【2017年】マイアミ・オープンの結果(準決勝)


2017年3月第4~5週(2017年第12~13週)にマイアミ(アメリカ)で開催されるマスターズ1000「マイアミ・オープン」の準決勝の放送予定、結果を見ていきます。

第1試合「ナダルvsフォニーニ」は、日本時間の午前2時に開始予定。

第2試合「フェデラーvsキリオス」は、日本時間の午前8時に開始予定。

フェデラー選手とナダル選手の決勝となるのか、それとも期待の若手のキリオス選手とノーシードから勝ち上がってきたフォニーニ選手がマスターズ初の決勝進出となるのか!?

最後に、準決勝終了時の暫定ランキングも紹介します。

スポンサーリンク

準決勝の放送予定

準決勝は、スポナビライブ、GAORA、NHK・BS1での放送(配信)が予定されています。

Sports navi LIVE(スポナビライブ)

スポナビライブでのLive配信について、3回戦以降は有料になります。

日程 ラウンド 配信時間
4月1日() 準決勝 2:00~(有料)
8:00~(有料)

・有料視聴の際の会員登録はこちら:スポナビライブ

詳しくは『 スポナビライブの視聴ガイド 』で紹介しています。

GAORA

GAORAでは、1回戦から決勝まで生中継で放送予定。

日程 ラウンド 放送時間
4月1日() 準決勝 1:58~5:00
7:58~11:00
23:30~28:00※録画

NHK・BS1

NHK・BS1では、準決勝をBS1で生中継の予定。

日程 ラウンド 放送時間
4月1日() 準決勝1 2:00~(3:49)※BS1
3:49~※サブch102
準決勝2 8:00~(9:50)※BS1

2017年マイアミ・オープン 準決勝の結果

マスターズ1000「マイアミ・オープン」の結果について、試合結果が分かり次第、適宜更新していきます。

<日程(日本時間)>
・4月1日(土):準決勝

<開始時間(日本時間)>
・Day Session:午前2時~
・Night Session:午前8時~

※()内の世界ランキングは、2017年3月20日付のランキングです。
※S:STADIUM

準決勝(トップハーフ)

過去の対戦成績は、フェデラー選手の0勝、キリオス選手の1勝。

[12] ニック・キリオス(16位) 1 69 711 65
[4] ロジャー・フェデラー(6位) 2 711 69 77
試合時間:3時間10分

第4シードのフェデラー選手が第12シードのキリオス選手をフルセットの末に破り、マイアミでは2006年以来11年ぶりとなる決勝に進出。

第1セット、フェデラー選手が序盤からキリオス選手のサーブに対して先手を取り、第2ゲームと第4ゲームでブレイクチャンスがきましたが、キリオス選手が凌ぎます。

第7ゲームでフェデラー選手に連続ミス、キリオス選手の良いリターンがあって、キリオス選手が先にブレイクに成功。

キリオス選手は第10ゲームのサービングフォーザセットで決めきれず、タイブレイクへ。

タイブレイクで、フェデラー選手とキリオス選手ともにセットポイントを握った状態でのサーブがありましたが、両者すばらしいプレーで凌ぎます。
一進一退の攻防が続きましたが、最後はフェデラー選手の勝負強さが上回り、フェデラー選手が第1セットを先取。

第2セット、お互いキープの展開が続きタイブレイクへ。

フェデラー選手に2回マッチポイントがありましたが、キリオス選手が凌ぎます。
キリオス選手が3回目のセットポイントでサービスエースを決め、第2セットを奪取。

2セットだけで2時間12分経過しましたが、ファイナルセットに入ってもお互い集中力の高いプレーが続きます。

そして、ともに一歩もゆずらずキープの展開となり、ファイナルセットもタイブレイクに突入。

キリオス選手が5-4とリードしてサービス2本。
この2本を決めれば勝利というところで、1本目でフェデラー選手がミニブレイク。
2本目は、痛恨のダブルフォルト。
逆に6-5とフェデラー選手にマッチポイントが来ると、最後はファーストサーブでフリーポイントを取り、3時間10分の激闘を制しましました。

連戦となるため試合前はフェデラー選手の疲労を心配しましたが、3時間を超える試合でも勝ち切る勝負強さには恐れ入りました。

ただ、すばらしい試合の中、好勝負に水を差す観客のマナーの悪さは非常に残念でした。
キリオス選手にとって完全アウェイの雰囲気になるのは分かっていましたが、キリオス選手がサーブの時に謎のブーイングをされる、観客がプレー中にアウトコールを叫ぶなど、いろいろと酷かったです。

