【2019年】ロレックス・モンテカルロ・マスターズの結果(決勝)


2019年4月14日から4月21日(2019年第16週)にモンテカルロ(モナコ)で開催されるATPツアー・マスターズ1000「ロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モンテカルロ・マスターズ)」の決勝のプレイヤー情報、結果とスタッツ、決勝後のランキング、放送予定を見ていきます。

決勝「ラヨビッチ vs フォニーニ」
ラヨビッチは勝てばツアー初優勝、フォニーニが勝てばマスターズ初優勝となります。

男子シングルスの決勝は、日本時間の4月22日(日)21時30分以降に開始予定。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

決勝のプレイヤー情報

ドゥシャン・ラヨビッチとファビオ・フォニーニの「Head 2 Head」、「1回戦から準決勝までの結果」を紹介します。

Head 2 Head

過去に対戦はなく、初対戦となります。

※2019年4月21日時点(決勝前)のデータ

ラヨビッチ フォニーニ
0 勝 対戦成績 0 勝
48位 (42位) 最新ランク (最高) 18位 (13位)
セルビア 国籍 イタリア
28歳 年齢 31歳
1990年6月30日 生年月日 1987年5月24日
183cm / 83kg 身長 / 体重 178cm / 79kg
右 / 片手 利き手 / バック 右 / 両手
2007年 プロ転向 2004年
11勝9敗 2019年成績 8勝8敗
0回 2019年優勝回数 0回
110勝132敗 通算成績 336勝289敗
0回 通算優勝回数 8回

1回戦から準決勝までの結果

ドゥシャン・ラヨビッチ
Round 対戦相手 Rank スコア
1回戦 M.ジャジリ 71 6-4 6-4
2回戦 D.ゴファン [16] 21 6-3 6-4
3回戦 D.ティーム [4] 5 6-3 6-3
準々決勝 L.ソネゴ 96 6-4 7-5
準決勝 D.メドベージェフ [10] 14 7-5 6-1
ファビオ・フォニーニ
Round 対戦相手 Rank スコア
1回戦 A.ルブレフ 90 4-6 7-5 6-4
2回戦 G.シモン 26 棄権
3回戦 A.ズベレフ [3] 3 7-6 6-1
準々決勝 B.チョリッチ [9] 13 1-6 6-3 6-2
準決勝 R.ナダル [2] 2 6-4 6-2

※[]内の数字はシード、Rankは2019年4月15日付の世界ランキングです。

2019年 モンテカルロ・マスターズ 決勝の結果

モンテカルロ・マスターズの決勝の結果です。

<日程>
・4月21日(日):決勝

日本とモンテカルロの時差:-7時間(日本の方が7時間進んでいます)

男子シングルス 決勝
ドゥシャン・ラヨビッチ (48) 0 3 4
[13] ファビオ・フォニーニ (18) 2 6 6
男子ダブルス 決勝
R.ハーセ / W.クールホフ 1 77 63 9
[7] N.メクティッチ / F.シュクゴール 2 63 77 11

以下、男子シングルス決勝の簡単な試合の振り返り、スタッツ、ハイライト動画です。(試合後に追記します)

決勝「ラヨビッチ vs フォニーニ」

ドゥシャン・ラヨビッチ (48) 0 3 4
[13] ファビオ・フォニーニ (18) 2 6 6
試合時間:1時間38分

第13シードのファビオ・フォニーニ(31歳・イタリア)がドゥシャン・ラヨビッチ(28歳・セルビア)をセットカウント2-0(6-3、6-4)で破り、マスターズ初優勝を飾りました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

第1セット
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
ラヨビッチ 3
フォニーニ 6
○:キープ、●:ブレーク

フォニーニのサービスで試合開始。

第1ゲーム、フォニーニがラブゲームでキープ。

第2ゲーム、ラヨビッチがキープ。

第3ゲーム、フォニーニのフォアハンドのクロスへのウィナーとフォアハンドのミス、ラヨビッチのボレーのウィナー(15-30)、フォニーニのフォアハンドの逆クロスへの深いショットでのポイント、ラヨビッチの深いリターンでのポイントがあり、30-40とラヨビッチにブレークポイントが来ます。

フォニーニにフォアハンドのミスが出て、ラヨビッチがブレークに成功

第4ゲーム、30-15からラヨビッチのフォアハンドの連続ミスがあり、30-40とフォニーニにブレークポイントが来ますが、フォニーニの連続攻撃に対してラヨビッチがすばらしいディフェンスからスーパーショットを決め、デュースへ。

