 1,439 不参加 1,439
26 シモン 1,360 2回戦 × 45 20 1,385
27 ペラ 1,205 準々決勝 × 180 10 1,375
28 C ブスタ 1,300 不参加 1,300
29 ティアフォ 1,290 不参加 1,290
30 A アリアシム 1,245 2回戦 × 45 8 1,282

モンテカルロ・マスターズでの獲得ポイントは強制加算ではなく、ATP500の大会と同じ扱いとなります。

<表の補足>
minポイント:ランキングの対象となっている18大会の中で一番ポイントの低い大会(グランドスラムとマスターズを除く)のポイント。

準々決勝後のポイントは下記の計算となります。

  • 「獲得ポイント ≧ minポイント」だった場合
  • QF後ポイント = 基礎ポイント + (獲得 – min)ポイント

  • 「獲得ポイント < minポイント」だった場合だった場合
  • QF後ポイント = 基礎ポイント

基礎ポイントについては、『 ATPランキング試算(2019年4月・モンテカルロ後)』をご覧ください。

1回戦を免除された第1シードから第8シードの選手が初戦敗退(2回戦敗退)となった場合、獲得ポイントは2回戦ではなく1回戦の10ポイントとなります。

モンテカルロ・マスターズ 獲得ポイント
ラウンド 獲得ポイント
優勝 1,000
準優勝 600
準決勝 360
準々決勝 180
3回戦 90
2回戦 45
1回戦 10

準々決勝の放送予定

GAORA、NHK・BS1、WOWOWメンバーズオンデマンド、Paraviでの放送・配信が予定されています。

GAORA

GAORAでは、1回戦から決勝まで生中継で放送予定。

日付 ラウンド 放送時間
4月19日(金) 準々決勝 [生] 18:00~27:30
4月20日() 準々決勝 [録] 8:00~11:00

[生]:生中継、[録]:録画

NHK・BS1

NHKでは、BS1またはサブch102で錦織が出場する試合を中心に2回戦から決勝まで7試合を生中継で放送予定。

日付 ラウンド 放送時間
4月19日(金) 準々決勝 22:00~(24:00)

<放送する対戦カード>
・4月19日(金) 準々決勝「N.ジョコビッチ vs D.メドベージェフ」

WOWOWメンバーズオンデマンド

WOWOWメンバーズオンデマンドでは、1回戦から決勝までをライブ配信の予定。(大会1日目は無料配信)

WOWOWメンバーズオンデマンドは、WOWOWに加入中の方(有料放送契約を締結し、月額視聴料を支払いしている方)が利用できます。

また、オンデマンドで視聴するには、WEB会員登録(無料)後に配信サイトまたは専用アプリにてログインする必要があります。(視聴までの流れはこちらをご覧ください。)

Paravi

Paraviで配信予定。

2019年 モンテカルロ・マスターズ 各ラウンドの結果

コメント