キリオス選手はそれでも最後までよく集中してプレーしていたなと思います。

キリオス Match フェデラー
64%(95/148) ファーストサーブ確率 61%(74/122)
75%(71/95) 1st Serve Points Won 85%(63/74)
53%(28/53) 2nd Serve Points Won 58%(28/48)
50%(1/2) ブレイク / チャンス 14%(1/7)
19/28 ネットポイント 27/35
48%(130/270) ポイントの合計 52%(140/270)
2,708m Total Distance Run 2,586m
38 Winner 合計 54
17 フォアハンド 31
3 バックハンド 12
18 サーブ 11
34 Unforced error 合計 39
17 フォアハンド 22
14 バックハンド 14
3 サーブ 3

[スタッツ用語の補足]
1st Serve Points Won:ファーストサーブが入った時にポイントを取得した確率。
2nd Serve Points Won:セカンドサーブが入った時にポイントを取得した確率。
Total Distance Run:総走行距離

準決勝(ボトムハーフ)

過去の対戦成績は、ナダル選手の7勝、フォニーニ選手の3勝。

[5] ラファエル・ナダル(7位) 2 6 7
ファビオ・フォニーニ(40位) 0 1 5
試合時間:1時間30分

第5シードのナダル選手がフォニーニ選手をストレートで破り、マイアミでは3年ぶりとなる決勝に進出。

第1セットはフォニーニ選手のミスが多く、ナダル選手の一方的な内容でした。

第2セットもフォニーニ選手はピンチの連続でしたが、何とか耐えてキープを続けます。
お互いキープの展開の中、フォニーニ選手はストロークが良くなり鋭いショットが決まるなど、プレーが良くなっていきます。

そんな中迎えた第11ゲーム(フォニーニ選手のサービスゲーム)。
30-30となって、フォニーニ選手が放ったドロップショットが決まったかと思った瞬間、この日強く吹いていた風に流され、わずかにサイドアウト。
精神的にダメージが残ったのか、次のポイントでダブルフォルトとなり、ナダル選手がブレイクに成功。

流れ的にもここで勝負ありという感じでした。

ナダル選手がサービングフォーザマッチをしっかり締めて勝利。

フォニーニ選手は試合前から右肘を痛めていたので、思うようにプレーができなかったかもしれません。
それでも第2セットではプレーが良くなっていきましたが、手負いの状態ではナダル選手相手に勝つのは厳しかったです。

ナダル選手はサーブが非常に良く、ブレイクポイントを一度も与えないすばらしい内容で、第2セットの序盤でブレイクできていたら、もっと楽に終わっていたかもしれません。

ナダル Match フォニーニ
70%(35/50) ファーストサーブ確率 55%(42/76)
83%(29/35) 1st Serve Points Won 71%(30/42)
80%(12/15) 2nd Serve Points Won 32%(11/34)
38%(3/8) ブレイク / チャンス 0%(0/0)
8/8 ネットポイント 5/5
60%(76/126) ポイントの合計 40%(50/126)
1,333m Total Distance Run 1,113m
12 Winner 合計 19
3 フォアハンド 10
2 バックハンド 4
7 サーブ 5
13 Unforced error 合計 35
8 フォアハンド 16
5 バックハンド 13
0 サーブ 6

準決勝のハイライト動画

準決勝2試合のハイライト動画です。

ドロー表(ベスト32・結果)

準決勝(SF)後の暫定ランキング

フェデラー選手とナダル選手が決勝に進出し、勝った方が世界ランキング4位となります。

暫定
順位
選手名 基礎
point
round result 獲得
point
SF後
point
1 マレー 11,960 欠場 0 11,960
2 ジョコビッチ 7,915 欠場 0 7,915
3 ワウリンカ 5,695 4回戦 × 90 5,785
4 フェデラー 4,305 準決勝 600 4,905
5 ナダル 4,135 準決勝 600 4,735
6 ラオニッチ 4,300 3回戦 × 45 4,345
7 錦織 圭 4,130 準々決勝 × 180 4,310
8 チリッチ 3,375 2回戦 × 10 3,385
9 ティエム 3,375 2回戦 × 10 3,385
10 ツォンガ 3,265 欠場 0 3,265
11 モンフィス 3,010 欠場 0 3,010
12 ディミトロフ 2,870 2回戦 × 10 2,880
13 ベルディヒ 2,610 準々決勝 × 180 2,790
14 ゴフィン 2,615 4回戦 × 90 2,705
15 ソック 2,330 準々決勝 × 180 2,510
16 キリオス 2,065 準決勝 × 360 2,425
17 プイユ 2,366 2回戦 × 10 2,376
18 B アグート 2,100 4回戦 × 90 2,190
19 C ブスタ 2,015 2回戦 × 10 2,025
20 A.ズベレフ 1,825 準々決勝 × 180 2,005

※「基礎point」:3月20日付のポイントから、前年のマイアミの失効ポイントを差し引いたポイント

2017年マイアミ・オープン その他の結果

2017年、ATPワールドツアーの日程