デュース3回目、ラヨビッチにダブルフォルトが出て、フォニーニにブレークポイントが来ます。

ラリー戦で先に攻撃を仕掛けたフォニーニがドロップショットからボレーのウィナーを決め、フォニーニがブレークバックに成功

第5ゲーム、フォニーニがキープ。

第6ゲーム、30-15からラヨビッチのダブルフォルト、フォニーニのフォアハンドの逆クロスへのウィナーがあり、30-40とフォニーニにブレークポイントが来ます。

チャンスボールでラヨビッチにもったいないフォアハンドのミスが出て、フォニーニがブレークに成功

第7ゲーム、40-0からデュースまで行きますが、デュース1回目でフォニーニがキープ。

第8ゲーム、ラヨビッチがキープ。

第9ゲーム、フォニーニのサービングフォーザセット。
ラヨビッチのフォアハンドのミスとバックハンドのミス(30-0)、ラリー戦でのラヨビッチのポイント、フォニーニのバックハンドのミス、ラヨビッチのフォアハンドのクロスへのウィナーがあり、30-40とラヨビッチにブレークポイントが来ます。

フォニーニのフォアハンドの逆クロスへのウィナーが決まり、デュースへ。

デュース1回目、ラヨビッチのバックハンドのミス、フォニーニの見事なバックハンドのダウンザラインへのウィナーがあり、フォニーニがキープをして第1セットを先取

第2セット

第2セット
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
ラヨビッチ 4
フォニーニ 6
○:キープ、●:ブレーク

ラヨビッチのサービスで第2セット開始。

第1ゲーム、ラヨビッチのボレーのウィナー、ラリー戦でのフォニーニのポイント、ラヨビッチのバックハンドのミス(15-30)、ラリー戦でフォニーニのフォアハンドのミス、フォニーニのフォアハンドのクロスへのリターンエースがあり、30-40とフォニーニにブレークポイントが来ます。

フォニーニのフォアハンドに回り込んでのダウンザラインへのウィナーが決まり、フォニーニがブレークに成功

第2ゲーム、フォニーニのファーストサーブでのポイント、ラヨビッチのパッシングショットのウィナーとバックハンドのミス(30-15)、ラヨビッチのスーパーショット(走りながらのバックハンドのダウンザラインへのウィナー)、ラヨビッチのバックハンドのダウンザラインへのウィナーがあり、30-40とラヨビッチにブレークポイントが来ます。

フォニーニにバックハンドのミスが出て、ラヨビッチがブレークバックに成功

第3ゲーム、ラヨビッチがキープ。

第4ゲーム、デュース1回目、ラヨビッチがフォアハンドのクロスへのショットでポイントを取り、ラヨビッチにブレークポイントが来ますが、ラヨビッチのリターンミス。

デュース3回目でフォニーニがキープ。

第5ゲーム、フォニーニのバックハンドのミス、ラヨビッチのフォアハンドのミス、フォニーニのフォアハンドのクロスへのショットでのポイント(15-30)、ラヨビッチのバックハンドのクロスへのウィナー、ラヨビッチのドロップショットのミス(直後フォニーニが右太もも裏を気にするしぐさを見せます)があり、30-40とフォニーニにブレークポイントが来ます。

ラヨビッチにフォアハンドのミスが出て、フォニーニがブレークに成功

フォニーニがトレーナーを呼び、右足首に巻いていたテーピングの補強と右太ももにテーピングを巻きます。

第6ゲーム、30-30でのラヨビッチのもったいないボレーのミスにも助けられ、フォニーニがキープ。

第7ゲーム、ラヨビッチがキープ。

第8ゲーム、フォニーニがラブゲームでキープ。

第9ゲーム、40-15からデュースまで行きますが、デュース1回目でラヨビッチがキープ。

第10ゲーム、フォニーニのサービングフォーザチャンピオンシップ。
フォニーニが先に攻撃を仕掛けてのポイント、ファーストサーブでのポイント、ラヨビッチのリターンミスがあり、40-0とフォニーニにチャンピオンシップポイントが来ます。

フォニーニのフォアハンドのミスで40-15となった後、ラヨビッチのリターンミスがあり、フォニーニがキープをして勝利

スタッツ

フォニーニは第2セット途中で足を痛めるアクシデントもありましたが、マスターズの決勝の舞台でも自分のプレーをしっかりと続け、準決勝のナダル戦同様に最後まですばらしい集中力を見せての見事な優勝でした。

一方、ラヨビッチは良いプレーをしながらも大事な場面でもったいないミスが何度も出るなど、勝負所で流れを手放してしまった感じでした。

ラヨビッチ Match フォニーニ
1 サービスエース 0
3 ダブルフォルト 2
62% (37/60) ファーストサーブ確率 63% (41/65)
59% (22/37) 1st Serve Points Won 56% (23/41)
43% (10/23) 2nd Serve Points Won 75% (18/24)
50% (2/4) ブレーク / チャンス 80% (4/5)
6/11 ネットポイント 7/10
53% (32/60) Service Points Won 63% (41/65)
37% (24/65) Return Points Won 47% (28/60)
45% (56/125) Total Points Won 55% (69/125)
2135m Total Distance Run 2216m
16 Winner 合計 19
8 フォアハンド 14
6 バックハンド 5
2 サーブ 0
36 Unforced error 合計 23
21 フォアハンド 14
12 バックハンド 7
3 サーブ 2

