ATPランキング試算(2019年5月・マドリード後)


2019年5月5日から5月12日(2019年第19週)にマドリード(スペイン)で開催されるATPツアー・マスターズ1000「ムチュア・マドリード・オープン」。

トップ30のマドリード・オープン後の5月13日付のランキング試算を見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019年5月13日付のランキング試算

はじめに、2019年5月13日付のランキングについて、2018年のマドリード・オープンでのポイントが2019年5月13日に失効日を迎え、2019年の同大会でのポイントと入れ替わる形になります。

例外の選手については別途補足します。

2018年マドリード・オープンの振り返り

まずはトップ30の2018年のマドリード・オープンの結果を簡単に振り返ります。

決勝で第2シードのA.ズベレフが第5シードのティームをセットカウント2-0(6-4、6-4)で破り、マドリード・オープン初優勝を飾りました。

2018年マドリード・オープンの決勝の結果はこちら

第6シードのアンダーソンとシャポバロフがベスト4。

第1シードのナダル、第7シードのイズナー、エドマンド、ラヨビッチがベスト8。

順位選手名5月6日
point
2018年
マドリード
1ジョコビッチ11,1602回戦
2ナダル7,765ベスト8
3フェデラー5,590
4A.ズベレフ5,565優勝
5ティーム5,085準優勝
6アンダーソン4,115ベスト4
7錦織 圭3,7801回戦
8デルポトロ3,2253回戦
9チチパス3,1901回戦
10イズナー3,085ベスト8
11チリッチ2,845
12フォニーニ2,8401回戦
13ハチャノフ2,6851回戦
14メドベージェフ2,6251回戦
15チョリッチ2,5253回戦
16ラオニッチ2,0503回戦
17バシラシビリ1,9301回戦
18モンフィス1,9202回戦
19チェッキナート1,875
20シャポバロフ1,820ベスト4
21バウティスタ アグート1,6802回戦
22エドマンド1,575ベスト8
23ゴファン1,5403回戦
24ラヨビッチ1,511ベスト8
25シュワルツマン1,4853回戦
26ペラ1,470
27デミノー1,439
28プイユ1,3851回戦
29シモン1,385
30オジェ アリアシム1,319

トップ30の基礎ポイント

トップ30の基礎ポイントを見ていきます。

順位選手名5月6日
point
失効
point
基礎
point
1ジョコビッチ11,1604511,115
2ナダル7,7651807,585
3フェデラー5,59005,590
4A.ズベレフ5,5651,0004,565
5ティーム5,0856004,485
6アンダーソン4,1153603,755
7錦織 圭3,780103,770
8デルポトロ3,225903,135
9チチパス3,19003,190
10イズナー3,0851802,950
11チリッチ2,84502,845
12フォニーニ2,840102,830
13ハチャノフ2,685102,675
14メドベージェフ2,625102,615
15チョリッチ2,525902,435
16ラオニッチ2,050901,960
17バシラシビリ1,930351,895
18モンフィス1,920451,875
19チェッキナート1,87501,830*
20シャポバロフ1,8203601,460
21バウティスタ アグート1,680451,635
22エドマンド1,5751801,395
23ゴファン1,540901,450
24ラヨビッチ1,5112051,306
25シュワルツマン1,485901,395
26ペラ1,47001,450*
27デミノー1,43929*1,410
28プイユ1,385101,375
29シモン1,38501,365*
30オジェ アリアシム1,31915*1,304
  • 5月6日ポイント
  • 2019年5月6日付のATPランキングのポイント。

  • 失効ポイント
  • 2019年5月13日に失効日を迎える2018年のマドリード・オープンのポイント。

    ※デミノーとオジェ アリアシムはチャレンジャー大会でのポイントが失効します。

  • 基礎ポイント
  • 「基礎ポイント」=「5月6日ポイント」-「失効ポイント」

    ※チェッキナート、ペラ、シモンの基礎ポイントについて、2018年のマドリード・オープンに出場していないため(出場義務なし)、現在ランキングの対象となっている大会のうちグランドスラムとマスターズを除いた最低ポイント(チェッキナート:45ポイント、ペラ:20ポイント、シモン:20ポイント)が対象外に繰り下がります。

    ※2019年のマドリード・オープンを欠場することが決まっているイズナーの基礎ポイントについて、出場義務免除により、現在ランキングの対象外となっている大会のうち最もポイントが高い45ポイントがランキング対象の18大会に繰り上がります。

この「基礎ポイント」に2019年のマドリード・オープンのポイントを加算すれば、次回発表される5月13日付のATPランキングと同じになります。

基礎ポイントの計算ミス(勘違い)が見つかった時は修正します。

マドリード・オープン 獲得ポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝1,000
準優勝600
準決勝360
準々決勝180
3回戦90
2回戦45
1回戦10

暫定ランキング

「基礎ポイント」順にランキングを並び替えます。

暫定
順位
選手名基礎
point
1ジョコビッチ11,115
2ナダル7,585
3フェデラー5,590
4A.ズベレフ4,565
5ティーム4,485
6錦織 圭3,770
7アンダーソン3,755
8チチパス3,190
9デルポトロ3,135
10イズナー2,950
11チリッチ2,845
12フォニーニ2,830
13ハチャノフ2,675
14メドベージェフ2,615
15チョリッチ2,435
16ラオニッチ1,960
17バシラシビリ1,895
18モンフィス1,875
19チェッキナート1,830
20バウティスタ アグート1,635
21シャポバロフ1,460
22ゴファン1,450
23ペラ1,450
24デミノー1,410
25シュワルツマン1,395
26エドマンド1,395
27プイユ1,375
28シモン1,365
29ラヨビッチ1,306
30オジェ アリアシム1,304

<欠場者情報>
アンダーソン、イズナー、ラオニッチが欠場。

トップ10の状況を見て行きます。

1位~3位

5月6日付の世界ランキングと変わらず、ジョコビッチの1位、ナダルの2位、フェデラーの3位は確定。

全仏オープンに向けた4位争い

現時点で暫定4位ズベレフと5位ティームとのポイント差は80ポイントですが、次週のBNLイタリア国際での失効ポイントを見ると、ティーム10ポイントに対してズベレフは600ポイントが失効するため、全仏オープンの第4シードはティームが濃厚かなという状況です。(現在の両選手の調子を見てもズベレフの方が厳しいです)

暫定6位の錦織はマドリード・オープンで優勝すれば4位に上がる可能性がありますが、順当に勝ち進んだ場合、3回戦でメドベージェフ、準々決勝でナダルと対戦するタフなドローとなっています。

10位争い

デルポトロは右膝の怪我でツアーを離脱していたため暫定9位にまで落ちてきていますが、このマドリード・オープンでいよいよ復帰となります。

暫定10位のイズナーが欠場のため、11位チリッチのトップ10復帰、または12位フォニーニ、13位ハチャノフ、14位メドベージェフの誰かが初のトップ10入りをするかもしれません。

2019年 マドリード・オープンの結果

2019年マドリード・オープンの1回戦から決勝までの結果です。

結果の記事では各ラウンド終了時の暫定ランキング(ポイント)も紹介しているので、ランキングの経過については下記の記事をご覧ください。

コメント