ATPランキング試算(2017年3月・マイアミ後)


3月のマスターズの1戦目「BNPパリバ・オープン(インディアンウェルズ)」が終わり、2戦目「マイアミ・オープン(マイアミ)」が始まります。

まず、2017年のインディアンウェルズの結果と、マイアミ・オープン前のランキング(3月20日付)を紹介します。

その後に、マイアミ・オープン後のランキング試算を行います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2017年インディアンウェルズの結果

まずは、トップ20の2017年のインディアンウェルズの結果を振り返ります。

2回戦で第1シードのマレー選手と第7シードのツォンガ選手が敗れるなど序盤から波乱が続きましたが、この混戦の中で決勝に進出したのが、フェデラー選手とワウリンカ選手。

そして、フェデラー選手が優勝し、世界ランキングは10位から6位へ。

他にもランキングを上げた選手をピックアップして紹介します。
・錦織選手は、自己最高タイの4位。
・ソック選手は、自己最高の17位。
・カレーニョブスタ選手は、自己最高の19位。

順位選手名3月20日
point
インディアン
ウェルズ
獲得
point
1マレー12,0052回戦10
2ジョコビッチ8,9154回戦90
3ワウリンカ5,705準優勝600
4錦織 圭4,730ベスト8180
5ラオニッチ4,480欠場0
6フェデラー4,305優勝1,000
7ナダル4,1454回戦90
8ティエム3,465ベスト8180
9チリッチ3,4202回戦10
10ツォンガ3,3102回戦10
11モンフィス3,1904回戦90
12ゴフィン2,9754回戦90
13ディミトロフ2,9603回戦45
14ベルディヒ2,7903回戦45
15プイユ2,4563回戦45
16キリオス2,425ベスト8180
17ソック2,375ベスト4360
18バウティスタ アグート2,1903回戦45
19カレーニョ ブスタ2,025ベスト4360
20A.ズベレフ1,8503回戦45

※「3月20日point」は、2017年3月20日付のATPランキングのポイント。

ランキング試算(マイアミ後)

マイアミ(マイアミ・オープン)後のランキング試算を行います。

まず、トップ20の2016年のマイアミの結果と失効ポイント、基礎ポイントを見ていきます。

「基礎ポイント」は、2017年3月20日付のポイントから、2016年のマイアミの失効ポイントを差し引いたポイントになります。

そして、この「基礎ポイント」に2017年のマイアミのポイントを加算すれば、次回発表される4月3日付のATPランキングと同じになります。

順位選手名3月20日
point
2016
マイアミ
失効
point
基礎
point
1マレー12,0053回戦4511,960
2ジョコビッチ8,915優勝1,0007,915
3ワウリンカ5,7052回戦105,695
4錦織 圭4,730準優勝6004,130
5ラオニッチ4,480ベスト81804,300
6フェデラー4,305欠場04,305
7ナダル4,1452回戦104,135
8ティエム3,4654回戦903,375
9チリッチ3,4203回戦453,375
10ツォンガ3,3103回戦453,265
11モンフィス3,190ベスト81803,010
12ゴフィン2,975ベスト43602,615
13ディミトロフ2,9604回戦902,870
14ベルディヒ2,790ベスト81802,610
15プイユ2,4564回戦902,366
16キリオス2,425ベスト43602,065
17ソック2,3753回戦452,330
18B アグート2,1904回戦902,100
19C ブスタ2,0251回戦102,015
20A.ズベレフ1,8502回戦251,825

基礎ポイント順に並び替えます。

暫定
順位
選手名基礎
point
マイアミ
情報
1マレー11,960欠場
2ジョコビッチ7,915欠場
3ワウリンカ5,695
4フェデラー4,305
5ラオニッチ4,300
6ナダル4,135
7錦織 圭4,130
8チリッチ3,375
9ティエム3,375
10ツォンガ3,265欠場
11モンフィス3,010欠場
12ディミトロフ2,870
13ゴフィン2,615
14ベルディヒ2,610
15プイユ2,366
16ソック2,330
17バウティスタ アグート2,100
18キリオス2,065
19カレーニョ ブスタ2,015
20A.ズベレフ1,825

マレー選手、ジョコビッチ選手、ツォンガ選手、モンフィス選手は、マイアミ・オープンを欠場。(2017年3月20日時点の情報)

マレー選手の1位、ジョコビッチ選手の2位、ワウリンカ選手の3位は確定。

錦織選手のランキングについて

錦織選手は4位~8位の可能性があります。

1.下記条件で錦織選手の4位が確定
※錦織選手が4位になるためには、最低でも準決勝に進出する必要があります。

・錦織選手が優勝の場合、他の選手の結果に関係なく確定
・錦織選手が準優勝の場合、フェデラー選手、ラオニッチ選手、ナダル選手の全員がベスト4以下
・錦織選手がベスト4の場合、フェデラー選手、ラオニッチ選手、ナダル選手の全員がベスト8以下

2.下記条件で、錦織選手の5~7位が確定
条件が多すぎるため、下記表を参考にしてください。
錦織選手は基礎ポイントで7位のため、4位争いをしている他の選手たちより、上の成績を残す必要があります。

4位5位6位7位
フェデラーラオニッチナダル錦織
優勝5,3055,3005,1355,130
準優勝4,9054,9004,7354,730
ベスト44,6654,6604,4954,490
ベスト84,4854,4804,3154,310
4回戦4,3954,3904,2254,220
3回戦4,3504,3454,1804,175
2回戦4,3154,3104,1454,140
基礎point4,3054,3004,1354,130

3.下記の条件で、錦織選手の8位が確定
・チリッチ選手 or ティエム選手:優勝、錦織選手:ベスト8以下

トップ10争い

暫定10位のツォンガ選手と暫定11位のモンフィス選手が欠場のため、12位以下の選手は差を詰めるチャンスです。

ディミトロフ選手が10位になるためには、最低でも決勝進出が必要です。

また、ゴフィン選手、ベルディヒ選手、プイユ選手、ソック選手は優勝する必要があるため、現実的にこの大会では少しでも10位との差を縮めたいところです。

まとめ

世界ランキング1位のマレー選手と2位のジョコビッチ選手が欠場ということで、インディアンウェルズに続き、マイアミでも予想もつかない展開となるかもしれません。

2017年シーズンは上位陣が順当勝ちする流れになっていないため、マイアミ・オープン後にランキングがどう変わっているのか注目です。

※ランキング試算について、計算間違いのないようにしているつもりですが、勘違いやミスもあるかもしれないので、ご了承ください。

コメント