ハイライト動画

決勝「ラヨビッチ vs フォニーニ」のハイライト動画です。

Highlights: Fognini Beats Lajovic In Monte-Carlo For Maiden Masters 1000 Title

ドロー表 (結果)


決勝後のランキング (トップ30)

モンテカルロ・マスターズの決勝後のランキングです。

順位 選手名 基礎
point
result point 決勝後
point
獲得 min
1 ジョコビッチ 10,980 準々決勝 180 11,160
2 ナダル 7,725 準決勝 360 8,085
3 A.ズベレフ 5,700 3回戦 90 20 5,770
4 フェデラー 5,590 不参加 5,590
5 ティーム 4,675 3回戦 90 90 4,675
6 アンダーソン 4,115 不参加 4,115
7 錦織 圭 3,690 2回戦 10 90 3,690
8 チチパス 3,240 3回戦 90 90 3,240
9 デルポトロ 3,225 不参加 3,225
10 イズナー 3,085 不参加 3,085
11 チリッチ 2,835 2回戦 10 2,845
12 フォニーニ 1,885 優勝 1,000 45 2,840
13 ハチャノフ 2,720 2回戦 10 0 2,730
14 メドベージェフ 2,295 準決勝 360 150 2,505
15 チョリッチ 2,300 準々決勝 180 0 2,480
16 ラオニッチ 2,050 不参加 2,050
17 チェッキナート 1,996 3回戦 90 45 2,041
18 バシラシビリ 1,930 1回戦 10 45 1,930
19 モンフィス 1,875 不参加 1,875
20 シャポバロフ 1,820 1回戦 10 45 1,820
21 B アグート 1,680 2回戦 45 90 1,680
22 ゴファン 1,585 2回戦 45 0 1,630
23 エドマンド 1,575 1回戦 10 45 1,575
24 ラヨビッチ 935 準優勝 600 20 1,515
25 シュワルツマン 1,485 2回戦 45 45 1,485
26 デミノー 1,439 不参加 1,439
27 シモン 1,360 2回戦 45 20 1,385
28 ペラ 1,205 準々決勝 180 10 1,375
29 C ブスタ 1,300 不参加 1,300
30 ティアフォ 1,290 不参加 1,290

モンテカルロ・マスターズでの獲得ポイントは強制加算ではなく、ATP500の大会と同じ扱いとなります。

<表の補足>
minポイント:ランキングの対象となっている18大会の中で一番ポイントの低い大会(グランドスラムとマスターズを除く)のポイント。

決勝後のポイントは下記の計算となります。

  • 「獲得ポイント ≧ minポイント」だった場合
  • 決勝後ポイント = 基礎ポイント + (獲得 – min)ポイント

  • 「獲得ポイント < minポイント」だった場合だった場合
  • 決勝後ポイント = 基礎ポイント

基礎ポイントについては、『 ATPランキング試算(2019年4月・モンテカルロ後)』をご覧ください。

1回戦を免除された第1シードから第8シードの選手が初戦敗退(2回戦敗退)となった場合、獲得ポイントは2回戦ではなく1回戦の10ポイントとなります。

モンテカルロ・マスターズ 獲得ポイント
ラウンド 獲得ポイント
優勝 1,000
準優勝 600
準決勝 360
準々決勝 180
3回戦 90
2回戦 45
1回戦 10

決勝の放送予定

GAORA、NHK・BS1、WOWOWメンバーズオンデマンド、Paraviでの放送・配信が予定されています。

GAORA

GAORAでは、1回戦から決勝まで生中継で放送予定。

日付 ラウンド 放送時間
4月21日() ダブルス決勝 [生] 18:30~21:20
4月21日() シングルス決勝 [生] 21:20~25:00
4月22日(月) ダブルス決勝 [録] 6:00~8:30
4月22日(月) シングルス決勝 [録] 11:30~14:30

[生]:生中継、[録]:録画

NHK・BS1

NHKでは、BS1またはサブch102で錦織が出場する試合を中心に2回戦から決勝まで7試合を生中継で放送予定。

日付 ラウンド 放送時間
4月21日() 決勝 [生] 21:30~(24:00)
4月22日(月) 決勝 [録] 9:00~10:50

<放送する対戦カード>
・決勝「ラヨビッチ vs フォニーニ」

WOWOWメンバーズオンデマンド

WOWOWメンバーズオンデマンドでは、1回戦から決勝までをライブ配信の予定。(大会1日目は無料配信)

WOWOWメンバーズオンデマンドは、WOWOWに加入中の方(有料放送契約を締結し、月額視聴料を支払いしている方)が利用できます。

また、オンデマンドで視聴するには、WEB会員登録(無料)後に配信サイトまたは専用アプリにてログインする必要があります。(視聴までの流れはこちらをご覧ください。)

Paravi

Paraviで配信予定。

2019年 モンテカルロ・マスターズ 各ラウンドの結果

コメント