【2017年】マイアミ・オープンの結果(4回戦)


2017年3月第4~5週(2017年第12~13週)にマイアミ(アメリカ)で開催されるマスターズ1000「マイアミ・オープン」の4回戦の放送予定、結果を見ていきます。

トップハーフでは2回戦でティエム選手が敗退した以外は、有力選手が順当勝ち。
そして、4回戦の注目カードはワウリンカ山の2試合「ワウリンカ vs A.ズベレフ」と「ゴフィン vs キリオス」で、見応えある試合となりそうです。

一方、シードダウンが相次いでいるボトムハーフでは、ラオニッチ選手が3回戦で棄権となり、残っているシード選手は錦織選手、ナダル選手、ソック選手の3人のみ。

錦織選手の試合は、日本時間の3月29日(水)午前0時に開始予定。

最後に、4回戦終了時の暫定ランキングも紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2017年マイアミ・オープン 4回戦の結果

マスターズ1000「マイアミ・オープン」の結果について、試合結果が分かり次第、適宜更新していきます。

<日程(日本時間)>
・3月29日(水):4回戦

<開始時間(日本時間)>
・Day Session:午前0時~
・Night Session:午前8時30分~

※()内の世界ランキングは、2017年3月20日付のランキングです。
※S:STADIUM、G:GRANDSTAND

4回戦(トップハーフ・ワウリンカ山)

[1] スタン・ワウリンカ(3位)1621
[16] アレクサンダー・ズベレフ(20位)2466
[12] ニック・キリオス(16位)2776
[8] ダビド・ゴフィン(12位)0653

第16シードのA.ズベレフ選手が第1シードのワウリンカ選手を破り、マスターズ初の準々決勝に進出。

ワウリンカ選手は連戦の疲れが出たのか、第2セット以降はあっさりと終わってしまい、誕生日を勝利で飾ることはできませんでした。

そして、第12シードのキリオス選手がが第8シードのゴフィン選手を破り、準々決勝に進出。

ゴフィン選手は、第2セットでブレイクされると珍しくキレて、ラケットを投げつける場面がありました。

ゴフィン選手も良かったんですが、それを上回ったキリオス選手はやはり強いですね。

なんか適当に打っているような時でもコースギリギリに決まるし、技術も高いものがあってポテンシャルは底知れないです。

準々決勝に進出した両者の過去の対戦成績は、キリオス選手の1勝、A.ズベレフ選手の0勝。

先日のBNPパリバ・オープンの3回戦に続き、期待の若手同士の対決がまたも実現。

A.ズベレフ選手は、前回の対戦では納得いくプレーができていなかったので、今回は相当気合を入れて試合に入ってきそうです。
果たしてどんな戦いになるのか楽しみです。

4回戦(トップハーフ・フェデラー山)

[4] ロジャー・フェデラー(6位)27777
[14] ロベルト・バウティスタ アグート(18位)06564
[10] トマーシュ・ベルディヒ(14位)267 
アドリアン・マナリノ(65位)035

第4シードのフェデラー選手が第14シードのバウティスタアグート選手を破り、準々決勝に進出。

フェデラー選手はさすがに疲れが出たのか、ここまで見なかったようなミスが度々出ていました。
何度もあったブレイクチャンスを決めきれずにもつれる展開となりましたが、それでもしっかり試合を締めるあたりはさすがでした。

惜しくも敗れたバウティスタアグート選手は、フェデラー選手から2回ブレイクするなど、ストロークが非常に良かったです。
ただ、第1セットにサービングフォーザセットでブレイクされるなど、勝負どころでフェデラー選手に上を行かれた感じでした。

そして、第10シードのベルディヒ選手がマナリノ選手を破り、準々決勝に進出。

準々決勝に進出した両者の過去の対戦成績は、フェデラー選手の17勝、ベルディヒ選手の6勝。

直近の試合である2017年の全豪オープン3回戦では、ベルディヒ選手はフェデラー選手の早いテンポの攻撃にまったく付いて行けずに完敗。

今大会のここまで調子の良さが見られるベルディヒ選手なので、ここで意地を見せて欲しいですね。

4回戦(ボトムハーフ・ラオニッチ山)

[5] ラファエル・ナダル(7位)2677
ニコラ・マユ(55位)0464
[13] ジャック・ソック(17位)266 
ジャレド・ドナルドソン(95位)021

第5シードのナダル選手がマユ選手を破り、準々決勝に進出。

そして、第13シードのソック選手がドナルドソン選手を破り、マイアミ・オープン初の準々決勝に進出。

準々決勝に進出した両者の過去の対戦成績は、ナダル選手の2勝、ソック選手の0勝。

直近の試合は2015年のチャイナ・オープンで1年以上対戦はありませんが、2017年シーズン好調なソック選手がナダル選手相手にどんな戦いを見せてくれるのか注目です。

4回戦(ボトムハーフ・錦織山)

錦織選手の試合は、日本時間の3月29日(水)午前0時に開始予定。

ファビオ・フォニーニ(40位)266 
ドナルド・ヤング(51位)004
フェデリコ・デルボニス(57位)1363
[2] 錦織 圭(4位)2646

第2シードの錦織選手がデルボニス選手をフルセットの末に破り、4年連続で準々決勝に進出。

錦織選手は、第2セット途中で左膝に痛みが出て第2セット後にメディカルタイムアウトを取りました。
ファイナルセットに入ると立ち上がりから明らかに動きがおかしく、最後まで戦い抜けるのかという状態でした。

怪我の状態が何だったのか分かりませんが、1ブレイクダウンから蘇って逆転での勝利。

錦織選手の試合については、『 錦織 vs デルボニス 』の記事で詳しく紹介しています。

【マイアミOP】4回戦「錦織 vs デルボニス」の結果(2017年)
2017年マイアミ・オープン(マイアミ)の4回戦、錦織選手の対戦相手は、世界ランキング57位のフェデリコ・デルボニス選手。 錦織選手のマイアミ・オープン4回戦のプレイヤー情報、試合結果とスタッツを見ていきます。

錦織選手の準々決勝の相手は、世界ランキング40位のファビオ・フォニーニ選手(イタリア)。

過去の対戦成績は、錦織選手の2勝0敗。

錦織選手の試合は日本時間の3月30日(木)で連戦となるので、怪我の回復ができるか心配ですが、とにかく4回戦を勝てて良かったです。

4回戦のハイライト動画

各試合短いですが、4回戦のハイライト動画です。

Highlights: Day Eight at the Miami Open

ドロー表(ベスト32・結果)

4回戦後の暫定ランキング

ベルディヒ選手がゴフィン選手を抜いて、暫定13位へ。

ゴフィン選手は、前年の3月のマスターズ2連戦での合計720ポイントをディフェンスできず、3月だけで540ポイントを失う結果となってしまいました。

暫定
順位
選手名基礎
point
roundresult獲得
point
4R後
point
1マレー11,960欠場011,960
2ジョコビッチ7,915欠場07,915
3ワウリンカ5,6954回戦×905,785
4フェデラー4,3054回戦1804,485
5ラオニッチ4,3003回戦×454,345
6ナダル4,1354回戦1804,315
7錦織 圭4,1304回戦1804,310
8チリッチ3,3752回戦×103,385
9ティエム3,3752回戦×103,385
10ツォンガ3,265欠場03,265
11モンフィス3,010欠場03,010
12ディミトロフ2,8702回戦×102,880
13ベルディヒ2,6104回戦1802,790
14ゴフィン2,6154回戦×902,705
15ソック2,3304回戦1802,510
16プイユ2,3662回戦×102,376
17キリオス2,0654回戦1802,245
18B アグート2,1004回戦×902,190
19C ブスタ2,0152回戦×102,025
20A.ズベレフ1,8254回戦1802,005

※「基礎point」:3月20日付のポイントから、前年のマイアミの失効ポイントを差し引いたポイント

4回戦の放送予定

4回戦は、スポナビライブ、GAORA、NHK・BS1での放送(配信)が予定されています。

Sports navi LIVE(スポナビライブ)

スポナビライブでのLive配信について、3回戦以降は有料になります。

日程ラウンド配信時間
3月29日(水)4回戦0:00~(有料)

GAORA

GAORAでは、1回戦から決勝まで生中継で放送予定。

日程ラウンド放送時間
3月29日(水)4回戦0:00~8:25
20:30~23:00 ※録画

NHK・BS1

NHK・BS1では、4回戦をBS1で生中継の予定。

日程ラウンド放送時間
3月29日(水)4回戦
「錦織vsデルボニス」
0:00~(1:50)
24:00~25:50※録画

2017年マイアミ・オープン その他の結果

コメント